ラレツ!

ラレツ!

困り事への対処法に特化したブログです

【よくわかるポケモン解説】ラッキー編

 今回のポケモン解説はラッキーです。

f:id:KOKUBANLEMON:20190401130842p:plain

目次

 


基本データ


全国図鑑  No.113
分類    たまごポケモン
英語名   Chansey
タイプ   ノーマル
種族値   H250 A5 B5 C35 D105 S50
高さ    1.1m
重さ    34.6kg
特性    しぜんかいふく / てんのめぐみ / いやしのこころ(隠れ特性)
性別比   ♂0.0%:♀100.0%
卵グループ ようせい


進化


ピンプク → ラッキー(まんまるいしを持たせて朝・昼にレベルアップ) → ハピナス(なつき)


図鑑説明


ポケットモンスター赤・緑ポケットモンスターファイアレッドポケットモンスターY
1にちに いくつか たまごを うむ。 その たまごは えいよう まんてんで ものすごく おいしい らしい。

ポケットモンスター青ポケットモンスターリーフグリーン
せいそくすうが とても すくない。 つかまえた ひとには しあわせを もたらすと いわれている。 

ポケットモンスターピカチュウバージョン
きずついた ものを みかけると えいようまんてんの タマゴを わけあたえる やさしい ポケモン

ポケットモンスター 金ポケットモンスターハートゴールド
もっている タマゴを わらないように きをつけて あるく。 でも にげあしは とても はやい。

ポケットモンスター 銀ポケットモンスターソウルシルバー
かずが すくなく つかまえにくい。 つかまえた トレーナーに しあわせを もたらすと いわれる。

ポケットモンスター クリスタルバージョン
えいようまんてんの タマゴをもとめ つかまえようと するひとが おおいが なかなか すがたを みかけられない。

ポケットモンスタールビー・サファイアポケットモンスターエメラルドポケットモンスターオメガルビー・アルファサファイア、Pokémon GO
えいよう まんてんの タマゴを まいにち うむ。 しょくよくを なくした ひとでも ペロリと たべてしまうほど おいしい タマゴだ。

ポケットモンスターダイヤモンドポケットモンスターX
しあわせを はこぶと いわれている。 きずついた ひとに タマゴを わけてあげる やさしい ポケモン

ポケットモンスターパール
1にちに いくつか タマゴを うむ。 わるい こころの もちぬしには タマゴを わけてあげない。

ポケットモンスタープラチナポケットモンスターブラック・ホワイトポケットモンスターブラック2、ホワイト2
きずついた ポケモンや ひとがいると えいようまんてんの タマゴをうみ わけあたえる やさしい ポケモン

ポケットモンスターサン
ラッキーの うむ タマゴは えいようが たっぷり つまっている。 おおくの ポケモンが だいこうぶつだ。

ポケットモンスタームーン
かずが すくないうえに にげあしの はやい ポケモンなので みつけた ひとは うんが いいぞ。

ポケットモンスターウルトラサン
おいしく えいようもある タマゴを ほかのポケモンに ねらわれるうちに にげあしが はやくなったらしい。

ポケットモンスターウルトラムーン
おなかの タマゴを ねらい らんかく されてきた れきしから せいそくすうは とても すくない。


耐性


4倍
なし

2倍
かくとう

等倍
ノーマル,ドラゴン,ほのお,くさ,みず,でんき,あく,エスパー,はがね,こおり,いわ,じめん,フェアリー,どく,ひこう,むし

1/2
なし

1/4
なし

無効
ゴースト


オススメ技


物理技


ちきゅうなげ
タイプ かくとう
効果  自分のレベル分相手のHPを削る
命中  100

カウンター
タイプ かくとう
効果  相手の物理技を倍返し
命中  100
備考  優先度-5


特殊技


かえんほうしゃ
タイプ ほのお
威力  90
命中  100
備考  相手火傷10%

サイコキネシス
タイプ エスパー
威力  90
命中  100
備考  相手特防↓10%

シャドーボール
タイプ ゴースト
威力  80
命中  100
備考  相手特防↓20%


変化技


タマゴうみ
タイプ ノーマル
効果  HP1/2回復

どくどく
タイプ どく
効果  相手をもうどく状態にする
命中  90

でんじは
タイプ でんき
効果  相手をマヒにさせる
命中  90

ステルスロック
タイプ いわ
効果  相手フォールドに岩を撒く

ちいさくなる
タイプ ノーマル
効果  自分回避率↑↑

めいそう
タイプ エスパー
効果  自分特攻・特防↑

サイドチェンジ
タイプ エスパー
効果  ダブルバトルで場所を入れ換える

アロマセラピー
タイプ くさ
効果  状態異常を回復

リフレッシュ
タイプ ノーマル
効果  状態異常を回復
備考  アロマセラピーの4倍のPPがあり長期戦に強い

てだすけ
タイプ ノーマル
効果  味方の火力を補助

まるくなる
タイプ ノーマル
効果  自分防御↑


テンプレート型


サイクル型 

性格:ずぶといorおくびょう
特性:しぜんかいふく
努力値:HB252orBC252orBD252orBS252
持ち物:しんかのきせき
確定技:タマゴうみ/ちきゅうなげ
優先技:どくどく
選択技:カウンター/シャドーボール/かえんほうしゃorだいもんじ/ステルスロック/みがわり/でんじは/アロマセラピー/めいそう

ちいさくなる回避型 

性格:ずぶといorおくびょう
特性:しぜんかいふく(推奨)/てんのめぐみ
努力値:BS252
持ち物:しんかのきせき
確定技:ちいさくなる/タマゴうみ/みがわり/どくどくorちきゅうなげorかえんほうしゃ

【ダブル】ガードシェア要塞型 

性格:ずぶとい
特性:しぜんかいふくorいやしのこころ
努力値:BD252orHB252
持ち物:しんかのきせき
確定技:タマゴうみ/ちいさくなる/ちきゅうなげ
優先技:まるくなるorみがわり
変化技:どくどく/サイドチェンジ/ねむる/リフレッシュ


対ラッキー 


注意すべき点


 しんかのきせきにより、ハピナスを超える耐久力を持つ。起点にできる相手も増えている。カウンターを所持している事も。
 ちいさくなるとみがわりを積まれると突破は困難になる。TODの概念がなくなったことで時間切れで逃げることも不可能に。
 また、状態異常もしぜんかいふくで治ってしまう。ちきゅうなげの存在により受けポケモンとしては遂行速度が速い。
 ダブルでツボツボなどからガードシェアを受けると驚異的な耐久になり、一撃技でもない限り突破は不可能に。
 互いに有効打がない状態に持ち込まれるとPP切れだけでなく、持ち時間切れにも追い込まれる可能性がある。
 そのためギルガルドなどゴーストタイプでも十分な対策にはならず、わるあがきや時間切れで負ける可能性が大。


対策方法


 PGLの統計より、性格はずぶといが常に90%以上、おだやかは3~5%程度。おくびょうは1%以下。
 持ち物はしんかのきせきでほぼ確定しているため、すりかえやトリック、はたきおとすが特に有効。
 ハピナスより火力・素早さが低く、型は少ないので、対策しやすいといえばしやすい。どくどくやちきゅうなげ、カウンターはゲンガー、ギルガルドに無効。
 カプ・テテフの特化珠フィールドサイコショック級の物理火力があれば等倍で押し切れる。
 火力が低く変化技主体なのでちょうはつやこだわりトリックも非常に有効。ゴーストでほぼ完封できる。一撃必殺技も有用だが、外れるリスクがあるのと身代わりを張られるとほぼ無意味になる点には注意。
 ダブルのガードシェア型はちょうはつで展開阻止。ほろびのうたやほえるで流すのも有効。
ラッキーにみがわりがなければ、一撃技に賭けるのも有効な突破手段となる。
 件の型においてラッキー側は基本行動が決まっているためPP合戦だけでなく時間切れにも強い。
 持ち時間切れに追い込まれる場合もあるため、長考は厳禁。


容姿


 卵のような丸っこい外見をしており、耳のような物が3本ずつ左右に付いている。お腹にはカンガルーのようなポケットがあり、いつもタマゴを入れては温めている。 
 その名のとおり、捕まえたポケモントレーナーに幸運をもたらすといわれている。
 『赤・緑』時代の一部の公式絵では、頭部の突起が複数描かれているものがあったが、近年のシリーズでは両側とも3本が公式設定となっている。


概要


 『赤・緑』から登場しているポケモン。図鑑によると希少個体なようで、逃げ足はかなり速い事から捕まりにくいとされている。 
 珍しく、図鑑の記述が現実と一致しているポケモンである。性別は♀しか存在しないのだが、『赤・緑』当時は性別の概念がなかったので、一部のアンソロジーなどで一人称が「ボク」のラッキーも存在した(ボクっ子であれば矛盾はないが)。 
 図鑑の記述どおり、出現率、被捕獲率共に低い。 


ゲームのラッキー


初代


 『赤・緑・青・ピカチュウ』ではサファリゾーンに出没。めったに遭遇できない・すぐ逃げる・ボールが当たらないor捕まらないの三拍子でケンタロスやガルーラと共にその捕獲には至難の業を極めるポケモンであった。 
 野生の個体はハナダのどうくつで登場するが、レベルは56とかなり高い。ニンテンドウカップ97や98で使うにはサファリ産しかない。
 『ピカチュウ』版では、サファリ入口の草むらでレベル7のラッキーが登場する。
 しかし出現率がポケモンスタジアムの図鑑の分布の説明によると「いるかもしんない」という最低の出現率である。


第2世代


 『金・銀』では普通に草むらで遭遇できるようになったので、少しはマシになった。 
 なお、『金・銀』以降ラッキーに持たせると急所に当たりやすくなるという道具「ラッキーパンチ」が登場。『金・銀』単体では入手不能で、前作から連れてきたラッキーが持っている。 
 また、同じ世代で野生のラッキーが2%の確率で持っている「持たせると1.5倍の経験値を貰える」というスーパーアイテム「しあわせタマゴ」が登場。
 しかし、そもそもラッキーが出にくいので、手に入った人は本当の意味で凄まじい幸運の持ち主である。 
 その他、カントー地方のある場所でラッキーを交換条件にプッチー(プテラ)をくれる女性がいた(『HGSS』ではラッキーを連れてくとラッキーパンチをくれるイベントに変更されている)。 


第3世代


 『ファイアレッドリーフグリーン』のサファリゾーンでしか捕れなくなり、再びプレイヤーをサファリ地獄へ陥れた。
 しかも「しあわせタマゴ」もご丁寧にも野生のラッキーが持っている設定のまま。 
 当時から特性「ふくがん」は存在していたが、『ファイアレッドリーフグリーン』では「アイテムを持ったポケモンが出やすくなる効果はない」(次作『エメラルド』から)というおまけ付き。 
 マシになった所と言えばアイテム所持率が2%から5%になったことくらい。
 『ポケモンXD』があれば、シナリオを最後の方まで進めれば他のアイテムとの選択で手に入れること自体は可能。そこまでする手間が必要かどうかは考え物だが。 
 なお「ラッキーパンチ」は『ファイアレッドリーフグリーン』にいるNPCに話しかければもらえる。 


第4世代


 再び草むらで遭遇できるようになった。進化前のピンプクの卵をストーリー上で必ず入手できるようになもなる。
 しかも「まんまるいし」を持っているため夜間以外ならレベルアップですぐにラッキーに進化とこれまでと比べて入手が格段と容易になった。
 また「しあわせタマゴ」を入手するためにラッキーを乱獲するプレイヤーが大勢いた事だろう。 
 しかし、同時にこの世代から「まんまるいし」も登場したため、ハズレ(「まんまるいし」)を何回も引いてしまい泣いたトレーナーも大勢いた事だろう。
 ストーリー上ではモミのパートナーとしてもよく知られている。「ラッキーパンチ」は進化前ピンプクが持つレアアイテムになった。


第5世代


 この世代ではラッキー自体が出ず、進化前のピンプクが手に入るのみ。本体そのものの入手が限定されている結果か、「しあわせタマゴ」に関してはストーリー中で貰う事ができるようになった。 
 一方「ラッキーパンチ」はトレジャーハンターからランダムでくれる外れアイテム扱いに。 


第6世代


 『XY』では通常は野生では出現せず、クリア後のフレンドサファリでのみ出会うことが出来る。 
 ただしそもそもラッキーのサファリを持っている人が限られる為、まずそれを手に入れられるかどうかの壁がかなり厚かった。 
 手に入れられれば「しあわせタマゴ」が複数手に入る。1個だけでよければシナリオで手に入るので十分である。なお外れアイテムはまさかの「ラッキーパンチ」。 
 『ORAS』ではピンプクしか出ず、そのピンプクも日替わり出現かつ「しあわせタマゴ」は持っていない。 
 なお、第5世代での影響からか、『ちきゅうなげ』が遺伝技に追加された(マンキー(又はドーブル)→クチートで遺伝可能)。 


第7世代


 乱入バトル限定種になっている。そして何と「しあわせタマゴ」を持っていない。代わりに「ラッキーパンチ」を持っているという。 
 『USUM』ではポニの原野の茂みで希に出現する場合がある。 


対戦のラッキー


能力


 とにかくHPが飛びぬけて高く、未だに進化後のハピナスに次いで第2位の数値を誇っている。特防の数値も高く特殊攻撃に関してはほぼ無敵の要塞と化す。 
 一方で攻撃・防御の数値はたったの5なので物理技には期待できない。


持ち物


 一般的に「しんかのきせき」が選ばれる。
 これを持たせる事によりハピナス以上の防御&特防を手にする事となったため、生半可な攻撃ならば物理でも2耐えとやってのける超耐久になっている。
 苦手な格闘や超火力の物理ドラゴンを相手にする為にグライオンエアームドと組ませるのが良い。 


戦略


 火力は低いため、「タマゴうみ」や「ちいさくなる」で身を守りつつ「どくどく」や「ちきゅうなげ」で堅実に攻めていくのが一般的。
 これにより、第5世代では「攻撃当たらないし当たっても全然減らない」という初代以来の悪夢が再来し、対策も我慢も足りない人が多いランダムバトルのフリーではよく切断されて無効試合とされてしまっていた。 
 しかし、ほぼ必須と呼ばれている「ちきゅうなげ」を覚えさせる手段がこの頃、2つ前の第3世代のエメラルドの教え技のみという酷い方法であり、新規参入者でなくとも対戦用個体の入手は非常に厳しいものがあった。
 現在では遺伝技になっているため習得は容易。 
 当初は積んで居座る型が多かったが、対策が進んだ結果、現在ではサイクルを回していく型が主流になっている。 


対策方法


タイプ的な優位


 ラッキーは火力の低さを補うために「どくどく」や「ちきゅうなげ」に頼るのだが、前者はどくタイプやはがねタイプに効かない。
 後者はゴーストタイプに効果がなく、地球投げでみがわりが破壊できない相手だと極端に弱くなるという弱点がある。
 タイプだけ見ても、ゴーストどく複合のゲンガーは特に苦手な相手であるといえる。 


特性


 「ノーガード」や「するどいめ」はちいさくなる対策になる。ただし、「ノーガード」は
相手の技も必中になってしまうので注意。
 「するどいめ」は回避率上昇を無視できるだけなので、必ず当たるわけではない。


有利な技


 「ちいさくなる」を使ったポケモンに「ふみつけ」、「ハードローラー」、「ドラゴンダイブ」などが必ず当たるようになる。
 しんかのきせきを「はたきおとす」で無効化させるのも手だが、持ち物なしでも固いので注意が必要。
 変化技を主に扱うため、「ちょうはつ」を使うと機能を大きく制限できるようになる。あとは「どくどく」でじわじわと虐めてもいいが、「リフレッシュ」で回復される危険はある
 高威力の技を必中で放てるZワザの追加も追い風である。


ダブルバトルだと


 「ちいさくなる」や「みがわり」持ちが急増している。要するに上記の居座り型は撲滅したのではなく、ダブルバトルへ活動の場を移動させただけであったのだ。 
 場所を変えてより凶悪になった居座り型だが、一応ダブルバトルかつ世代が進んだということで対策はそれなりに豊富。と言っても「どくどく」や「ちょうはつ」等は場が複数戦なこともあり、対策として機能しにくいというのも事実。
 地道に2体で殴るにしても回避率を上げ切られると厄介なこと他にない。
 だがラッキーのダメージソースはほとんどの型が「ちきゅうなげ」か「どくどく」に頼り切っているということもあり、他のポケモンを倒した後両者を無効化出来るポケモン(或いはどく無効かつ高速回復技があるポケモン)が残っていればとりあえず(PP勝負以外で)負けることはほとんどない。
 無論この場合かなり時間がかかる為それに耐性のない人にはお勧めできないが。どうしても時間がかかるのが嫌なら「かげふみ」+「ほろびのうた」のコンボがおすすめ。
 相方となるポケモン含め攻撃面がほぼ皆無な状態になりがちなので何もできずに倒れていく。 
 当然ラッキー使いもこれを警戒するため、ゲンガーやゴチルゼル+「ほろびのうた」持ち等がパーティにいると見せ合いの時点で出されないことも多いので相手の選出を大きく縛ることができる。 


ラッキーの歴史


初代


 進化形が存在せず、当時から高い特殊耐久を引っ提げ「かげぶんしん」「タマゴうみ」でPP切れを待つ戦法が中心だった。
 そのせいで『ポケモンスタジアム2』では回避率の上昇率が抑えられたほど。 
 当時は特殊の能力が分断されておらず、特殊攻撃の火力はかなりあった。 


第2世代


 完全上位互換として、進化系のハピナスが登場した。また、特殊の分断によって特攻が大きくダウンした。
 一方で、ポケスタ金銀ではリトルカップに参戦可能であり、ストライクと共に禁止級の強さを誇ったポケモンである。


第5世代


 長らく一線を譲っていたが、第5世代でしんかのきせきが追加されると戦線に復帰。上記の通り、対策必須の悪魔として現在までプレイヤーに恐怖を与え続けている。


アニメのラッキー


ポケモンセンターのラッキー

f:id:KOKUBANLEMON:20190401132150j:plain


 アニメでは長らくジョーイさんのアシスタントという立場で登場。(進化系のハピナスである場合もある。)。「ラッキー看護学校」というラッキー専門の学校もある。
 その影響か、ピカチュウ版ではジョーイさんらしき人物とラッキーが受付を担当する。
 しかし、BW編ではタブンネ、XY編ではプクリンにその立場を譲っている。


その他

f:id:KOKUBANLEMON:20190401132218j:plain

• DP編第30話から第32話まではモミのポケモンとして登場。
• DP編第190話ではタケシのピンプクがラッキーに進化した。


ポケモンGO』のラッキー

f:id:KOKUBANLEMON:20190401132256p:plain


入手難易度


 野生での出現率が非常に低く、ポリゴン、ラプラスプテラ等と並び、本作で最も入手の難しいポケモンの1つに数えられている。
 しかもカビゴンと同様、ある程度出現場所の傾向のある上記と違い、その傾向が見つからない。 
 もし入手することができたのなら、文字通り非常にラッキーということである。 
 2017年2月9日~15日にかけて行われるバレンタインイベントでは、フェアリータイプのポケモン共々、出現率に上方補正がかけられた。 
 しかし実際は駅前で少し出現する程度で、周りを見渡せばタマタマだらけというイベントで、ラッキーをわんさか手に入れるというものではなかった。
 直後金・銀ポケモンが実装された。これにより進化が可能となったが、当然ラッキーのあめが50個必要で、先のイベントで必要数を手に入れられなかった人は苦汁をなめる結果となった。 


性能


 HPが非常に高いという点は本作でも継承されており、HPの数値だけなら、同作に登場するポケモンの中ではぶっちぎりのトップであった。 
 その反面、CP(戦闘力は)は当初最高でも670程度までしか上がらず、攻撃面は前キャラ中最下位、防御も下から2番目と戦闘面はとことん苦手。 
 お世辞にもジムの防衛に役立つとはいえず、典型的なコレクション専用のキャラクターという感じであった。 


汚名返上のチャンス


 2016年11月のアップデートでの調整により、CPが1000を超すこともできるようになったのだ。当然固さも増すため、ジムの新守護神としての活躍が期待された。


ハピナス登場後


 現在ではジムの仕様変更により同じポケモンが配置できなくなったため、既にハピナスが配置されている場合の2番手といった感覚で運用されている。
 もちろん戦闘ではあらゆる点でハピナスに劣るのだが、硬いことに変わりはないため防衛役としてはそれなりに優秀。
 ちなみに最大CPが低いポケモンほど時間経過でやる気ゲージが減少しづらいという仕様があるため、配置されてから数時間でCP3000越えのハピナスがやる気をなくしている隣でCP1000程度のラッキーがやる気満々という光景もよく見かける。
 酷いときはハピナス以外にもカイリューカビゴンバンギラスギャラドス等の高CP組が軒並みやる気をなくしている中、ラッキーだけはやる気を維持してるなんてことも。
 この仕様のため、低CPにもかかわらずジムに長時間居座りやすいという利点がある。 
 ラッキーで詰むことは流石に少ないが、進化後のハピナスと合わせると退場させるのに少なくとも4~5分は必ずかかるといってもいいため、この2匹がいると他のかくとうタイプに弱いポケモンはなるべく入れない方が良いほどになってしまっている。
 特に二重弱点のバンギラスボスゴドラ、仕様上ケッキングも事実上風評被害に遭っているだろう。 


『大乱闘スマッシュブラザース』シリーズのラッキー

f:id:KOKUBANLEMON:20190401132436j:plain


 初代とDXでアイテムのモンスターボールから登場する。「タマゴうみ」でタマゴを産み出す。
 このタマゴはアイテムのカプセルとほとんど同じ扱いで、中からアイテムが出てくることが多い。中には食べてダメージ回復できるものや、爆発する「タマゴばくだん」も混ざっている。 

─────────────────────

 以上です。これで紹介を終えます。