ラレツ!

ラレツ!

困り事への対処法に特化したブログです

【ポケモンss】スイレン「サトシのピカチュウになりたい」

 

f:id:KOKUBANLEMON:20190321011347p:plain

マオ「え?」

リーリエ「え?」


サトシ「ピカチュウ!こいよ!」

ピカチュウ「ピカピィ」スリスリ

サトシ「ハハハ!くすぐったいよピカチュウ!」


スイレン「……ピカチュウになったら、サトシにほっぺスリスリできるのかな?」ボソボソ

スイレン「………ピカチュウだったらきっと、ご飯もお風呂も寝る時もトイレもずっとサトシと一緒…」ボソボソ

スイレン「……羨ましい」ハァ

マオ、リーリエ「………………」

アシマリ「ウアー…」

リーリエ「……あの、マオ…今スイレン変なことを言っていませんでしたか?」

マオ「あっ、リーリエにも聞こえてたんだね?だったら私の聞き間違えじゃなかったんだ…残念だよ」

スイレンピカチュウになれたらなぁ」ブツブツ

マオ、リーリエ「…………………」

リーリエ「論理的結論からいいますと、スイレン…一人言をブツブツ言っている自覚がないんでしょうか?」

マオ「どうなんだろ……」

マオ「でもあんな一人言を言うなんて…スイレン、何か悩みでもあるのかな?心配だよ」

リーリエ「でしたらマオ。スイレンに話を聞いてきてください」

マオ「え!?な、なんで私が?」

リーリエ「友達として……私もスイレンのことは心配です。悩みがあるならゼンリョクで力になってあげたいです!……ですが……」チラッ

スイレン「ピカピィ…」ブツブツ

リーリエ「……論理的結論からいいますと、今のスイレンは…な闇……いえ、悩みが深刻そうなので…」

リーリエ「ここは私が行くよりも、昔からの親友であるマオが行った方がスイレンも話やすいハズです!」

マオ「えぇ!?」

リーリエ「スイレンの為です!マオ!GOです!」

シロン「コン!」

マオ「ちょ、ちょっと!リーリエの卑怯もの!」

リーリエ「………友人の悩みを聞くのに卑怯もなにもないと思いますが?」

リーリエ「マオの言っている言葉の意味がわかりませんね?」ハテ

マオ「うわぁ……スイレンもリーリエもなんなのよもう…」スクッ

アマージョマッジョ

スイレン「ピーピカチュッ」ブツブツ

アシマリ「アウアウ…」オロオロ

マオ「スイレン!」

スイレン「」ビクッ

スイレン「な、なに!?マオちゃん?」ドクンドクン

スイレン(ま、マズイ……自分の世界に入り込んでた…)

スイレン(い、今の私の妄想……口に出てないよね!?)ハラハラ

アシマリ「ウア……」

マオ「あ、あのさー……ひょっとして何か悩みとかある?」

スイレン「」ビクッ

スイレン「な、なんで……?」ダラダラ

マオ「……い、いや……何かスイレン………ぼーっとしてサト……向こうの方眺めてたみたいだからさ?」ハハハ

スイレン(………ぼーっとしてた?てことは…少なくとも今の妄想は口に出てない…)

スイレン(サトシを見てたこともバレてないみたい…)

スイレン「……セーフ…」ホッ

マオ「………………」

アシマリ「アウ」

マオ「スイレン!悩みがあるなら相談してよ?私たち、昔っからの仲じゃん!」ニコッ

スイレン「……マオちゃん…………」

スイレン「………………」チラッ


サトシ「ピカチュウ!」ギュッ

ピカチュウ「ピカピィ」ギュッ


スイレン(ああ……私もピカチュウみたいにサトシに抱きしめられたい…)キュン

スイレン(そもそも…悩みと言うよりは願望だし…)

スイレン(……こんなことマオちゃんやリーリエに相談したら変な子だって思われるに決まってる…)ハァ

マオ「スイレン……」

スイレン「……ごめん!マオちゃん!ちょっとお昼食べすぎてぼーっしてただけ!」スクッ

マオ「!」

スイレン「心配してくれてありがと!でも、本当に何でもないから!」ニコッ

マオ「でも……」

スイレン「ほらっ!お昼休み終わっちゃう!早く次の授業の準備しなきゃ!いこっ、アシマリ!」

アシマリ「アウ!」

タッタッタ

マオ「あっ!ちょっと、スイレン!」

リーリエ「スイレン……思ったよりも闇……悩みが深そうですね…心配です」ヒョコッ

シロン「コン」ヒョコッ

マオ「う、うん……そうだね…(てか、ずっと隠れてたんだリーリエ……)」 

アマージョマッジョ


翌日

浜辺

ザザーン


サトシ「それでさ!ピカチュウが!」

ピカチュウ「ピカ一!」

スイレン「ふふっ」ニコッ

アシマリ「アウアウ」

スイレン(ピカチュウのこと話してるサトシ…とっても楽しそう)

サトシ「んでー……その時エレキネットが炸裂してさ!」

ピカチュウ「ピーカカー!」ニコニコ

スイレン「………………」ジーッ

スイレン(ピカチュウ……昨日、サトシと一緒にお風呂入ったのかな?)ジーッ

スイレン(夜は……サトシに抱きしめられなが寝たのかな?)ジーッ

ピカチュウ「ピ!?」ゾクッ

サトシ「……スイレン?」

スイレン「え?」

スイレン「な、なに?」ビクッ

サトシ「いや……何か今、ピカチュウのこと穴があくくらいじーっと見てなかったか?」

ピカチュウ「ピカァ」

スイレン「」ビクッ

スイレン「そ、その……ピカチュウ…可愛いなと思って……」

サトシ「……そっか?」

ピカチュウ「…………」

スイレン「う、うん!」コクコク

サトシ「へへへ、でもさ?ピカチュウは可愛いって言うより、カッコいいだろ?な?ピカチュウ!」

ピカチュウ「ピカァ////」テレッ

スイレン「あ……うん!そう!ピカチュウはカッコいい!」ニコッ

アシマリ「アウ!」

サトシ「へへへ、だろ?」ニッ

ピカチュウ「ピカァ」

スイレン(ああ…ダメだ私……!ピカチュウに嫉妬したり……羨ましいと思うなんて、どうかしてる!)フリフリ

スイレン(でも……なんなのこのキモチ……?毎日スクールで顔を合わせてるハズなのに……)

スイレン(まるで……1ヶ月以上サトシに会ってなかったような……キモチがだいばくはつしちゃってる…)

スイレン「………………」スクッ

アシマリ「アウ?」

サトシ「ん?どうしたのスイレン?」

スイレン「ちょ、ちょっと向こうで頭冷やしてくる。いこっアシマリ」クルッ

アシマリ「アウ」

サトシ「は?頭を冷やす?」

スイレン「………………」スタスタ

アシマリ「アウアウ」ノソノソ

サトシ「お、おい!スイレンアシマリ!」

ピカチュウ「ピカァ」


~木陰~


スイレン「ハァ……やっぱり最近おかしい…」

スイレン(しょ、正直……サトシの側にいたいとは思う。でも、それは女の子としてであって、ポケモンとしてってわけじゃ…)ハァ

アシマリ「アウ」ポンッ

スイレンアシマリ………うん、そうだね」

スイレン「………クヨクヨ悩むのは私らしくない!気分を切り換えて……サトシのところに戻ろう!」

スイレン「このままじゃ、スクールに遅刻しちゃう」ニコッ

アシマリ「アウ!」ニコッ

スイレン「じゃあ戻ろ……」

「スイレーン!」ヒュー

スイレンアシマリ「!」

ロトム図鑑「何かあったロトー?」

スイレンロトム……どうしたの?」

ロトム図鑑「スイレンの様子がおかしいので心配になって追いかけてきたロト」

スイレン「そうなんだ。でも大丈夫!心配しないで!今戻ろうとしたとこ!」ニコッ

アシマリ「アウ」

ロトム図鑑「そうロト?何もないなら良かったロト。ところで……」ゴソゴソ

スイレン「?」

ロトム図鑑「ボク、いい物を持ってるロト」スッ

スイレン「…………飴?」

アシマリ「アウ」

スイレン「なにこの飴?」

ロトム図鑑「この飴は舐めることにより30分間だけ人間がポケモンに変身できる素敵なアイテムロト」

スイレン「!? 人間がポケモンに?」

ロトム図鑑「そうロト。自分が頭に思い描いたポケモンに変身できるロト」

スイレン「なにそれ、怪しい」ジトー

スイレン「だいたいそんなものどこから…」

ロトム図鑑「論より証拠ロト。試してみるロト?スイレン

スイレン「いい!そんな怪しいもの食べてお腹壊したら困るし」

アシマリ「アウ」

ロトム図鑑「そうロト?残念ロト」

スイレン「もういいから戻ろう。サトシが待ってる」クルッ

アシマリ「アウ」

ロトム図鑑「ちなみにサトシは昨日、ピカチュウと一緒にお風呂に入ったロト」

スイレン「……………」ピタッ

アシマリ「アウ……」

─────────────────────

サトシ「スイレン遅いなー」

ピカチュウ「ピカ一」

サトシ「ロトムもどっか行っちゃうし……このままじゃスクールに遅刻……」

ガサゴソ

ピカチュウ「!」

ピカチュウ「ピカピィ」クイクイ

サトシ「ん?」

スイレンピカチュウ「…………」ゴソッ

サトシ「! 野生のピカチュウだ!」キラキラ

ピカチュウ「ピカァ!」

スイレンピカチュウ(あの飴すごい……私、本当にピカチュウになってる……)ドキドキ

スイレンピカチュウ「ピカァ…(あっ、言葉は"ピカ"しか話せないんだ)」

サトシ「この尻尾の形……メスかな?」ワクワク

ピカチュウ「ピー……」ジトー

スイレンピカチュウ「」ビクッ

サトシ「ん?どうしたピカチュウ?」

スイレンピカチュウ(ピカチュウが怪しんでる……きっとピカチュウ同士わかるんだ……私がピカチュウじゃないってことが……) タラッ

ロトム図鑑「スイレン、ここは挨拶をするロト」ヒソヒソ

アシマリ「アウ」

スイレンピカチュウ(ロトムアシマリ……)

サトシ「あれ?ロトムアシマリ?どこ行ってたんだ?」

ロトム図鑑「ちょっとロト」

サトシ「スイレンは?」

ロトム図鑑「サトシー、女の子がこんな長いじかんいなくなるなんてアレしかないロト。察してあげるロト」

サトシ「あー、う○こかー」ポンッ

アシマリ「アウー」

スイレンピカチュウ「ピカ(あの、ロトム。挨拶って…)」

ロトム図鑑「ピカチュウ同士の挨拶ロト。こう尻尾を出して」

スイレンピカチュウ「ピカ?(こう?)」ヒョコッ

ピカチュウ「……………」ササッ

スイレンピカチュウ「ピ……(明らかに避けられてる……)」

サトシ「さっきからどうしたんだよピカチュウー?」

ピカチュウ「ピー………」ジトー

スイレンピカチュウ「……………」

ロトム図鑑「スイレン。今はこの際、怪しまれても仕方ないロト。どうせバレることはないロト」ヒソヒソ

ロトム図鑑「それより……もうピカチュウになっていられる時間が残り少ないロト。今の内にやっておきたいことをやっておくロト」ヒソヒソ

スイレンピカチュウ「!」

スイレンピカチュウ(やっておきたいこと…)チラッ

サトシ「!」

ロトム図鑑「スイレンは今"スイレン"ではなく"野生のメスピカチュウ"ロト」ヒソヒソ

ロトム図鑑「今なら何をやっても"野生のメスピカチュウがやったこと"になるロト」

スイレンピカチュウ(そうだ……今は私は野生のメスピカチュウ……)ゴクリ

スイレンピカチュウ(これからすることは……全部スイレンじゃなくて、野生のメスピカチュウがやったこと……)

スイレンピカチュウ「ピカピィ」

サトシ「ん?」

スイレンピカチュウ「……………」

スイレンピカチュウ「ピィ////(だ、ダメ……できない……いざサトシを目の前にすると////)」プシュー

サトシ「?」

ロトム図鑑(しょせん中身はスイレンスイレンスイレンロト)ハァ

サトシ「なんだ?このピカチュウ、真っ赤になったぞ?」

スイレンピカチュウ「/////」カァー

ロトム図鑑「サトシ。このピカチュウはきっとサトシのことが好きロト」

サトシ「マジ?」

ロトム図鑑「マジロト。ボクにはわかるロト。抱っこしてあげるロト」

サトシ「わかったよ!」ヒョイッ

スイレンピカチュウ「!」

サトシ「へー、可愛いなこいつ!」ギュッ

スイレンピカチュウ(あぁ……サトシに抱きしめられ…/////)プシュー

スイレンピカチュウ「……ピ……」

サトシ「ん?」

スイレンピカチュウ「ビカァァァァ!!」ガバッ

サトシ「!?」ヨロッ

ドサッ 

サトシ「いてて……なにすん……」

スイレンピカチュウ「ビカァ!!ピカピィィィィ!!」スリスリスリスリ

サトシ「いででっ!!ほっぺたが擦れて……」

ピカチュウ「ピカピ!」

スイレンピカチュウ「ピカチュッ!!ピィカァァァ!!」スリスリスリスリ

サトシ「いででででっ!!」

スイレンピカチュウ(サトシのほっぺた……柔らかい……!!)ハァハァハァハァ

ロトム図鑑(スイレン……興奮しすぎて理性のリミッターが外れたみたいロト)

スイレンピカチュウ「ビビビビビ!!」スリスリスリスリ

サトシ「いたいっ!ほっぺたが擦れてなくなる!」

スイレンピカチュウ「ビビビビビ!!」パリッ

ロトムピカチュウ「!」

ロトム図鑑(ま、マズイロト!スイレン、興奮しすぎて電撃が………)

ロトム図鑑「スイレン……!少し落ちつ………」

スイレンピカチュウ「ビー……」バリバリバリ

サトシ、ピカチュウアシマリロトム「!!?」


ピカー!!!


ポケモンスクール


「アローラー」

ククイ「!」

ククイ「おいサトシー、スイレン!遅刻だぞー?もう授業は始まって……」

ククイ「…………ん?」

スイレン「ごめんなさい!」ペコッ

ピカチュウ「ピッカ」

サトシ「……………」ボロッ

アシマリ「アウー…」ボロッ

ロトム図鑑「ロー…」ボロッ

ククイ「サトシ、アシマリロトム……10万ボルトをくらっちまったみたいに黒こげになって……どうしちまったんだ………?」

サトシ「………そのままだよ博士…」ボロッ

ピカチュウ「ピカー……」

マオ「え!?サトシに恋したピカチュウ?」

リーリエ「なんですかそれ!?素敵です!」キラキラ

マオ「サトシ!詳しく教えてよー」キラキラ

サトシ「ハハハ、恋っていうか……すっげーなつかれただけだけどな?」

ピカチュウ「……………」

ワイワイ

カキ「女子はそういうコイバナ?とかってホント好きだなー」ヤレヤレ

マーマネ「まー、でも……大昔にはポケモンと結婚した人間もいるみたいだからねー?」

カキ「なら、サトシの嫁はそのピカチュウか?」

マーマネ「あっ、サトシにはピッタリかもね?」ハハハ

スイレン「………………」

スイレン(サトシもみんなも……朝の私の話してる……)

スイレン(私が、サトシのお嫁さん…/////)カァー

アシマリ「アウ」

マオ「ねースイレン!」

スイレン「な、なに?マオちゃん」ビクッ

マオ「スイレン今日もサトシと一緒に登校してきたよね?」

リーリエ「スイレンも見たんですか?サトシに恋したピカチュウ!」キラキラ

スイレン「その……私は見てない!朝私、ちょっと木陰で一人で休んでて……その隙に現れていなくなったみたいだから……」

マオ「はーん?」ニヤニヤ

スイレン「な、なに?」

マオ「さてはスイレン……そのピカチュウに焼きもち焼いてるねー?」ニヤニヤ

リーリエ「スイレンピカチュウとサトシの三角関係ですか………素敵ですね!映画化決定です!」キラキラ

シロン「コン!」

スイレン「そ、そんなんじゃない!////」

マオ「あっ、スイレンまた赤くなった」ニヤニヤ

リーリエ「スイレン、ウカウカしているとそのピカチュウにサトシをゲットされてしまいますよー」ニコニコ

スイレン「………………」クルッ

リーリエ「?」

マオ「ど、どこ行くのスイレン?」

スイレン「ちょっとトイレ。いこっ、ロトム

ロトム「ロー」ヒュー


リーリエ「スイレン……怒ってしまったのでしょうか?」オドオド

マオ「ま、まさかー………スイレンだって本気でメスのピカチュウを恋のライバルだなんて思って……」

マオ、リーリエ「…………………」

マオ「………無い、とは言いきれないね……」ハハハ

リーリエ「スイレンが戻ってきたら謝りましょうか…」

シロン「コン」

マオ、リーリエ(てゆーか………)

マオ、リーリエ(何でトイレ行くのにロトムと??)

アシマリ「アウ……」


カキ「サトシー!ポケモンにモテモテで羨ましいなぁ?」ニヤニヤ

サトシ「だからそんなんじゃないって!」ハハハ

マーマネ「サトシ!結婚式には呼んでね!」

サトシ「たくー!何言って……」

ドドドド

ピカチュウ「!」

ピカチュウ「ピカピィ!」クイクイ

サトシ「ん?どうしたピカチュ………」

スイレンピカチュウピカチュウ♪」ドドドド

サトシ「いっ!?」ビクッ

カキ「……ん?ピカチュウ?」

リーリエ「あ、あの尻尾の形……!メスのピカチュウです!」

マーマネ「な、なんで教室にピカチュウが!?」

マオ「メスピカチュウって……まさか………」

スイレンピカチュウ「ピカァ!!」ピョンッ

サトシ「わわっ!」

ピカチュウ「ピカピ!」

カキ「サトシに飛びついたぞ?」

リーリエ「ま、間違いありません!論理的結論からいいますと、あのピカチュウがサトシに恋したピカチュウです!」

マーマネ「えぇ!?」

スイレンピカチュウ「ピカピィ」スリスリ

サトシ「ハハハ、やめろって」ポンポン

マーマネ「噂通りサトシにすごいなついてるね…」

マオ「あのピカチュウ……まさかサトシを追ってここまで来たのかな?」

リーリエ「サトシを追って……素敵です……愛ですね」ウットリ

スイレンピカチュウ「ピカピィ♪」スリスリ

サトシ「たくー!」ナデナデ

スイレンピカチュウ(すごい……今まで頭で考えててもできなかったことがこんなに簡単に…)スリスリ

スイレンピカチュウ(今の私はスイレンじゃない……野生のメスピカチュウなんだ……)

スイレンピカチュウ(…………だったら、もっと大胆なことだって…)ゴクリ

スッ

レロッ

サトシ「!?」ビクッ

スイレンピカチュウ「ピィカァ」ペロペロ

サトシ「いい!?」ビクッ

ペロペロ ペロペロ 

マーマネ「ぴ、ピカチュウがサトシの顔を舐めてる……」

マオ「い、いや……あれは舐めてるというよりは…」

カキ「舐めまわしてるって感じだな…」

リーリエ「とんだ変態メスピカチュウですね」

シロン「コン」

スイレンピカチュウ「ピカピィ」レロレロ

サトシ「ハハハ、やめろって!くすぐったいよ!」

スイレンピカチュウ(おいしい!サトシのほっぺた、おいしい!)ハァハァハァハァ

サトシ「ハハハ」

マオ、リーリエ、カキ、マーマネ「…………………」

マオ、リーリエ、カキ、マーマネ(何かエ口いな…)ゴクリ 

ピカチュウ「ピカピ……」 

スイレンピカチュウ(…………そろそろ…)チラッ

サトシ「おいー」ハハハ

スイレンピカチュウ(口……いっちゃおっかな?///)レロレロレロレロ

サトシ「ハハハ…」

スイレンピカチュウ「………………」

スイレンピカチュウ(ダメ……!口は……"ピカチュウ"の時じゃなくて"スイレン"の時にいく!)ブンブン

サトシ「?」

スイレンピカチュウ(明鏡止水……!心を落ち着かせて……今は我慢!煩悩退散!)フゥ

スイレンピカチュウ「ピカァ(…………今は…舐めるだけで我慢我慢)」レロー

サトシ「え!?まだ舐める気か?」ビクッ

リーリエ「サトシの顔……メスピカチュウの唾液でベタベタですね……」

マオ「…………ん?」ジーッ

カキ「? どうしたマオ?」

マオ「…………いや……」ジーッ

スイレンピカチュウ「?」

スイレンピカチュウ(マオちゃん……私の顔、じっと見てどうしたんだろ……?)ピタッ

サトシ「うわぁ……顔中ベタベタだ…」ベトッ

マオ「…………」ジーッ

スイレンピカチュウ「?」

マオ「………………スイレン?」

スイレンピカチュウ「!?」ビクッ

スイレンピカチュウ(え!?う、嘘……なんで……?)

サトシ「スイレン?なにが?」

サトシ「………そういや……スイレンいないな?」キョロキョロ

リーリエ「あー、スイレンなら先程トイレに……」

スイレンピカチュウ(い、いや……こんな状況……サトシに…みんなにバレたら……)ガタガタ

スイレンピカチュウ(……スクールにいられなくなって…サトシにも嫌われて……)ガタガタ

スイレンピカチュウ(…………死……)ガタガタ

アシマリ「アウ……」ハラハラ

マオ「…………に、似てない?このピカチュウ?」

サトシ「え?」

スイレンピカチュウ「!」

マーマネ「あー、言われてみたら確かに……」フム

カキ「そういえば雰囲気とか似てるかもなー」

リーリエ「サトシの顔を舐めまわすのを好きそうなところとかそっくリーリエですね?」

マオ「でしょー?」

サトシ「そっかー?」

ピカチュウ「ピカピィ…」

スイレンピカチュウ(良かった、助かった…)ホッ

アシマリ「アウ」ホッ

ロトム図鑑「スイレン」ヒソヒソ

スイレンピカチュウ「!」

ロトム図鑑「………そろそろ時間ロト」

スイレンピカチュウ(…………幸せな時間は泡沫の夢の如し、仕方ない……)ストッ

サトシ「! あっ、どこ行くんだ?」

スイレンピカチュウ(今回は……ここまで)スッ


タッタッタ

サトシ「行っちゃった…」

ピカチュウ「ピカァ」


放課後

公園


サトシ「スイレン……ここで待っててって……またトイレか?」

ピカチュウ「ピカァ」

ピカピー

サトシ「ん?」

スイレンピカチュウ「ピカピィ!」タッタッタ

タンッ

サトシ「わっ!こいつまた来たのか!?」

スイレンピカチュウ「ピカピィ!」クンカクンカスリスリ

サトシ「ハハハ、くすぐったいって!」

スイレンピカチュウ(さぁ、ハッピータイムの始まり!)クンカクンカスリスリ

スイレンピカチュウ(どうせ私はピカチュウ!何をしたって許される!)クンカクンカスリスリ

サトシ「! お、おい!ちょっと…」ビクッ

スイレンピカチュウ(次は……何を……)クンカクンカスリスリ

「あれー?サトシだー」

サトシ「!」

スイレンピカチュウ「!」

ピカチュウ「ピカァ?」

アセロラ「アローラ♪」

ミミたん「キュー」

サトシ「アセロラ!?なんでメレメレに……?」

ピカチュウ「ピカァ?」

スイレンピカチュウ「……………」

アセロラ「んー……たまたまだよー!た~また~ま♪」

サトシ「たまたまかー、にしてもすごい偶然だなー」

アセロラ「えっへっへー♪」ピース

スイレンピカチュウ(この子は………)

スイレンピカチュウ(…………ま、関係ない。私はピカチュウ。時間も限られてるし、ハッピータイムを満喫して……)

アセロラ「……………ん?」スンスン

サトシ「? どうしたの?」

アセロラ「んー……いや……なんか臭いなーって」スンスン

サトシ「臭い……?あっ、もしかして!」

アセロラ「?」 

サトシ「いやー、実はさ?今日スクールでこのピカチュウに顔をペロペロ舐められちゃってさ?」ハハハ

アセロラピカチュウ?」チラッ

スイレンピカチュウ「……………」

アセロラ「わぁー!メスのピカチュウ!この子どうしたのー?」キラキラ

サトシ「実はさぁ?朝浜辺で………」

スイレンピカチュウ「……………」プイッ

アセロラ「………あら?アセロラ……この子に嫌われちゃった?」ガーン

サトシ「? 人見知り……じゃなさそうなのにな?」

スイレンピカチュウ(早く帰ってよ……このままじゃハッピータイムが……)

アセロラ「あーそうそう!それより……さっきの臭いの話なんだけどね?」

サトシ「?」

アセロラ「んー………なんていうかー……これは臭いっていうより…女の勘……かな?」

サトシ「? どういうこと?」

ピカチュウ「………………」

アセロラ「……なんかね?さっきからここで……すっごい嫌な臭いがしてるの!この臭いはきっと………」ウーン

アセロラ「メスブタポケモンの臭いかな」

サトシ「め、メスブタポケモン?なに言ってんだよアセロラ?メスのポカブのことか?」

アセロラ「うふふ、サトシはやっぱり面白いねー?ミミたん♪」クスッ

ミミたん「キュー」

サトシ「ど、どういう意味だよー」プクー

スイレンピカチュウ「……ピカピィ…………」クンカクンカ

アセロラ「サトシー?メスブタポケモンっていうのはね?」スッ

サトシ「!」

アセロラ「……純粋な男の子を騙して……酷いことしちゃうわる~い女の人のことなんだよ?」ズイッ

サトシ「ど、どうしたんだよアセロラ……つーか近いよ…」ドキドキ

アセロラ「うふふ♪」ズイッ

ピカチュウ「ピカピ!」

スイレンピカチュウ「………………」スッ

サトシ、アセロラ「!」

スイレンピカチュウ(せっかくサトシの臭いを堪能してたのに……)ストッ

サトシ「ん?ど、どうしたんだメスピカチュウ?」

スイレンピカチュウ「………ビカァ……」スタスタ

アセロラ「? アセロラの方に来るね?」

アセロラ「どうしたんだろ…?まさかこのピカちゃん……アセロラに甘えたくなっちゃったのかなー?」ニコニコ

スイレンピカチュウ(………今の私は野生のメスピカチュウ………)スタスタ

スイレンピカチュウ(今なら……何をやったって許される……)スタスタ

トコトコ

スイレンピカチュウ「……………」ギュウ

アセロラ「!」

サトシ「ハハハ、そのピカチュウアセロラの足にしがみついてるぜ?」

サトシ「やっぱりアセロラのこと嫌ってなんかないんだよ」

アセロラ「あ、アハハ……そうなのかなー?」

スイレンピカチュウ「」ギュウ

アセロラ(うーんなんだろ?このピカチュウ……)チラッ

スイレンピカチュウ「……………」

アセロラ(なーんかアセロラの中の女の勘が……ずーっとサイレン鳴らしっぱなしなんだよねー?)

スイレンピカチュウ「……ピ」パリッ

アセロラ「え?」

ピカチュウ「ピカー!」

サトシ「ん?どうしたんだ?」

スイレンピカチュウ「ガ」バリリ

サトシ「! あのピカチュウ……まさか放電する気か!?」

サトシ「やめろピカチュウアセロラー!そのピカチュウから離れろ!」

アセロラ「あ……うん……」グイッ

スイレンピカチュウ「」ガシッ

アセロラ「! この子……アセロラの足にがっちりしがみついて離れな……」

スイレンピカチュウ「………ヂュゥーー!!!」バリッ

バリバリバリ バリバリバリ

アセロラ「キャアァァァァァ!!」ビリビリビリ

サトシ「アセロラー!!」

ミミたん「キュー!!」


アセロラ「うぅ…」プスプス

サトシ「お、おい!大丈夫かよアセロラ!」ユサユサ

ミミたん「キュー!」

ピカチュウ「ピッカー!」

アセロラ「ぁ……うん……なんとか大丈夫だよ…」ヨロッ

サトシ「………あのピカチュウ……さすがにやりすぎ…」チラッ

ガラーン

サトシ「あ、あれ……?どこに行ったんだ?」

アセロラ「……………」ヨロッ

ピカチュウ「ピカァ…」


スイレンピカチュウ「ピカ!」タッタッタ

ボフン

スイレン「元の姿に戻った…セーフ…」ホッ

スイレン「危なかった…つい怒りに任せて夢中に……でも、サトシに正体はバレてないだろうし……」

ロトム図鑑「スイレーン!」ヒュー

アシマリ「アウ!」

スイレン「! ロトムアシマリ………」

ロトム図鑑「スイレン!今回もサトシに正体がバレずに楽しめたロト?」

スイレン「途中までは良かったけど…邪魔が入った」ムスッ

ロトム図鑑「ロ?邪魔?」

スイレン「そんなことよりロトム!頼んでたアレと……すてきな飴の追加持ってきてくれた?」ワクワク

ロトム図鑑「もちろんロト!」ゴソゴソ

スイレン「ありがと、ロトム!」ウキウキ

ロトム図鑑「なんのなんの。ボクもスイレンのお役に立てて良かったロト」

スイレン「あっ!それと……きずぐすりとか持ってない?」

ロトム図鑑「ロ?きずぐすり?持ってるロトが……スイレン、どこかケガでもしたロト?」

スイレン「私じゃない。ちょっと向こうに…野生のポケモンに襲われてケガした女の子がいるから」ニコッ

ロトム図鑑「?」

アシマリ「アウ……」




スイレンの家


スイレン「お母さん!私、これから勉強するから絶対に部屋に入ってこないで!」

スイレンママ「わかったわ」

ホウ「おねーちゃんお勉強するのー?」

スイ「えー?遊んでよー!」ブー ブー

スイレン「ダメ!今度のテストは大事なテスト!」ビシッ

スイレンアシマリ!悪いけど、ホウとスイの遊び相手になってあげて」ニコッ

アシマリ「アウ!」

ホウ「わーい!アシマリー!」グイー

スイ「バトルごっこしてあそぼー!」グイー

アシマリ「アウウ……」

スイレンママ「こらこら、アシマリを引っ張っちゃダメでしょ?」

スイレンママ(スイレン……お勉強頑張ってるみたいね?)ニコッ


スイレンの部屋


スイレン「…………ロトムからもらったサトシがいっつもお風呂に入ってる時間帯のメモ…」ピラッ

スイレン「…………メモみる限りじゃいつもピッタリの時間に入る訳じゃないみたいだけど……」ウーン

スイレン「うん、習慣的に見れば今からサトシの家に行けば丁度いいくらい!」

スイレン「…………少し早めにつけば問題ナシ!」グッ

スイレン「お母さんは私が勉強してると思ってるだろうから部屋に入ってこないだろうし……ホウとスイもアシマリが足止めしててくれる」

スイレン「すてきな飴の準備もOK!うん、準備は完璧」グッ

スイレン「…………サトシからしたって、お風呂入ってる時に野生のメスピカチュウが侵入してくるだけ」

スイレン「これは覗きとかじゃないし、誰も不幸にならない!」

スイレン「…っと、じゃあ善は急げ!あんまり長い時間部屋に籠っててもお母さんに怪しまれちゃうだろうし、早く済ませて戻ってこなきゃ!」ウンウン

スイレン「さぁ、サトシの家にレッツゴーピカチュウ!!」オー


サトシの家


サトシ『いい湯だな~ピカチュウ

ピカチュウ『ピッカー』


スイレン「」コソッ

スイレン(お風呂場からサトシの声が聞こえる!ビンゴ!)グッ

スイレン(これから起こるのは……サトシが入ってるお風呂に野生のメスピカチュウが紛れ込むだけ、なんの問題もない)ゴクリ

スイレン「………すてきな飴を食べて…変身」スッ

ゴクン

ボフン

スイレンピカチュウ「ピッカー!(いざ、エデンへ!)」オー


お風呂場


サトシ「ふぃー!お風呂は1日の疲れが吹っ飛ぶよ」ザパーン

サトシ「ピカチュウ。石鹸とって」

「ピカ」スッ

サトシ「サンキュー、ピカ……」クルッ

スイレンピカチュウ「ピカカァ////」ハァハァ

ピカチュウ「ピカー……」

サトシ「………え?お前………なんで……」チラッ

スイレンピカチュウ「ピカァ////」ハァハァ

サトシ(窓が開いてる……?あの窓から入って来たのか?)

サトシ「………ははっ、また俺に会いにきたの?」ニコッ

スイレンピカチュウ「ピカ!ピカ!」コクコク

サトシ「………あのさー」

スイレンピカチュウ(さ、サトシの……可愛い…///)ハァハァ

スイレンピカチュウ(私、今……サトシと一緒にお風呂入ってるんだ……)ハァハァ

スイレンピカチュウ(私……今………サトシと一緒に大人の階段を……)ハァハァ

スイレンピカチュウ「ピッ…」ヨロッ

サトシ「お、おい!どうしたんだ!?」

スイレンピカチュウ「ピィガァ……」ダラダラダラ

サトシ「げっ!?鼻血出てるぞ!?」ビクッ

ピカチュウ「ピカァ」ハァ

スイレンピカチュウ「っ………!」ヨロッ

ガシッ

スイレンピカチュウ(ふぅ……危ない危ない……危うく気絶するとこだった……)

スイレンピカチュウ(ここは天国!気絶なんてもったいない!)

サトシ「お、おい……大丈夫か?なんか調子悪そうだし風呂から出た方が……」

スイレンピカチュウ「ピカァ////」ニタニタ

スイレンピカチュウ(時間めいっぱいまで……楽しんでやる!)グッ

サトシ(……あんまり言いたくないけどこのピカチュウ…なんか気持ち悪いな…)

ピカチュウ「ピカァ……」

ゴシゴシ

サトシ「背中洗ってもらってサンキュー。気持ちいいよ」

スイレンピカチュウ「ピカァ////」ゴシゴシ

スイレンピカチュウ(あぁ……幸せ……こんな幸せがずっと続けばいいのに……)ゴシゴシ

スイレンピカチュウ(……とは言っても時間は限られてる。体感であと……15分くらい……?)ゴシゴシ

スイレンピカチュウ(……そろそろ勝負を決めておこう……)ゴシゴシ

スイレンピカチュウ「ピカカァ」クイクイ

サトシ「ん?もしかして、前も洗ってくれるのか?」

スイレンピカチュウ「ピカピカ!///」コクコク

サトシ「ハハハ、じゃあ頼むよ」クルッ

ピカチュウ「ピカピ!」

スイレンピカチュウ(……いよいよこの時がきた…)ゴクリ

スイレンピカチュウ(……手にいっぱい泡ついちゃってるし……手が滑っちゃっても仕方ないよね?)ソー

サトシ(何か手つき気持ち悪いな……)

スイレンピカチュウ(サトシ………!)ハァハァ


ボフン

モクモク


サトシ「………けほっ!な、なんで急に煙が……」コホッ

モクモク

サトシ……

サトシ「………ん?」

スイレン「さ、サトシ……!!」ハァハァハァハァ

サトシ「………え?……は?……スイレン???」

スイレン「サト……………………え?」

スイレン「…………………」チラチラッ

スイレン(…………え!?何で元に戻ってるの!?時間はまだあるハズなのに……!?)

スイレン(肝心なところでぇ!!………あっ、でも良かった。私、服着てる)ホッ

スイレン(…………って、現実逃避してる場合じゃない!それよりも………)チラッ

サトシ「………え?……は?なんでスイレンが家の風呂に……?あのピカチュウは?」

スイレン「…………ち、違うのサトシ!こ、これは誤解で……!」アセアセ

スイレン(ど、どうしよう!これじゃ私、サトシのお風呂覗きにきたただの変態!)アワワ

サトシ「………そ、そのさスイレン?聞きたいことはたくさんあるんだけどとりあえず………」

サトシ「なんで家の風呂にいんの?」

スイレン「」ビクッ

スイレン「…………………」

サトシ「………あっ!つーか俺、裸じゃん!」バッ

ピカチュウ「ピカピ////」

スイレン「…………」ジーッ

スイレン(詰んだ……)ガクッ 

スイレン「…………」

サトシ「あのさスイレ……」

スイレン「サトシ、ごめん」ボソッ

サトシ「へ?」

スイレン「…………」ブンッ

ゴツン

サトシ「」ドサッ

ピカチュウ「ピカピ!」

スイレン「ハァ……ハァ………」

スイレン(サトシ、ごめん………とりあえず今は気絶してて……)

「サトシー!どうしたー!」 「今の音なに!?」

スイレン「!」

スイレン(マズイ………今の音で博士たちが来る!早く逃げなきゃ!)スッ

サトシ「」

ピカチュウ「ピカピ!」ユサユサ

タッタッタ

スイレン「ハァ……ハァ……!」タッタッタ

スイレン(な、何で私が逃げなきゃいけないの?)タッタッタ

スイレン(服もベチャベチャだし……最悪!お母さんになんて言い訳したら…)タッタッタ

スイレン(それに……サトシに嫌われちゃったら…)グスッ

スイレン「……ロトムのせいだ…!ロトムが適当なこと言うから……」グスッ

ヒュルルルル

スイレン「…………え?」


ドカーン!!


スイレン「うぅ……」ヨロッ

スイレン(な、なに?今のって……まさかシャドーボール?)チラッ

「キュー」ユラー

スイレン「!」

スイレン(まさか……野生のゴーストポケモン?こんな時に………)

スイレン「アシマ………」

スイレン「! そ、そうだ……アシマリは家においてきたんだ……」

「キュー」ギラン

スイレン「こうなったら……すてきな飴で強いポケモンに変身して私が直接……」スッ

パシン

スイレン「! いたっ!」

シュルルル

スイレン「どろぼう!?ま、マズイ…飴がとられた……」

「キュー……」ユラユラ

スイレン「うぅ……ど、どうしよう……」ガタガタ 

スイレン(きっと…私がピカチュウに変身して変なことばっかりやってたからバチが当たったんだ…)グスッ

「…………」

スイレン「助けて……お母さん……ホウ、スイ……アシマリ……」ガタガタ

スイレン「サトシ………!」グスッ

「…………………」

スゥ

スイレン「……………え?」ビクッ

スイレン「…………き、消えた………?」


翌日


スイレン(昨日の野生のゴーストポケモン……いったいなんだったんだろ……)

アシマリ「アウー」

マオ「アローラ!スイレン!」ポンッ

アマージョマッジョ

スイレン「アローラ、マオちゃん」

マオ「あれ?スイレン……今日はサトシと一緒じゃないの?」

スイレン「う、うん……」

スイレン(昨日あんなことあったからサトシにあうのが気まずい………うぅ…どうやって誤魔化せば…)

マオ「? スイレン、どうしたの?元気ないけど……」

マオ「あー!まさか、まだあのメスピカチュウにヤキモチ焼いてるとか?」ニシシ

スイレン「ち、ちがう!////」

マオ「もぅー!冗談だってばー」ハハハ

スイレン(………昨日、飴の効力のタイムリミットが短かった件もロトムに聞かなきゃ……)

ワイワイ

マオ「………ん?なんだか教室が騒がしいね?」

スイレン「……………ん?」スンスン

マオ「? どうしたのスイレン?」

スイレン「……………臭い」

マオ「え?臭い?」スンスン

マオ「………そんな変な臭いはしてないと思うけど……」スンスン 

アシマリ「アウ?」

スイレン(この臭い………うまくは言えないけど……)スンスン

スイレン(私の中の、女の勘が言ってる……)スンスン

スイレン「メスブタポケモンの臭いがする」

マオ「め、メスブタポケモンって…なに言ってるのよスイレン……(やっぱりスイレン……リーリエが言ってたみたいにかなり重症なのかな…?)」ビクッ

スイレン「臭い。鼻をつく不快な臭い」オエッ

アシマリ「アウ」

リーリエ「マオ!スイレン!来てたんですか!」 

マオ「! リーリエ!」

マオ「ねぇ、リーリエ……なんか教室が騒がしいみたいだけどどうしたの?」

リーリエ「はい、それがですね?サトシ………またポケモンのガールフレンドをつれてきたみたいなんですよ」ニコッ

スイレン「!?」

マオ「ポケモンのガールフレンド?この間のピカチュウじゃなくて?」

リーリエ「はい、今度は………」

スイレン「リーリエ!そのポケモンってまさか……ゴーストポケモン!?」

リーリエ「」ビクッ

マオ「す、スイレン……?」

リーリエ「は、はい……よくわかりましたねスイレン?今度は……」チラッ

スイレン「!」


カキ「おいサトシー?相変わらずモテモテだな?ポケモンに」ニヤニヤ

マーマネ「結婚式には呼んでね?」ニヤニヤ

サトシ「だからそんなんじゃないって」ハハハ

ミミッキュー」スリスリ

リーリエ「野生のミミッキュちゃんです」ニコッ

マオ「へー?サトシも隅におけないねー?」ニヤニヤ

マオ「スイレーン?またライバル増えちゃったよ?」クスッ

スイレン「……………」

スイレン(ポケモン………?そんな訳ない。あんなメスブタの臭いをプンプンさせたポケモンがいるわけない)ギリッ

スイレン(………私にはわかる……あのミミッキュは…) 

アシマリ「アオオ……」オロロ

サトシ「おいおいミミッキュー?くすぐったいよー」ハハハ

アセロラミミッキュミミッキュ♪」スリスリ

マオ「あのミミッキュちゃんかわいー!」キラキラ

リーリエ「はい、スイレンとピカちゃんとミミッキュちゃん……サトシを巡る恋のポケモンリーグ開幕です!」フンス

リーリエ「スイレンもウカウカしては……」

スイレン「……………」ズカズカ

マオ「ちょ、ちょっとスイレン……?」

リーリエ「あ、あの………」

スイレン「サトシ!!」

サトシ「」ビクッ

サトシ「あ、アローラスイレン…どうした?そんな大声出して?」

スイレン「今すぐそのミミッキュから離れて」

サトシ「え?」

スイレン「そのミミッキュ、とんでもないメスブタポケモン」ギロッ

サトシ「は?」

アセロラミミッキュ「………………」

アセロラミミッキュミミッキュ……」コソコソ

サトシ「お、おいスイレン…どうしたんだよ?ミミッキュ……怖がってるよ」

スイレン「演技に決まってる!私、そいつに昨日襲われた!」

サトシ「襲われた?」チラッ

アセロラミミッキュミミッキュー」フリフリ

サトシ「……知らないって言ってるみたいだけど……」

スイレン「嘘だ!」

サトシ「……そういえばスイレン、俺もスイレンに聞きたいことあるんだけど…」

スイレン「……………?なに?」

サトシ「あのさ、スイレン。昨日の夜俺ん家の風呂場に……」

スイレン「気のせい!サトシ、頭打って夢でも見てたんじゃない?それにその話、今関係ない!」ムスッ

サトシ「そ、そっか………」

ピカチュウ「ピカピ…」

マオ「ちょっとスイレン!いきなりどうしたのよ!」

リーリエ「スイレン!相手はポケモンですよ?論理的結論からいいますと、サトシにそういう趣味がない限りはサトシをとられる心配はありません!落ち着いてください!」

スイレン「……………」

マーマネスイレン、あんなにムキになっちゃってどうしたんだろ?」ヒソヒソ

カキ「よ、よくんからんがヤキモチ?ってやつじゃないか?」ヒソヒソ

スイレン「サトシ、とにかく………」

アセロラミミッキュミミッキュー」スッ

サトシ「ん?」

アセロラミミッキュミミッキュ♪」チュッ

サトシ「いっ!?」

アセロラミミッキュ「/////」テレテレ

カキ「おぉ……ミミッキュがサトシのほっぺに…」

マーマネ「ちゅーを…」ゴクリ

マオ「きゃー!かわいー!」キラキラ

リーリエ「素敵です////」ウットリ

スイレン「」ブチッ

スイレンロトム!!!」

ロトム図鑑「お呼びロト?スイレン」ヒュー


廊下


スイレンロトム。あのミミッキュ…どういうこと?」

ロトム図鑑「さすがはスイレン。お見通しロトね?」

スイレン「あんなに臭いメスブタの臭い撒き散らしてたら誰でもわかる」

ロトム図鑑「それはスイレンにしかわからないと思うロト」

アシマリ「アウ」

ロトム図鑑「まぁ、いいロト。あのミミッキュスイレンの言う通り……すてきな飴によってミミッキュに変身したアセロラロト」

スイレン「………なんで……」

ロトム図鑑「スイレン。ボクはスイレンの味方ではなく、困っている人の味方ロト」

スイレン「……………私、昨日の夜襲われて…」

ロトム図鑑「……昨日、公園であの後……アセロラに色々聞かれたロト」

スイレン「!?」

ロトム図鑑「女の勘というのは恐ろしいものロト。アセロラスイレンが変身したピカチュウのことが怪しいと一目で見抜いたロト」

ロトム図鑑「なので、全部話したロト」

スイレン「う、嘘!?なんで………?」

スイレン「じゃあ……サトシも………」

ロトム図鑑「安心するロト。サトシがいないところでの話ロト。サトシは知らないロト」

スイレン(良かった…)ホッ

アシマリ「アウ」

ロトム図鑑「スイレンのことを話したらアセロラ怒ってたロトよー?サトシを騙して変なことするスイレンを許せないと」

ロトム図鑑「だからボクはアセロラにチカラを貸してあげたロト」

スイレン「私は別にサトシに変なことしてない!そんなの言いがかり!」

スイレン「………もういい、ロトム!すてきな飴ちょうだい!昨日アセロラに取られたから、私の分もうないの」

ロトム図鑑「いやロト」

スイレン「……………は?」

ロトム図鑑「……………」スッ

ドサッ

黒い本「」オオオ

スイレン「……………?なに?この黒い本」

アシマリ「アウ…」ビクビク

ロトム図鑑「スイレン。その本はボクがたまたまククイ博士の書庫で見つけた本ロト。このすてきな飴はその本に作り方が書いてあったロト」

スイレン「だからなに?そんなことより、早く飴…」

ロトム図鑑「スイレン。その飴を食べてポケモンに変身した時……何か違和感を感じなかったロト?」

ロトム図鑑「自分が自分でなくなるような」

スイレン「………え?」

ロトム図鑑「強大なチカラを得るには、その分リスクが伴うロト。その飴は30分間ポケモンに変身できるという強大なチカラを得るかわりに…」

ロトム図鑑「……………飴を食べた者の理性のブレーキのききを悪くするロト」

スイレン「!?」

ロトム図鑑「おかしいと思わなかったロト?いくらやったことが全て"スイレン"ではなく"スイレンが変身したピカチュウ"のせいになるとはいえ……スイレンがあそこまで大胆な行動をできるロト?」

スイレン「……………」

ロトム図鑑「あれは……スイレンがサトシを大好きという感情のブレーキが効かなくなった結果ロト。そして……今のスイレンはその自分の大胆な行動がおかしいということに気づかない程に感情のブレーキ効かない」

スイレン「……………」

ロトム図鑑「……………ボクは……スイレンがいつまでもサトシに"好き"という感情をぶつけられないままなのはかわいそうだと思い、その手助けになればと飴を渡したロト」

スイレン「………うっ////」 

スイレン「………でも……だったら尚更飴ちょうだい!このままだったらサトシがアセロラにとられ……」

ロトム図鑑「スイレン。やはり頭がこんらんしてるロト?今のスイレンに飴を渡したらどうなるロト?」

スイレン「…………え?」

ロトム図鑑「サトシをゲットするためにゼンリョクでアセロラポケモンバトル?違うロト」

ロトム図鑑「もし今、スイレンがこの飴を食べてポケモンに変身したら始まるのは……」

ロトム図鑑「アセロラとの殺し合いロト」

スイレン「殺し合い………?」ゾクッ

アシマリ「アウ……」

ロトム図鑑「……忠告はしたロトスイレン。飴の効果は30分……まぁ、スイレンにとっては辛いかもしれないロトが…………後15分程で飴の効果が切れるアセロラを待っていれば…」

スイレン「…………………」

アシマリ「アウウー…」ギュッ

「今の話どういうことなの!?」

スイレンアシマリロトム「!」

マオ「詳しく聞かせてよスイレン!」

リーリエ「あのピカちゃんがスイレンだったなんて…」

スイレン「マオちゃん……リーリエ……」

マオ「ロトム!何でそんな危険な物をスイレンにあげたの!?」

ロトム図鑑「ぼ、ボクはスイレンが悩んでいる様子だから助けようと……」

マオ「ふざけないでよ!」

ロトム図鑑「ロー……」

リーリエ「あのピカちゃんがスイレン……では、サトシの顔をペロペロ舐めていたのも……」

スイレン「……………うっ……」ギクッ

マオ「り、リーリエ……!それもそうだけど、今はその話は後にしてあげて!ややこしくなるから」

リーリエ「そ、そうですね…」

マオ「……スイレン!考えなおしてよ!もうそんな怖い飴を食べるのはやめて!」

スイレン「…………………」

マオ「そんな変な飴のチカラを使ってサトシをゲットしたって意味ないよ!」

マオ「私は……そんなので壊れてくスイレンを見たくないよ……!」グスッ

リーリエ「マオ……」

リーリエ「………私もマオと同じ意見です!スイレン。女ならば…好きな男の人くらい、そんな物に頼らず、正々堂々ゼンリョクでゲットしてください!」

アシマリ「アウ!」

スイレン「…………………」

スイレンロトム、飴ちょうだい」

ロトム図鑑「ロ…」

マオ「ちょ、ちょっとスイレン!」

リーリエ「私たちの話を聞いて……」

スイレン「マオちゃんやリーリエにとっては"そんなこと"でも、私にとってはそんなことじゃない」

スイレン「これを食べて……サトシは私が守る!」

リーリエ「スイレン……」

アシマリ「アウ……」

マオ「………飴ってこの袋に入ってるやつ?」バッ

ロトム図鑑「ロ!!何をするロトマオ!返すロト!」

マオ「………こんなものがあるから……!」スッ

スイレン「う………」

マオ「こんなものーー!!」

スイレン「うわぁぁぁぁ!!やめろぉおぉ!!」ダッ

マオ「………え!?」ビクッ


ドサッ


リーリエ「マオ!スイレン!」

マオ「いたた……スイレン、なにす……」

マオ「」ビクッ

スイレン「あめ……あめ………これがなきゃ…わたし…」

マオ「スイレン……」ゾクッ

リーリエ「目が………虚ろに……」ゾクッ

アシマリ「アウ………」

スイレン「…これを食べて、わたし…」モグモグ

ゴクン

ボフン

マオ「う、嘘でしょ……?」

スイレンピカチュウ「………………」

リーリエ「本当にあのピカちゃんに…」

スイレンピカチュウ「ビガァ!!」バリリ

マオ「な、何あれ……?」

リーリエ「黒い……雷……?」

スイレンピカチュウ「……………」ダッ

マオ「スイレン!行かないでよ!」


スイレンピカチュウ(私がサトシを守るんだ…!)タッタッタ

スイレンピカチュウ(アセロラ……殺してやる!!)タッタッタ

スイレンピカチュウ「ビガァ…!!」バリリ


教室


アセロラミミッキュミミッキュ~♪」スリスリ

サトシ「たくっ、くすぐったいって」ハハハ

カキ「しかし……本当にサトシになついてるな、そのミミッキュ…」ムウ

マーマネ「リーリエがいうサトシに恋してるってのもあながち間違いじゃないかもね?」

ピカチュウ「ピカー」

ドドド

サトシ「ん?」

カキ「あ、あれは……」

スイレンピカチュウ「ビガガ!!」ダダダ

マーマネ「さ、サトシに恋してるピカチュウ!?」

アセロラミミッキュ「!」

スイレンピカチュウ「ビガァ!」ダンッ

ギラン

カキ「アイアンテール!?こっちに攻撃してきてるぞ!」

マーマネ「サトシ!避けて!!」

サトシ「お、おう……!」

ブンッ

アセロラミミッキュ「ギュ!?」メキ

スイレンピカチュウ「ビガァ!!」グググ

アセロラミミッキュ「ギュゥ……」メキキキ

スイレンピカチュウ「ビガガァァァ!!」ブンッ

ギュー


ドカン!!


マーマネ「み、ミミッキュアイアンテールで吹っ飛ばされた……」ヒエー

サトシ「お、おい!大丈夫かミミッ…」

スイレンピカチュウ「ピカピィ」スリスリ

サトシ「…いっ!?」ビクッ

スイレンピカチュウ(やった!アセロラを退治した!私、サトシを守ったんだ!)スリスリ

スイレンピカチュウ(……サトシ!私をほめて!ナデナデして!)チラッ

サトシ「………………」

スイレンピカチュウ「……ピ?」

スイレンピカチュウ(なんで………?私、サトシを守ったのに……)

サトシ「…………ピカチュウ…なんで…」

スイレンピカチュウ(サトシ、なんでそんなに悲しい顔してるの……?)


プシュウウ


アセロラ「うぅ……」ヨロッ

アセロラ(へ、変身が丁度とけたんだ………)

アセロラ(身体中が………痛いよ………でも……)チラッ


スイレンピカチュウ「ピカピ……」

サトシ「………………」


アセロラ(サトシ……またスイレンに騙されてるんだね……?)

アセロラ(サトシはアセロラが守らなきゃ……)ムクリ

アセロラ「………あめ……あめ……」スッ

アセロラ「良かった……昨日スイレンからとった飴が残ってた……」ホッ

アセロラ(待っててねサトシ……今アセロラがこの飴を食べて……)モグ

ボフン

アセロラミミッキュ(スイレンを殺して……サトシを助けてあげるからね!!)ダッ

アセロラミミッキュ「ミミギュァァァ!!」

サトシ「………ミミッキュを助けなきゃ!」

ミミギュー

サトシ「………え?」

アセロラミミッキュ「ミミッギュ!!」ブンッ

スイレンピカチュウ「!?」メキ


ドカン!!

アセロラミミッキュミミッキュ!!」フシュー

マーマネ「こ、今度はピカチュウが吹っ飛ばされた!?」

カキ「……今のはミミッキュウッドハンマー……しかし……」ゴクリ

サトシ「お、おい!なんでケンカして…」

アセロラミミッキュミミッキュゥ」スリスリ

サトシ「」ビクッ

カキ「……今のウッドハンマー……普通のウッドハンマーとは桁違いだ……どうなってんだ……?」

スイレンピカチュウ「ビガァ……」ヨロッ

スイレンピカチュウ(身体中が痛いよ……でも……)チラッ

アセロラミミッキュミミッキュゥ」スリスリ

サトシ「………………」

スイレンピカチュウ(あいつ……殺してやる…!)グスッ

スイレンピカチュウ「ビガァ!!」バリリ

カキ「」ビクッ

スイレンピカチュウ「ビガガァァァ!!」バリバリ

カキ「な、なんだあのピカチュウ!?黒い雷をまとってるぞ!?」

アセロラミミッキュ「ミミギュァァァ!!」オオオ

マーマネミミッキュからも黒いオーラ?みたいなのが出てる……このポケモンたち、普通じゃないよ!」ゾクッ

スイレンピカチュウ「ビガァァァ!!」バリバリ

アセロラミミッキュ「ミミギュァァァ!!」オオオ

サトシ「…………止めなきゃ!」

マーマネ「え?」

サトシ「…………あんなのポケモンバトルじゃない!ただの殺し合いだよ!」

マーマネ「え………」

カキ「ああ、そうだな」コクン

マーマネ「…………うん!」コクン

サトシ「いくぞ!」

ピカチュウ「ピカ!」

バクガメス「ガメス!」

ガラガラ「ガラッ!」

トゲデマル「マキュキュ!」


廊下


ロトム図鑑「先ほどのスイレンピカチュウが纏っていたあの黒い雷……あれは、今のスイレンの心境を現した憎悪の雷…」 

リーリエ「憎悪の雷…?」

ロトム図鑑「あの飴は食べた者の心を映す。その思いが強ければ強い程に強力なチカラを得る。そこいらのポケモンでは太刀打ちできない程に……」

リーリエ「………………」

ロトム図鑑「そして……その代償に感情のブレーキは完全に破壊される。自分ではコントロール不能な程に………と本には書いてあったロト」

リーリエ「………………」

マオ「うぅ……私のせいだ……私がちゃんとスイレンの相談にのってあげてれば……」グスッ

アマージョマッジョ…」ポンッ

リーリエ「………………マオ、論理的結論からいいますと、泣くことでは何も解決しません」

マオ「うぅ……でも……だったらどうすれば……」グスッ

リーリエ「…………ロトム、普通のポケモンでは太刀打ちできない……ならば………」

リーリエ「………もし、スイレンアセロラと同じステージに立つことができるならば、二人を止めることができますか?」

ロトム図鑑「ロ!?」

マオ「リーリエ………?」

ロトム図鑑「リーリエ!何を考えているロト!?危険ロト!」

リーリエ「それをスイレンアセロラに飴を進めたあなたがいいますかロトム」プクー

ロトム図鑑「ロ……」

リーリエ「…………マオ、論理的結論からいいますと、スイレンアセロラが愛と憎しみのチカラでバトルしているのならば……」

リーリエ「………こちらは友情のゼンリョクパワーでバトルです!」グッ

シロン「コン!」

マオ「リーリエ……」

マオ「…………うん!」ゴシゴシ

マオ「泣いてたってはじまらない!やってやる!」

リーリエ「はい!がんばリーリエ!」


教室

シュウウウ


バクガメス「」

ガラガラ「」

トゲデマル「」

デンヂムシ「」

マーマネ「そんな……全滅…?」

カキ「強すぎる……」

サトシ「………くそっ!エレキネット……」グイグイ

ピカチュウ「ピカピ!」

スイレンピカチュウ「ビガァ!」ブンッ

バキッ

アセロラミミッキュ「ミミギュァァァ!」ブンッ

バキッ

スイレンピカチュウ(死ね!!)ブンッ

バキッ

アセロラ(死ね!!)ブンッ

バキッ

サトシ「やめろお前ら!………くそっ!ここから出せー!」グイグイ

ピカチュウ「ピカピィ!」グイグイ 

キラキラ

カキ「………うぅ……」ブルッ

カキ「な、なぁマーマネ?なんか寒くないか…?」ブルブル

マーマネ「こんな時に何言ってるのさカキ!そんな格好してるから………あっ寒い……」ブルブル

キラキラ

サトシ「………これは………」

サトシ「………"あられ"と"オーロラベール"……?」

ピカチュウ「ピカー……」

ミシミシ

サトシ、カキ、マーマネ「!」

バリン

リーリエキュウコン「コン!!」

シロン「コン!!」

サトシ「アローラキュウコン!?」

マーマネ「………と、シロン!?」

カキ「な、なんでアローラキュウコンが教室に…!?」

ドスン ドスン

カキ「…………ん?」クルッ

カキ「いっ!?」ビクッ

マオナッシー「ナッシー!」

カキ「あ、アローラナッシーまで!?」

マーマネ「ど、どうなってんの!?」

ピカチュウ「ピカァ……」オクチアングリ

リーリエキュウコン『あの……マオ…何故アローラナッシーなんですか?もっとラランテスとかアマージョとか可愛いのが……』

マオナッシー『え?だ、だって……強そうなポケモンって思ったら真っ先に浮かんだから…』ハハハ

リーリエキュウコン『そうですか』

マオナッシー『…………そんなことよりリーリエ』

リーリエキュウコン『そうですね』コク

マオナッシー『こらー!スイレンアセロラ!』

スイレンピカチュウ『死ね!!』ブンッ

バキッ

アセロラミミッキュ『死ね!!』

バキッ

マオナッシー『いい加減ケンカはやめてよ!あんたたちがそんなことしてたらサトシだって悲しむよ!』

スイレンピカチュウ『死ね!!』

アセロラミミッキュ『死ね!!』

マオナッシー『聞こえてないのかな………?』

リーリエキュウコン『論理的結論からいいますと、恐らく二人はチカラに取り込まれてお互い"目の前の邪魔な存在"を消すことにしか頭にないのでしょう……』

リーリエキュウコン『恐らく、私たちのことも…サトシのことも……』

マオナッシー『スイレン……アセロラ……』

リーリエキュウコン『ですからマオ!』キッ

マオナッシー『…………うん、そうだね!』キッ

リーリエキュウコン『私たちで……二人の頭を冷やしてあげましょう!!』

マオナッシー『いくよー!!』

ヒュオオ

カキ「こ、これは!」

マオナッシー『リーフストーム!!』

スイレンピカチュウアセロラミミッキュ「!?」 

シュババババ

スパスパ

サトシ「! エレキネットが!」ハラリ

サトシ「サンキュー!アローラナッシー!」ニッ

マオナッシー「ナッシー!」グッ

スイレンピカチュウ「ビガァァァ!!」ダッ

アセロラミミッキュ「ミミギュァァァ!!」ダッ

サトシ「いっ!?」ビクッ

マーマネピカチュウミミッキュがサトシの方に向かっていくよ!」

リーリエキュウコン『マオ!スイレンアセロラがサトシを取られたと思い、サトシの方に向かっていきます!』

マオナッシー『…………そっか二人とも……感情を支配されたって言ってもちゃんとサトシのことは覚えてたんだね……でも……』スッ

マオナッシー『女なら……そんなポケモンの姿じゃなくて、あるがままの自分の姿で正々堂々ゼンリョクで向き合いなよ!』ブンッ

スイレンピカチュウアセロラミミッキュ「!」

マオナッシー『くらえー!マオちゃんスペシャウッドハンマー!!』

スイレンピカチュウ「ゴ……」メキッ

アセロラミミッキュ「ガ……」メキッ


ドカン!!


マーマネ「ひ、ひえー……あの二匹をぶっ飛ばしたよ…」

カキ「………なんつー威力のウッドハンマーだ…」

サトシ「すっげー…」

ピカチュウ「ピカー……」

スイレンピカチュウ「……ビガァ…」ムクリ

アセロラミミッキュ「ギュー…」ムクリ

カキ「お、おい!立ち上がったぞ!」

マオナッシー『渾身の一撃だったのに…』ヒエー

リーリエキュウコン『マオ、後は私に任せてください!』

マオナッシー『リーリエ……』

キラキラ

スイレンピカチュウアセロラミミッキュ「!」ブルッ

リーリエキュウコン『……"あられ"に"オーロラベール"……私がこの教室にに入った時点でこの教室は既に私のフィールドです!』

リーリエキュウコン『………テリトリーリエとでも呼びましょうか?』フフン

シロン「コン!」

マオナッシー『リーリエ、今そういうのいいから』

リーリエキュウコン『………スイレンアセロラ!少し頭を冷やしてください!』スゥ

スイレンピカチュウアセロラミミッキュ『!?』

リーリエキュウコン『ふぶき!!』

ヒュオオ

スイレンピカチュウ「ビ……ガ……」カチコチ

アセロラミミッキュ「ギュ……」カチコチ

スイレンピカチュウアセロラミミッキュ「」カチン

カキ「おぉ……!ピカチュウミミッキュがカチコチのこおりじょうたいに……」

マーマネ「い、一時はどうなるかと……」ヘタッ

リーリエキュウコン『ふぅ……なんとか二人を止めれましたね……』ヘタッ

マオナッシー『うん、あとは変身時間が過ぎるのを待てばOKだね…』ヘタッ

アマージョマッジョ

スイレンピカチュウアセロラミミッキュ「」カチン

マーマネアローラキュウコン!ありがとう!」

リーリエキュウコン「コン!」ニコッ

カキ「助かったぜ!アローラナッシー!」

マオナッシー「ナッシー!」グッ

サトシ「………………」

スイレンピカチュウアセロラミミッキュ「」カチン

カキ「ん?どうしたサトシ?」

サトシ「………いや、このピカチュウミミッキュ……なんでケンカしてたのかなって……」

ピキピキ

リーリエキュウコン「!」

リーリエキュウコン「ゴン!!」

サトシ「………え?」

バリン

スイレンピカチュウ「ビガァァァ!!」

アセロラミミッキュ「ミミギュァァァ!!」

サトシ「………な!?」

マーマネ「う、嘘でしょ……?」

カキ「あの氷をぶち破って……」

リーリエキュウコン『………マオ!!』

マオナッシー『う、うん!』クルッ

スイレンピカチュウ「ビガァ!!」バリッ

マオナッシー『!?』

スイレンピカチュウ「ビィガァヂュウウウ!!」バリバリバリバリ

マオナッシー『キャアァァァ!!』バリバリバリバリ

マオナッシー「」ドサッ

リーリエキュウコン『マオ!!』ダッ

マーマネ「………! キュウコン!後ろ!」

リーリエキュウコン『………え?』クルッ

アセロラミミッキュ「ミミギュァァァ!!」ブンッ

メキッ

リーリエキュウコン「」ドサッ

マーマネ「ヒィィィ……ナッシーとキュウコンがやられた!」ガクブル

スイレンピカチュウ「ビガァ……」ピカー

アセロラミミッキュ「ギュー……」ピカー

マーマネ「! あ、あの光ってまさか……」

カキ「おいおい、嘘だろ?まさか……ポケモンだけで…」タラッ

サトシ「………Z技をうつ気なのか……?」

ピカチュウ「ピカ……」

スイレンピカチュウ「ビガァ!!」サッサッ

アセロラミミッキュミミッキュ!!」サッサッ

サトシ「あのボーズは……」

スイレンピカチュウ「…………」ギュルルル

"必殺のピカチュート!!!"

アセロラミミッキュ「………………」オオオ

バサッ

"ぽかぼかフレンドタイム!!!"


サトシ、カキ、マーマネピカチュウ「!!!?」



ピカー!!!


フシュウウ……

ガラッ


マオナッシー『うぅ………』ムクリ

マオナッシー「……………」チラッ

サトシ「」

カキ「」

マーマネ「」

ピカチュウ「」

マオナッシー(……良かった……何とかみんなを守れたみたい……)ホッ

マオナッシー『リーリエ……』チラッ

リーリエキュウコン『はいマオ……こちらも…』ヨロッ

スイレン「」

アセロラ「」

リーリエキュウコン『………二人ともチカラを使い果たして眠っているようです……』

マオナッシー『まったく、二人ともさっきまで大暴れしてたとは思えないような寝顔なんだから!』プンプン

リーリエキュウコン『ふふっ、ですね?』クスッ

マオナッシー『これは……二人が元気になったらマラサダ奢ってもらわなきゃね?』クスッ

リーリエキュウコン『そうですね?それも……特大のやつです』ニコッ


ボフン


マオ「」ドサッ

リーリエ「」ドサッ


ダダダダ


ククイ「おい!今の音はなんだ!?………って……」

ガラーン

ククイ「きょ、教室が吹っ飛んでる…?いったい何が……」チラッ

ククイ「!」

サトシ「」

ピカチュウ「」

スイレン「」

アセロラ「」

カキ「」

マーマネ「」

マオ「」

リーリエ「」

ククイ「お、おい!お前ら!いったい何が!?無事かー!!」ダッ

コソッ

ロトム図鑑「…………………」


一週間後……

病室


サトシ「でさー!その時ピカチュウが……!」

ピカチュウ「ピッカー!」

スイレン「………………」

アシマリ「アウ…」

スイレン「………サトシ、ごめん」ボソッ

サトシ「………あー、お見舞いのことか?気にすんなよ!どうせスクールも教室が使えなくて暫く休みだし……」アセアセ

スイレン「違う……」

サトシ「………え?」

スイレン「………………怖い夢を見るの……夢の中で私……サトシを……」グスッ

サトシ「スイレン……」

スイレン「うぅ……ごめんなさい…ごめんなさい!」グスッ

アシマリ「アウ………」

サトシ「……………」

サトシ「……スイレン!」

スイレン「………え?」グスッ

サトシ「………」スッ

ギュウ

スイレン「えぇ!?////」

ピカチュウ「ピカァ///」キャッ

アシマリ「アウー////」メカクシー

スイレン(わ、私……サトシに抱きしめられてる!?ま、まさかこれも夢/////)アワワワ

スイレン「あ、あのサト……////」ドキドキ

サトシ「何かで見たことあるんだ、こうやって抱きしめられると安心するって」ニッ

スイレン「………え?」

サトシ「スイレン、悩みがあったり怖いことや不安なことがあったらすぐ言ってくれよ?俺、いつでもこうそくいどうスイレンの所に来るよ」ギュッ

スイレン「サトシ…………」

スイレン「………うん、すっごく安心する」ギュッ

サトシ「へへっ」ニッ

サトシ「………早くいつもの元気なスイレンに戻って……また一緒に釣りしたりバルーンの練習したり…嘘でーすって言って俺をからかってくれよ?」

スイレン「………うん、楽しみ」ギュウ

スイレン「私、やっぱりサトシが大好き」ボソッ

サトシ「え?」

スイレン「………なんでもない」ギュッ

サトシ「?」

スイレン「………ねぇサトシ……さっそくお願いがあるの……」

サトシ「なに?」

スイレン「………もうちょっと……このままでいさせて…」ギュウ

サトシ「………ああ、スイレンの気のすむまでいいよ」ギュッ

ピカチュウ「ピカァ///」

アシマリ「アウ////」

マオ「……………」コソッ

マオ「リーリエ!スイレン、サトシとうまくやってるみたいだよ?」ニヤニヤ

リーリエ「はい、論理的結論からいいますと……スイレンならばポケモンの姿なんか借りずともサトシをゲットできるかと」ニコッ

マオ「スイレン……このまま元気になってくれるといいんだけどね……?」

リーリエ「不幸中の幸いといいますか………あの事件をスイレンは悪い夢だったと思っているようですし……」

マオ「………うん、サトシにばっかりスイレンを任せてられないよ!」

マオ「愛情と来たら次は友情!私たちがゼンリョクでスイレンを支えてあげようよ!」

リーリエ「はい!」ニコッ

アマージョマッジョ!」

シロン「コーン!」 

カキ「おい、いつまでそうやってんだ?」

マーマネスイレンのお見舞い行かないの?」

マオ「……ハァ…これだから男子は…」ヤレヤレ

リーリエ「今サトシとスイレンがいい雰囲気なんです!少しは空気を読んでください!」プクー

シロン「コン!」

カキ「お、おう?」

マーマネ「ご、ごめん?」

マオ「カキー?そんなんだからいつまでたってもホシちゃんを卒業できないんだよー?」ズイッ

カキ「い、今ホシは関係ないだろ!ソモソモソツギョウスルキナイシ」ボソボソ

リーリエ「マーマネ!女心が理解できないようではガールフレンドができた時に大変ですよ?女の子はガラス細工より繊細なんです!」プンプン

シロン「ゴン!」

マーマネ「えぇ……」

トゲデマル「マキュキュ」コロコロ


ワイワイ





サトシ「スイレン、このまま、また元の元気なスイレンに戻ってくれるといいな?」

ピカチュウ「ピカァ」

ロトム図鑑「それにしても……スイレン、まさか一時間もサトシに抱きついたままだとは…」

サトシ「あれでスイレンが元気になってくれるんなら俺は全然構わないぜ?」ニッ

サトシ「さてと、次はウラウラのアセロラのとこにお見舞いに行かなきゃ!」

ピカチュウ「ピッカー!」

ロトム図鑑「……………」

サトシ「クチナシさんの話じゃあ、アセロラもだいぶ元気ないみたいだしなー。俺で力になってやれればいいけど……」

ロトム図鑑「それは恐らく大丈夫だと思うロト」

ピカチュウ「ピカ」

キャモー キャモー

サトシ「………………」ボーッ

ロトム図鑑「ロ?サトシ。野生のキャモメなんか眺めてどうしたロト?」

サトシ「…………ん?いやさ、ポケモンはいいなーっと思って」

ロトム図鑑「ロ?」

サトシ「ひこうタイプのポケモンならそらをとぶでひとっ飛びで、うみのポケモンならなみのりで海を散歩しながらウラウラまで行けるのになぁってさ」

ピカチュウ「ピカピ……」

ロトム図鑑「サトシ。お困りロト?ならばボクにお任せロト!」ゴソゴソ

サトシ「え?い、いや……別に困ってるわけじゃ…」

ロトム図鑑「ロ」スッ

サトシ「…………ん?ロトム、この飴なに?」

ロトム図鑑「この飴はサトシのお願いを叶えられる…」

ロトム図鑑「すてきな飴ロト!」

サトシ「すてきな飴?」

ピカチュウ「ピカピ!」


おわり

─────────────────────

 お読みいただきありがとうございました。