ラレツ!

ラレツ!

困り事への対処法に特化したブログです

【よくわかるポケモン解説】ナッシー編

 今回のポケモン解説はナッシーです。

f:id:KOKUBANLEMON:20190117115750p:plain



目次

 


基本データ


全国図鑑  No.103
分類    やしのみポケモン
英語名   Exeggutor
タイプ   くさ エスパー
種族値   H95 A95 B85 C125 D75 S55
高さ    2.0m
重さ    120.0kg
特性    ようりょくそ/しゅうかく(隠れ特性)
性別比   ♂:50.0% ♀:50.0%
卵グループ しょくぶつ


進化


タマタマ(第一~六世代産) → ナッシー(リーフのいし)

kokubanlemon.hatenablog.com


図鑑説明


ポケットモンスター赤・緑ポケットモンスターファイアレッド
あるく ねったいうりん とよばれる。 みの ひとつひとつに かおがあって それぞれ いしを もっている。

ポケットモンスター青ポケットモンスターリーフグリーン
ごくまれに あたまの どれか ひとつが じめんに おちると タマタマになって うごきだすという。

ポケットモンスターピカチュウバージョン
なきごえが にぎやかなのは 3つある あたまが それぞれ すきなことを かんがえているからだ。

ポケットモンスター金ポケットモンスターハートゴールド
3つの あたまは かんがえることは べつべつでも なかよし なので ケンカしたり しないらしい。

ポケットモンスター銀ポケットモンスターソウルシルバー
おちた あたまは タマタマとして なかまを さがすため とくしゅな テレパシーを だしはじめる。

ポケットモンスター クリスタルバージョン
よい かんきょうで そだちすぎて たくさん ふえた あたまは どれか おちて タマタマになる。

ポケットモンスタールビー・サファイアポケットモンスターエメラルド
なんごく うまれの ナッシーの あたまは つよい ひざしを いっぱい あびて どんどん そだち じめんに おちると タマタマに なると いう。

ポケットモンスターダイヤモンド・パール・プラチナ、ポケットモンスターブラック・ホワイト
あるく ねったいうりんと よばれる。おおきくなった あたまの ひとつが じめんに おちると タマタマになる。

ポケットモンスターサン
それぞれの あたまに いしがあり テレパシーで はなしあい みんなで なにを するか きめている。

ポケットモンスタームーン
あるじきが くると 3つの あたまの どれかが おちる。 それが やがて タマタマへと せいちょう していく。


耐性


4倍
むし

2倍
ほのお,こおり,あく,ゴースト,ひこう,ど


等倍
ドラゴン,いわ,ノーマル,はがね,フェアリー

1/2
エスパー,くさ,かくとう,じめん,みず,でんき

1/4
なし

無効
なし


オススメ技


特殊技


ソーラービーム
タイプ くさ
威力  120(180)
命中  100
備考  ほぼ晴れ限定

リーフストーム
タイプ くさ
威力  130(195)
命中  90
備考  自分特攻↓↓

エナジーボール
タイプ くさ
威力  90(135)
命中  100
備考  相手特防↓10%

ギガドレイン
タイプ くさ
威力  75(112)
命中  100
備考  HP吸収1/2

サイコキネシス
タイプ エスパー
威力  90(135)
命中  100
備考  相手特防↓10%

サイコショック
タイプ エスパー
威力  80(120)
命中  100
備考  相手の防御でダメージ計算

げんしのちから
タイプ いわ
威力  60
命中  100
備考  自分全能力↑10%

めざめるパワー
候補タイプ ほのお,こおり
威力    60
命中    100


物理技


だいばくはつ
タイプ ノーマル
威力  250
命中  100
備考  使用後自分瀕死


変化技


ねむりごな
タイプ くさ
効果  相手をねむり状態にする
命中  75

さいみんじゅつ
タイプ エスパー
効果  相手をねむり状態にする
命中  60
備考  草タイプやぼうじんに無効化されない

しびれごな
タイプ くさ
効果  相手をマヒ状態にする
命中  75

パワースワップ 
タイプ エスパー
効果  能力値ダウンを相手に押しつける

にほんばれ
タイプ ほのお
効果  5ターン晴れにする

トリックルーム
タイプ エスパー
効果  5ターン素早さ関係を逆転

ひかりのかべ
タイプ エスパー
効果  味方の特防の強化

リフレクター
タイプ エスパー
効果  味方の防御の強化

つるぎのまい
タイプ ノーマル
効果  自分攻撃↑↑

のろい 
タイプ ゴースト
効果  自分攻撃・防御↑

みがわり
タイプ ノーマル
効果  HP1/4消費してみがわりを生み出す
備考  オボンのみ+しゅうかくで減ったHPを回復できる

まもる 
タイプ ノーマル
効果  相手の技を防ぐ

こうごうせい
タイプ くさ
効果  HP1/2回復 天候に左右される

ねむる
タイプ エスパー
効果  自分HP・状態異常全回復、ねむり状態になる


テンプレート型


収穫耐久型 

特性:しゅうかく
性格:ずぶといorおだやか
努力値:HP252 防御or特防252
持ち物: アッキのみ/タラプのみ
確定技:つきのひかりorこうごうせい
選択攻撃技:ギガドレイン/エナジーボール/サイコキネシス/サイコショック/めざめるパワー(炎)
選択補助技:しびれごな/ねむりごな/やどりぎのタネ/リフレクター/ひかりのかべ/のろい/みがわり


重特殊アタッカー型 

特性:ようりょくそ(トリル使用を考えない場合)orしゅうかく
性格:れいせい/ひかえめ
努力値:HC252ベースで耐久調整
持ち物:いのちのたま/きあいのタスキ/ラムの実/オボンの実/たつじんのおび
確定技:ギガドレインorエナジーボールorリーフストーム/サイコキネシスorサイコショック
優先技:ねむりごな(推奨)orさいみんじゅつ
攻撃技:ヘドロばくだん/げんしのちから/だいばくはつ/めざめるパワー(氷/炎)
補助技:どくどく/トリックルーム/リフレクター/ひかりのかべ

トリル起動兼アタッカー型 

特性:しゅうかく
性格:れいせい/ひかえめ
努力値:HC252ベースで耐久調整
持ち物:きあいのタスキ/じゃくてんほけん
確定技:トリックルーム/だいばくはつ
優先技:ギガドレインorエナジーボールorリーフストーム/サイコキネシスorサイコショック
攻撃技:ヘドロばくだん/げんしのちから/めざめるパワー(氷/炎)
補助技:リフレクター/ひかりのかべ

【ダブル】トリパアタッカー型 

特性:しゅうかく
性格:れいせい/ゆうかん
努力値:HP252 特攻252 or攻撃252
持ち物:いのちのたま/きあいのタスキ/ラムの実/オボンの実 /たつじんのおび
確定技:草技(複数両立可)
草技:(物理)ウッドハンマーorタネマシンガン(特殊)くさむすびorリーフストームorエナジーボール
選択攻撃技:サイコキネシスorサイコショックorしねんのずつき/ヘドロばくだん/だいばくはつ/けたぐり/めざめるパワー(氷/炎)
選択補助技:まもる/トリックルーム/ねむりごな


対ナッシー 


注意すべき点


 高めの物理耐久と、高い特攻。トリルアタッカーや晴れようりょくそなど、遅い型と速い型が存在する点。
 草タイプ特有の各種粉や宿り木といった強力な補助技と、それらを最大限に発揮するしゅうかく型。
 だいばくはつを覚えるため、ダブルやトリプルでは両刀型や物理型も依然として多い。


対策方法


 虫タイプの技が4倍弱点なので、虫技で殴るのが最も効果的。特殊耐久も低いので、虫技が無ければ特殊アタッカーで弱点を突いていけば良い。
 タイプ一致技を両方半減できるはがねタイプに対してあまり有効打がないため、ある程度耐久のあるはがねポケモンに交代すれば安全である。
 しかしヒードランハッサムナットレイのような4倍弱点を持つ天敵ポケモンに対しては、めざめるパワーで対策している場合もあるので注意。
 比較的多いしゅうかく型は、痺れ粉や宿り木の種が拠り所な場合も多いため、それらが効かないくさタイプに交換して毒を入れるのが確実。


容姿


 寸胴なヤシの木に足を生やし、実に顔が付いたような外観。 「梨」ではなく「ヤシ」である。 サファリボールが似合いそうなポケモンとされている。 


概要


 初代から登場している。タマタマにリーフの石を与えると進化する。
 「歩く熱帯雨林」とも呼ばれ、たくさん集まるとジャングルのように見える。 
 それぞれの頭で考えていることは別々でも、仲が良いので仲間割れはしない。しかし、行きたい方向が異なるとこんがらがってしまい、身動きが取れなくなる。 
 鳴き声が賑やかなのは3つの頭がそれぞれ好きなことを考えているから。 
 サイコパワーを用いて攻撃する際、3つの頭で念力を放つので威力は通常の3倍に。 
 南国など日差しが強い環境で大きく育つ。増え過ぎた頭は地面に落ちてタマタマになり、テレパシーを発信しながら仲間を探しにいく。ポケモンの謎や不思議さを感じさせる繁殖方法である。 


シナリオのナッシー


 初代でゼニガメ以外を選んだ場合にライバルの手持ちに入る。覚えている技は「たまなげ さいみんじゅつ ふみつけ」。
 お前どうやって四天王に勝ったんだよ……


対戦におけるナッシー


 弱点が7つと多く鈍足ステータスだが、「ねむりごな」や「やどりぎのタネ」など厄介な技はしっかり使える。攻撃系のステータスに恵まれており、とくこうは非常に高い。 


覚える主な技


 「サイコキネシス」や「リーフストーム」「ソーラービーム」などを覚えられ、サブにも「げんしのちから」「ヘドロばくだん」などを揃える。 
 こうげきもなかなか高く、数少ない「ウッドハンマー」の使い手でもある。 その威力は僅かながらユキノオーのそれを上回るため、物理型でも問題なく使える。 
 くさタイプでは珍しく「だいばくはつ」も覚えられ、HPと防御も結構あり、とくぼうとすばやさ以外はかなり高水準である。 
 微妙なすばやさも「トリックルーム」で補うことができ、主力戦術の1つにもなっている。 


特性


 「ようりょくそ」は晴れ状態だと素早さが二倍になる。ナッシーでは素早さに努力値をかなり振らないとあまり生かすことが出来ない。 
 弱点が多いナッシーにとって耐久を犠牲にしてまで素早さに振ることは、晴れパのアタッカーとして生かす場合でもない限りは実用性に欠ける。 
 隠れ特性の「しゅうかく」は使ったきのみをターンの終わりに1/2の確率で再度復活させるというもの。天気が「晴れ」であれば必ず再度復活させられる。
 自身の耐久とも相性がよいことから、現在ではほぼこちらの特性が採用されている。 「ラムのみ」や「オボンのみ」、弱点半減のきのみを何度でも使えるとあって非常に強力。 


欠点


 弱点の数が現存するポケモンでは史上最多。初代の時点でも5つあるという弱点まみれのポケモンである。
 ちなみに、同じく弱点7つは同タイプのセレビィ、くさ/こおり複合のユキノオー、第6世代から弱点が増えたくさ/あく複合のダーテングノクタス、いわ/あく複合のバンギラス。 
 耐久自体は高いが弱点が多いので、安定感はあまりないのが実情だったりする。 


第1世代


 特防も125あったので特殊耐久は最高クラスで、「サイコキネシス」の威力はフーディンに次ぐ威力を誇った。
 当時猛威を振るっていたこおり技の「ふぶき」には弱かったが「10まんボルト」、「じしん」を半減できる点は強く、当時不遇と言われたくさタイプの中でも使用率は高かった。 
 肝心のくさ技は「メガドレイン」のみであったが補助技は豊富で、上述の「だいばくはつ」での相打ち、「どくどく」+「やどりぎのタネ」のコンボが使える利点から97カップで支持を集めた。
 むし技で4倍ダメージを喰らってしまうが、当時はむし技の威力が貧弱だったため問題にならなかった。 


第2世代


 あく・はがねタイプの登場でエスパー黄金期が幕を閉じた。
 だが「やどりぎのタネ」の威力が倍増したため、この時代で猛威を振るったカビゴンを「サイコキネシス」でタイマンで押し切ったり、ガラガラを「リフレクター」で止めることができたため、総合的に見ると第一世代以上の人気を誇った。 


第3世代


 特性「ようりょくそ」によって晴れ状態での「ソーラービーム」を活用しやすくなった。 
 しかし、能力値の仕様変更で耐久が落ちたことや「ようりょくそ」を活かすのに「すばやさ」を上げなければならなくなったことで、耐久を投げ捨てて「すばやさ」を高めて高速で殴るという、現在からすればかなりいびつな戦い方をしなければならなくなった。 


第4世代


 弱点タイプが全て強化されてしまい、弱点の多さが思い切り足を引っ張る形になってしまった。 
 「トリックルーム」が登場しそちらでの活路も見出されたが、所謂「晴れトリパ」にするには「ようりょくそ」が足枷になるという致命的弱点が災いし、使用率は激減してしまった。 


第5世代


 新たな特性「しゅうかく」を手に入れ、上記晴れトリパでの採用や持久戦にも相性がよく大幅強化となった。 


第6世代


 大した強化はなかった。天候が5ターンまでになったこと、草タイプ共通の天敵であるファイアローの登場など、環境の変化によって相対的に動きにくくなった。


第7世代


 「とくぼう」種族値が+10されたことで若干だが耐久性が向上した。 そしてかのリージョンフォームが登場し、一気に注目の的になった。 
 『SM』でこれまでの姿で使うには第6世代で進化させる必要があるので注意が必要。 『USUM』ではウルトラホール内ならこれまでの姿に進化するのでどちらの姿も入手できる。 


ポケモンGOでは


 進化前のタマタマがそれなりの確率で出現するので、入手は比較的容易。 
 そしてゲーム開始当初はCPが非常に高く、最強の一角としてジム攻略や防衛に引っ張り凧だった。 だが2016年11月のCP修正で最大合計が下がったことや周りが強化されたことでかなり弱体化。 そのため防衛にはあまり使われなくなった。 
 火力は申し分なく、ゲージ技「ソーラービーム」が非常に強力でくさ弱点のポケモンに大ダメージをぶつけられる。 
 ジムによく配置されるシャワーズサイドンバンギラスなどの対策として有用。 
 さらに、レイドバトルにおいてもスイクンシャワーズなどの強力な水ポケモンに対して大ダメージを狙える。 
 ただし弱点が多いのは変わらず、特にサイドンの「メガホーン」やバンギラスの「かみつく」「かみくだく」「だいもんじ」、スイクンの「めざめるパワー」辺りには注意したい。 


レイドボス


 2017年6月23日~11月4日までレイドボスにも選ばれていた、ランクは★★。 
 弱点が多いので倒すのは容易だが、相手の攻撃は強力なので少なくともゲージ技は回避すること。 


アニメにおけるナッシー


無印編第43話で登場。マギーがサトシに捕まえさせようとした。また、マギーのタマタマがナッシーに進化した。
• 無印編第75話では、コームのポケモンとして登場。
• 無印編第103話では、ジギーのポケモンとして登場。


余談


 初代ではかなり強面で、特に青版のグラフィックがすごかった。 ゲーム「ポケモンスタジアム」やアニメに登場し始めてからだいぶ表情が子供向けになった。 
 2015年の紅白歌合戦では、アニメ紅白歌合戦のコーナーでゴールデンボンバーが「めざせポケモンマスター」をカバーした際、喜矢武豊が何故かナッシーの着ぐるみを着て登場した。 
 他の着ぐるみがピカチュウアチャモポッチャマハリマロンと並んでいる中でのナッシーである。 
 沢山種類が存在する中であえてナッシーをチョイスした辺りさすがRGBP直球世代と言ったところか。 


主な使用ポケモントレーナー


グリーン / 『赤・緑・青・ピカチュウ』と『FRLG』のライバル兼ポケモンリーグチャンピオン

イツキ / 四天王(ジョウト)

エリカ / ジムリーダー(カントー)

ナツメ / ジムリーダー(カントー)

─────────────────────

 以上です。これで紹介を終えます。