ラレツ!

ラレツ!

困り事への対処法に特化したブログです

【よくわかるポケモン解説】ケンタロス編

 今回のポケモン解説はケンタロスです。

f:id:KOKUBANLEMON:20190316190317p:plain


目次

 


基本データ


全国図鑑  No.128
分類    あばれうしポケモン
英語名   Tauros
タイプ   ノーマル
種族値   H75 A100 B95 C40 D70 S110
高さ    1.4m
重さ    88.4kg
特性    いかく / いかりのつぼ / ちからずく(隠れ特性)
性別比   ♂100.0%:♀00.0%
卵グループ りくじょう


図鑑説明


ポケットモンスター赤・緑ポケットモンスターファイアレッドポケットモンスターY
たいあたりしてくるとき 3ぼんの しっぽで じぶんの からだを ピシピシと たたく。

ポケットモンスター青ポケットモンスターリーフグリーン
えものに ねらいを つけると しっぽで からだを たたきながら まっすぐ つっこんでくる。

ポケットモンスターピカチュウバージョン
スタミナに あふれた あばれんぼう。 はしりだすと たいあたりするまで どこまでも ひたすら つきすすむ。

ポケットモンスター金ハートゴールド
ツノを つきあわせて たたかう。 むれをまもる つよい ケンタロスは キズだらけの ツノを じまんする。

ポケットモンスター銀ソウルシルバーポケットモンスターX
3ぼんのしっぽで じぶんを  たたき たたかう きもちを  たかめると ぜんそくりょくで つっこんでくる。

ポケットモンスタークリスタルバージョン
あらっぽい せいかくの ポケモン。 いつも むれのなかで ケンカをして じぶんの つよさを たしかめている。

ポケットモンスタールビー・サファイア・エメラルド
いつも あばれて いないと きが すまない。 たたかう あいてが いない ときは たいぼくに ぶちあたり なぎたおす ことで きを しずめる。

ポケットモンスターダイヤモンド・パール・プラチナ
えものに ねらいを さだめると いっちょくせんに とっしんする。 あらっぽい せいかくで ゆうめい。

ポケットモンスターサン
せかいの かくちに ケンタロスに のり せいかつ してきた れきしが あるが そのはじまりは アローラ だという。

ポケットモンスタームーン
あらっぽい ポケモンだが アローラちほうの ケンタロスは やや おちつきが あるという。


耐性


4倍
なし

2倍
かくとう

等倍
ノーマル,ドラゴン,ほのお,くさ,みず,でんき,あく,エスパー,はがね,こおり,いわ,じめん,フェアリー,どく,ひこう,むし

1/2
なし

1/4
なし

無効
ゴースト


オススメ技


物理技


すてみタックル
タイプ ノーマル
威力  120(180)
命中  100
備考  反動ダメージ1/3

おんがえし
タイプ ノーマル
威力  102(153)
命中  100

ロッククライム
タイプ ノーマル
威力  90(135)
命中  85
備考  相手混乱20%。PDW限定。レート戦使用不可

のしかかり
タイプ ノーマル
威力  85(127)
命中  100
備考  相手麻痺30%。第三世代教え技及び初代VCわざマシン限定。レート戦使用不可

ひみつのちから
タイプ ノーマル
威力  70(105)
命中  100
備考  ORASわざマシン

じしん
タイプ じめん
威力  100
命中  100

ストーンエッジ
タイプ いわ
威力  100
命中  80
備考  急所率+1

いわなだれ
タイプ いわ
威力  75
命中  90
備考  相手怯み30%

ワイルドボルト
タイプ でんき
威力  90
命中  100
備考  反動ダメ1/4

アイアンヘッド
タイプ はがね
威力  80
命中  100
備考  相手怯み30%

アイアンテール
タイプ はがね
威力  100
命中  75
備考  相手防御↓30%

しねんのずつき
タイプ エスパー
威力  80
命中  90
備考  相手怯み20%

げきりん
タイプ ドラゴン
威力  120
命中  100
備考  行動拘束

しぜんのめぐみ
タイプ 持たせるきのみによって変化
威力  80~100
命中  100
備考  過去作技マシン。一発限り

つのドリル
タイプ ノーマル
効果  一撃必殺
命中  30
備考  初代VCわざマシン限定。レート戦使用不可

じわれ 
タイプ じめん
効果  一撃必殺
命中  30
備考  初代VCわざマシン限定。レート戦使用不可

がむしゃら  
タイプ ノーマル
効果  相手のHPを自分と同値にする
命中  100


特殊技


だいもんじ
タイプ ほのお
威力  110
命中  85
備考  相手火傷10%

かみなり
タイプ でんき
威力  110
命中  70
備考  相手麻痺30%

れいとうビーム
タイプ こおり
威力  90
命中  100
備考  相手氷10%

ふぶき
タイプ こおり
威力  110
命中  70
備考  相手氷10%


変化技


どくどく
タイプ どく
効果  相手をもうどく状態にする
命中  90

みがわり
タイプ ノーマル
効果  HP1/4消費して身代わりを生み出す


テンプレート型


基本物理型 

性格:ようき
特性:いかくorちからずく
努力値:攻撃252 素早さ252 HP4
持ち物:こだわりハチマキ/こだわりスカーフ/ちからのハチマキ/いのちのたま/ラムのみ/ヨプのみ/チイラのみ/ノーマルZ
確定技:すてみタックルorおんがえし/じしん
攻撃技:ストーンエッジorいわなだれ/しねんのずつき/がむしゃら/ギガインパクトorかたきうち/ワイルドボルト/げきりん
補助技:みがわり/どくどく

【ダブル】いかりのつぼエース型 

性格:ようき
特性:いかりのつぼ
努力値:S252 残りHABDで調整
持ち物:いのちのたま/シルクのスカーフ/こだわりスカーフ/とつげきチョッキ/オボンのみ/ラムのみ/ノーマルZ
確定技:いわなだれ/じしんorじだんだ
優先技:まもる/おんがえしorやつあたりorからげんき
攻撃技:アイアンヘッド/しねんのずつき/ワイルドボルト
補助技:みがわり/どくどく

ちからずく特殊型 

性格:むじゃき
特性:ちからずく
努力値:CSベースで残りA
持ち物:いのちのたま
確定技:れいとうビームorふぶき/だいもんじ
攻撃技:すてみタックル/アイアンテールorアイアンヘッド/いわなだれorストーンエッジ/かみなりorワイルドボルト


ケンタロス 


注意すべき点


 いのちのたま+ちからずくで強化された物理技をS110の素早さから撃ってくる。特殊技もメジャーなものを覚えるため、うっかり4倍弱点持ちを出すと返り討ちにされることも。
 特性がいかくの場合はそこそこ高い物理耐久も相まって、物理への後出し性能に優れる。


対策方法


 一般的な高速物理アタッカーと同様、おにびやでんじはで機能停止する。
 特殊耐久はかなり低く、一致等倍でも大きなダメージとなる。


容姿

f:id:KOKUBANLEMON:20190316190855j:plain

 野生の闘牛に近い姿をしている。尻尾は3本。灰色の角が生えている。額にも角と似た色のコブがある。ミノタウロスが由来という説もある。
 名前の由来はケンタウロスなのだが、馬ポケモンではないし、人型のボディも生えてない


概要


 第1世代(RGBP)から登場している古株。非常に荒っぽく、好戦的な性格をしている。 
 突進する前に自分の身体を3本の尻尾で叩き、闘争心を高める。角に無数の傷が付いている個体は群れのリーダー。
 いつも暴れたり戦っていないと気が済まないため、誰もいないときは大木に突進してへし折る。
 ♀しかいない牛ポケモンであるミルタンクと、度々対のポケモンとして扱われることもある。


シナリオのケンタロス

f:id:KOKUBANLEMON:20190316191554p:plain
初代


 サファリゾーンのみに出現し、入手難易度はかなり高かった。 
 その後『青』版ではペルシアンと交換してくれるNPCが登場。NNは「ぎゅうた」。捕獲が難しい事もあって、大会ではこちらがよく使われていた。
 第2世代以降は普通に戦闘して捕まえられるようになる。


ライドポケモン


 『サン・ムーン』および『ウルトラサン・ウルトラムーン』では冒険進行のカギとなるライドポケモンの一体として登場する。 
 陸のライドポケモンでは最も速く走ることができ、本作におけるじてんしゃとして廃人達の足となっている。
 また、崩れた岩を突進で砕くことができ、旧作のいわくだきにあたる役割も担っている。 
 特別体験版で唯一操作できるライドポケモンでもある。 


対戦のケンタロス

f:id:KOKUBANLEMON:20190316191445j:plain

性能


 すばやさが最も高く、次いでこうげきが高いという分かりやすい速攻型のポケモン。耐久も紙ではない。


特性


 「いかく」は相手の攻撃を下げられる。これによって物理方面はまあまあの耐久力を得る。
 「いかりのつぼ」は急所をつかれると自分の攻撃が上がる。使いどころは限られる。
 隠れ特性は「ちからづく」。追加効果のある技の威力が、追加効果がでない代わりに1.3倍になる。また、命の珠の反動も、追加効果持ちの技を使用した際は無視される。


第1世代


能力


 初代最強のポケモンとの呼び声が高い。「高いすばやさと低くないこうげき」「弱点僅少」「わざマシンで覚える技の多彩さ」の三点が主に挙げられる。

はかいこうせん ふぶきorれいとうビーム じしん のしかかりor10まんボルトorかみなり

 この4つの技が初代ケンタロスの鉄板構成であった。


メインウェポン


 ケンタロスはタイプ一致の為、はかいこうせんの威力が225にまで跳ね上がる。当時はトドメを指すと反動が無かったので非常に使い勝手がよかったのだ。
 おまけに第3世代まではわざの物理特殊がタイプごとに設定されていたため、はかいこうせんは物理技扱いであり、相性は抜群だった。


サブウェポン


 当時は特攻と特防がひとまとめにされていたため、特攻も実質70もあった。威力120、命中90、3割で相手を凍らせる「ふぶき」をサブウェポンに据えて暴れまわった。ちなみに当時のこおり状態は溶けない。
 はかいこうせんが当たらないゲンガーはじしんで返り討ちにされる。


反響


 あまりの強さからとある攻略本では「闘神」とまで言われた。結果、97年度の全国大会出場者15名中13名がケンタロスを使用。 
 98年度の全国大会出場者のケンタロスの使用率は100%にまで至った。それだけの実力を備えていた事から、99年度の大会では使用規制が掛った。 


第2世代


 特殊分割のおかげで特攻が30もダウン。「はかいこうせん」もきちんと反動が来るようになるなど修正がかかったが、「すてみタックル」の威力がアップした。 


主に活躍した型


物理型

 タイプ一致技と相性補完の「じしん」をメインとするオーソドックスな型。
 ニンテンドウカップ2000でのエースとして活躍していた『NN:ビクトリー』が有名である。 
 決勝ではハッサムの「つるぎのまい」×2をバトンタッチで引き継いで「すてみタックル」で大暴れ。 相手の残り1体、(「こらえる」で残った)HP1のトドメというところまで選手を導いた。

一撃型

 「ねむる」+「ねごと」のコンボで「じわれ」や「つのドリル」を連発する型。大会で使用禁止にされるほど猛威を奮った。

狂牛病ケンタロス

 こんらん状態になる代わりに攻撃と特攻が2倍になるアイテム「はかいのいでんし」を持たせ、「はかいこうせん」で相手を一撃で仕留める型。


第3世代


 特性「いかく」を得たことで、高速アタッカーにして物理耐久も高いポケモンとなった。一撃技は没収されたが、攻撃力は「こだわりハチマキ」のおかげでまだまだやっていけた。 
 しかしながらまともな物理技が増えなかったため、「めざめるパワー」無しではゲンガー相手に詰みやすくなった。 
 ダブルバトルでは「いかく」を活かし、第一線を張っていた。 


第4世代


 いわ・エスパー・ドラゴンの物理技が習得できるようになり、初代ほどとはいえないが、様々な相手に対応できるようになった。 
 しかし、かくとうタイプの流行や強力な物理受けで止められやすくなり、ケンタロス以上に高い攻撃力を持つポケモンが増えており、徐々に第一線から退くこととなった。 
 新しい特性として「いかりのつぼ」を獲得したが、出番はほぼなかった。 


第5世代


 でんきタイプの物理技「ワイルドボルト」を習得。 ただ、抜群でも等倍すてみタックルと威力が同じ、ひこう相手はストーンエッジで十分なので中々出番は無い。ブルンゲルに打てるのが利点だろうか。 
 必ず急所に当たる技「やまあらし」「こおりのいぶき」が現れたことで「いかりのつぼ」をダブル、トリプル限定ではあるが能動的に発動出来る様になった。
 「やまあらし」はかくとうタイプで弱点となるケンタロスには痛手にしかならないので、使うのなら「こおりのいぶき」の方が適する。 
 隠れ特性として「ちからずく」を得たが、特殊技を除けば「いわなだれ」と「しねんのずつき」位しか強化されない上、♂限定なのでタマゴ遺伝もこの世代では叶わない。
 だが、いのちのたまを持たせてちからずく補正の掛かる技を使った場合、HPを削ることなく技に1.3倍の補正を掛けることができる。
 これにより特攻種族値104相当の火力が出せるため実用レベルに達する。


第6世代


 「ちからずく」の遺伝が叶うようになったが、もはや時代は彼を必要としていない。アイアンヘッドでフェアリーを狩れたりはするが。
 『ORAS』では旧作からのポケモンがレーティングからの締め出しを食らい、何と長年の主砲だった「すてみタックル」が使えなくなってしまった。 


第7世代


 『USUM』になってようやく「すてみタックル」をレベルアップで習得するようになった。


ポケモンGO』のケンタロス

f:id:KOKUBANLEMON:20190316191636p:plain


 北米地域のみに生息する。アメリカの草原地帯に生息するバイソン(アメリカバイソン)に因んだためと思われる。 
 性能としては、ノーマルタイプゆえライバルが多くレイドバトル用としても厳しいが、ジム置き要員としてはそれなりに優秀な方と言われる。 


ウルトラボーナ


 2018年9月14日~30日の期間限定ではあるものの、グローバルチャレンジ達成記念のウルトラボーナスの一環として、フレンドから贈られてくるギフト限定で入手可能な7kmタマゴから、他の第1世代の地域限定ポケモン共々入手ができるようになった。


アニメにおけるケンタロス


サトシのケンタロス

f:id:KOKUBANLEMON:20190316192120j:plain


CV:小西克幸


概要


 無印編第35話でサトシが捕まえたポケモン。普段はオーキド研究所で駆け回っている。30匹もいる。


出会い


 無印編第35話にてサトシがサファリゾーンでゲットした。このときサトシは、できるだけ多くの種類のポケモンを捕まえようとはりきっていたが、サファリボールはすべて、横切るケンタロスに当たってしまう。
 そして結果、サファリゾーンはケンタロスを30匹捕まえるだけで終わってしまったのだった。
 ちなみに、このときタケシもケンタロスを一匹捕獲したのだが、その後出てくることはない。サトシの30匹はオーキド研究所に転送された。


特徴


 辺りを駆け回るのが好き。故に、走り回れるスペースが十分にある研究所は最適の場所と言える。
 研究所に危機が迫った時に、群れで駆け回ってサトシのカビゴンを起こすなど役に立つことも。
 しかし、この走りは事故を引き起こすことが多い。サトシがマサラタウンに戻った時は、柵を突き破り、壁に大きな穴を作り、研究所内を暴走したこともある。


バトルの活躍


オレンジリーグ

 無印編第111話、無印編第112話のオレンジリーグウィナーズカップで初登板。眠ってしまったカビゴンの代わりとして起用された。
 ゲンガーのあやしいひかりに苦しめられつつもなんとかフシギバナを倒し、続けてカイリューにダメージを与えて弱らせる。
 この功績が認められたのか、マサラタウンに帰るまでの間手持ちに居続けた。

ケンタロスのバトル大会

 ジョウト編の無印第146話に再登場。開催されたケンタロスのバトル大会にて、前大会優勝者のミツジを破って優勝した。
 試合後、ケンタロスを交換してほしいという申し出を山ほど受けることになったが、サトシは交換を断って研究所に戻した。

その後

 シロガネ大会で使用されたが、シゲルのニドクインに倒された。
 放送局第4話では、他のポケモンたちにヤマトとコサブロウについて話す姿が登場した。
 サトシがホウエン地方の旅から戻ったときは再会を喜んだ。AG編第169話とAG編第170話ではリラとのバトルで使われた。
 BW編第142話で久しぶりに登場し、イッシュ地方から帰還したサトシに突進した。
 SM編第42話で久しぶりに登場する。


現在使える技


• つのでつく
• とっしん
かげぶんしん


忘れたと思われる技


• じしん
• じわれ


ポケットモンスターSPECIAL』におけるケンタロス


パールのケンタロス


基本データ


ニックネーム タロヒコ
性別     ♂
特性     いかりのつぼ
性格     ようき
おや     パール


概要


 マキシとの稽古の途中にゲットされた。ギンガだんとの戦闘では一部のベトベターを除く相手を倒す活躍を見せる。個性はうたれづよい。


レベル


Lv58(第40巻)

─────────────────────

 以上です。これで紹介を終えます。