ラレツ!

ラレツ!

困り事への対処法に特化したブログです

【ポケモンss】サトシ「自分10万ボルト出てへんかったん!?」ピカチュウ「まあまあ、そうなりますね」

f:id:KOKUBANLEMON:20190323085811p:plain

サトシ「なんでや、なんで嘘ついたん」 

ピカチュウ「まま。嘘ぉーとは、また違うと思いますけど」 

サトシ「え、どういうこと?」 

ピカチュウ「あのー、まあ、言うてへんし」 

サトシ「は?」 

ピカチュウ「僕は一切、言うてないですからね」 

サトシ「え、なに?」 

ピカチュウ「あのーwですから、言ってないでしょ? 僕はひとっことも。『これは10万ボルトですよ』とは」 

サトシ「ああ?」 

ピカチュウ「いやこれは実際、確認してもろたほうがええんやと思いますよ。ビデオでもなんでも。見たら分かる、言うてませんから」 

サトシ「確認て」 

ピカチュウ「いやホンマですから。いっつも、お前が言うとるよ」

サトシ「俺ぇ!?」 

ピカチュウ「お前や。必ずサトシから、『ピカチュウ、10万ボルトやぁ』言うて」 

サトシ「いや、それは」 

ピカチュウ「僕はね。一切言って無いんですよ。『これは、この電撃は、10万ボルトありますよ』とは」 

サトシ「それはそうかもしれへんけど、俺が『10万ボルトぉ』言うた後に出してるわけやから、10万あるんや思うで。フツー」 

ピカチュウ「それが嫌やねん。こっちはそんなつもりないし。10万出す気なんて、1mmも無いのに」 

サトシ「はぁ!?」 

ピカチュウ「まあまあまあwwwwww努力はしてますよ」 

サトシ「そんなん当たり前や」 

ピカチュウ「やけど、いっぺん考えてもみてください」 

サトシ「何を」 

ピカチュウ「10万なんて……そんなん、絶対無理やん」 

サトシ「wwwwww」 

ピカチュウ「ぜっっったい無理やん。10万なんて」 

サトシ「それをwwwそれをお前が言ったらアカンわ。それで通っとるんやから」

ピカチュウ「ここだけの話。ここだけの話ー、あのー、せいぜい5ですよ」 

サトシ「は? なに、5? 5万?」 

ピカチュウ「いや、5」 

サトシ「5ボルト?」 

ピカチュウ「はい」 

サトシ「5ボルト!?!?」 

ピカチュウ「はいwwwww」 

サトシ「おまえwwwwwwおまえそれ全然やんwwwww」 

ピカチュウ「調子が良くて7、8……まあ8行くかなぁ、って感じですね」 

サトシ「それでよぉ言えたな。『10万ボルト』て」 

ピカチュウ「やから言うてへんねん! 一切言うてへんから! 全部そっちで」 

サトシ「それやってお前、もう20年以上や。旅を始めて」 

ピカチュウ「まー、そうですね。そんなに経ちますか」 

サトシ「どっかで打ち明けろや。『すいません、実は10万出てないんで、10万ボルト言うんはやめてもらえますか』言うたらええやん」

ピカチュウ「そんなん」 

サトシ「なに」 

ピカチュウ「そんなん、だって、言い出せませんよ」 

サトシ「なんでや」 

ピカチュウ「僕からは、とても」 

サトシ「なんでや。言うたらええやん」 

ピカチュウ「めちゃくちゃ嬉しそうに『10万ボルトォ!』言うてて、それを前にしたらもう」 

サトシ「誰が」 

ピカチュウ「サトシ」 

サトシ「俺ぇ? 今の俺か? 言うてへんわ、そんな」 

ピカチュウ「エクボできてますからね。ニッコニコですよ」 

サトシ「wwwwホンマか?」 

ピカチュウ「『ピカチュウゥゥゥ! 10万ボルトォォォ!』言うて」 

サトシ「そんなwwwなっとるかぁ?」 

ピカチュウ「『んぴかちゅううううう~!!!!!!!!』」 

サトシ「それはもうええわ」 

ピカチュウ「そないなふうに、言われたら、それはもう。言い出せませんよ」

ピカチュウ「www」 

サトシ「それでーなに。俺には、無いの?」 

ピカチュウ「無い? 無いとは」 

サトシ「謝罪が」 

ピカチュウ「謝ってほしいんですか?」 

サトシ「それはだって、騙されとったわけですからね。まあ、ある種、裏切られとったわけですから」 

ピカチュウ「いや、それはおかしいわぁ」 

サトシ「なにが」 

ピカチュウ「それは、違うと思うわぁ」 

サトシ「なんで」 

ピカチュウ「裏切り言いますけど、あのー、野球と同じですよ。これは」 

サトシ「野球?」 

ピカチュウ「『かっとばせー』言うでしょ? バッターがね、ボックスに立ったら『かっとばせー』」 

サトシ「ああ、観客がね」 

ピカチュウ「ほんで、まー、空振りしました、と」 

サトシ「バッターが」 

ピカチュウ「そこで、バッターに対して、『裏切りやぁ!』ってね? なるか、って話ですよ」 

サトシ「? どういうこと?」

ピカチュウ「つまりー、バッターは『かっとばせ』いう言葉に対して、応えられへんかったやん」 

ピカチュウ「空振りで、かっとばせへんかったわけで」 

サトシ「ああ」 

ピカチュウ「それをね、やれ『裏切りだ』。やれ『騙された』なりますか? ってね?」 

サトシ「いやまあ、それは」 

ピカチュウ「バッターは精一杯やって、それでも打てへんかったわけで。それを捕まえてね?」 

ピカチュウ「『裏切りだぁ!』って。一番悔しいのは、バッターですよ。それを『裏切りだぁ!』。それはもう、人として」 

サトシ「まぁ……そうなるか」 

ピカチュウ「僕も同じですよ。『10万ボルト』言われて出せへんかったけど、僕としてはもう、精一杯」 

ピカチュウ「死に物狂いで電撃をね、こう、出して、ほんで『裏切り』なんて言われたら」 

ピカチュウ「もー、立ち直れませんよ」 

サトシ「それはまあ、悪かったわ」 

ピカチュウ「いやいや、謝るほどのことやないと思いますけどね。お互い」 

サトシ「せやったら次からは言わんようにすればええんやろ? 『10万ボルト』とは」 

ピカチュウ「まー、そうですね。その方が助かりますね」

サトシ「せやったら……なんやったっけ、『5ボルト』か。次からは『5ボルト』言うわ」 

ピカチュウ「まあ…………はい」 

サトシ「……なに?」 

ピカチュウ「いや、それはもう、5ボルトでね……まあ」 

サトシ「なんや」 

ピカチュウ「あのー…………ほんまのこと言うと5も出てないー……」 

サトシ「はぁ!?!?」 

ピカチュウ「wwwwwいやwwwwwほんまにwwwwwwwww最近5もきつなってきてwwwwwww」 

サトシ「それやったらいくつや」 

ピカチュウ「wwwwえ?」 

サトシ「いくつやったら出せるんや」 

ピカチュウ「まー…………1……てん……」 

サトシ「いってん!!!」 

ピカチュウ「……なな……75としておきましょうかwwww」 

サトシ「1.75!? 1.75ボルト!?」 

ピカチュウ「四捨五入で2になりますけどね」 

サトシ「効いてへんやろ!? それ!」 

ピカチュウ「可能性はありますねwwwwww」 

サトシ「お前ほんまにええ加減にせぇよ!!!」 

ナレーター『実は5ボルトも出ていなかったピカチュウの10万ボルト。衝撃の事実が明かされたが、サトシたちの旅はつづく。つづくったらつづく』 


END


おまけ


サトシ「いけピカチュウ!10まんボルトだ!」  

ピカチュウ『高圧・特別高圧電気取扱特別教育を修了していますか?』  

サトシ「してないです」  

ピカチュウ「資格は?」  

サトシ「電工2種なら…」  

ピカチュウ「でしたら600Vまでですね」
  
サトシ「いけピカチュウ!600ボルトだ!」 

─────────────────────

 お読みいただきありがとうございました。