ラレツ!

ラレツ!

困り事への対処法に特化したブログです

【よくわかるポケモン解説】フェローチェ編

 今回のポケモン解説はフェローチェです。

f:id:KOKUBANLEMON:20190610082945p:plain


目次

 


基本データ


全国図鑑  No.795
分類    えんびポケモン
英語名   Pheromosa
タイプ   むし かくとう
種族値   H71 A137 B37 C137 D37 S151
高さ    1.8m
重さ    25.0kg
特性    ビーストブースト
性別比   性別不明
卵グループ タマゴ未発見


図鑑説明


ポケットモンスターサン
きけんなUBの いっしゅ。 すさまじい そくどで だいちを しっそうする すがたが もくげき されている。

ポケットモンスタームーン
UBの いっしゅ。 このせかいの ものに けがれを かんじるのか いっさい てを ふれようと しない。

ポケットモンスターウルトラサン
べつせかいに すむ せいめいたい。 ほそく しなやかな からだ だが つよいパワーを ひめている ようす。

ポケットモンスターウルトラムーン
このせかいでは いしつで きけんだが ほんらい すんでいる せかいでは ふつうに みかける せいぶつらしい。


耐性


4倍
ひこう

2倍
ほのお,エスパー,フェアリー

等倍
ドラゴン,ゴースト,どく,でんき,いわ,こおり,ノーマル,はがね,みず

1/2
くさ,かくとう,じめん,むし,あく

1/4
なし

無効
なし


容姿


 華奢な人間の女性と脱皮直後の白く透き通ったゴキブリをかけ合わせたような、半人半虫の容姿を持つ。色違いのフェローチェは下半身が黒く、よりセクシーな外見になっている。
 名前の由来は、フェロモン+ローチとイタリア語で『速い・荒々しい』を意味する「ベローチェ」をかけていると思われる。 
 英語表記の「Pheromosa」の由来はpheromone(フェロモン)とhermasa(スペイン語で美しい)、 formosa(イタリア語で格好のいい女性)から来ていると思われる。  


概要


 初登場は「ポケモンSM」。アローラ地方を脅かす謎の存在ウルトラビーストの一種。 
 UB02BEAUTY(ビューティー)というコードネームで呼ばれている。こちらの世界のものに汚れを感じるのか一切触ろうとしない。


健脚


 落雷すら回避する圧倒的な瞬足が特徴。 
 細くしなやかな脚で生み出した爆発的な加速は瞬間200km/hを超えるとされ、現在発見されたどんな生物よりも速いと言われている。 
 その瞬間の重力もかなりのものとなるはずだが、負担を抑えるため極限まで細い身体になったという考え方もできる。実際フェローチェは高さ1.8mに反して僅か25kgしかない。人間なら餓死では済まない。 


フェロモン


 どんな生物も魅了するフェロモンで相手を虜にするという能力も持つ。対峙したあらゆる生物を魅了させ、まごつかせて戦意を失わせる。
 この事から「未知のフェロモンを生成する器官を持っているのではないか」と考えられており、現在専門家たちが研究を進めている。 


ゲームのフェローチェ

f:id:KOKUBANLEMON:20190610083314j:plain


 ムーンバージョンでのみ出現する。初登場はストーリー中、メレメレ島に出現しカプ・コケコと対決するシーン。しかしこのときはまだ捕まえられない。
 実際にプレイヤーが遭遇・捕獲できるのはエンディング。クリア後のイベントにて「茂みの洞窟」で4体まで捕獲することが可能。


ウルトラデザート

f:id:KOKUBANLEMON:20190610083355j:plain


 ウルトラムーンのみ、ウルトラワープライドで白いホールを通ると行くことができるフェローチェの世界。 
 辺り一面が白い砂漠で、そのあちこちに青緑色に輝く宝石のような鉱物が入り混じっている。道中はゴツゴツした地面や大きな岩などが多く、先へ進む場合はライドポケモンの力が必要不可欠。
 最後の大きな岩をカイリキーで押したその先にフェローチェがおり、話しかける事で戦闘に突入する。ここで戦うフェローチェのレベルは60。 


対戦のフェローチェ

f:id:KOKUBANLEMON:20190610083427j:plain


能力


 マッシブーンと同様、これまでヘラクロス固有であったむし・かくとうの複合タイプ。攻撃・特攻共に高水準であり、豊富な技範囲と合わせて数多くの敵と戦える 。
 素早さは種族値だけで見ればスピードフォルムデオキシステッカニンに次ぐ全ポケモン中第3位。ウルトラビーストの中でも最速を誇る。
 HPはデオキシスよりはあるものの、防御・特防ともにそのノーマルフォルムよりも低く、弱点・耐性関わらず、ちょっとでも攻撃されれば致命傷と考えてよい。


特性


 「ビーストブースト」は相手を倒したときに自分の一番高い能力が上がる。


オススメ技


理技


とびひざげり
タイプ かくとう
威力  130(195)
命中  90
備考  外すと反動HP1/2

かわらわり
タイプ かくとう
威力  75(112)
命中  100
備考  壁破壊

けたぐり
タイプ かくとう
威力  20~120(30~180)
命中  100

とびかかる
タイプ むし
威力  80(120)
命中  100
備考  相手攻撃↓100%

とんぼがえり
タイプ むし
威力  70(105)
命中  100
備考  使用後自分交代

どくづき
タイプ どく
威力  80
命中  100
備考  相手毒30%

ドリルライナー
タイプ じめん
威力  80
命中  95
備考  急所ランク+1

じごくづき
タイプ あく
威力  80
命中  100
備考  相手音技使用不可化

フェイント
タイプ ノーマル
威力  30
命中  100
備考  優先度+2先制技


特殊技


むしのさざめき
タイプ むし
威力  90(135)
命中  100
備考  相手特防↓10%。みがわり貫通

きあいだま
タイプ かくとう
威力  120(180)
命中  70
備考  相手特防↓10%

れいとうビーム
タイプ こおり
威力  90
命中  100
備考  相手凍り10%

ふぶき
タイプ こおり
威力  110
命中  70
備考  相手凍り10%。全体攻撃

はかいこうせん
タイプ ノーマル
威力  150
命中  90
備考  次ターン行動不能

エレキネット
タイプ でんき
威力  55
命中  95
備考  相手素早さ↓100%

でんげきは
タイプ でんき
威力  60
命中  必中


変化技


ちょうはつ
タイプ あく
効果  変化技を封じる
命中  100

さきどり
タイプ ノーマル
効果  相手が直前に出そうとした技を繰り出す

ちょうのまい
タイプ むし
効果  自分特攻・特防・素早さ↑

スピードスワップ
タイプ エスパー
効果  対象と「素早さの実数値」を交換する
備考  ダブル用


Zワザ


ぜんりょくむそうげきれつけん
元の技 とびひざげり
威力  195(292)
元の技 きあいだま
威力  190(280)

ぜったいほしょくかいてんざん
元の技 むしのさざめき
威力  175(262)
元の技 とびかかる
威力  160(240)
元の技 とんぼがえり
威力  140(210)

レイジングジオフリーズ
元の技 れいとうビーム
威力  175

アシッドポイズンデリート
元の技 どくづき
威力  160

ブラックホールイクリプス
元の技 イカサマ
威力  175
元の技 じごくづき
威力  160

ライジングランドオーバー
元の技 ドリルライナー
威力  160


テンプレート型


両刀アタッカー型 

特性:ビーストブースト
性格:やんちゃ/さみしがり/うっかりや/おっとり/むじゃき/せっかち
努力値:S252 AC調整
持ち物:きあいのタスキ/いのちのたま/Zクリスタル
確定技:格闘技(とびひざげりorけたぐりorきあいだま)/虫技(とんぼがえりorとびかかるorむしのさざめき)/れいとうビーム
選択技:ドリルライナー/どくづき/じごくづき/エレキネットorでんげきは/フェイント/ちょうはつ/どくどく/さきどり

こだわりスカーフ 

特性:ビーストブースト
性格:うっかりや/やんちゃ/ひかえめ
努力値ACS調整
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:むしのさざめきorとんぼかえり/れいとうビーム/とびひざげりorきあいだま
選択技:ドリルライナー/どくづき/じごくづき/エレキネットorでんげきは/フェイント

蝶の舞型 

特性:ビーストブースト
性格:ひかえめ
努力値:CS252(タスキ)orCD252(Zクリスタル)
持ち物:きあいのタスキ/Zクリスタル
確定技:むしのさざめき/きあいだま/ちょうのまい
選択技:れいとうビーム/でんげきはorエレキネット/さきどり

【ダブル】アタッカー兼サポート型 

特性:ビーストブースト
性格:むじゃき/せっかち/やんちゃ/さみしがり/うっかりや/おっとり
努力値:S252 AC調整
持ち物:いのちのたま/Zクリスタル/きあいのタスキ
攻撃技:とびひざげりorけたぐりorきあいだま/とんぼがえりorとびかかるorむしのさざめき/れいとうビームorこごえるかぜ/どくづき/ドリルライナー/じごくづき/エレキネットorでんげきは/フェイント/りんしょう
補助技:ファストガード/ちょうはつ/どくどく/にらみつける/まもる


フェローチェ 


注意すべき点


 非常に高いACSにより、純粋な高速アタッカーとして機能する。高威力の格闘技、高性能の虫技に加え、れいとうビームやどくづき、ドリルライナー、でんげきは、じごくづきも習得。
 ビーストブーストやちょうのまいで更に能力を上げられると止まらない。虫や格闘に耐性のあるポケモンを出しても、ある程度の耐久がないと氷・毒・地面・電気・悪などのサブウェポンに引っかかる可能性がある。


対策方法


 紙耐久なので、4倍の飛行技はもちろん、等倍先制技でも致命傷を負う。スカーフ持ちで先制するのもよい。
 タスキ持ちに注意。ステロや砂・霰などを予め仕掛けておきたい。受けるなら高耐久のゴーストタイプ、ギルガルドブルンゲル等がオススメ。ヌケニンには採用率の低いじごくづき程度しか有効打がない。


フェローチェの歴史


第七世代


シングルバトル

 通常レギュレーション下においてはテッカニンに次いで全ポケモン中2位の素早さであり、とびひざげりの火力指数はメガミミロップ以上。素早さの種族値に関しては普通にシングルバトルで見かけるポケモンとしては最も高い。
 このことからサイクル戦全盛のこの世代の環境において例外的に使われている対面専門のポケモンとなった。先制攻撃技もカプ・テテフのサイコメイカーで封じることができるので心配が無い。
 最速の実数値223は準速こだわりスカーフ型のカプ・テテフの実数値220を超えるものである。その影響から最速フェローチェ抜きの224以上という実数値の指標ができるなど、こだわりスカーフ型全盛の環境、素早さ過剰環境を作り上げた張本人と言える。
 PGLレーティングバトル統計データからは、SMリーグシングルバトルでは、れいとうビーム、とんぼがえり、とびひざげり、どくづき、という技構成が主流であったとうかがえる。
 持ち物は基本的にきあいのタスキが使われたが、シーズン5からシーズン6にかけては執拗に襷潰しされるようになった影響からカクトウZ型が持ち物の一番手となった。
 USUMリーグシングルバトルではどくづきをドリルライナーに入れ替えるケースが多発し、SM期より広くなった技範囲を活かせるいのちのたまが一番手の座を射止めた。

ダブルバトル

 特殊アタッカーとしてこだわりスカーフカプ・テテフを一緒に並べ、自分は物理アタッカーとして役割を遂行する速攻型のコンビ「テテフェロ」が成立。
 ここにエースとなるメガリザードンYを加え、メガリザードンYの火力と技範囲で制圧する「リザテテフェロ」に仕上がるケースもざらであった。
 ただ、単純な速攻構築はトリックルームによってメタられるためアローラダブルで行われた公式大会では期待されたほどの活躍はしなかった。
 WCS2017(アローラダブル)世界大会ベスト8以内に入ったのはジュニアカテゴリベスト4に残ったアメリカ合衆国のプレイヤーのみ。
 そのジュニアカテゴリですらベスト8進出者中5人がトリパの使用者であったため、大型大会レベルの対戦で簡単に速攻を仕掛けられるポケモンであったとは言い難い面があった。


アニメのフェローチェ

f:id:KOKUBANLEMON:20190610083935j:plain


 114話に登場。登場直後にゴキブリを彷彿させる動きで高速移動し、あてどなくさまよっていたところハラの家に到着。
 突然の来訪にハラはハリテヤマで応戦するも難なく撃破されZクリスタルを奪われてしまう。どうやらZクリスタルに惹かれたようで各地のトレーナーのZクリスタルを強奪しまくった。 
 もちろんサトシ達のZクリスタルも強奪。サトシ達は応戦するも俊足に翻弄され手も足も出ないまま去られてしまう。 
 そんな折、ロケット団の元にも訪れたがここでニャースを魅了してしまう。Zクリスタル欲しさにをあれやこれやと振り回すが、最終的に献身的に尽くしたニャースを一顧だにせず切り捨て、うちひしがれた彼を見たキテルグマが大激怒。
 サトシのピカチュウすら寄せ付けぬ俊足を以てしてもキテルグマの不意を突くこともできず一方的に攻撃されダウンする。棚ボタの形となったサトシ達に捕獲された。 
 ウルトラホールに帰される際は不服そうにあっかんべーをしていた。 

─────────────────────

 以上です。これで紹介を終えます。