ラレツ!

ラレツ!

困り事への対処法に特化したブログです

【必見育成論!】最強ボーマンダの作り方!

 

f:id:KOKUBANLEMON:20181118132106p:plain

目次

  ボーマンダの解説はこちらです。

kokubanlemon.hatenablog.com

kokubanlemon.hatenablog.com


基本データ


全国図鑑  No.373
分類    ドラゴンポケモン
タイプ   ドラゴン/ひこう
種族値   H95 A145 B130 C120 D90 S120
高さ    1.8m
重さ    112.6kg
特性    スカイスキン
性別比   ♂:50% / ♀:50%
卵グループ ドラゴン


陽気HDSメガボーマンダ


性格  ようき(素早↑ 特攻↓)
特性  スカイスキン
努力値 HP:196 / 攻撃:12 / 防御:4 / 特防:172 / 素早:124
実数値 195-167-151-x-132-171
個体値 31-31-31-x-31-31
技構成 すてみタックル / じしん / りゅうのまい / はねやすめ
持ち物 対応メガストーン


調整案


H196 A12 B4 D172 S124

• HB 陽気ガブの逆鱗耐え
• HD 特化テテフのムンフォ耐え
• S  最速ウツロイド抜き
• A  余り

 Sラインを最速ウツロイドまで上げることでスカガブやウツロイドへの性能を上げた。
 問題点としてはAが足りないため、舞っても火力不足なときがあること。


意地ASマンダとの差別化


1. ウツロイドは襷をもっている可能性が高いため、ウツロイドのめざ氷を確耐えすることでウツロイドを羽の起点にして大きく体力を残したまま突破可能。

2. 環境に非常に多い陽気スカガブの逆鱗を威嚇無しで確定耐えできる。

3. 珠ミミッキュを対面で落とせる。

4. スカーフデンジュモクを舞ってから落とせる。

5. 上からやってくる不意のめざ氷やフェアリー技に強い


運用


 低火力技やめざ氷の前で積んで、羽休めをしてある程度回復したら殴って倒す。
 先発でも後出しでも任せられるが、ウツロイドが見えている場合は基本的に先発なので、こちらも先発で選出するとほぼ無償で突破できる。


技構成


竜の舞

 優秀な積み技。今回のコンセプト。

すてみタックル

 優秀なタイプ一致高火力技だが反動が痛い。

• 無振りガブリアスをA↑捨て身で乱数1発 (81.3%) 96.7%^113.6%
• HB特化輝石ポリゴン2をA↑捨て身で乱数2発 (41.4%) 45.3%^53.6%
• HB特化テッカグヤをA↑↑↑捨て身で乱数2発 (95.3%) 48.5%^57.3%
• 無振りカプ・テテフを捨て身で乱数1発 (93.8%) 99.3%^116.5%
• 無振りポリゴンZを捨て身で 乱数1発 (62.5%) 93.7%^110.5%
• 無振りメガギャラドスをA↑捨て身で 乱数1発 (56.3%) 91.8%^108.7%
• 無振りミミッキュを捨て身で確定1発 103%^122.1%

地震

捨て身との相性が抜群。

• H252ギルガルドをA↑地震で 確定2発 67%^79%
• H252RFガラガラを地震で確定2発 58.6%^69.4%
• H252RFベトベトンをA↑地震で乱数1発 (62.5%) 93.3%^110.3%


羽休め


 体力回復かつ氷技を透かせる。


被ダメ


物理耐久


• A252ガブリアスの逆鱗耐え 84.1%^99.4%
• A252珠ミミッキュのじゃれつく+影打ち耐え 65.1%^77.4%+14.8%^17.9%
• A特化マッシブーンの冷凍パンチ耐え  73.8%^88.2%


特殊耐久


• C特化カプ・テテフムーンフォース耐え 84.1%^99.4%
• C252デンジュモクのめざ氷耐え 80%^96.4%
• C特化ウツロイドのめざ氷耐え 69.7%^84.1%
• C252眼鏡カプ・コケコのマジカルシャイン耐え 77.9%^93.3%
• C特化ギルガルドシャドーボールニ耐え 38.9%^46.6%
• C↑無振りポリゴン2の冷凍ビーム確定1発 100.5%^118.9%
• C無振りポリゴン2の冷凍ビーム耐え 67.6%^80%


無邪気両刀マンダ


性格  むじゃき(素早↑ 特防↓)
特性  スカイスキン
努力値 HP:4 / 攻撃:252 / 素早:252
実数値 171-197-150-140-99-189
個体値 31-31-31-31-31-31
技構成 すてみタックル / りゅうせいぐん / だいもんじ / じしん
持ち物 対応メガストーン


この型の強み・採用理由


• 想定される技範囲、型が非常に多い

• シンカ前の威嚇とシンカ後の高いB種族値が合わさって物理耐久が非常に高い

• ドラゴンの中で三番目に高いS種族値を持つ(上を取ってくる竜はスカーフを考慮しなければオンバーンメガジュカインのみ)

• 鋼を呼びやすい

• 対ブルルドランを始めとした、草を絡めたサイクルの並び全般に強い

• 相手のメガマンダに対し上から流星群を打ち込みやすくなる

• 鋼に対し、炎技と地面技の両方で打点を持つことができる為強く出れる

すてみタックル+流星群で後出しされるHBメガヤドランを突破できる為受けループに対する駒として機能する(受けル崩しに特化しているわけではないので過信は禁物)

カミツルギメガルカリオなどのSを上げない高速積みエースに対するストッパーになれる


調整


 無邪気ASベース。最速は確定。
 すてみタックルの火力を重視してAS極振りを採用したが、Cに努力値を68割くことでH252ナットレイを大文字で確定一発にすることができるようになる。
 また耐久振りマンダなどに対する乱数も動く。H252振りマンダには無邪気の場合Cに76振らなければ確定一発を取ることができない。
 逆にAを削ると、A252でギリギリ確定1の取れているメガルカリオなどに対する乱数を甘えることになる。
 パーティ単位でメガボーマンダにどの相手に役割をもたせたいかを意識して調整するべきだろう。
 ステロが二倍でささるポケモンであるため、HPはできれば奇数が好ましい。


技構成


確定技


流星群

 最速にすることで多くの龍の上から打ち込めるようになる。C無振りでもH4振りメガマンダ程度なら確定一発が取れる。

• H4メガマンダを確定1
• H244メガマンダに92.5%~110.4%
• 無振りガブリアスを確定1
• 無振りラティオスを確定1
• H244ヤドランに51.2%~61.1%

捨て身タックル

 動きを制限されない技の中では最高打点。恩返しではHBメガバナに確定で耐えられたり、ヤドランに数字が足りていなかったりと不具合が多い。

• H252メガフシギバナを確定1
• HB特化メガフシギバナに89.8%~106.9%
• H244B特化ヤドランに45.2%~53.7%(流星群と合わせて高乱数)
• B特化ラッキーに57.5%~68.3%
• HB特化ドヒドイデに45.8%~54.1%
• HB特化カプ・ブルルに99.4%~118.6%
• B4振りメガルカリオを確定1
• H4ミミッキュを確定1
• H244ミミッキュに99.3%~117.3%


選択技


大文字

 鋼に対する打点その1。命中不安を抱えているが、火炎放射では火力が足りない。

• H244エアームドに76%~90%
• H244テッカグヤに48.2%~57.1%
• H252ナットレイに95%~112.7%
• H252メガハッサムを確定1
• 無振りメガメタグロスに58%~69.6%
• H252振りメガメタグロスに48.1%~57.7%
• H252振りメガクチートに 64.9%~76.4%

地震

 鋼に対する打点その2。文字と合わせて採用すればナットドランのような並びに強く出ることができるようになる。
 またAに164以上振っていればH252ギルガルドを確定2で持っていくことができるため、交代された際に当てれば突破することもできる。

• H212ヒードランを確定1 グラスフィールド下で62.1%~74.6%
• H252ジバコイルを確定1
• H252ギルガルドに52.6%~62.2%
• B4振りメガメタグロスに56.7%~67%
• H252メガメタグロスに47%~55.6%(メタグロスに対する乱数は文字とほぼ変わらないため、命中安定の地震を打ったほうがいい)

龍の舞

 詰みエースとして起用する場合に採用することになる。竜舞からスカガブやマンダの上から確実に流星群を打ち込めるようになる。
 
身代わり

 有利対面からの交代読み。身代わりを盾に後出しされた鋼に地震や大文字を二連打する動きが取れるようになる。相手のZ技を回避するのにも有効。
 また初手でマンダ同士が対面した場合、こちらのマンダは最速であるため威嚇が先に発動しやすく、それを確認した相手に引かれることが多い。そのタイミングで使ってもアドが取れる。バシャーモの守るに合わせて使ってもアドが取れる。

羽休め

 速攻回復技。サイクル戦でマンダを長持ちさせることができるようになる。
 味方に毒等のスリップダメージで削るポケモンを採用した場合には、羽連打で粘る戦術も取れるようになる。


相性のいい味方


マンムー

 俗に言うマンダマンムー。ステロで若干足りない火力を補うことができる。電気を受けることもできる。

ブラッキー

 ボーマンダが苦手なゲッコウガを格闘Zでもない限りほぼ止めることができ、これまた苦手な耐久ポケモンをどくどくや挑発で倒すことができる。
 マンダのほうが羽休めを採用している場合のシナジーも期待できる。組ませた場合フェアリーの一貫をどうするかが重要になってくる。


最速ハイボ型


性格  おくびょう(素早↑ 攻撃↓)
特性  スカイスキン
努力値 HP:4 / 特攻:252 / 素早:252
実数値 171-135-150-172-110-189
個体値 31-0-31-31-31-31
技構成 ハイパーボイス / だいもんじ / みがわり / りゅうせいぐん
持ち物 対応メガストーン


役割・採用理由


 一つ目は単純な高速掃除役。サイクル戦で削れた敵を倒すのだ。
 二つ目は砂パの補完。ドリュが苦手とする、あるいは状況によっては不利となるポケモンに対する対策としての起用となる。
 具体的には下記のポケモンが該当する。
 砂パ以外子構築でも下記のポケモンを対策したいと思ったら採用する価値がある。


対策できるポケモン


カミツルギ
ナットレイ
ジャローダ
メガルカリオ
キノガッサ
テッカグヤ
エアームド
バシャーモ
グライオン


圧力をかけられる


ランドロス
ランドロス(霊獣)
• HBカバルドン
カバルドン
ギャラドス
クチート
メタグロス
ギルガルド


調整


 ジャローダメガルカリオを抜き、メガマンダミラーにも活路を見いだせる最速で確定。火力不足のためC252。ステロ警戒でHP実数値奇数となっている。


技構成


確定技


ハイパーボイス

 命中安定身代わり貫通とハイスペックな技。

• H振り霊獣ランドロス 53.5-63.2
• 無振りメガギャラドス 41.1-49.4
• H振りカバルドン 53.0-62.7
• H実数値177・D振りグライオン 42.9-50.8/乱数2(2.7%)
• H振りメガフシギバナ 81.2-96.2
• H振りジャローダ 102.1-119.7

だいもんじ

 カグヤカミツルギなどへの遂行技。メガルカリオへの確定数を意識して大文字を推奨する。

• D特化ナットレイ 86.1-103.8/乱数1(18.7%) ※H振りのみなら放射でも75%の乱1
• H振りテッカグヤ 57.8-68.6
• 無振りメガルカリオ 108.9-129.6 ※放射だと37.5%の乱1

みがわり

 ジャロの睨み、カバの欠伸、ガッサの胞子、カグヤの宿り木への回答。
 砂パのマンダは身代わり搭載率が比較的高めなので読まれやすい点にだけ注意。
 カバは持ってれば普通に氷の牙撃ってくるので、身代わりが確実に残るわけではない。


選択攻撃技


りゅうせいぐん

 マンダミラー、出てくるボルトロトム等の電気意識。ハイボより高火力。

• D特化メガボーマンダ 81.1-96.0
• 無振り霊獣ボルトロス 82.4-97.4

ハイドロポンプ

 ハイボで倒しきれないDに厚いカバとランドへ通す技。

• D特化カバルドン 49.3-58.6/乱数2(98.0%)
• H振りチョッキ霊獣ランドロス 48.9-58.1/乱数2(98.0%)

はかいこうせん

 ハイボの1.7倍ほどの火力が出る最強奥義。ドリュウズがうまいこと攻めきれずに倒されたとしても、火力を出せるポケモンが裏にいると思えば心強い。

じしん

 下降補正無振りでもH振りのみのドランなら乱数て飛ばせる。ナットやカバでステロを撒いておけば役立つ技だろう。

• H振りヒードラン 90.9-107.0/乱数1(37.5%)


選択補助技


はねやすめ

 カグヤと殴りあいたいならこれを採用して長持ちさせるのもよいだろう。
 その場合は炎技を放射にするのも一考の余地ありか。
 
どくどく

 ナットドランやブルルドヒドなどのサイクルと組む場合、マンダで毒を入れて彼らで受けながら相手に毒を回すプレイングが可能になる。
 羽を採用すればマンダ自身が詰めの駒になれる。


被ダメージ計算(威嚇無し)


• 無振りカバルドン/こおりのキバ 51.4-63.1
• 無振りランドロス/がんせきふうじ 30.4-36.2
• 無振りテッカグヤ/ヘビーボンバー 32.1-38.5
• 全振りメガギャラドス/こおりのキバ 79.5-95.9
• 全振りメガリザードンY/めざめるパワー氷 102.9-121.6
• 無振りスイクン/れいとうビーム 79.5-95.9

─────────────────────

 以上です。お読みいただきありがとうございました。