ラレツ!

ラレツ!

困り事への対処法に特化したブログです

【よくわかるポケモン解説】コイル編

 今回のポケモン解説はコイルです。

f:id:KOKUBANLEMON:20190321211540p:plain

目次

 


基本データ


全国図鑑  No.081
分類    じしゃくポケモン
英語名   Magnemite
タイプ   でんき はがね
種族値   H25 A35 B70 C95 D55 S45
高さ    0.3m
重さ    6.0kg
特性    がんじょう / じりょく / アナライズ(隠れ特性)
性別比   性別不明
卵グループ こうぶつ


進化


コイル → レアコイル(Lv.30)→ ジバコイル(特定の場所でレベルアップ)

kokubanlemon.hatenablog.com


進化場所


テンガンざんでレベルアップ(DPt)
電気石の洞穴でレベルアップ(BW)
• 13番道路でレベルアップ(XY)
• ニューキンセツでレベルアップ(ORAS
• ポニの大峡谷でレベルアップ(SM)
• ホテリ山、ポニの大峡谷でレベルアップ(USUM)


図鑑説明


ポケットモンスター赤・緑ポケットモンスターリーフグリーンポケットモンスターY
くうちゅうに ういたまま いどうして さゆうの ユニットから でんじはなどを ほうしゃする。

ポケットモンスター青ポケットモンスターファイアレッド
はんじゅうりょくで ういてるらしい。 どこから ともなく あらわれて でんじはなどを ほうしゃする。

ポケットモンスター ピカチュウバージョン
うまれつき じゅうりょくを さえぎる のうりょくを もち でんじはを だしながら くうちゅうを いどう。

ポケットモンスター金ポケットモンスターハートゴールド
でんぱに ひかれる せいしつをもち ポケモンギアを つかっていると ちかよってくる ことが あるらしい。

ポケットモンスター銀ポケットモンスターソウルシルバー
さゆうの ユニットから じゅうりょくを さえぎる ちからを だすので くうちゅうに うかべる。

ポケットモンスター クリスタルバージョン
さゆうの ユニットから つよい でんきがでると コイルの からだは きょうりょくな じしゃくになる。

ポケットモンスタールビー
でんせんに くっついて でんきを たべている。ていでんに なったら ブレーカーを しらべよう。 コイルが びっしり くっついて いるかも。

ポケットモンスターサファイア
さゆうの ユニットから でんじはを だす ことで じゅうりょくを さえぎり くうちゅうに うかぶ。 たいないの でんきが なくなると とべなくなる。

ポケットモンスターエメラルド
さゆうの ユニットは きょうりょくな じしゃく。 はんけい 100メートル いないの てつを ひきよせるほどの つよい じりょくを だす。

ポケットモンスターダイヤモンド・パール
さゆうの ユニットから でんじはを だして くうちゅうを いどうする。でんきを たべる ポケモン

ポケットモンスタープラチナポケットモンスターブラック・ホワイトポケットモンスターX
さゆうにある ユニットを こうそくで かいてん させるほどに だせる じりょくが つよくなる。

ポケットモンスターブラック2・ホワイト2
さゆうにある ユニットから だす でんじはで じゅうりょくを さえぎって そらに うかぶのだ。

ポケットモンスターサン
でんきが ある ばしょに むれる。 でんきを おくる てっとう などに ビッシリと はりついていることも。

ポケットモンスタームーン
でんじはを はなち そらを ただよう。 でんきを くっているときに さわると ぜんしんが ビリッと しびれるぞ。

ポケットモンスターウルトラサン
たびたび ていでんの げんいんとなる ため コイルが いやがる でんぱを ながす はつでんしょも あるほど。

ポケットモンスターウルトラムーン
さいきんは でんせんが じめんに うめられているためか はつでんしょを おそう コイルが ふえている。


耐性


4倍
じめん

2倍
かくとう,ほのお

等倍
みず,ゴースト,あく

1/2
ノーマル,くさ,ドラゴン,むし,でんき,いわ,こおり,エスパー,フェアリー

1/4
ひこう,はがね

無効
どく


概要


 第1世代から登場、活躍し続けているでんきタイプポケモン。 左右のユニットから電磁波を放射して浮遊している。 
 電波に引かれる習性をもっており、ラジオやポケギアを使っていると時々近寄ってくる。時折電線やブレーカーにくっ付いて電気を吸収している。 
 色違いは錆びた色になっている。


コイルショック

f:id:KOKUBANLEMON:20190321211932j:plain


概要


 2008年に行われたYahoo!きっずのポケモン投票において、どう考えても1位になるはずも無いであろうコイルを1位にする祭りが起きた。


始まり


 映画『ギラティナと氷空の花束シェイミ』にあわせて、上位3匹のポケモンが壁紙として配布される企画が行われた。
 あるvipperが「コイルに投票しまくって消防を泣かそうぜw」というキャンペーンを行い、運営との熾烈な戦いが始まる。


序盤


 vipperたちの主戦法は組織票である。Cookieを削除することでいくらでも投票が可能だったため、一人が複数回投票し、大量の組織票が集まった。
 さらには投票用のツールが登場したことで一気に加速、コイルが圧倒的差をつけて1位になるように思われた。


ピカチュウ派の反撃


 ピカチュウを持ち上げようと運営が立ち上がる。彼らは上記のツールを利用して、ピカチュウに大量の票を入れようとした。
 しかし、そのツールはピカチュウに票を入れようとするとコイルに投票されるトラップが仕掛けられており、これが一層コイル票を増加させた。
 所謂"田代砲"である。こうしてコイルは異常な得票数で他候補をぶっちぎったのだ。


結果

f:id:KOKUBANLEMON:20190321212220j:plain


 投票場自体が閉鎖されてしまう。しかし、最終的には運営が妥協したのか、シェイミが1位、コイルが2位、ギラティナが3位という結果に操作された。
 この騒動は大人げない悪ふざけによるサイバーテロと見られても仕方のない行動だった。
 しかし、ピカチュウ等の票数を操作したり、そもそも伝説ポケモンピカチュウにコイルやタテトプスをあてがい明らかに出来レースの引き立て役にした運営側も褒められたものではない。


その後


 イナズマイレブンにおいても同じような騒動(イナズマイレブン人気投票騒動)が起きた。
 一部でコイルの騒動との類似点から第二次コイルショックと呼ばれることもある。
 『ブラック・ホワイト』の人気投票でもこの組織票による動きはあったが、アルセウスが1位となったためコイルがプレゼントされることはなかった。 
 2016年に行われた「ポケモン総選挙720」では、2008年の時のリベンジとばかりに運動が始まった。
 結局1位を獲得することは出来なかったが、26位というかなりの高順位。しかも、あの時1位を奪っていったシェイミは28位、3位だったギラティナは27位という運命的な並びとなった。


ゲームのコイル


能力


 ビリリダマなどと比較すると、でんきタイプとしてはかなりの鈍足であるが「ぼうぎょ」は高めに設定されている。
 さらに、種族値95という進化があるポケモンとしては破格すぎる「とくこう」を誇るのが特徴。 


無限コイル


概要


 第5世代でとくせい「がんじょう」にタスキと同じ効果が付加されて超強化されたのをきっかけに、Lv1なのに半永久的な受け性能を誇るコンボが考案された。
 通称「無限コイル」。一時期、ランダム対戦にLv1コイルが氾濫しはじめるという事態が発生した。
 理屈と対策は単純明快だが、一応用意はしておかないとヌケニン以上に詰むので注意。


構成


とくせい:がんじょう
もちもの:きのみジュースorオレンのみ
わざ:どくどく、リサイクル、まもる、(あと一枠適当)

 持ち物は、HPが11を超えないコイルならばどちらでも良いが、緊張感などの一部の特性に邪魔をされる可能性を考慮して、「きのみジュース」の方が望ましい。


戦い方


 火傷や毒などダメージに繋がるステータス異常を相手ポケモンにばら蒔いた後に、コイルを繰り出す。
 すると、「攻撃食らう→がんじょうでHP1で耐える→オレンのみで全快→リサイクル でオレンのみ復活→攻撃食らう→全回復」の繰り返しにより、相手の攻撃力がどれだけ高かろうが関係なく、リサイクルのPP(最大16)が切れるまで居座ることが出来る。
 1ターンおきに「まもる」を挟んで時間を稼げばさらに倍。


メリット


 どのタイプも受けられる。特性によって一撃必殺も防げる。どくどく・すなあらしがタイプ相性のおかげで無効化されることも強み。
 攻撃技自体を最初から放棄しているので、物理相手に発動するほのおのからだ、さめはだ、てつのトゲといった特性に気にする必要がない。
 厳選・育成の必要ほぼ皆無。特性がじりょくの個体だけを弾けばすぐに作れる。


対策方法


ちょうはつ:信頼と実績の受け潰し。今作でも非常に有効。

みがわり:どくどく・おにび・やどりぎのタネを無効化。食らってからでは遅いが。

おにび、やどりぎのタネ:頑丈を機能不全にする。交代しても消えないおにび優勢か。他にあくむ、のろい(ゴースト)など

どろぼう、トリック、すりかえ、かいふくふうじ、はたきおとす、さしおさえ、マジックルーム、ついばむ、むしくい、きんちょうかん:
オレンを無効にし、頑丈を再発動させなくする。ただしついばむ・むしくい・きんちょうかんは「きのみジュース」には無効なので注意。

まきびし、ステルスロック:無限コイル降臨前に撒けたのであれば有効。どくびし不可。

かたやぶり:そもそも頑丈を発動させず普通に一撃で倒せる。

ゆきふらし、あられ:はがねタイプにもスリップダメージが入る天候にする。

催眠・麻痺・混乱・怯み技、かなしばり:相手を行動不能にしリサイクルを使わせない。

なやみのタネ、いえき、シンプルビーム、なかまづくり:がんじょうを機能させなくする

連続攻撃技:タネマシンガン、つららばり、ロックブラスト、ダブルアタックなど。第五世代からの仕様変更により連続技はきあいのタスキを貫通するようになったので、頑丈も同様に貫通出来る。

締め拘束技:まきつく、しめつける、すなじごく、うずしお、ほのおのうず等

どくタイプ・はがねタイプ:毒が効かず、コイル自身は火傷や宿木を撒けるわけではないため、本当にただの壁に。

アンコール:まもるを併用する場合に注意。まず間違いなくすばやさで負けるので、こちらがまもるを使用した次のターンに使われるとリサイクルが不発になる。


恐るべし一族


 ちなみにこの系統、最終進化のジバコイルは言わずもがな、第一進化のレアコイルしんかのきせきを使った耐久型やこだわりスカーフを用いて素早さに特化した型等でジバコイルとは違った戦略を展開できる。
 初期形態のコイルすら上述のように下手すると詰む戦法を所持している。 
 そのため、レベル1戦法が使えるココドラしんかのきせきで耐久型にできるコドラ・メガシンカとしての運用も可能なボスゴドラ同様、「全ての進化形態を実戦投入できる可能性を持つ」数少ない系統となっている。 


シナリオでは


 『赤・緑』ならびに『ファイアレッドリーフグリーン』では「むじんはつでんしょ」に生息している。
 初代では単でんきタイプだったが、第2世代からはがねタイプが追加された。
 『BW2』ではタチワキコンビナートに出現する。
 性別が無いので、タマゴからコイルを育てる場合は、メタモンと一緒に親となるコイルを育て屋に預けなければならない。


コイループ

f:id:KOKUBANLEMON:20190321212536j:plain


概要


 『BW2』のジョインアベニューでは、交換したポケモン数に応じて一度に最大12人を招き、発展させることが出来る。
 発展させると各種木の実やレア道具販売、レベルアップや努力値リセット等のサービスなどの恩恵を受けられるため、これを目的としてコイル同士をGTSを通じてひたすら交換することを「コイループ」と呼ぶ。
 すれ違い通信でも同じことが出来るため都心部などを出歩けるのならそちらの方が効率が良いが、それが出来ない地方在住者には有効な手法である。


やり方


用意するもの


Wi-Fi環境
• コイル1匹(更なる効率化を目指すなら2匹、ともに個体不問)


手順


1. ポケモンセンター2階の右の受付から「GTS」→「GTS」→「交換する」を選び、Wi-Fiコネクションに接続する
2. 接続したら、「ポケモンを 預ける」を選び、コイルを選択して「預ける」
3. 欲しいポケモンを「コイル」、レベルを「気にしない」で決定、預ける
4. 交換が成立する間、「ポケモンを探す」でもう一匹のコイルを使い、探すポケモンを「コイル、レベル・住所不問」にして検索、交換する(この作業は面倒ならやらなくてもよい)
5. 数分待ってから「ようすを みる」で交換されたコイルを引き取る
6. 2.に戻り、好きなだけ繰り返す(一度に12人以上やっても意味が薄いので注意)
7. アベニューに行き、店舗を誘致or発展させる
8. 1.に戻り、好きなだけ繰り返す

 アベニューを発展させるには、別にコイルである必要は全く無い。他人のポケモンであればなんでもOKである。
 それでもあえてコイルである理由は、性別が無いので交換条件指定の際に選択する項目が一つ少ないこと、捕獲が容易であることなどが考えられる。
 また、2008年のコイル祭りなどを鑑みるに、vipで人気のあるポケモンだからでは無いだろうか。


ポケモンGO』のコイル

f:id:KOKUBANLEMON:20190321212731p:plain


主な入手方法


 ビリリダママルマインなどと同様、臨海工業地帯の近辺によく出現する。
 一方で、それ以外の場所では、ポケモンの比較的出現しやすい公園や川沿いなども含めて、ほとんど出現しないという変わった分布をしている。 
 一応、巣は設定されており、そこならば内陸部でもコンスタントに出会うことは可能。


イベント


 2018年4月に行われたカントーイベントでは、出現率に上方補正が掛けられ、内陸部でも結構な数のコイルと出会うことができた。、


かつては


 サービス開始当初、はがねタイプは出現率が低いかアイテム進化するポケモンしかいなかった。
 そのため、メダル「てつどういん」が欲しい場合は必然的にコイルやその進化形であるレアコイルを乱獲しなければならなかったため、それ目当てで捕まえられることも多かった。 
 現在は、内陸部(特に傾斜地)でココドラが大量に出現するようになったので、無理にコイルを狙う必要はなくなった。 


コイル警備員

f:id:KOKUBANLEMON:20190321212825j:plain


 マクロやチートへの対策として、無理があるプレイをしたと見做されると時折登場し、画像認証のような「人間には解けるが機械には解きにくい質問」をしてくる時がある。
 電子機器を誤作動させるという設定があるロボットっぽいポケモンであること、全世代にわたり人気すぎずかつ適度な知名度があることが採用理由であろうか。


アニメにおけるコイル

f:id:KOKUBANLEMON:20190321212917j:plain


• 無印編第30話で初登場。
 ついでに30話のアイキャッチも担当。
 グンジョシティの発電所に現れてベトベターを追い払う手助けをしてくれた。
 強い磁場を出す物に惹かれる性質があるようで、帯電していたサトシのピカチュウに惚れこむシーンなどもある。

• 無印編第86話に登場。
• 無印編第101話でフォードのポケモンとして登場。レアコイルに進化した。
• 無印編第199話で野生ポケモンとして登場。
• 無印編第208話及び無印編第224話でミカンのポケモンとして登場。彼女の肩に乗っていた。
• AG編第58話で野生ポケモンとして登場。
• AG編第77話に登場。
• 『劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール ギラティナと氷空の花束 シェイミ』でゼロのポケモンとして登場。


コイルくん


 旧エニックス刊行の「ポケットモンスター4コママンガ劇場」にて向水遥(むこうみず はるか)先生の描いたコイルくんの強烈なキャラクターは初代世代の一部の方々に印象に残っているらしい。

─────────────────────

 以上です。これで紹介を終えます。