ラレツ!

ラレツ!

困り事への対処法に特化したブログです

【よくわかるポケモン解説】ヤドラン編

 今回のポケモン解説はヤドランです。

f:id:KOKUBANLEMON:20190111080525p:plain



目次

 


基本データ


全国図鑑  No.080
分類    やどかりポケモン
英語名   Slowbro
タイプ   みず エスパー
種族値   H95 A75 B180 C130 D80 S30
高さ    1.6m
重さ    78.5kg
特性    どんかん/マイペース/さいせいりょく(隠れ特性)
性別比   ♂50.0% : ♀50.0%
卵グループ 怪獣 / 水中1


進化


ヤドンヤドラン(Lv.37)

   →ヤドキング(おうじゃのしるしを持たせて通信交換)

kokubanlemon.hatenablog.com

メガシンカ


ヤドラン→メガヤドラン(ヤドランナイトを所持)

kokubanlemon.hatenablog.com


図鑑説明


ポケットモンスター赤・緑ポケットモンスターファイアレッドポケットモンスターY
ヤドンが うみへ エサを とりにいったとき シェルダーに しっぽをかまれ ヤドランになった。

ポケットモンスター青ポケットモンスターリーフグリーン
くっついている シェルダーは ヤドンの たべのこした ものを エサにして いきているという。

ポケットモンスターピカチュウバージョン
うみのちかくで のんびり くらす。 もし シッポの シェルダーが はずれてしまうと ヤドンにもどる。

ポケットモンスター 金ポケットモンスターハートゴールド
はげしい たたかいで シッポに かみついた シェルダーが はずれると もとの ヤドンに もどってしまう。

ポケットモンスター 銀ポケットモンスターソウルシルバー
もともと かんかくが にぶかったが シェルダーの どくそが しみこみ いたさを かんじなくなった。

ポケットモンスター クリスタルバージョンポケットモンスターX
くっついている シェルダーは しっぽから にじみでる うまみが ほしくて ずっと はなれない。

ポケットモンスタールビー・サファイアポケットモンスターエメラルドポケットモンスターオメガルビー・アルファサファイア
シェルダーが かみついて いるので しっぽで エサを つれなくなった ヤドランは しぶしぶ すいちゅうを およいで エサを つかまえている。

ポケットモンスターダイヤモンド・パール・プラチナ、ポケットモンスターブラック・ホワイトポケットモンスターブラック2・ホワイト2
ぼんやりしている ヤドランだが シェルダーが つよく しっぽを かむとき なにかが ひらめくらしい。

ポケットモンスターサン
うみを ながめ ぼーっと している。 シェルダーのどくが からだに まわり より ぼんやりするように なった。

ポケットモンスタームーン
シェルダーが つよく かむたび いっしゅん なにかを ひらめくが あっというまに わすれてしまう。

ポケットモンスターウルトラサン
きほんてきに ぼんやり している。 シッポが ちぎれて シェルダーが はずれてしまうと ヤドンに もどる。

ポケットモンスターウルトラムーン
シッポの あまみを もっと もっと すすろうと よくばった シェルダーが まきがい じょうに へんかしたのだ。


耐性


4倍
なし

2倍
くさ,でんき,むし,ゴースト,あく

等倍
ドラゴン,どく,いわ,ひこう,ノーマル,フェアリー,じめん

1/2
ほのお,こおり,みず,エスパー,はがね,かくとう

1/4
なし

無効
なし

 

概要


 ヤドンの尻尾にシェルダーが噛み付くことでヤドランになる。 なぜ二枚貝状のシェルダーがいきなり渦巻き貝になるのかは不明。
 なお、手持ちにヤドンシェルダーを入れたところでヤドランになるわけではないので注意が必要。 
 分類はやどかりポケモンであるが、ヤドカリを連想させるものは噛み付いているシェルダー以外には見当たらないし、どう見ても節足動物ではない。 
 尻尾を噛まれたヤドンは、重さのバランス関係によって二足歩行が可能になる。
 両腕を使ってメガトンパンチなども使用可能になり、一方で尻尾に噛みついているシェルダーは陸に上がった生活が可能になっている。 


容姿


 ヤドンがヤドランに進化すると、手足の形状が変化するのに加え、腹部に蛇腹模様が現れる。この事から、シェルダーに尻尾を噛まれた際に何かしらの体質変化を起こすものであると考えられる。
 尻尾のシェルダーが外れれば再びヤドンに戻るらしい。
 『金銀』バージョンのグラフィックでは、ヤドンにも前述の蛇腹模様が確認できるが、その後のグラフィック及び様々なイラストではヤドンの腹部には蛇腹模様が描かれていない。


ゲームのヤドラン

f:id:KOKUBANLEMON:20191122000510j:plain

 バトレボでは動きが結構ダイナミック。後ろでシェルダーがおもいっきり噛みついているような仕草が少し気になるが。
 ハナダシティには女性トレーナーの相棒のヤドランがいる。女性が技を披露しようとしても何もしない。
 ちなみに、初代ではテレポートをわざマシンで習得できた。現在でもあなをほる・なみのりかいりき・フラッシュ・いわくだきを覚えられるため、秘伝要員としても重宝する。 

 

対戦のヤドラン

f:id:KOKUBANLEMON:20191122000449g:plain

能力


 防御が大幅に伸び、次いで特攻も上昇する。素早さも若干伸びるが、壊滅的にノロいのは今まで通りでコータス辺りを抜かせるようになった程度である。 
 防御や元々高めだったHPに加え、格闘技を半減できることや、地面タイプに水技を喰らわせられる事から、物理受けとしてはかなり優秀。 


特性


 「マイペース」だと混乱に陥らないため、カイリキーの「ばくれつパンチ」を安定して受けきることが可能。第4世代ではカイリキーキラーとしてもよくその名がよく挙げられていた。 
 「どんかん」は第6世代から「ちょうはつ」無効の効果が追加されたため、「あくび」や「なまける」といった補助技を封じられる事がなくなり、こちらも見直されるようになってきた。 
 隠れ特性は「さいせいりょく」。HPが回復する。交換の多い試合で力を発揮するため、現在ではこちらの方が主流となっている。 

 

オススメ技


特殊技


なみのり
タイプ みず
威力  90(135)
命中  100

ねっとう
タイプ みず
威力  80(120)
命中  100
備考  相手火傷30% 

サイコキネシス 
タイプ エスパー
威力  90(135)
命中  100
備考  相手特防↓10%

サイコショック
タイプ エスパー
威力  80(120)
命中  100
備考  相手の防御でダメージ計算

だいもんじ
タイプ ほのお
威力  110
命中  85
備考  相手火傷10%

かえんほうしゃ
タイプ ほのお
威力  90 
命中  100
備考  相手火傷10%

れいとうビーム
タイプ こおり
威力  90
命中  100
備考  相手凍り10%

ふぶき
タイプ こおり
威力  110
命中  70
備考  相手凍り10%

くさむすび
タイプ くさ
威力  20~120
命中  100

きあいだま
タイプ かくとう
威力  120
命中  70
備考  相手特防↓10%


物理技


じわれ 
タイプ じめん
効果  一撃必殺
命中  30
備考  第1世代わざマシン限定

イカサマ
タイプ あく
威力  95
命中  100
備考  ダメージ相手の攻撃依存


変化技


なまける
タイプ ノーマル
効果  HP1/2回復

でんじは
タイプ でんき
効果  相手をマヒ状態にする
命中  90
備考  S4振りでは無振り80族まで抜ける

どくどく
タイプ どく
効果  相手をもうどく状態にする
命中  90 

あくび
タイプ ノーマル
効果  相手を1ターン後に眠らせる

トリックルーム
タイプ エスパー
効果  5ターン素早さ逆転

てっぺき
タイプ はがね
効果  防御↑↑

ドわすれ
タイプ エスパー
効果  特防↑↑

めいそう
タイプ エスパー  
効果  特攻・特防↑


テンプレート型


物理受け型 

特性:さいせいりょく
性格:ずぶといorのんき(トリックルーム採用時)
努力値:HP252 防御252 を基本に調整
持ち物:ゴツゴツメット/たべのこし/オボンのみ/ラムのみ
確定技:なまける
選択攻撃技:なみのりorねっとう/サイコキネシス/だいもんじ/れいとうビーム/じわれ(VC産)
選択補助技:でんじは/あくび/トリックルーム/どくどく

アタッカ-型 

性格:ひかえめorれいせい(トリックルーム時)
特性:どんかん(トリックルームを使う場合)orさいせいりょく
努力値:HP252 特攻252
持ち物:こだわりメガネ/たつじんのおび/いのちのたま/とつげきチョッキ
選択攻撃技:なみのり/サイコキネシスorサイコショック/だいもんじ/れいとうビーム/きあいだま
選択補助技:でんじはorトリックルーム/なまける/トリック


対ヤドラン 


注意すべき点


 優秀な物理耐久、広い攻撃範囲とそれを活かす最低限の火力もある。
 でんじは、あくび、トリックルームひかりのかべ、なまける、かなしばり、めいそう、トリックなど優秀な補助技。
 特性さいせいりょくによりサイクル戦に強く、トリックルームからのアタッカーも存在する。メガシンカすることで防御が大きく上昇。はたきおとすがあまり効かず、物理技では大きく削れない。
 特性がシェルアーマーな為、急所での強引突破もできない。


対策方法


 ほぼ物理受けかトリルアタッカーなため、特殊技で弱点を突くのが定石。非メガシンカ型の場合はゴツゴツメットの所持率がとても高いので、接触技で攻撃するのは避けたい。
 麻痺しない電気タイプのポケモンなら安心して処理できる。
 回復はなまけるとさいせいりょくに頼ってるので、どくどくを入れてしまうのもよい。
 物理アタッカーでも、はたきおとすなどでゴツゴツメットを奪ってしまえば一矢報いることができるだろう。
 メガシンカしても特殊耐久は変わらないのでカプ・コケコやゲッコウガ等といったヤドランの弱点をつける高火力の特殊アタッカーで攻めよう。特にくさむすびは威力80→100になる。


ヤドランの歴史


第一世代


 99カップではペルシアンとの双璧であった強力なポケモン。理由はドわすれ戦術。とくしゅはこの世代ではまだ分割されていなかったので、今風に言えばとくこうととくぼうを2段階上げるというもの。 
 HPとぼうぎょは元から高かったので、ドわすれ1回で正に不沈艦。3回で弱点などもはや関係無し。 同時に超火力まで得るため、サイコキネシスで同エスパーのユンゲラーバリヤードまで凌いでしまう。
 その他の攻撃技も豊富。でんき対策のじしんまで覚えた。補助技もでんじは、ねむる、かげぶんしんなど多様。
  だが、当時の急所率はすばやさが高いほど上がる仕様。しかも急所を突いた場合全ての補助効果が無視された。そのため、ライチュウやエレブーの10まんボルトが急所に当たり倒れることも多かった。
 そのため、何度も積み技を使う余裕はない。尚、ヤドランは自力で覚える技とわざマシンを合わせれば、ミュウに次ぐ数の技を覚えるほど器用さを誇った。


第二世代


 とくしゅがとくこうととくぼうに分割。その影響でとくこうが80から100にダウンした。ドわすれも仕様変更で弱体化。 
 さらに、エスパーに有利なあくの追加、むし技&ゴースト技の強化もマイナス。 しまいにはメインのサイコキネシス、サブのふぶきも弱体化とこれでもかと逆風が吹き荒れた。
 それでも技は豊富。でんじほうばくれつパンチも得たが、普通にでんじはやいばるを使ったほうが良い。物理耐久が高く鈍足なのでのろいと相性が良く、ドわすれで特殊耐久強化も可能、ねむる+ねごとのねむねご型にじわれも覚える。
 とは言え、みずはキングドラスイクンなどといった優秀なポケモンが多くてあえてヤドランを使う必要性は薄い。それでも99カップの活躍が評価されたため、公式大会決勝リーグに1体だけエントリーされていた。
 この世代から分岐進化のヤドキングが登場。ステータスはヤドランのぼうぎょととくぼうをひっくり返しただけとなっている。


第三世代


 めいそうを獲得。かつてのドわすれのようにとくこうととくぼうを同時に強化できる。ぼうぎょ>とくぼうのステータスであるヤドランにとって、特殊耐久を補うこの技と相性が良かった。
 手に入れた特性はこんらんしないマイペースと、メロメロにならないどんかん。性別が仕様変更により、こうげきの個体値で判定されなくなった。 それと同時にメロメロの需要が低下したため、マイペースが主に採用された。


第四世代


 こおり全体が強化され、霰パが実用的になった。それに伴い高めの耐久とほのお・かくとう・はがねの耐性を活かし、霰パの天敵に対する受け役として活躍。
 すばやさを逆転させるトリックルームの登場によって発案されたトリパでも、発動役兼発動中のアタッカーという重要な立場として活躍。 技では回復技のなまけるの獲得により耐久力をより活かしやすくなった。
 ただ、後手でなまけるを打つ隙を警戒するプレイヤーの中には、あくび+たべのこしの組み合わせ、いわゆる「あくび残飯」で交代の繰り返しを相手に強いて安全な回復を図る者もいた。
 プラチナでは教え技にアクアテールが追加。 特にヤドキングはステータス的に相性のいいのろい型を活かし易くなり、ほぼめいそうヤドランの逆バージョンとしての運用がよりしやすくなった。
 総括して第四世代ではなかなかの実力を見せるようになり、霰パやトリパ以外にもさまざまなパーティーに組み込まれ、制限ルールでなくとも一線級の強力なポケモンになった。


第五世代


 世代初期ではバンギラスドリュウズの砂パコンビ、通称「バンドリュ」の裏選出としてよく採用された。砂パの裏選出をトリパに寄せるならローブシンという相方もあった。
 隠れ特性でさいせいりょくを入手。かくとう・はがねに多い接触技に有効なゴツゴツメットの登場により、かくとう受けとしての地位を得た。
 タイプの関係上かそくバシャーモメタグロスギャラドスのメインウェポンの両方を半減できるばかりか、こおり技でグライオンを対策するかくとうタイプも抑え込める。
 交代時のしっぺがえしにも威力増強がかからなくなり、強化されたパルシェンつららばりを半減できる耐性であるため役割を持てた。 そのため、ヤドランとロトムの対策にCSベースのめざめるパワー(くさ)パルシェンのようなメタが投入されるケースも出てきた。
 当時はローブシンもウェポンの関係でほぼ引くしかなく、よほどの事が無い限りはキッチリ受けられる。 なまけるを搭載して受けループの中で物理受けの構成要員の1体として採用されることも増えることになり、やはり第一線で活躍した。
 BW2期序盤にはこうこうのしっぽ+トリック型が流行。ただ、環境が高速化したため、第四世代で使われていた「あくび残飯」はやや信頼度が落ちた。


第六世代


『XY』期

 どんかんの仕様変更による強化、特殊技の威力下方修正、メガシンカの獲得が主な変更点。ファイアローメガガルーラに対する強力な受けとして活躍した。受けループはこの世代でも実行可能であった。
 シーズン1ではメガガルーラを受けるために重宝。シングルバトルでは使用率17位を記録。だが、シングルバトルでベスト30入りしたシーズンはこのシーズンだけである。
 耐久型としては上位にランクインしがちなクレセリアスイクンの壁を越えられなかったというだけであって、ヤドランも十分強力なポケモンであった。
 PGLレーティングバトル統計データを鑑みるに、当時のテンプレ技構成はねっとう、なまける、れいとうビームサイコキネシスであった。持ち物はゴツゴツメットが主流。性格は物理耐久型とのシナジーが高いずぶといが優先され、特性はさいせいりょくが大半であった。

ORAS』期

 メガシンカを獲得。だがメガシンカしないヤドランの強さは健在。道具の自由度や特性さいせいりょくを活かす場合は、メガシンカしない方が有効な場合が多い。
 メガシンカ解禁後はメガシンカ型が各シーズンで50%台から60%台の使用率となった。メガシンカしないならパーティ構築としては受けループのポケモンだけで固めた「ラキグライヤドラン」が好まれた。
 事実、シーズン16を除いて総合の同時採用ポケモンランキング1位にラッキー、2位にグライオンという記録が出ている。
 後出しのメガゲンガーにでんじはを撒いてから先手を取れるように素早さ下降補正ではない性格にした上で素早さに努力値を4振りして素の素早さの数値を51に調整するケースも多かった。
 また、ファイアローがやけど無効であるという理由でレート上位勢の中にはねっとうを切るケースが見られ、代わりに極力特攻に努力値を振らずファイアローを攻め切れるなみのりが採用されるケースもあった。


第七世代


『SM』期

 アローラガラガラカプ・ブルルなど相性補完に優れるポケモンが登場。しかし、みずタイプの耐久型としてはどくどくやくろいヘドロとシナジーのあるドヒドイデが登場した。
 カプ・コケコやミミッキュなど相性の悪いポケモンがトップメタ入り。前者はエレキメイカーで、後者はつるぎのまいで突破力を高めるため、種族値受けがメインゆえに弱点が多いヤドランの短所が目立ち始める。まひの弱体化によってでんじは型が廃れた。

『USUM』期

 メガメタグロスへの役割破壊になるアクZ型が増加。SM期に増してエスパーが邪魔に感じられるようになった。
 それでも、第六世代で活躍していたメガバシャーモメガルカリオが、ファイアローの弱体化によってさらに勢いを増したため、それらへの対策として株が上がる。
 環境が特殊寄りになる中、従来のHPと防御を中心に努力値を振った型では火力の無さから起点にされやすくなった。そのため、シーズン11からこだわりメガネ型の比率が伸びた。カプ・コケコによって出落ちとなることを防ぐきあいのタスキが各シーズンで搭載率3位から4位に挙がるようになった。
 技構成はサイコキネシスの枠をトリックルームに替えたケースが増加。トリックルームによるサポートで鈍足高耐久のポケモン達を後出ししやすくするポケモンとしての個性が生まれた。
 シーズン15以降はトリックが採用率トップ10に入るようになり、こだわりメガネ+トリック型がそこそこ見かけられるようになった。

ピカブイ

 道具、特性無しの仕様である上に事実上「6650シングル」で行われるノーマルルール環境では、トップメタの活躍を果たしている。
 ラムのみもふみんもエレキフィールドも存在しない中では、基本的に自然解除を待つしかない強力な状態異常のねむりをあくびで撒けるからだ。

 

ポケとるのヤドラン

f:id:KOKUBANLEMON:20191122000309p:plain


 ポケとる最強候補の一角とも呼ばれるポケモン(厳密にはメガシンカ後が)。 
 メガストーンはステージ45で入手できるが、ヤドラン本体が出てくるステージは20ステージ以上先まで進まないと入手できない。 
 肝心のステージについては、前述の通り最強候補の一角のせいかとにかく捕まえ辛い。 


ステージ内容


 まず、ゲーム開始からいきなり大量のヤドンとヤドランでパズルが埋まりきっている。
 そのためまずはこいつらをある程度撤去していく事になるのだが、エスパーにエスパーは半減(ヤドラン系統はエスパータイプにカテゴライズされている)なため、雀の涙ほどのダメージを覚悟して1ターン犠牲にする必要がある。 
 だが、このステージは手かずの上限が7しかない。つまり、前述のヤドンヤドラン撤去も含めてヤドランの体力ゲージを0にしなければならないのである。 


クリアのコツ


 攻略の際は最初にヤドンから揃えて消していく事。 
 ヤドンの特殊能力はときどきオジャマポケモンをランダムで1個消す「オジャマけし」であるが、これは敵側のオジャマポケモンであっても発動する。 
 オジャマけしがうまく発動してくれればヤドランの「バリアけし」も発動し1ターンでオジャマポケモンが一気になくなり、そのまま味方ポケモンの連鎖が続き1ターンでヤドランを倒すことが出来る。 
 ただし運が良ければの話である。上述したようにオジャマけしの効果は「『ときどき』オジャマをランダムで1個消す」効果であるため、発動しなかった場合は泣く泣く相手のゲージが0になるまで実力で消していかなければならない。
 基本的に何度ゲームを始めてもヤドンヤドランの配置は同じであるが、それ以降の進歩についてはランダムで決まる味方ポケモンの配置に大きく左右されるため、要は完全に運ゲーである。 
 パーティがうまく育ってないと手かずの少なさもありそのままゲームオーバーになってしまう事も。 
 そして、このヤドラン、デフォルトの被捕獲率がわずか8%しかない。 運よく1ターンで倒せたとしてもその確率は44%と50にも満たない。 
 パズルの鬼畜さも相まってとにかく捕まらないため、その捕獲難度は序盤エキストラの方がマシだと思えるレベル。8%でも運よくゲット出来たプレイヤーもいるようだが。


アニメにおけるヤドラン

f:id:KOKUBANLEMON:20191122000354j:plain


 無印編第66話に登場。この話ではオーキド博士がヤドランに進化すると二枚貝シェルダーがなぜ巻貝になるか悩んでいた。
 オレンジ諸島編ではカンナの手持ちポケモンとして登場。
 また、アニメではヤドンシェルダーが互いに共生の関係にある事がポケモン学者のニシノモリ博士によって語られている。 


主な使用トレーナー


カンナ / 四天王(カントー
イツキ / 四天王(ジョウト
ザオボー 

─────────────────────

 以上です。これで紹介を終えます。