ラレツ!

ラレツ!

困り事への対処法に特化したブログです

【よくわかるポケモン解説】メガジュカイン編

 今回のポケモン解説はメガジュカインです。

 

 

f:id:KOKUBANLEMON:20181118110414p:plain

 ジュカインの解説はこちらです。



目次

 


基本データ



全国図鑑  No.254
分類    みつりんポケモン
タイプ   くさ/ドラゴン  
種族値   H70 A110 B75 C145 D85 S145
高さ    1.9m
重さ    55.2kg
特性    ひらいしん
性別比   ♂:87.5% / ♀:12.5%
卵グループ 怪獣/ドラゴン


進化

 


キモリ → ジュプトル(レベル16) → ジュカイン(レベル36)


メガシンカ

 


ジュカインメガジュカイン(ジュカイナイトを所持)


耐性



4倍
こおり

2倍
フェアリー,どく,むし,ドラゴン

等倍
ほのお,あく,エスパー,ゴースト,はがね,いわ, 

1/2
じめん,

1/4
くさ,みず

無効
でんき


オススメ技



特殊技



リーフストーム
タイプ くさ
威力  130(195)
命中  90
備考  自分特攻↓↓

エナジーボール
タイプ くさ
威力  90(135)
命中  100
備考  相手特防↓10%

りゅうのはどう
タイプ ドラゴン
威力  85
命中  100

きあいだま
タイプ かくとう
威力  120
命中  70
備考  相手特防

めざめるパワー
候補タイプ ほのお,こおり,いわ,じめん

威力    60
命中    100


物理技



リーフブレード
タイプ くさ
威力  90(135)
命中  100
備考  急所ランク+1

げきりん
タイプ ドラゴン
威力  120
命中  100
備考  自分行動固定

ドラゴンクロー
タイプ ドラゴン
威力  80
命中  100

じしん
タイプ じめん
威力  100
命中  100

いわなだれ
タイプ いわ
威力  75
命中  90
備考  相手怯み30

かみなりパンチ
タイプ でんき
威力  75
命中  100
備考  相手麻痺10%

けたぐり
タイプ かくとう
威力  20~120
命中  100

かみくだく
タイプ あく
威力  80
命中  100
備考  相手防御↓20%

でんこうせっか
タイプ ノーマル
威力  40
命中  100
備考  優先度+1先制技

がむしゃら
タイプ ノーマル
命中  100


変化技



みがわり
タイプ ノーマル
効果  みがわりを作る

つるぎのまい
タイプ ノーマル
効果  攻撃二倍。

くさぶえ
タイプ くさ
効果  相手を眠らせる
命中  55
備考  くさタイプやぼうじんにも効く。みがわり貫通


テンプレート型

 


特殊アタッカー型 

性格:おくびょう/ひかえめ
努力値:CS252
確定技:リーフストーム/りゅうのはどう
特殊技:めざめるパワー(炎/地)/きあいだま/エナジーボール
物理技:じしん/いわなだれ/でんこうせっか/がむしゃら
補助技:みがわり/やどりぎのタネ/くさぶえ


二刀アタッカー型 

性格:ようき/さみしがり/やんちゃ/せっかち/むじゃき
努力値:ASベースでC調整
確定技:リーフストーム/げきりんorドラゴンクローorダブルチョップ
物理技:じしん/いわなだれ/けたぐり/でんこうせっか/がむしゃら
特殊技:めざめるパワー(炎)/きあいだま
補助技:みがわり


概要



 みつりんポケモンジュカインメガシンカした姿。ジュカインも参照。 
 バシャーモに遅れること1作、ORASジュカインメガシンカを得ることとなった。 
 (メガバシャーモはXYでは期間限定なので、「遅れて」という表現は相応しくないかもしれないが) 
 元のジュカインのベースを崩さずに、より鋭利な姿へ変化しているのが特徴。 
 頭部や両腕の葉の形状がより鋭く変わり、胸には背中までX字状に広がる草のアーマーが追加され、大型化した尻尾は針葉樹のような形に変化。 
 加えて、隈取を始めとした各部のピンク色の模様も、鮮やかな赤色に変化している。 
 最大の特徴は遠くの敵を攻撃する時、尻尾を強力なドリルミサイルとして発射できるというもの。 
 発射した尾はメガシンカエネルギーが尽きるまで何度も再生し、元の分類が「もりトカゲポケモン」であることを思い出させてくれる能力である。 
 また、背中に付いた樹木を元気にする栄養の詰まった種の数も増えている。 
 これらは尾先に近づくにつれ赤くなり、一番先端に近い二つは尻尾ミサイルを発射する際、点火材の役割を果たす。 
 戦闘の際はさらに強化された瞬発力で縦横無尽に跳び回り、間合いを変化させながらリーフブレードや尻尾ミサイルで仕留める戦いを得意とする。 


ゲーム上の特徴



 主に「とくこう」が大きく上昇し、「こうげき」「すばやさ」がこれに追従する形で強化される。 
 不安だった防御に関しても心持ち程度に上がるが、特防は全く上昇しない。 
 そして、これにより「すばやさ」は145と、ゲッコウガに奪われてしまった御三家最速の座を取り戻すことになった。
 ちなみにくさタイプとしてもドラゴンタイプとしてもぶっちぎりの最速であり、何と準速でも、素早さ第2位のドラゴンである最速オンバーンを抜ける。 
 なお、特殊に偏った能力に変化したものの、「こうげき」が極端に低いわけではない為物理型でも特に問題なく戦える。 
 メガシンカすることによりドラゴンタイプが追加され、今までに前例の無いくさ・ドラゴンの複合タイプとなった。
 これにより、苦手としていたほのおタイプを克服すると共に、1/4に出来るタイプがみず・くさ・でんきの3タイプとなる。 
 技に関しても元から「りゅうのはどう」「ドラゴンクロー」「げきりん」などが使えるので、攻撃面でもタイプを活かせる。ただし残念ながら、元がくさ単体である為「りゅうせいぐん」は習得出来ない。 
 また、こおりタイプからは4倍弱点を受けることになるのに加え、ドラゴンタイプとフェアリータイプが弱点に追加されてしまう。
 特に自慢の素早さが無意味と化すファイアローや「こおりのつぶて」持ちには注意しないといけない。 
 何より気になるのは特性が「ひらいしん」であること。元々でんきタイプが1/4である為に「でんじは」を無効にしたり、さかさバトルでの4倍弱点を防ぐ位しか旨みが無いのが痛い。 
 しかしこのおかげで、対ウォッシュロトムでかなり有利になれる他、ダブルでは「味方に飛んでくる『でんじは』も防ぐことができる」為対ボルトロスで優位に立てる。隣にでんき弱点のポケモンを置いておくとよいだろう。  
 とはいえ、2匹とも「めざめるパワー」氷を備えている可能性が十分あるので油断は禁物である。 
 余談だが、本編のメガジュカインは代名詞たる尻尾ミサイルを彷彿とさせる技を「リーフストーム」位しか覚えない。
 スマホソーシャルゲームポケモンコマスターでは「テイルミサイル」というオリジナル技として採用されている。 


アニメ

 


 サトシのライバルキャラクター・ショータのジュカインメガシンカすることで登場。 
 登場からショータは最初のポケモンであるキモリジュカインにまで育て、メガシンカさせることを夢としていると語っており、XY&Z編のOPでジュカインおよびメガジュカインと一緒に登場したことから、いずれその時を迎えることが決定していた。 
 満を持してZ編33話のカロスリーグ準々決勝でお披露目となり、特性ひらいしんでバトルを有利に運び、ショータを準決勝へと導く。 
 そしてZ編35話のサトシとショータの準決勝ラストでは、サトシゲッコウガと激闘を繰り広げた。
 この一戦はそこに至るまでの構成や作画のレベルが非常に高く、機会があれば是非視聴することをお勧めする。 

 

───────────────────────────────────

 

 以上です。これで紹介を終えます。