ラレツ!

ラレツ!

困り事への対処法に特化したブログです

【よくわかるポケモン解説】ユンゲラー編

 今回のポケモン解説はユンゲラーです。

f:id:KOKUBANLEMON:20190227230533p:plain



目次

 


基本データ


全国図鑑  No.064
分類    ねんりきポケモン
英語名   Kadabra
タイプ   エスパー
種族値   H40 A35 B30 C120 D70 S105
高さ    1.3m
重さ    56.5kg
特性    シンクロ/せいしんりょく/ マジックガード(隠れ特性)
性別比   ♂75.0%:♀25.0%
卵グループ ひとがた


進化


ケーシィ → ユンゲラー(Lv16) → フーディン(通信交換)

kokubanlemon.hatenablog.com

kokubanlemon.hatenablog.com

メガシンカ

 

フーディンメガフーディン(フーディナイトを所持)

kokubanlemon.hatenablog.com


図鑑説明


ポケットモンスター赤・緑ポケットモンスターファイアレッド
あるあさのこと。 ちょうのうりょく しょうねんが ベッドから めざめると ユンゲラーに へんしん していた。

ポケットモンスター青ポケットモンスターリーフグリーン
からだから とくべつな アルファはが でていて そばに ちかよるだけで あたまが いたくなってくる。

ポケットモンスターピカチュウバージョン
ユンゲラーが ちかくに いると とけいが ぎゃくかいてん したり おかしなことが おこるらしい。

ポケットモンスター 金ポケットモンスターハートゴールド
つよい せいしんりょくの もちぬし。ピンチに なれば なるほど のうりょくが たかまっていく。

ポケットモンスター 銀ポケットモンスターソウルシルバーポケットモンスターY
のうりょくを つかうたびに からだから とくしゅな アルファはを だして きかいをくるわせる。

ポケットモンスタークリスタルバージョン
りょうめを とじると からだの ひょうめんから でる とくしゅな アルファは は いつもの2ばい。

ポケットモンスタールビー
ずつうを おこす とくしゅな アルファはを だすので つよい せいしんりょくの もちぬしじゃ ないと ユンゲラーの トレーナーには なれない。

ポケットモンスターサファイア
ぎんの スプーンは アルファはを たかめる。スプーンが ないと いつもの はんぶんしか ちょうのうりょくを つかえなくなると いう。

ポケットモンスターエメラルド
ちょうのうりょくの けんきゅうを てつだっていた エスパーしょうねんが あるとき とつぜん ユンゲラーに なったと うわさ されているのだ。

ポケットモンスターダイヤモンド
ユンゲラーが そばにいると テレビに ふしぎな かげが うつる。 それを みると ふこうになると いわれる。

ポケットモンスターパールポケットモンスターX
ちょうのうりょくを はっきすると つよい アルファはを だして せいみつきかいを こわしてしまう。

ポケットモンスタープラチナポケットモンスターブラック・ホワイト
ぎんのスプーンを みつめて せいしんを とういつ していると はっさんする アルファは がふえる。

ポケットモンスターサン
エスパーしょうねんが じぶんの なかの サイコパワーを おさえきれなくなり へんしんして しまったとの せつも。

ポケットモンスタームーン
ユンゲラーが いるとき テレビなど きかいの モニターに ふこうを よぶ ぶきみな かげが とおりすぎる。

ポケットモンスターウルトラサン
ぎんの スプーンを じっと みつめ サイコパワーを ぞうふくし はなつ。 きんの スプーンでは ダメらしい。

ポケットモンスターウルトラムーン
つよい せいしんりょくを もつが ぎんの スプーンを もっていないと サイコパワーが はんげんしてしまう。


耐性


4倍
なし

2倍
あく,ゴースト,むし

等倍
ほのお,くさ,みず,でんき,じめん,いわ,こおり,はがね,ひこう,フェアリー,ドラゴン,どく,ノーマル

1/2
かくとう,エスパー,

1/4
なし

無効
なし


容姿


 髭が生え、閉じられていた目は開かれて鋭い目つきになる。額には赤い星型の模様が、腹部にはESPカードに見られる波型の模様がある。


概要


 ケーシィがレベル16になると進化する。16で進化させないと念力を覚えないので注意。超能力研究を手伝っていたエスパー少年が、ある朝突然ユンゲラーに変身した噂や、 テレビに不思議な影が映り、それを見たものは不幸になると言われるポケモン。 
 脳が発達したため頭が若干大きくなり重くなっているので、超能力で頭を支える。筋力がほとんどないため、体を動かす時も超能力を使う。 


アルファ波について


 ユンゲラーが超能力を使用する際、体から特殊なアルファ波が発せられる。このアルファ波は近づいた者に頭痛を起こさせたり、時計の針を逆回転させるなど周囲の機械を狂わせたりする効果を持つ。
 近くにいるだけで頭痛になるので、強い精神力がある者のみユンゲラーのトレーナーになれる。 
 右手に持った銀のスプーンにはアルファ波を高める働きがあり、このスプーンがないと超能力が普段の半分しか使えない。 


ユンゲラー裁判

f:id:KOKUBANLEMON:20190227230958j:plain

概要


 このポケモンの名前の由来は超能力者のユリ・ゲラー氏である。これに対し、ユリ・ゲラー氏が名誉毀損として提訴。スプーンを曲げる超能力系キャラとして、自分のイメージを勝手に使われたとして損害賠償を求めた過去がある。
 しかし、ユンゲラーは当時日本国内でしか正規流通していなかった。そのため連邦法で扱う要件を満たさないとして不受理に終わった。 


影響


ポケモンカード


 ポケモンカードe(2001年)からポケモンカードゲームまでは、ケーシィユンゲラーフーディンの進化系列が収録されていない。
 ポケモンカードゲームDP拡張パック第2弾「湖の秘密」(2007年)で、数年ぶりにケーシィ・フーディンが収録された。
 しかしユンゲラーのみ収録されなかった。代わりというように、ケーシィはユンゲラーをとばしてフーディンに進化できるワザを覚えていた。 一応言っておくと、ユンゲラーのカード自体はある。 


都市伝説


 ユリゲラー氏の主張に対して「このポケモンは超能力が使えます。もしこのポケモンと貴方が似ているのであれば、ぜひここで超能力を使ってください」 と任天堂側の弁護士が反論。ユリ・ゲラー氏はぐうの音も出ず、結局訴えを取り下げた。 
 という話があるがこれはガセ。


ゲームのユンゲラー


 フーディンが出場不可となったニンテンドウカップ99では進化前ながら人気が高かった。


能力


 ユンゲラーは最終進化前ながら特攻の種族値メガヤンマエンペルトより高く、素早さ種族値ガブリアスマンムーよりも高い。
 99出場ポケモンの中でも、特殊はウツボットバリヤードより高く、ドククラゲと並び2位。素早さはライチュウリザードンより高くエレブー、ギャロップ、ストライクと並び3位。反面耐久はこれ以上にないくらい紙。


進化キャンセルバグ


 ユンゲラーの進化をキャンセルすることは出来ない。
 そもそもBボタンによる進化キャンセルはレベルアップによる進化にしか効果がないが、かわらずのいしをポケモンに持たせたならば、進化の石の使用や通信交換をしても進化を起こさせなくすることが出来る。 
 しかしユンゲラーのみ、かわらずのいしを持たせようが強制的に進化する、という立派な仕様が存在する。 
 出演の機会を減らさせようという思惑なのかは不明だが、ダイヤモンド・パール以来この仕様は健在である。


専用技・スプーンまげ


効果


 相手の命中率を1段階下げる。スプーン曲げは命中率が80なので、第三世代まではフラッシュより高性能だった。しかし、現在ではフラッシュの命中が100になったので劣化になる。


『赤・緑・青』では


 ユンゲラーはスプーン曲げの代表格というイメージがあるが、ポケットモンスター赤緑青ではユンゲラーはスプーン曲げを覚えない。
 というかスプーン曲げを覚えるポケモンすらいない。そのため、技としては存在するものの、確認するには指を振るでしか方法がなかった。


ピカチュウ』バージョンでは


 ようやくユンゲラーフーディンが覚えるようになったが基本技(レベル1から覚えている技)なのでケーシィから進化させた場合は習得不可能。
 使いたい場合は野生のユンゲラーを捕獲して運用するか、金・銀に送りポケモンスタジアム金・銀のスーパー技マシンを使って覚えさせるしかない。


アニメにおけるユンゲラー


ナツメのユンゲラー

f:id:KOKUBANLEMON:20190227231524j:plain

CV:愛河里花子(ケーシィ)
CV:石塚運昇(ユンゲラー)


概要


 ナツメのユンゲラーは、無印編第22話で初登場したナツメのポケモン。同話でケーシィからユンゲラーに進化した。
 上記の事情によりアニメでの出番はこの回のみ。


活躍


 サトシとの初戦は、ねんりきやサイコキネシスピカチュウの動きを完封するなどチート級の強さを見せつけて、サトシを敗北へと追い込んだ。
 対策のしようが無いかに見えたが、ゴーストタイプのポケモンには超能力者が効かないという情報を頼りに、サトシはゴーストを捕まえ(正確には取り憑かれただけ)てバトルに駆り出さした。

 しかし、自由奔放なゴーストは結局参加せず最終的にはピカチュウとの再戦になる。テレポートや新たにサイケこうせん、じこさいせいを使い、またもやユンゲラーが圧倒する。

 

結末

f:id:KOKUBANLEMON:20190227231536j:plain

 ところが、途中で突然現れたゴーストがナツメを笑わせたると、ユンゲラーもナツメ同様笑い転げてしまい戦闘不能になった。
 どうやら、ユンゲラーとナツメの感情がテレパシーによってリンクしていたからなそうだ。サトシ目線で言えば不幸中の幸いである。 



• テレポート
• ねんりき
サイコキネシス
• サイケこうせん
じこさいせい

─────────────────────

 以上です。これで紹介を終えます。