ラレツ!

ラレツ!

困り事への対処法に特化したブログです

【よくわかるポケモン解説】アーボック編

 今回のポケモン解説はアーボックです。

f:id:KOKUBANLEMON:20190218113030p:plain



目次

 


基本データ


全国図鑑  No.024
分類    コブラポケモン
英語名   Arbok
タイプ   どく
種族値   H60 A95 B69 C65 D79 S80
高さ    3.5m
重さ    65.0kg
特性    いかく / だっぴ / きんちょうかん(隠れ特性)
性別比   ♂50.0%:♀50.0%
卵グループ りくじょう / ドラゴン


進化


アーボ → アーボック(Lv22)

kokubanlemon.hatenablog.com


図鑑説明


ポケットモンスター赤・緑ポケットモンスターファイアレッドポケットモンスターX
おなかの もようが こわいかおに みえる。よわいてきは そのもようを みただけで にげだしてしまう。

ポケットモンスター青ポケットモンスターリーフグリーン
おなかの おそろしい もようは ちいきに よって なんしゅるいか パターンが あるという ウワサだ。

ポケットモンスターピカチュウ
おそろしげな おなかの もようは けんきゅうのけっか 6しゅるいほど パターンが かくにんされている。

ポケットモンスター金ポケットモンスターハートゴールド
おなかの おそろしい かおのような もようを みせつけ すくんだ えものを しめつけ どくをあたえる。

ポケットモンスター銀ポケットモンスターソウルシルバー
とても しゅうねんぶかい せいかく。 いちど ターゲットに きめた えものは どこまでも おいつづける。

ポケットモンスタークリスタルポケットモンスター
むねをひろげ いかく するとき くちから もれる くうきの おとは ぶきみで あいてを おびえさせる。

ポケットモンスタールビー・サファイア・エメラルド
しめつける ちからは とても きょうりょく。ドラムかんも ぺしゃんこに してしまうぞ。まきつかれたら にげだす ことは ふかのうだ。

ポケットモンスターダイヤモンド・パール・プラチナ、ポケットモンスターブラック・ホワイト
おなかの もようで てきを いかく。 もように おびえて うごけなくなった すきに からだで しめつける。

ポケットモンスターウルトラサン
さいしんの けんきゅうで おなかの もようは 20しゅるい いじょうの パターンが あることが はんめい。

ポケットモンスターウルトラムーン
おなかの もようで ひるませると すばやく からだで しめあげて あいての こどうが とまるのを まつ。

ポケモンスタジアム
てきに であうと あたまを もちあげ おなかの おそろしい もようを みせつけて おどろかす。


耐性


4倍
なし

2倍
じめん,エスパー,フェアリー,かくとう

等倍
ほのお,みず,こおり,いわ,ドラゴン,ゴースト,あく,ひこう,ノーマル,でんき,はがね

1/2
くさ,むし,どく

1/4
なし

無効
なし


オススメ技


物理技


ダストシュート
タイプ どく
威力  120(180) 
命中  80
備考  相手毒30%

どくづき
タイプ どく
威力  80(120)
命中  100
備考  相手毒30%

じしん
タイプ じめん
威力  100 
命中  100

じわれ
タイプ じめん
効果  一撃必殺
命中  30
備考  VC限定

アクアテール
タイプ みず
威力  90
命中  90

タネばくだん 
タイプ くさ
威力  80
命中  100

かみくだく
タイプ あく
威力  80
命中  100
備考  相手防御↓20%

ふいうち
タイプ あく
威力  70
命中  100
備考  優先度+1先制技

いわなだれ 
タイプ いわ
威力  75
命中  90
備考  相手怯み30%

がんせきふうじ
タイプ いわ
威力  60
命中  95
備考  相手素早さ↓100%

ほのおのキバ
タイプ ほのお
威力  65
命中  95
備考  相手火傷10%・怯み10%

こおりのキバ
タイプ こおり
威力  65
命中  95
備考  相手凍り10%・怯み10%

かみなりのキバ 
タイプ でんき
威力  65
命中  95
備考  相手麻痺10%・怯み10%

ドラゴンテール
タイプ ドラゴン
威力  60
命中  90
備考  優先度-6、相手強制交代


変化技


へびにらみ 
タイプ ノーマル
効果  相手をマヒ状態にする
命中  100
備考  地面にもマヒが通る

かなしばり
タイプ ノーマル
効果  相手の技を封じる
命中  100

すりかえ
タイプ あく
効果  持ち物を交換する
命中  100

みがわり
タイプ ノーマル
効果  HP1/4消費してみがわりを生み出す

たくわえる
タイプ ノーマル
効果  自分防御・特防↑

とぐろをまく
タイプ どく
効果  自分攻撃・防御・命中率↑

ねむる
タイプ エスパー
効果  HP,PP全回復技・ねむり状態になる


テンプレート型


アタッカー型 

特性:いかく
性格:ようきorいじっぱり
努力値:攻撃252 素早さ252をベースに調整
持ち物:こだわりハチマキ/こだわりスカーフ/きあいのタスキ/ドクZ
確定技:へびにらみ/ダストシュート
選択攻撃技:じしん/ふいうち/いわなだれorがんせきふうじ/ほのおのキバ/こおりのキバ
選択補助技:すりかえ/とぐろをまく

麻痺撒き型 

特性:いかく
性格:しんちょう
努力値:耐久調整、残り攻撃
持ち物:くろいヘドロ
確定技:へびにらみ/ドラゴンテール
選択技:とぐろをまく/ダストシュート/じしん


アーボック 


注意すべき点


 へびにらみとドラゴンテールで麻痺をパーティ全体にまき散らしてくる。
 いかくもあるため、物理に関しては数値以上に硬く並の攻撃では受けられて麻痺を入れられる。


対策方法


 地面タイプ、エスパータイプの特殊技で対処可能。ただし地面タイプでもへびにらみなら麻痺を入れられてしまう。
 特性まけんき、かちきのポケモンで火力を上げて強行突破することでも突破可能。


容姿


 腹部に恐ろしげな顔のような模様があり、これで相手を威嚇する。弱い敵はこの模様を見ただけで逃走してしまう。
 模様は生息する地域により微妙に異なり、ゲームグラフィックでも第4世代で統一されるまでは少しづつ違っていた。第1世代では背中に稲妻のような模様が存在していたが、第2世代以降は消失している。 


概要


 アーボの進化系、孤独なシルエット動き出せばそれは紛れもなくヤツである。 アーボの進化系らしい名前であると同時にコブラcobra)のアナグラムというネーミングの良さに定評があるポケモンである。 
 執念深い性質を持ち、一度狙いを定めた獲物は逃がさない。胴体で獲物に巻き付いて締め付ける。
 胴体にはドラム缶を潰すほどの威力があり、巻き付かれた獲物は逃げられない。 


ゲームのアーボック

f:id:KOKUBANLEMON:20190218114658p:plain



能力


 やや攻撃に秀でるが、種族値は全体的に低め。進化に期待したいところだが、ネーミングの良さ故に、進化先の名前に苦労しそうだ


特性


 「いかく」は相手の攻撃力を下げられる。
 「だっぴ」は確率で状態異常を回復できる。
 「きんちょうかん」は相手のきのみの使用を封じられる。


第1~3世代まで


 『赤緑』の序盤に出現し、アニメ・ゲームどちらも出番が多かったため、一部では根強い人気があった。
 しかし、第4世代での仕様変更以前は対人戦で使われることが少なかった。


第4世代


 『DP』より、耐久型として活路がみえてきたポケモン。具体的にはへびにらみで麻痺を撒く→たくわえる という型。
 このアーボックの素晴らしい点は特性がどちらもこの型に適しているということ。いかくの場合は物理ポケモンにぶつけて麻痺撒き→たくわえる→うらみでPPを削る。
 だっぴの場合は麻痺撒き→たくわえる→ねむる(だっぴで回復を期待)という感じである。無論蓄えないとそこまで堅いわけではないので過信は禁物。
 『HGSS』のタマゴ技ですり替えを習得。威嚇+火炎玉すり替えでかなりの物理耐久を得る。


第5世代


 『BW』ではへびにらみの命中率が90に上がった上に、ダメージを与えつつ相手を強制交換する「ドラゴンテール」と防御、攻撃、命中をそれぞれ1段階上げる積み技「とぐろをまく」を習得し耐久に磨きがかかってきた。
 タマゴグループはドラゴンと陸上グループなので遺伝用ドーブル個体値をドラゴングループに橋渡しする役目が可能。


第6、7世代


 『XY』から新たにフェアリータイプが追加。どくタイプはこのタイプに弱点がつけることから、タイプ全体の地位が向上した。
 『サン・ムーン』からは攻撃種族値が+10された。


アニメのアーボック


ムサシのアーボック

f:id:KOKUBANLEMON:20190218114755j:plain



CV: 坂口候一 


概要


 ムサシの初代相棒。無印編第2話で初登場したムサシのポケモンである。無印編第31話で、アーボからアーボックに進化した。
 AG編第6話にて野生ポケモンを守らせるために逃がされた。鳴き声が印象的「シャーーーーーーーーボック!」


出会い


 コジロウのドガースはお歳暮でもらったらしいが、ムサシのアーボはお中元でもらったそうだ。無印17話で説明されている。 


アーボックの考え方


 無印17話では、サトシのポケモンたちを見つけたニャースに命令されるが、「ご主人が違う」という理由で言うことを聞かなかった。
 その際「ポケモンに悪いやつは居ず、ご主人が悪いからポケモンは悪いことをする」という信念を抱いているとニャースに主張している。
 善悪の判断がつくのに主人の指示に従うところは、ブラック企業社畜を彷彿とさせる。


バトルの実力


 コジロウのマタドガス同様、ピカチュウやゲストポケモンにやられることが多いため錯覚されがちだが、バトルの実力は十分高く、サトシたちを苦戦させることもままある。
 アーボの頃はポッポを脅かしたり、サトシのピジョン(体力が減っている状態のをドガースと二体がかりで)倒したりしている。
 アーボックに進化してからは野生のピジョットを追い払ったことがある。51話でのひな祭りコンテストではモブキャラのオコリザルゴーリキーなど数々のポケモンを破るシーンがあった(決勝戦ピカチュウに敗れてしまったが)。 
 もっともアーボックに限らず、ロケット団ポケモンたちは皆ポテンシャルに優れた「やればできる子」揃いである。 


ロケット団!みだれひっかきでサヨウナラ!!

f:id:KOKUBANLEMON:20190218114845j:plain

 ある日、ロケット団はアーボが入った檻を発見する。盗み出そうとする彼らだが、途中で檻を仕掛けた男がやって来る。

 男はドガースが入った檻とともに現れるのだが、ロケット団の活躍によってアーボとドガースは檻から解放される。しかし交戦の末、男はバンギラスを繰り出した。自分達の負けを悟ったロケット団は、自分達が時間を稼ぐ間に、ポケモンたちを逃がすことにする。

 こうして、アーボックとマタドガスはそれぞれの主人と別れることになったのだった。この回は無印から観つづけてきた古株の視聴者に強烈なインパクトをもたらしたとして知られている。

 ちなみに、この男はサトシたちによって倒され、ジュンサーによって捕まった。


使った技


• ようかいえき
• しめつける
• かみつく
• あなをほる
すてみタックル
• へびにらみ
• ずつき
• どくばり
• たいあたり
• どくどく
• まきつく


ポケットモンスターSPECIAL』のアーボック

f:id:KOKUBANLEMON:20190218115004j:plain



 シオンタウンのポケモンタワーにてキョウのアーボックがグリーンのリザードに模様部分の中程で真っ二つにされるシーンが存在する。
 が、キョウ曰くその状態でも生き延びたばかりか完全に再生してみせたようで、実際に切り落とされた尻尾をそつなく再生してみせた他、切れた尻尾を操り囮にしてみせた。 
 キクコのアーボックは腹部の模様を変えることで能力を変化させる『死化粧』なる能力を持ち、キョウとグリーンを翻弄してみせた他、尾の先端に毒針を装備していた。 

─────────────────────

 以上です。これで紹介を終えます。

【よくわかるポケモン解説】ワンリキー編

 今回のポケモン解説はワンリキーです。

f:id:KOKUBANLEMON:20190218103328p:plain



目次

 


基本データ


全国図鑑  No.066
分類    かいりきポケモン
英語名   Machop
タイプ   かくとう
種族値   H70 A80 B50 C35 D35 S35
高さ    0.8m
重さ    19.5kg
特性    こんじょう / ノーガード / ふくつのこころ(隠れ特性)
性別比   ♂75.0%:♀25.0%
卵グループ ひとがた


進化


ワンリキー → ゴーリキー(Lv28) → カイリキー(通信交換)

kokubanlemon.hatenablog.com


図鑑説明


ポケットモンスター赤・緑ポケットモンスターファイアレッドポケットモンスターY
ぜんしんが きんにくに なっており こどもほどの おおきさしかないのに おとな 100にんを なげとばせる。

ポケットモンスター青ポケットモンスターリーフグリーン
きんにくを きたえるのが だいすきで さまざまな かくとうぎに いどみ ますます つよく そだっていく。

ポケットモンスターピカチュウバージョン
ちいさな からだ だが ちからもち。 そのうえ いろいろな かくとうぎを マスターしていて とても つよい。

ポケットモンスター 金ポケットモンスターハートゴールド
いつも パワフル。 たいりょくが ありあまっているので ひまつぶしに いわをもちあげ さらに つよくなる。

ポケットモンスター 銀ポケットモンスターソウルシルバー
からだを きたえるのが だいすき。 いちにちじゅう しゅぎょう しても ぜんぜん まだ ものたりない。

ポケットモンスター クリスタルバージョン
やまにある いわを もちあげ からだを きたえる。 ゴローンも らくらくと もちあげるのだ。

ポケットモンスタールビー
どんなに うんどうを しても いたくならない とくべつな きんにくを もつ ポケモン。 おとな 100にんを なげとばす パワー。

ポケットモンスターサファイア
ゴローンを もちあげて からだを きたえる。 すべての かくとうぎを マスターするために せかいじゅうを たびする ワンリキーも いる。

ポケットモンスターエメラルド
あらゆる かくとうぎを マスターする ために きびしい トレーニングを つづけている。ちからもちで すもうとりも らくらく かつぐ。

ポケットモンスターダイヤモンドポケットモンスターX
ゴローンを なんども あげおろしして ぜんしんの きんにくを きたえる。 あらゆる かくとうぎを つかう。

ポケットモンスターパール
どんなに きたえても きんにくつうに ならない ボディを もつ ポケモン。 ひとざと はなれた やまで くらす。

ポケットモンスタープラチナポケットモンスターブラック・ホワイト
こがらな からだだけど ちからもち。 イシツブテなら なんびきも まとめて かるがると もちあげ なげとばす。

ポケットモンスターサン
きたえるのが だいすき。 ひにひに ふくれていく きんにくを ながめて ますます トレーニングに はげむぞ。

ポケットモンスタームーン
おとな100にんを なげとばすほどの かいりきは まいにち ゴローンを もちあげることで つくられる。

ポケットモンスターウルトラサン
なかまたちとの トレーニングで じしんと きんにくが ついたら マクノシタに しょうぶを いどむ。

ポケットモンスターウルトラムーン
えいようかの たかい エサをこのむ。 こうりつよく きんにくを つけるため ほんのうが もとめて いるのだ。


耐性


4倍
なし

2倍
ひこう,エスパー,フェアリー

等倍
ほのお,みず,くさ,でんき,はがね,ドラゴン,ノーマル,ゴースト,じめん,こおり,どく,かくとう

1/2
むし,いわ,あく

1/4
なし

無効
なし


概要


 名前の由来は恐らく「腕力」(わん+りき)から。 自分を鍛えるのが好きで、鍛えるごとに様々な格闘技を身につけている。 
 大きさは子供ほどの大きさだが、平均的な大人なら100人持ち上げられる。 
 山に住むワンリキーはゴローンを持ち上げて身体を鍛えているなど、図鑑の説明でイシツブテの系統が引き合いに出される事がしばしば。
 おいうえお順に並べて一番最後に来るポケモンである。 この記録は初代からサン•ムーン発売現在まで未だに破られていない。 


ゲームのワンリキー


 山や荒れ地に生息している。鳴き声はオムナイトと似ている。
 『ポケモン金・銀』ではニックネームきんにくのワンリキーが手に入る。ミルタンクキラーとして有名であり、コガネジムリーダー、アカネと戦うにあたり非常に心強い。
 だが、ニックネームにセンスが溢れすぎているせいか、アカネ戦が終わると更迭するトレーナーも割と多い。次のジムがゴースト使いなのでなおさらである。
 なおリメイクの『ハートゴールドソウルシルバー』ではポケウォーカーのおでかけさきのごつごつみち、くらいどうくつでも出会うことができる。


他ゲームのワンリキー


 『ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊・赤の救助隊』では主人公候補の一匹。
 『ポケモンレンジャー バトナージ』でも、パートナーポケモンの一匹として登場する。
 初代からの古参なだけあって、ピカチュウや各地方の御三家ほどではないものの、けっこう出番に恵まれている。 


アニメにおけるワンリキー


 AG編第20話およびAG編第31話では、トウキのポケモンとして登場。

─────────────────────

 以上です。これで紹介を終えます。

【よくわかるポケモン解説】ポッポ編

 今回のポケモン解説はポッポです。

f:id:KOKUBANLEMON:20190217221014p:plain



目次

 


基本データ


全国図鑑  No.016
分類    ことりポケモン
英語名   Pidgey
タイプ   ノーマル ひこう
種族値   H40 A45 B40 C35 D35 S56
高さ    0.3m
重さ    1.8kg
特性    するどいめ / ちどりあし / はとむね(隠れ特性)
性別比   ♂50.0% : ♀50.0%
卵グループ ひこう


進化


ポッポ→ピジョン(Lv.18)→ピジョット(Lv.36)

kokubanlemon.hatenablog.com

 

kokubanlemon.hatenablog.com

メガシンカ

 

ピジョットメガピジョット(ピジョットナイトを所持)

kokubanlemon.hatenablog.com


図鑑説明


ポケットモンスター赤・緑 ポケットモンスターファイアレッド
たたかいは すきではない。くさむらの なかに かくれて ちいさい むしなどを とらえる。

ポケットモンスター青ポケットモンスターリーフグリーンポケットモンスターX
もりや はやしに おおく ぶんぷ。ちじょうでも はげしく はばたいて すなを かけたりする。

ポケットモンスターピカチュウ
おとなしい せいかくで おそわれても はんげき せずに すなを かけて みを まもることが おおい。

ポケットモンスター金ポケットモンスターハートゴールド
ふだんは くさむらに かくれている。たたかいは このまず おそわれると ひっしに すなをかけて みをまもる。

ポケットモンスター銀ポケットモンスターソウルシルバー
くさむらや もりに おおく ぶんぷ。おとなしい せいかくで はばたいて すなをかけ てきを おいはらう。

ポケットモンスタークリスタル
くさむらで はげしく はばたき すなけむりを おこして とびでた ムシを とらえて たべる。

ポケットモンスタールビー・サファイア・エメラルド
ほうこう かんかくに とても すぐれているので どんなに はなれた ばしょからでも まよわずに じぶんの す まで かえる ことが できる。

ポケットモンスターダイヤモンド・パール・プラチナ、ポケットモンスターブラック・ホワイトブラック2・ホワイト2、Y
たたかいを このまない おとなしい せいかくだが へたに てを だすと きょうれつに はんげきされるぞ。


耐性


4倍
なし

2倍
でんき,いわ,こおり,

等倍
ノーマル,かくとう,ドラゴン,ほのお,みず,あく,エスパー,はがね,フェアリー,どく,ひこう,

1/2
くさ,むし

1/4
なし

無効
ゴースト,じめん


容姿


 ことりポケモン、名前こそ鳩ぽっぽだが、どっちかというとスズメかヒバリあたりに近いデザイン。後述する食性も鳩のそれとは異なる。
 ポッポが単純な鳩モチーフというよりかは、我々が日常的に見かける小鳥の特徴を合成したポケモンというのが一番近いのかもしれない。


概要


 初代から登場しているポケモン。争いを好まず大人しい性格とのことだが、「やせいの ポッポが とびだしてきた!」→「ポッポの でんこうせっか!」といったことがよくある。
 小さな虫を食べているらしい。ということはポケモンの世界にもどうやら小さな虫はいるようだ。 ちなみに本来ハトは草食性だ。 


ゲームのポッポ


初代では


 第1世代ではかぜおこしはノーマルタイプかつポッポ一族専用の攻撃技だった。 恒例となっている、序盤で登場する鳥ポケモン、いわゆる序盤鳥の初代。 初めて遭遇した野生のポケモンがポッポ(もしくはコラッタ)だった人も多いはず。
 シナリオ最序盤に捕獲し、ピジョットに進化させて最後まで連れて歩いた人も多いことだろう。
 初期技の「すなかけ」は初代では地味に高性能であり、ゲート前のライバルやタケシをポッポ軍団のすなかけ地獄で突破した人も結構いると思われる(逆に砂をかけられて思わぬ長期戦になることも)。


その後は


 第5世代ではまんまハトなポケモンが追加された。 
 『ポケモンXY』では、初めて草むらに入る時に必ず最初に出くわすポケモン。 御三家を入手し最初に草むらに入って2歩歩くと必ずこいつが飛び出してくるように設定されている。 


ポケモンGO』のポッポ

f:id:KOKUBANLEMON:20190217224404p:plain



 コラッタと並んで最も出現率が高いポケモンであり、基本的にどこでも出てくる。
 その出現率の高さに加え、アメ12個で進化できるという燃費の良さ(コラッタは25個必要である)から、ポッポを大量に捕まえて一気に進化させる(しあわせタマゴがあればなお良い)ことで経験値を稼ぐ通称「ポッポマラソン」が流行しており、今も世界各地でポッポの乱獲が行われている。


アニメのポッポ


 第一話から登場している。 古参のファンなら、ポッポに上着を被せて捕まえようとしたサトシが、かぜおこしとすなかけを立て続けに食らうシーンは見覚えがあるはず。 
 たまに勘違いしている人がいるが、サトシのピジョットピジョンのときに捕獲された。


オルドリン

f:id:KOKUBANLEMON:20190217224603p:plain



 しばらくメイン回はなかったが、無印アニメ211話「ポッポとデカポッポ!まだみぬそらへ!!」にて主役を飾った。 
 上記のニックネームのポッポで、パイロットキャップを被っている。 名前はアポロ11号の宇宙飛行士であるエドウィン・バズ・オルドリン氏からとったものと思われる。 


あらすじ


 天敵もおらず飛ばなくなり、丸々太ったデカポッポたちが暮らすデカポッポ島が舞台。 オルドリンはその中でただ一羽、空を飛ぶことに強い憧れを抱き、努力の末に飛行能力を取り戻したポッポだった。 
 誰よりも高く飛びたいと願い太陽を目指して飛んでいき、最後には身体が半ば凍り付きながら宇宙空間にまで到達した。 鳥ポケモン史上初、宇宙まで飛んだ鳥ポケモンである。 
 同じく努力の末に言語能力を得たR団のニャースからは強いシンパシーを感じられており、遥かな空を目指しながら一匹と一羽が通信機で交わした会話の場面は、涙を誘う屈指の名シーンとなっている。 
 マイナーながらかなりの良作回のひとつであり、ファンの一部からは「世界一高く飛んだポッポ」として親しまれている。 


ポケットモンスターSPECIALにおけるポッポ』


 カントー地方のサファリゾーンのセキュリティーとしてメカポッポが作動している。足跡はオニスズメと同じ。

─────────────────────

 以上です。これで紹介を終えます。

【よくわかるポケモン解説】ニョロボン編

 今回のポケモン解説はニョロボンです。

f:id:KOKUBANLEMON:20190217211621p:plain



目次

 


基本データ


全国図鑑  No.062
分類    おたまポケモン
英語名   Poliwrath
タイプ   みず かくとう
種族値   H90 A95 B95 C70 D90 S70
高さ    1.3m
重さ    54.0kg
特性    ちょすい / しめりけ / すいすい(隠れ特性)
性別比   ♂:50.0%♀:50.0%
卵グループ すいちゅう1


進化


ニョロモニョロゾ(Lv25)

kokubanlemon.hatenablog.com

kokubanlemon.hatenablog.com
 →ニョロボン(みずのいし)
 →ニョロトノ(おうじゃのしるしを持たせて通信交換)


図鑑説明


ポケットモンスター赤・緑ポケットモンスターファイアレッド
およぎが とくいで クロールや バタフライが できる。 オリンピックの せんしゅも かなわないほど はやい。

ポケットモンスター青ポケットモンスターリーフグリーンポケットモンスターY
クロールや バタフライが とくいで オリンピックの せんしゅでも ぐんぐんと おいぬいていく。

ポケットモンスターピカチュウバージョン
ぜんしんの きんにくを つかった ちからづよい およぎで オリンピック せんしゅも おいぬいていく。

ポケットモンスター 金ポケットモンスターハートゴールド
バタあし だけでも たいへいようを おうだん できるほど およぐのが じょうずだ。

ポケットモンスター 銀ポケットモンスターソウルシルバー
きんにくを すべて つかった ダイナミックな およぎが とくいだが なぜか ちじょうで せいかつする。

ポケットモンスター クリスタルバージョン
はったつした てあしを つかって ほんの いっしゅん だけなら みずのうえを はしることが できる。

ポケットモンスタールビー・サファイアポケットモンスターエメラルド
はったつした きょうじんな きんにくは どんなに うんどうしても つかれる ことは ない。 たいへいようも かるく おうだん できるほどだ。

ポケットモンスターダイヤモンド・パール・プラチナ、ブラック・ホワイト、ポケットモンスターX
きょうじんな きんにくを もつ。 たいへいようを やすむことなく およぎつづけることが できるのだ。

ポケットモンスターサン
アローラの ニョロボンは ひらおよぎが とくい。 ニョロボンの マネで およぎを まなぶ こどもも おおい。

ポケットモンスタームーン
たいしぼうりつは だいたい0%。 ぜんしん きんにくで おもいので およぐ ちからが はったつした。


耐性


4倍
なし

2倍
くさ,でんき,ひこう,エスパー,フェアリー

等倍
ドラゴン,ゴースト,どく,ノーマル,かくとう,じめん

1/2
ほのお,はがね,みず,こおり,むし,いわ,あく

1/4

なし


無効
なし


オススメ技


物理技


たきのぼり
タイプ みず
威力  80(120)
命中  100
備考  相手怯み20%

きあいパンチ
タイプ かくとう
威力  150(225)
命中  100
備考  攻撃を受けると不発

かわらわり
タイプ かくとう
威力  75(112)
命中  100
備考  壁破壊

ローキック 
タイプ かくとう
威力  65(97)
命中  100
備考  相手素早さ↓100%

ともえなげ
タイプ かくとう
威力  60(90)
命中  90
備考  相手強制交代・優先度-6

グロウパンチ 
タイプ かくとう
威力  40(60)
命中  100
備考  自分攻撃↑100%

じしん
タイプ じめん
威力  100
命中  100

れいとうパンチ 
タイプ こおり
威力  75
命中  100 
備考  相手凍り10%

いわなだれ 
タイプ いわ
威力  75
命中  90
備考  相手怯み30% 

がんせきふうじ
タイプ いわ
威力  60
命中  95
備考  相手素早さ↓100%

どくづき
タイプ どく
威力  80
命中  100
備考  相手毒30%

じごくづき
タイプ あく
威力  80
命中  100
備考  相手音技封じる

しっぺがえし
タイプ あく
威力  50→100
命中  100
備考  後攻時威力2倍

がむしゃら
タイプ ノーマル
効果  相手のHPを自分と同じにする
命中  100

じわれ
タイプ じめん
効果  一撃必殺
命中  30
備考  第1世代わざマシン限定


特殊技


きあいだま
タイプ かくとう
威力  120(180)
命中  70
備考  相手特防↓10%

ハイドロポンプ
タイプ みず
威力  110(165)
命中  80

なみのり
タイプ みず
威力  90(135)
命中  100

ねっとう 
タイプ みず
威力  80(120)
命中  100
備考  相手火傷30%

れいとうビーム
タイプ こおり
威力  90
命中  100
備考  相手凍り10%

ふぶき
タイプ こおり
威力  110
命中  70
備考  相手凍り10%

サイコキネシス
タイプ エスパー
威力  90
命中  100
備考  相手特防↓10%

しんくうは
タイプ かくとう
威力  40(60)
命中  100
備考  優先度+1先制技、第4世代教え技限定

めざめるパワー
候補タイプ くさ,でんき
威力    60
命中    100


変化技


さいみんじゅつ
タイプ エスパー
効果  相手をねむり状態にする
命中  60

どくどく
タイプ どく
効果  相手をもうどく状態にする
命中  90

アンコール
タイプ ノーマル
効果  相手に技を繰り返させる
命中  100

ビルドアップ
タイプ かくとう
効果  自分攻撃・防御↑

はらだいこ
タイプ ノーマル
効果  HP1/2消費して攻撃を最大まで強化

みがわり
タイプ ノーマル
効果  HP1/4消費してみがわりを生み出す

あまごい
タイプ みず
効果  5ターン雨を降らせる

ふるいたてる
タイプ ノーマル
効果  自分攻撃・特攻↑


テンプレート型


はらカム型 

特性:ちょすいorすいすい
性格:ようきorいじっぱり
努力値:攻撃252 素早さ調整 残り耐久(HP4n調整)
持ち物:カムラのみ
確定技:はらだいこ/みがわり
選択技:かわらわり/れいとうパンチ/いわなだれ/たきのぼり/じしん/じごくづき

Zさいみんじゅつ型 

特性:ちょすいorすいすい
性格:ようきorいじっぱり
努力値:攻撃252 素早さ252
持ち物:エスパーZ
確定技:はらだいこ/さいみんじゅつ
選択技:かわらわり/れいとうパンチ/いわなだれ/たきのぼり/じしん

物理型 

特性:ちょすい/すいすい
性格:いじっぱり/ようき
努力値:HP252 攻撃252 or 攻撃252 素早さ調整 残りHP 
持ち物:こだわりハチマキ/いのちのたま/たつじんのおび/オボンのみ/ラムのみ/Zクリスタル
確定技:たきのぼり
選択攻撃技:かわらわりorローキック/ともえなげ/れいとうパンチ/じしん/いわなだれorがんせきふうじ/どくづき/きあいパンチ(カクトウZ)
選択補助技:どくどく/さいみんじゅつ/アンコール/ビルドアップ/あまごい/ふるいたてる

特殊型 

特性:すいすい/ちょすい
性格:ひかえめ/おくびょう
努力値:特攻252、素早さorHP252をベースに調整
持ち物:いのちのたま/オボンのみ/Zクリスタル
確定技:なみのりorハイドロポンプ/きあいだま
攻撃技:れいとうビームorふぶき/しんくうは/サイコキネシス/めざめるパワー(電)
変化技:アンコール/さいみんじゅつ/みがわり

みがきあ型 

特性:ちょすい
性格:いじっぱり
努力値:HP252 攻撃252 or 素早さ調整 残りHP 
持ち物:オボンのみ/ラムのみ/火力アップ系
確定技:みがわり/きあいパンチ
選択攻撃技:たきのぼり/れいとうパンチ/じしん/いわなだれorがんせきふうじ/どくづき/じごくづき
選択補助技:さいみんじゅつ/アンコール/ビルドアップ


ニョロボン 


注意すべき点


 耐久が高めでみず/かくとうの独特の耐性を持ち、さいみんじゅつやアンコールなどの補助技も豊富。
 はらだいこを覚えるため積む隙を与えると全抜きされかねない。
特性がすいすいであれば雨下で更に脅威が増す。


対策方法


 メインの格闘技や水技はきあいパンチ、かわらわりなど癖の強いものや火力不足なものばかりなので、格闘を半減できる高耐久のポケモンであれば受けきれる。
 サブも火力不足であり、4倍弱点でない限り弱点を突かれてもそれほど痛くないだろう。
大事なのははらだいこの起点を作らせないこと。こだわりスカーフ持ちがいればカムラ持ちにも有利。
 すいすい型の場合はニョロトノペリッパーがパーティーに入っているため、見せ合いの段階で天候対策ができれば問題は無い。


概要


 初登場は『ポケットモンスター 赤・緑』(第1世代)。 進化してガタイのいい体つきになった。最終進化だがカエルではなくオタマのままである。 
 泳ぎが得意でオリンピック選手も敵わないらしい。しかし筋肉が付きすぎてしまったのか、ニョロゾの頃よりも素早さが下がってしまった。ゲーム上の能力ではニョロゾより遅い。 お腹のぐるぐるは透けた内臓である。
 加えて例によってバタ足だけで太平洋を横断できるとか、かなり突拍子もないことがポケモン図鑑に書かれている。 
 なおその説明も1996年頃のものであり、ここ数年の水泳は記録更新のインフレが激しいので、実際は北島康介マイケル・フェルプス辺りには普通に負けるんじゃなかろうか。 


初期では


 『赤・緑』の開発段階では「ニョースカ」というポケモンで、デザインはほぼ同じながらも、座り込み鼻をほじっている怠け者のようなシルエットだった。
 しかし「せっかく進化したのに強そうじゃないと嬉しくないだろう」としてリテイクがかかり、ニョロボンになったという経緯があるという(デザイナー・西田敦子氏(現:にしだあつこ)談)。


ゲームのニョロボン


能力


 ステータスはどれも平均的。みず / かくとうという珍しい組み合わせだが、防御寄りの種族値で、攻撃の種族値は85と意外にもかなり低い。 


主な技


物理技


 あまり高威力の技を覚えない。みずの「たきのぼり」はともかく、かくとうタイプはまともに使えるものの中で「かわらわり」が上限という重大な威力不足。
  なんと、クロスチョップドレインパンチインファイトなどの有力な格闘技を覚えない。ばくれつパンチは覚えるが命中に難有り。


特殊技


 特攻は70なので威力重視で特殊技も可能だが、補助技での強化手段がないので威力は控えめ。 
 珍しい特殊の先制技「しんくうは」を覚えるため、これを中心に据えた特殊型にすればパルシェンなど一部のポケモンに大変強くなる。
 しかし、特殊火力はあまり高くないため弱点をつくことを心がける必要がある。
 きあいパンチとしんくうはは第4世代のROMがないと覚えさせることができないことには注意。


補助技


 「さいみんじゅつ」「アンコール」「はらだいこ」とコンボに持って行きやすい技があるので、上手くそこで補ってやろう。 


特性


 3つあるが、自爆・大爆発は近作では弱体化されているため、「しめりけ」を採用する利点は薄い。
 「ちょすい」か「すいすい」にするとよいだろう。基本的にはちょすいで、雨を利用する場合や相手の雨を意識する場合にはすいすいを選ぶといいだろう。


第2世代


 第1世代から登場しているのだが、なぜか初代のかくとう使いのシバはニョロボンを使わない。一方、第2世代ではタンバシティのジムリーダー、シジマの切り札でもある。 
 『金・銀』の頃は「こころのめ」+「ばくれつパンチ」で仕留め損ねてもこんらんになってしまう。ちなみに、リメイクの『HGSS』では「さいみんじゅつ」と回復&交代読み「きあいパンチ」というコンボをしてくる。 
 レベルアップで心の目を覚えるようになったため、第1世代にて技マシンで覚えたじわれとあわせて、史上初めての心の目→地割れによる必中一撃コンボを可能にした。
 しかし、第3世代からこのコンボは使えなくなってしまった。


第5世代


 隠れ特性「すいすい」を獲得。雨状態で素早さが2倍になる。技では、タイプ一致で素早さを下げられる「ローキック」、強制交代技の「ともえなげ」を習得。 
 「すいすい」で上がる素早さは「はらだいこ」で攻撃力全快にした後は全抜きも出来るほどの強さになり、「ローキック」は素早さで劣る相手を反撃1回で倒す事が出来るように。 
 眠りの仕様が「交代した場合ねむりのターンがリセットされる」ように変更されたことで、「さいみんじゅつ」+「ともえなげ」の嵌め技コンボが出来上がった。 


第6世代


 攻撃が若干だが強化されている。代わりにねむりの仕様が元に戻ったので、上記コンボは成立しなくなった。 残念ながらインファイトドレインパンチも相変わらず覚えず、フェアリータイプの登場で弱点も増えてしまった。
 天候が弱体化したため、雨パそのものが減少し、雨はらだいこ型ニョロボンも姿を大きく消した。


第7世代


 金銀時代上述の通り、「こころのめ」+「じわれ」の一撃必中コンボが使える唯一の存在だった。 
 長らく封印されていたが、バーチャルコンソールの初代ソフトで「じわれ」を覚えた個体を第7世代に転送する事で再度使用可能になった。 
 フリーザーやドーブルでも似たようなコンボができるが、こちらは特性が「すいすい」なので天候によっては2匹より速くこのコンボを決められる。 
 ただし、金銀時代よりも遥かに火力インフレの環境になっているため、うまくコンボを活かせるかどうかは難しいところ。また、仕様上必ず特性がすいすいになる点、タマゴ技と両立できない点などについては注意が必要。


ポケモンGO』におけるニョロボン

f:id:KOKUBANLEMON:20190217214127p:plain



捕まえやすさ


 初期形態ニョロモが水辺で出現しやすいので、苦労なく手に入れることができる。 


性能


 ゲットの手軽さに反してかなりの実力者。何せ「ばくれつパンチ」「ハイドロポンプ」と両タイプ最強格の技をゲージ技に揃える。 
 更に、あのバンギラスの技を全て軽減できるという唯一無二の個性も併せ持ち、バンギラスレイドの駒が足りない時の助っ人として十分活躍できる。
 いわ・じめんタイプのゴローニャに対してもすべての技を軽減しつつみず技やかくとう技でガンガンダメージを与えられるため、かなり相性が良い。 
 耐久性もそこそこ高めなので、相手の繰り出す技によってはカイリキーやシャワーズよりも粘れることも。 


難点


 通常技が発生の遅い「あわ」と「いわくだき」しかないため、慣れるまでは少々操作がとっつきづらいこと。ジム戦などを活用して練習しよう。 


レイドボス


 2017年11月5日からレイドボスにもなった。しかもランクは一般最高の★★★★。 なのだが、元々レアリティが低いこともあり人気は今一つ。 
 とはいえ、2進化ポケモンなので技厳選がだるいという場合には使えなくはない。
 また、既に書かれているように需要の高いバンギラスゴローニャのレイドでメインウェポンとして十分採用可能なのは見過ごせない利点であり、実をいうとそこまで旨味のないレイドボスとも言い切れなかったりする。 


アニメにおけるニョロボン


 ゲームと同様、タンバジムリーダー・シジマが所有している。


ポケットモンスターSPECIAL』のニョロボン


レッドのニョロボン

f:id:KOKUBANLEMON:20190217214159p:plain



基本データ


ニックネーム ニョロ
性別     ♂
特性     しめりけ
性格     ゆうかん
おや     レッド


概要


 初登場は第1話。レッドの幼馴染で厚い信頼を得ており、レッドがはじめから持っていたポケモン。なのでレッドのパーティの中で1番戦歴が長い。
 レッドの幼少の頃、ニョロはニョロモでレッドを救うためニョロゾに進化。またサントアンヌ号でマチスとの戦いで海に落とされた時にクチバ湾のみずのいしに触れ、ニョロボンに進化する。
 第3章では控えメンバーだった。


活躍

f:id:KOKUBANLEMON:20190123111647j:plain



 割と優遇されているが、先陣を切る事が多いせいか、相手に対するかませ犬的な扱いになってしまうこともしばしば。出てきて数コマ目であっけなくやられることも。
 とはいえ、初登場回ではエレブーにちきゅうなげを喰らわして勝利。
 リーグ決勝戦では戦闘中に放出した水気でグリーンのリザードンを破るきっかけを作ったり、次に繰り出すポケモンのためにあまごいの先駆けともいえる布石を残したり、デオキシスと連携して敵役の爆破トラップの解除に努めたりと、締めるところはきちんと締めている。 
 以上のように縁の下の力持ちとして、いぶし銀な活躍を見せることも少なくない。
 シロガネやまで共に修行したゴールドのポケモンとは影で連携技を開発していたのか、ニョロトノの「ニョたろう」とのかげぶんしんによる連携プレイを見せるという熱いシーンもある。


進化


ニョロモ → ニョロゾ → ニョロボン


レベル


• Lv31(第1巻)
• Lv40(第2巻)
• Lv61(第3巻)
• Lv70(第15巻)
• Lv80(第23巻)



• おうふくビンタ
かげぶんしん
かわらわり
• きあいパンチ
• こころのめ
• ちきゅうなげ
• みずでっぽう
れいとうビーム


ポケモン不思議のダンジョン』におけるニョロボン


『探検隊』


 ゼロの島南部と運命の塔に出現。 HP以外の能力が非常に高い上に、睡眠状態にするさいみんじゅつ、連続攻撃のおうふくビンタ、タイプ一致で威力の高いじごくぐるま、タイプ一致で遠距離攻撃+鈍足の追加効果も持つバブルこうせんと強力な技を備えた難敵。 
 その一方で経験値が非常に高く、特性しめりけにより同階に出現するフワライドの特性ゆうばくを封じてくれる面もあり、ニョロボンの出現する付近の階層では経験値稼ぎの場として利用されることもしばしば。 


『超ポケダン

f:id:KOKUBANLEMON:20190217214226j:plain



 ニョロボンリバーのボスとして出現。大将のニョロボンが3匹に対して取り巻きがニョロモ1匹というややアンバランスな構成(実際、劇中でパートナーに指摘されている)。 
 流石に自前技で揃えていては強すぎるためか、技構成は3匹共通でまもる、ビルドアップ、あまごい、りんしょうと全体的に隙のあるものとなっている。 
 とはいえ数が多く、全員が特性しめりけのためばくれつのタネが効かなかったりと(逆にちょすいではないので水技は通る)厄介な相手ではあるため、連携を駆使するなどして確実に数を減らしつつ戦いたい。 


主な使用トレーナー


シジマ/ジムリーダー(ジョウト)

マキシ/ジムリーダー(シンオウ)

ハラ/四天王(アローラ)

─────────────────────

 以上です。これで紹介を終えます。

【よくわかるポケモン解説】ニドリーナ編

 今回のポケモン解説はニドリーナです。

f:id:KOKUBANLEMON:20190217210239p:plain



目次

 


基本データ


全国図鑑  No.030
分類    どくばりポケモン
英語名   Nidorina
タイプ   どく
種族値   H70 A62 B67 C55 D55 S56
高さ    0.8m
重さ    20.0kg
特性    どくのトゲ / とうそうしん / はりきり(隠れ特性)
性別比   ♂00.0% : ♀100.0%
卵グループ みはっけん


進化


ニドラン♀ニドリーナ(Lv.16)→ニドクインつきのいし


図鑑説明


ポケットモンスター赤・緑ポケットモンスターファイアレッドポケットモンスターX
メスなので せいかくは おんこう。くちから だす ちょうおんぱは あいてを まどわす ちからがある。

ポケットモンスター青ポケットモンスターリーフグリーン
メスなので ツノのそだちが おそい。ひっかいたり かみついたりと にくだんせんを このむ。

ポケットモンスターピカチュウバージョン
すあなの おくに いるときは かならず トゲトゲが ひっこむ。リラックスしている しょうこだ。

ポケットモンスター 金ポケットモンスターハートゴールドポケットモンスターY
こどもに エサを わけあたえるとき おやが かみくだき やわらかくした エサを はきもどして あたえる。

ポケットモンスター 銀ポケットモンスターソウルシルバー
おんこうで やさしい せいかく。ツノのそだちも おそいため このんで たたかおうとはしない。

ポケットモンスタークリスタル
おんこうな せいかく。てきに おそわれそうに なると ぜんしんの トゲを さかだてる。

ポケットモンスタールビー・サファイア・エメラルド
なかまや かぞくと いっしょの ときは おたがい きずつかないように トゲが ひっこんでいる。なかまから はなれると ふあんに なるらしい。

ポケットモンスターダイヤモンド・パール・プラチナ、ポケットモンスターブラック・ホワイト
きけんを かんじると ぜんしんの トゲを さかだてる。ニドリーノに くらべて トゲの そだちが おそい。


耐性


4倍
なし

2倍
じめん,エスパー,フェアリー,かくとう

等倍
ほのお,みず,こおり,いわ,ドラゴン,ゴースト,あく,ひこう,ノーマル,でんき,はがね

1/2
くさ,むし,どく

1/4
なし

無効
なし


容姿


 進化前の2倍近く成長し、体格もより大きくなった。 体色は変わっていないが耳の内側は水色と濃い青に変化し、胴体の模様も角ばっている。
 進化前にあった角は無くなっているように見えるが、 ニドリーノのように発達していないだけでちゃんと生えている。
 ただ、角やトゲの成長速度はオスに比べると遅いため、戦う際には噛み付きや爪で引っかくなどの肉弾戦を好んでいる。


概要


 イタリアンな名前のニドラン♀の進化系。 温厚で戦いを好まない性格だが、肉弾戦を好む一面もある。 
 子供を守るため繁殖能力を犠牲にして戦う力に得たため、卵を産めない。ニドクインも同様。 
 『金銀』からポケモンがタマゴを産めるようになったが、この設定のため通常のポケモンながら伝説のポケモン等と同様にタマゴを産めないグループに属する。 
 体のトゲは引っ込むらしい、どこに引っ込むかは謎である。 また口から超音波を出すという言及もあるが、「ちょうおんぱ」は遺伝でしか覚えられない。 
 ちなみに第1世代のグラフィックには頭に角らしきものがあったりする。 


アニメのニドリーナ

f:id:KOKUBANLEMON:20190217211017j:plain



CV:こおろぎさとみ

 無印編第100話で登場。禁断の愛を遂げたニドラン♂♀が共に進化。しかし少し待って欲しい、そもそもニドランは進化することで繁殖能力を失うことが公式発表されている。
 つまり進化したこの2匹は性的な意味で結ばれないのである。カポー氏ねやはり語るも涙の実に残念な話である。
 この他に無印第33話でララミー族が飼育していた個体や、アカネが使用した個体が存在する。


ポケットモンスターSPECIAL』におけるニドリーナ


ブルーのニドリーナ


基本データ


ニックネーム ニドちゃん
性別     ♀
特性     どくのトゲ
性格     れいせい
おや     ブルー


概要


 初登場は第39話。現在はニドクインに進化している。


進化


ニドラン♀ →ニドリーナ → ニドクイン


レベル


• Lv54(第6巻)
• Lv59(第15巻)
• Lv69(第24巻)



• にどげり

─────────────────────

 以上です。これで紹介を終えます。

【よくわかるポケモン解説】ペルシアン編

 今回のポケモン解説はペルシアン(カントー)です。

f:id:KOKUBANLEMON:20190216194345p:plain



目次

 


基本データ


全国図鑑  No.053
分類    シャムネコポケモン
英語名   Persian
タイプ   ノーマル
種族値   H65 A70 B60 C65 D65 S115
高さ    1.0m
重さ    32.0kg
特性    じゅうなん/テクニシャン/きんちょうかん(隠れ特性)
性別比   ♂50.0%:♀50.0%
卵グループ りくじょう


進化


ニャース → ペルシアン(Lv28)

kokubanlemon.hatenablog.com


図鑑説明


ポケットモンスター赤・緑ポケットモンスターファイアレッド
きしょうが はげしく しっぽを まっすぐ たてたら よう ちゅうい。 とびかかって かみつく まえぶれだ。

ポケットモンスター青ポケットモンスターリーフグリーンポケットモンスターX
けなみが うつくしく ぺットに したがる ひとも おおいが すぐ ひっかいたり するので てごわいぞ。

ポケットモンスターピカチュウバージョン
ひたいの ほうせきが かがやく! また あるくすがたも しなやかで おうじょのような はなやかさがある。

ポケットモンスター 金
ぜんしんから ただよう きひんに あこがれる ひとも おおいが なにかあると すぐ ひっかいてくる。

ポケットモンスター 銀ポケットモンスターY
しなやかな きんにくの おかげで あしおとひとつ たてずに あるける。えものを かるときは いっしゅん。

ポケットモンスター クリスタルバージョン
しなやかな からだの うちがわに きまぐれに えものを ひきさいて もてあそぶ やばんさを ひめている。

ポケットモンスタールビー・サファイアポケットモンスターエメラルド
たくましい 6ぽんの ヒゲは くうきの うごきで まわりの ようすを キャッチする やくわり。 ヒゲを つかまれると おとなしくなって しまう。

ポケットモンスターダイヤモンド・パール・プラチナ、ポケットモンスターブラック・ホワイト
きぐらいが たかい ポケモン。 マニアの あいだでは ひたいの ほうせきの サイズが わだいになる。

ポケットモンスターサン
きしょうが あらく めが あうだけで とびかかってくる。 するどいツメに やられると ふかい きずを おう。

ポケットモンスタームーン
アローラの ペルシアンほどではないが きぐらいの たかい せいしつ。 なつかせるのが かなり むずかしい。

ポケットモンスターウルトラサン
アローラの ペルシアンとは ひたいの ほうせきのいろが ちがって みえるが せいぶんは あまり かわらないのだ。

ポケットモンスターウルトラムーン
おかねもちに にんきの ポケモン。 ひたいの ほうせきを ねらって ハンターたちに ねらわれることも。


耐性


4倍
なし

2倍
かくとう

等倍
ノーマル,ドラゴン,ほのお,くさ,みず,でんき,あく,エスパー,はがね,こおり,いわ,じめん,フェアリー,どく,ひこう,むし

1/2
なし

1/4
なし

無効
ゴースト


オススメ技


物理技


おんがえし
タイプ ノーマル
威力  102(153)
命中  100

ほしがる
タイプ ノーマル
威力  60(90)
命中  100
備考  相手の道具奪う

とっておき
タイプ ノーマル
威力  140(210)
命中  100

かたきうち
タイプ ノーマル
威力  70→140(210)
命中  100
備考  死に出し限定で高火力

ねこだまし
タイプ ノーマル
威力  40(60)
命中  100
備考  相手ひるみ100%

フェイント
タイプ ノーマル
威力  30(45)
命中  100
備考  優先度+2先制技

じたばた
タイプ ノーマル
威力  ~200(300)
命中  100

どろぼう
タイプ あく
威力  60
命中  100
備考  相手から道具奪う

かみつく
タイプ あく
威力  60
命中  100
備考  相手ひるみ30%

はたきおとす
タイプ あく
威力  65→97
命中  100
備考  相手の道具排除。メガストーンやZクリスタル持ち相手には威力が上がらず、道具も排除できない

つじぎり
タイプ あく
威力  70
命中  100
備考  急所ランク+1

じごくづき
タイプ あく
威力  80
命中  100
備考  相手の音技封じ。教え技

イカサマ
タイプ あく
威力  95
命中  100
備考  相手の物理攻撃力依存でダメージが決定

シャドークロー 
タイプ ゴースト
威力  70 
命中  100
備考  急所ランク+1

じゃれつく
タイプ フェアリー
威力  90
命中  90
備考  相手攻撃↓10%

つばめがえし
タイプ ひこう
威力  60
命中  必中

ダストシュート
タイプ どく
威力  120
命中  80
備考  相手どく30%教え技

とんぼがえり
タイプ むし
威力  70
命中  100
備考  攻撃後自分交代

タネばくだん 
タイプ くさ
威力  80
命中  100
備考  教え技


特殊技


ハイパーボイス
タイプ ノーマル
威力  90(135)
命中  100
備考  教え技。みがわり貫通

スピードスター
タイプ ノーマル
威力  60(90)
命中  必中

あくのはどう
タイプ あく
威力  80
命中  100
備考  相手ひるみ20%

シャドーボール
タイプ ゴースト
威力  80
命中  100
備考  相手特防↓20%

みずのはどう
タイプ みず
威力  60
命中  100
備考  相手こんらん20%教え技

10まんボルト
タイプ でんき
威力  90
命中  100
備考  相手まひ10%

でんげきは
タイプ でんき
威力  60
命中  必中
備考  テクニシャンなら10まんボルトと同威力

かみなり
タイプ でんき
威力  110
命中  70
備考  相手まひ30%

こごえるかぜ
タイプ こおり
威力  55 
命中  95
備考  相手素早さ↓100%教え技

めざめるパワー
候補タイプ かくとう,じめん,ほのお
威力    60
命中    100


変化技


さいみんじゅつ
タイプ エスパー
効果  相手を眠らせる
命中  60

ちょうはつ
タイプ あく
効果  変化技を封じる
命中  100

すりかえ
タイプ あく
効果  持ち物を交換する
命中  100

わるだくみ
タイプ あく
効果  自分特攻↑↑

つめとぎ
タイプ あく
効果  自分攻撃・命中率↑
備考  第6世代わざマシン限定

みがわり
タイプ ノーマル
効果  HP1/4消費してみがわりを生み出す

ねこのて
タイプ ノーマル
効果  自分の手持ちの技をランダムで使う

いばる
タイプ ノーマル
効果  相手攻撃↑↑・混乱状態にする
命中  85


テンプレート型


物理アタッカー型 


特性:テクニシャン
性格:ようき
努力値:AS252
持ち物:いのちのたま/きあいのタスキ/ノーマルジュエル/各種Zクリスタル
優先技:じゃれつく/フェイント
選択物理技:ねこだましorかたきうち/おんがえしorすてみタックルorほしがる/とんぼがえり/かみつくorどろぼうorはたきおとす/つばめがえし/タネばくだん
選択補助技:ちょうはつ/よこどり/みがわり/さいみんじゅつ/つめとぎ

特殊アタッカー型 

特性:テクニシャンorじゅうなん
性格:おくびょう
努力値:特攻252 素早さ252
持ち物:きあいのタスキ/いのちのたま/たつじんのおび
特殊技:10まんボルトorでんげきは/あくのはどう/ハイパーボイス/シャドーボール/こごえるかぜ/パワージェム
物理技:ねこだまし/イカサマ
テクニシャン限定選択技:スピードスター/みずのはどう/めざめるパワー(地/闘/炎)
選択補助技:わるだくみ/さいみんじゅつ/ちょうはつ

すりかえ型 

特性:テクニシャンorじゅうなんorきんちょうかん
性格:ようきorおくびょう
努力値:攻撃252or特攻252 素早さ252
持ち物:こだわりハチマキ/こだわりメガネ/こだわりスカーフ
確定技:すりかえ
選択物理技:とんぼがえり/かみつくorだましうちorはたきおとす/おんがえしorすてみタックル/タネばくだん/じゃれつく/フェイント
選択特殊技:スピードスターorハイパーボイス/10まんボルトorでんげきは/あくのはどう/みずのはどう/こごえるかぜ/パワージェム/めざめるパワー(地/闘/炎)


ペルシアン 


注意すべき点


 高い素早さからのさいみんじゅつ、すりかえ、ちょうはつ、ねこのて。
 テクニシャンにより追加効果の優秀な技の威力を上げられ、技範囲が広い。特殊型ならわるだくみで火力強化。


対策方法


 テクニシャン補正が入っても素の種族値が低いので火力は低い。
 運が絡むがさいみんじゅつは命中立が低く、すりかえはメガストーンやZクリスタルで無効化可能。
 ペルシアンよりも素早さの高いポケモンで上から殴るか、攻撃→先制技で落とす。


デザイン

f:id:KOKUBANLEMON:20190216205616j:plain



 進化前のニャースとは打って変わり、スマートな体型に進化した猫型のポケモン。 
 頭の小判は赤く丸い宝石のようなものに置き換わる。
 ペルシアンという名前だが、その姿は長毛種であるペルシャ猫ではなく、ネコ亜科最大の種であるピューマに近い。そもそもぶんるいが「シャムネコポケモン」である時点で名前と矛盾しているのだ。 
 名前が「ペルシアン」かつ分類に「シャム(タイの古名)」を含む。初代ポケモン(RGBP)では、インドぞうなど実在の地名・国名が他にも登場していたが、シリーズを経る毎に無くなっていった。 
 ペルシアンはその中で現実世界の固有名詞の要素を、現在(最新作)に至るまで持ち続ける唯一のポケモンとなっている。 


概要


 初代から登場している古参のポケモン。綺麗な毛並みが故に上流階級のペットとして人気が高く、アニメではロケット団のボスであるサカキも愛玩動物として飼っている。(ちゃんと戦闘能力もあるようだが) 
 一方で、額の宝石は希少価値のある物として扱われているらしく、ハンター等からはその宝石を目当てに乱獲の対象となってもいる模様。 
 この為か、アローラ地方ではペルシアンが地域種を問わずペルシアンを保護動物として扱っているようである。 


ゲームのペルシアン

f:id:KOKUBANLEMON:20190216195056j:plain



能力


 ニャースがレベル28で進化する。 素早さが飛び抜けて高いが、それ以外は平均をやや下回る。
 原種・リージョンフォーム共に、マニューラに次ぐ速さの「ねこのて」使いでもある。


初代では


  アニメの設定を逆輸入したため、『ピカチュウ』バージョンではサカキの手持ちになっていた。
 ニンテンドウカップ99では出場可能ポケモン中2位の素早さと強力なきりさくなどを武器に大活躍した。


特性


 「テクニシャン」は威力60までの技を1.5倍に強化してくれる。ペルシアンはテクニシャンを活かせる技を多く持つ。
 「じゅうなん」はマヒ状態になることを防いでくれる。自慢の素早さを殺されなくなる。
 隠れ特性の「きんちょうかん」は相手にきのみを使わせない。ラムのみを使わせずにさいみんじゅつで眠らせたり、きのみによる回復を防ぐことができる。


主な技


 ノーマルタイプらしく豊富な技を覚えられる。第四世代で追加された特性「テクニシャン」との相性も良い。 
 テクニシャン補正がかかる技は、主にタイプ一致かつ必中の「スピードスター」や「ほしがる」や「ねこだまし」を筆頭に、「こごえるかぜ」「みずのはどう」「おしおき」「かみつく」「ねこだまし」「めざめるパワー」などなど。「ほしがる」や「スピードスター」を主力技として採用できる珍しい存在でもある。 
 とくこうのステータス自体は『65』とさほどでもないが、わるだくみを積んでからのテクニシャン補正がかかった攻撃は意外なほどのダメージを叩き出す。 
 補助技の方も多くのトレーナーを苦しめてきた「さいみんじゅつ」や「ちょうはつ」、強力な積み技「わるだくみ」を筆頭に、なかなかレパートリーは広い。 
 こごえるかぜは「テクニシャン」「じゅうなん」のどちらとも相性が良く、「さいみんじゅつ」は「きんちょうかん」との相性が良い。


第5世代からは


 『BW』では教え技が存在しなかったため、第四世代のROMを利用しなければ特殊型の構成が不可能となっていたが、『BW2』では教え技復活とスピードスターの自力習得により、特殊型が構成可能に。 
 教え技で「ハイパーボイス」を覚えるようになったため、テクニシャン以外でもタイプ一致の強力な特殊攻撃技を撃てるようになった。 


ダブルバトルでは


 エテボースチラチーノなど、テクニシャン持ちで、より攻撃力が高く、攻撃技の豊富なポケモンが他におり、現状あえてペルシアンで殴り合いをやらせる意義は薄い。
 そのため、シングルバトルで真正面から戦うことは向いていないといえよう。
 特性「きんちょうかん」と「こごえるかぜ」や「ねこだまし」、「よこどり」、「さいみんじゅつ」などを活かしてダブルバトルで相手を引っ掻き回す戦い方がより真価を発揮できるだろう。 


アニメにおけるペルシアン


サカキのペルシアン

f:id:KOKUBANLEMON:20190216205435j:plain



CV:松本梨香


概要


 無印編第15話で初登場したサカキのポケモン
 サカキから溺愛されており、ロケット団ニャースがライバルとしてみなしている。BW編第96話でメロエッタを捕獲するためにサカキが初めて攻撃の指示を出した。



• ひっかく
• いばる
• シャドークロー
• パワージェム


備考


 長らく声優担当者がクレジットされなかったが、サイドストーリーで松本梨香が担当していることが判明した。


その他


• 無印編第70話回想で、かつてロケット団ニャースもいた群れのリーダーとして登場。
• AG編第126話では、ユリコのポケモンとして登場。
• SM編第7話でリージョンフォームが初登場。

─────────────────────

 以上です。これで紹介を終えます。

【よくわかるポケモン解説】ドガース編

 今回のポケモン解説はドガースです。

f:id:KOKUBANLEMON:20190216093750p:plain



目次

 


基本データ


全国図鑑  No.109
分類    どくガスポケモン
英語名   Koffing
タイプ   どく
種族値   H40 A65 B95 C60 D45 S35
高さ    0.6m
重さ    1.0kg
特性    ふゆう
性別比   ♂50.0% : ♀50.0%
卵グループ ふていけい


進化


ドガース → マタドガス(Lv35)

kokubanlemon.hatenablog.com


図鑑説明


ポケットモンスター赤・緑ポケットモンスターファイアレッド
うすい バルーンじょうの からだに もうどくの ガスが つまっている。ちかくにくると くさい。

ポケットモンスター青ポケットモンスターリーフグリーン
たいないに いろいろな どくガスが たまっているため ときどき だいばくはつを おこすことも。

ポケットモンスターピカチュウバージョン
あついところ では からだのなかの ガスが ふくらんで はれつする きけんせいも あるので ちゅういだ。

ポケットモンスター金ハートゴールド
うすい まくじょうの からだには なみだと せきと はなみずが とまらなくなる ガスが いっぱい。

ポケットモンスター銀ソウルシルバー
たいないの どくガスは くうきより すこし かるい せいぶん。だから いつも すこしだけ うかんでいる。

ポケットモンスタークリスタルバージョン
もうどくを ふきだす ドガースに ちかづけたなら たいないで ガスが うずまいている ようすが みえる。

ポケットモンスタールビー・サファイア・エメラルド
しげきを あたえると ガスの どくそが つよまり からだの あちこちから いきおいよく ふきだす。まんまるに ふくらんだ あと だいばくはつする。

ポケットモンスターダイヤモンド・パール・プラチナ、ポケットモンスターブラック・ホワイト
くうきよりも かるい ガスを からだに ためて うかんでいる。ガスは くさいうえに ばくはつする。

ポケットモンスターブラック2・ホワイト2
うすい バルーンじょうの からだに もうどくの ガスが つまっているので ときどき だいばくはつを おこす。


耐性


4倍
なし

2倍
じめん,エスパー,フェアリー,かくとう

等倍
ほのお,みず,こおり,いわ,ドラゴン,ゴースト,あく,ひこう,ノーマル,でんき,はがね

1/2
くさ,むし,どく

1/4
なし

無効
なし


容姿


 まん丸い風船のような体をしており、回りにはガスの噴気孔と思われる穴が多数存在する。
 体は近づくと体の中で毒ガスが渦巻く様子が見える程薄い。 顔の真下にドクロマークがあるが、青版だけはなぜか額に移動している。 
 初期のイラストや赤緑のグラフィックではガスの手のようなものが確認でき、穴久保幸作の漫画ではガスの手で相手を殴るシーンが描写されている。 
 色違いは鮮やかな青い体に紫のガスと綺麗な色合いになる。ポケモンスタジアムシリーズではニックネームをつけると赤い体に緑のドクロマークになり、こちらもまた違った印象を与える。 


概要


 初代から登場しているポケモン。刺激を与えると体が膨張し、より一層毒素の強まったガスを排出する。
 そしてちょっとした刺激で爆発することもある。気温が高いとガスが沢山作られるため、将来温暖化が進めば非常に危険なポケモンになるだろう。 
 そのニヒルな表情からなのか、ちょくちょく公式から推されている。 
 2016年にはポケモンだいすきクラブにおいて、ポケモン20周年記念企画として研究員カズキによる「もやもやドガースポケモン世界紀行」が登場した。 
 2017年、ポケモンパペット劇場の登場ポケモンの一匹に抜擢されている。製作サイドのお気に入りなのかページ右下の「ページTOPへ」にもちょこんといたりする。 


ゲームにおけるドガース


シナリオでは


 カントージョウトホウエンと割といろんなところで見かける。シンオウ地方にも野生のマタドガスがいる。
 ロケット団など悪の組織のしたっぱが使ってくるケースが多い。「赤・緑」および「ファイアレッドリーフグリーン」では、ジムリーダーのキョウが、この他『HGSS』でラムダがラジオ塔戦時に5匹も使ってくる。 
 野生の個体は、低確率で「けむりだま」を持っている。 


ホミカドガース


 『BW2』ではジムリーダー「ホミカ」の手持ちに抜擢。この時点では野生でエスパータイプが出てこないので、弱点を突くことは難しい。ただ、はがねタイプのコイルを連れて行けば対処が楽になる。
 さらに何とホミカが所属しているバンド名が「ザ・ドガース」という名前である。おまけにジム内ではホミカのバンドがひたすらドガースの名前を言い続けるBGMが流れている。 

「D・O・G・A・R・S ドガース!」 

 どくタイプ、特にドガース好きにはたまらない一幕となった。 


能力


 ぼうぎょが飛びぬけて高い以外は割りと進化前らしい平凡なステータス。一方でHPととくぼうは低めなので、強力なとくしゅ攻撃を受けてしまうとあっさりやられてしまう事もある。 


特性


 第3世代ではとくせいが追加されたが、その概念の有無がいかに大きいかを思い知らされるポケモンの一体。
 そのとくせい「ふゆう」により、それまで弱点だったじめんタイプの技を無効化されて驚いたトレーナーは数知れず。 
 実質、弱点はエスパーのみで、そのエスパー自体が次第にマイナー化しつつあるため、意外と弱点は突かれにくい。 


強化


 第5世代から追加された「しんかのきせき」を持たせることで防御に更に磨きがかかり、「おにび」や「いたみわけ」を併用することで脅威の粘りを見せるようになる。
 進化前ながら中々有用なポケモンへと変貌するようになった。 


アニメのドガース


コジロウのドガース

f:id:KOKUBANLEMON:20190216095213p:plain



CV:石塚運昇


概要


 無印編第2話で初登場したコジロウのポケモンである。無印編第31話で、ドガースからマタドガスに進化した。
 AG編第6話にて野生ポケモンを守らせるために逃がされる。
 「だ~れだ?」でお馴染みCM突入時のシルエットクイズ(アイキャッチ)は2話で早くも登場している。 


出会い


 ムサシのアーボはお中元だが、こちらはお歳暮でもらったらしい。無印17話で説明されている。 

kokubanlemon.hatenablog.com


コジロウとの関係


 コジロウのポケモンといえば、サボネアのように愛情表現を見せる個体が多い。しかしマタドガスは、主人に抱きついたりすることはなく、命令に忠実・従順であった。
 だが、信頼関係がないわけではない。コジロウとはぐれてしまった際、ニャースが命令を出したが、「ご主人が違う」という理由で命令を聞かなかったことがある。


活躍


 逃げる目的で煙幕を使うのが主な仕事。このためだけに登場することも少なくない。
 その他、水上で浮き袋として活用されたり、ムサシに強制レンタルされたりとバトル以外にも様々な場面で活躍した。 


バトルの実力


 ムサシのアーボック同様、ピカチュウやゲストポケモンにやられることが多いため錯覚されがちだが、バトルの実力は十分高い。
 サトシたちを苦戦させることもあり、得意のヘドロこうげきで相手の視界を奪ったりしたことも。



カウンター
くろいきり
• どくガス
• ヘドロこうげき
• スモッグ
• えんまく
• たいあたり
• どくどく


ホミカドガース

f:id:KOKUBANLEMON:20190216095233j:plain



CV:佐藤健輔

 BW編第83話に登場。ゲームと同様、アニメでも使用する。
 バンドの演奏に乗せてサトシのガントルケンホロウを続け様に倒し、目覚ましい活躍を見せてくれた。 しかし、ハハコモリには敗れた。


ポケモンGO』のドガース

f:id:KOKUBANLEMON:20190216094928p:plain



捕まえやすさ


 かなり出現率が低いレアポケモンの1体に数えられている。若干ながらビル等の建物の傍では出やすいだろうか。残念ながら工場周辺というわけではないようだ。 
 現在では天候が曇りの時に若干出現率が上がるため、以前ほど入手に苦労しなくなった。


大量発生 


 2018年9月14日~9月30日の「ウルトラボーナスイベント」の一環である「カントー地方ポケモンの大量発生」イベントではドガースが大量に沸くようになっている。
 これまでの出現率の低さが嘘のようで、田舎でも入手しやすくなった。
 今後もカントー地方ポケモンのピックアップイベントでは出現しやすくなる可能性が高いので公式情報はよくチェックしよう。 


おまけ


 ちなみに、ドガースの捕獲画面から逃げてマップに戻ると、マップ上のドガースが口を閉じ、珍しい真顔のドガースとなる。 


ポケモン不思議のダンジョン』シリーズのドガース


 『探検隊』シリーズでは、ズバットスカタンクと共にチーム「ドクローズ」を組んでおり、主人公達の邪魔をする。  
 主にアニメと同じで、どくガスを用いて主人公達をかく乱する役割をしている。 


ポケモンスナップ』シリーズのドガース

f:id:KOKUBANLEMON:20190216095132j:plain



 本作では険しい顔をして洞窟でひたすらプリンを追い回している。イヤイヤボールで撃退できるが、ドガースクラスタはやや複雑な気持ちになるだろう。
 ちなみに、ポケモンの笛を吹くといつもの笑顔で踊ってくれる。 
 また、火山にはドガースの形をしたポケモンの印があり、前情報無しではまず分からないために探すのに苦労する人が多かった。 


大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズのドガース

f:id:KOKUBANLEMON:20190216095115j:plain



 初代ではモンスターボールから登場、当たると敵を引き寄せる効果のあるガスを撒き散らし、相手を巻き込む。 
 DXではその役目をマタドガスに譲ったが、3DS版のフィールドスマッシュにて久々に登場する。 今回は敵として登場し、当たると能力を下げるガスを撒き散らす。 
 攻撃や行動パターンのの厄介さに対して落とすアイテムは少ないため、基本はスルー安定。 
 WiiU版でも「ワールドスマッシュ」にてターン開始時にフィールドを煙幕で覆って完全に見えなくするという厄介な役を引っさげて登場する。置かれてるアイテムどころか他プレイヤーすら見えないので完全に嫌がらせ役である。 

─────────────────────

 以上です。これで紹介を終えます。