ラレツ!

ラレツ!

困り事への対処法に特化したブログです

【よくわかるポケモン解説】ケーシィ編

 今回のポケモン解説はケーシィです。

f:id:KOKUBANLEMON:20190305144752p:plain


目次

 


基本データ


全国図鑑  No.063
分類    ねんりきポケモン
英語名   Abra
タイプ   エスパー
種族値   H25 A20 B15 C105 D55 S90
高さ    0.9m
重さ    19.5kg
特性    シンクロ / せいしんりょく / マジックガード(隠れ特性)
性別比   ♂75.0%♀25.0%
卵グループ ひとがた


進化


ケーシィ → ユンゲラー(Lv16) → フーディン(通信交換)

kokubanlemon.hatenablog.com

kokubanlemon.hatenablog.com

メガシンカ

 

フーディンメガフーディン(フーディナイトを所持)

kokubanlemon.hatenablog.com


図鑑説明


ポケットモンスター赤・緑ポケットモンスターファイアレッドポケットモンスターX
1にち 18じかんは ねている。ねむってる あいだでも さまざまな ちょうのうりょくを つかう。

ポケットモンスター青ポケットモンスターリーフグリーン
あいての かんがえてる ことを よみとって ピンチに なるまえに テレポートで にげてしまう。

ポケットモンスターピカチュウバージョン
1にちに 18じかん ねむる。きけんが せまると ねたままでも テレポートして にげる。

ポケットモンスター 金ポケットモンスターハートゴールドポケットモンスターY
こうげきの けはいを よみとって おそわれるまえに さっさと テレポートで そのばを さっていく。

ポケットモンスター 銀ポケットモンスターソウルシルバー
きまぐれに テレポートを くりかえしていると まるで ぶんしん したかのように みえる。

ポケットモンスター ポケットモンスター クリスタルバージョン
きけんな けはいを かんじたら ねていても テレポートで にげるよう じぶんに あんじを かけている。

ポケットモンスタールビー
1にち 18じかん ねむっている ポケモン。ねむったままでも てきの けはいを さっちすると テレポートして にげる ことが できるぞ。

ポケットモンスターサファイア
まいにち 18じかん ねむらないと ねぶそくで ちょうのうりょくが つかえなくなってしまう。おそわれると ねたまま テレポートで にげる。

ポケットモンスターエメラルド
1にち 18じかん ねむる ポケモン。かんさつの けっか 1じかんごとに テレポートで ばしょを いどうしている ことが わかった。

ポケットモンスターダイヤモンド
まいにち 18じかん ねむる。 めざめている ときも すわったまま テレポートで いどうする。

ポケットモンスターパール
ねむっている あいだも テレパシーの レーダーを はりめぐらしている。ピンチになると テレポートする。

ポケットモンスタープラチナポケットモンスターブラック・ホワイト
ちょうのうりょくを つかったあとは のうみそが つかれてしまうので 1にち 18じかんも ねむるのだ。

ポケットモンスターサン
1にち 18じかんは ねむる。 ねたまま テレポートで きのうえに いどうし きのみを とって くう。

ポケットモンスタームーン
ねむっているときも テレポートして みを まもっているが めざめたときに どこに いるか わからず あわてる。

ポケットモンスターウルトラサン
ねむっている あいだも さまざまな ちょうのうりょくを つかってくるので おきているのか みわけが つかない。

ポケットモンスターウルトラムーン
あいての こころを よみとって キケンが せまるまえに テレポート。 つかまえるには むしんに なれ。


耐性


4倍
なし

2倍
あく,ゴースト,むし

等倍
ほのお,くさ,みず,でんき,じめん,いわ,こおり,はがね,ひこう,フェアリー,ドラゴン,どく,ノーマル

1/2
かくとう,エスパー,

1/4
なし

無効
なし


概要


 二足歩行のキツネのような見た目をしたポケモン。名前の由来はアカシックレコードから情報を引き出すという触れ込みで知られた超能力者:エドガー・ケイシーである。
 超能力を使うと脳が疲れてしまうため、一日に18時間も眠っている。ところが、普段から危機回避法を決めているため、寝ている間でも様々な超能力を使用可能。
 テレパシーのレーダーを張り巡らせて相手の考えることを読み取っており、危険を事前に予知または襲われると寝たままでもテレポートで逃げてしまう。
 なお、寝不足だと超能力は使えなくなる模様。 観察の結果、1時間ごとにテレポートで場所を移動している事が判明しており、寝たままテレポートで木の上に移動し木の実を取って食べるという日常生活のためのテレポート利用も確認されている。
 気まぐれにテレポートを繰り返しているとまるで分身したかのように見える。一方で、実は目覚めた時には自分がどこにいるか分からず慌てているというお茶目な面も持つ。 


ゲームのケーシィ

f:id:KOKUBANLEMON:20190305145202j:plain

能力


 進化前のポケモンであるにも関わらず、特攻が105、素早さが90もある。ただし、耐久はかなり低いため運用には注意が必要である。


捕獲するには


 出てきてすぐテレポートで逃げてしまうので、捕まえるのは困難。ねむりごな等で眠らせるとテレポートを使われなくなるので、捕獲が楽になる。
 ゲームによってはスロットの景品で手軽に手に入る。『HGSS』ではコガネシティのゲームセンターで200コインと交換できる。
 そのためお金さえあればシンクロ厳選の性格選びのために何匹も購入できるため便利である。


テレポート


 ケーシィの代名詞とも言える技。レベルアップでケーシィが覚える技はこれだけである。野生ポケモンと戦う際は離脱できるが、トレーナー戦では失敗する。
 今のところ、はねると合わせてたった二つの戦闘で使えない技である。


その他


 覚える技のタイプがそれなりに多いため、リトルカップやファンシーカップでは活躍が期待できる。
 『BW2』ではストレンジャーハウスにケーシィと仲が良かったという幽霊の女の子が登場する。 


ポケモンGOのケーシィ

f:id:KOKUBANLEMON:20190305145445p:plain



捕まえやすさ


 初期から登場している。野生で出てくる確率は低くなく、たまに見かける。初期の戦闘画面の挙動は、不定期に念力的な動きでボールを弾く通常動作以外はジャンプもせず不動。
 第二世代アップデート後も、ゴース・ドガースムウマのように∞の字に高速移動する程度である。 
 ただし、1回投げ当てたボールから出られるとほぼ必ず逃げられる。ケーシィの捕獲失敗時の逃走率は99%に設定されているようだ。 
 つまり1度のボールで確実に捕獲しなければならないので、絶対に捕獲したい高CPケーシィ相手にはズリのみとハイパーボールの組み合わせ、余裕があれば金のズリのみが必須となる。
 この仕様は、「テレポートですぐに逃げる」という原作の仕様を再現したものと思われ、現在ケーシィのみの特別なものである。 


ユーザーの評価


 捕獲難易度の高さから、最終進化形であるフーディンへの進化と育成には途方もない労力とアイテムをつぎ込む必要がある。
 開始当初は進化形のフーディンエスパータイプ最強の座にいたため、苦労してでも入手・育成する価値はあった。
 しかし、第二世代組の実装によりフーディンとほぼ互角の性能で、かつ進化元の入手がケーシィよりも容易で、育成もよりお手軽に行えるエーフィが登場する。
 これにより、ケーシィのみならず進化形であるフーディンの評判もガタ落ちするという結果を招いてしまった。 


その後


 アップデートを重ねるごとに、捕獲率やボールから抜け出される頻度は少しずつ改善されてきた。第三世代実装後には、天候ブースト機能の実装で、エスパー・ひこう・ドラゴンの出やすくなる「強風」の日にはかなり出現しやすくなった。 
 強風という天候は、「今日は風がちょっと強いな」という日であれば、現実で雨が降りだしても強風扱いになっているという、少し珍しい止まりの天気である。
 そのうえ、エスパーとドラゴンには激レアポケモンが多いので、出現率アップのライバルが少ないという、ケーシィにとってはかなり恵まれた環境である。 


カントーイベント


 2018年4月に行われた「カントーイベント」では、ワンリキーコイキング等と共に出現率に上方補正が掛けられ、街を出歩いていると結構な数のケーシィと遭遇することができた。
 捕まえ損ねるとほぼ逃げてしまうという点は変わっていないものの、はっきり言ってそれを補って余りあるほどの出現率の高さで、しかもイベント開催期間中は取得できるアメの量が2倍になっていたこともあり、この間に個体厳選やアメの取得が捗ったという方も多かったであろう。 
 対してノーマルタイプのレア度低ライバルが大量に居るイーブイは、場所によっては出現率がかなり下がるケースも出てきたので、今はエーフィとの入手のしやすさの比較は一言で言い表せない状態になっている。 


使用トレーナー


ナツメ(アニメ版) 初登場話中にユンゲラーになっている。

ミル(アニメ版)

ブルー(漫画ポケットモンスターSPECIAL)

─────────────────────

 以上です。これで紹介を終えます。