ラレツ!

ラレツ!

困り事への対処法に特化したブログです

【よくわかるポケモン解説】デンジュモク編

 今回のポケモン解説はデンジュモクです。

f:id:KOKUBANLEMON:20190628223803p:plain

目次

 


基本データ


全国図鑑  No.796
分類    でんしょくポケモン
英語名   Xurkitree
タイプ   でんき
種族値   H83 89 B71 C173 D71 S83
高さ    3.8m
重さ    100.0kg
特性    ビーストブースト
性別比   性別不明
卵グループ タマゴ未発見


図鑑説明


ポケットモンスターサン
ぜんしんから すさまじい でんげきを ほとばしらせる こうけいを もくげき。 なぞの せいぶつ UBの いっしゅだ。

ポケットモンスタームーン
ウルトラホールから しゅつげんした。 はつでんしょを しゅうげき したため でんきが エネルギーと おもわれる。

ポケットモンスターウルトラサン
このせかいでは いしつで きけんだが ほんらい すんでいる せかいでは ふつうに みかける せいぶつらしい。

ポケットモンスターウルトラムーン
ウルトラビーストと よばれる。 じゅもくのように じめんに てあしを さしたまま うごかないもの もいる。


耐性


4倍
なし

2倍
じめん

等倍
ドラゴン,ゴースト,どく,むし,いわ,くさ,あく,こおり,ノーマル,ほのお,かくとう,はがね,エスパー,フェアリー,みず

1/2
でんき

1/4
なし

無効
なし


容姿


 体は電気ケーブルのよう。効率的に電気を通す組織で出来ており、100万Vの電圧で放電する事ができる。 
 強く発光する特徴的な形の頭を持ち、感情が荒ぶるとそこから大量の火花が発生する。 
 身体を構成する5束のケーブルはそれぞれが両手両足と尻尾という役割になっており、一箇所から手足尾が全て直接生えているため胴体と呼べる部分が存在しない。内部の導線のようなものが手の形に剥き出しになっており、ここから強烈な電撃を放つ。
 名前の由来は「電磁力」+「樹木」+「電柱」と思われる。樹木という名前や電飾ポケモンという分類から、モデルはクリスマスツリー。英名のXurkitreeも、circuit(回路)とChristmastree(Xmastree)をかけたものになっている。 


概要


 初登場はポケモンSM。11月14日のポケモン公式の最新ゲーム映像で初公開された。ウルトラビーストと呼ばれる存在で、UB-03 LIGHTNINGというコードネームが付いている。 
 多くのでんきタイプ同様電気を主食にしているようで、放電のしすぎで電力が足りなくなるとそのコンセントのような尾や足を地面に突き刺し、大地から電気を吸い上げるという性質を持つ。 
 しかし、本来の世界でなければ十分に賄えないようで、電気を補給するために度々発電所を襲っているらしい。 
 ポケリフレでは頭をなでられると喜ぶが、尻尾をなでられると嫌がる。 


ゲームのデンジュモク

f:id:KOKUBANLEMON:20190628224020j:plain

『SM』


出現


 エンディング後に「メモリアルヒル」または「シェードジャングル」にレベル65で出現する。2体捕獲すると出現しなくなる。 
 非常に高い特攻がさらにオーラの効果で2段階上昇しており、「エレキフィールド」も覚えている為、そこから放たれる「ほうでん」は恐ろしい威力となる。 
 電気タイプ無効の地面タイプは、草物理技の「パワーウィップ」で返り討ちにされる。かねない。


攻略


 くさ技を等倍で受けられるじめんタイプならば捕まえやすい。「ひらいしん」持ちのアローラガラガラであれば、でんきタイプ技を無効にした上で「パワーウィップ」も半減させられ、なおかつ「みねうち」も覚えるので捕獲にオススメ。 


ウルトラプラント


 ウルトラワープライドで白いホールを通ると行くことができるデンジュモクの世界。ウルトラサン・ウルトラムーン両方のバージョンで行く事が可能。 
 Plantの「植物」と「工場(この場合は「発電所」か?)」を両方かけたネーミングではないかと思われる。


光景


 空を覆っている黒雲からは雷が常に降り注いでおり、大地は電気石と思わしき光る鉱石質になっている。デンジュモクにとっては最適な、電気に満ち溢れた環境となっている。
 岩場の周囲に巻きついている導線のような道では、野生のデンジュモク達が楽しそうにスキップしている。
 周囲の背景には他にも多数のデンジュモクの姿が確認でき、中には数十メートルは下らないサイズにまで成長した個体も確認できる。
 背景のデンジュモクが微動だにしないことを考えるに、彼らはある程度成長すると完全に樹木と化し動かなくなってしまうのかもしれない。 


攻略


 主人公が移動できるエリアはいくつかの黒い岩場で、導線を束ねたような形状の道が岩場と岩場を繋いでいる。歩き回るとすぐ近くに突然雷が落ちてくるので、初見はヒヤリとさせられるかもしれない。 
 進んだ先にいる1体のデンジュモクに話しかけると、落ちてきた雷を浴びたデンジュモクがその場から動き出し戦闘に突入する。ここで戦う個体のレベルは60。 


オマケ


 光っている端の岩を調べるとかみなりのいしがいくつか拾えることが判明。ライドポケモンは基本的に呼べず、隠しアイテムを探すムーランドライドも呼べないので、初見では非常に気付きにくい。 


対戦のデンジュモク

f:id:KOKUBANLEMON:20190628224208p:plain

能力


 173と特攻の数値が恐ろしく高く、禁止級やメガシンカを除くとブッチギリの1位である。禁止級やメガ進化を含めても6位。
 一方でその他の能力は満遍なく、良くも悪くも非常に平凡な値になっている。 


特性


 「ビーストブースト」は相手ポケモンを1体倒す事で、一番高い能力が更に上昇する。デンジュモクの場合、正規の手段で入手可能な個体では絶対に特攻以外を上げられない。


オススメ技


特殊技


かみなり
タイプ でんき
威力  110(165)
命中  70
備考  相手麻痺30%

10まんボルト
タイプ でんき
威力  90(135)
命中  100
備考  相手麻痺10%

ほうでん
タイプ でんき
威力  80(120)
命中  100
備考  相手麻痺30%

ボルトチェンジ
タイプ でんき
威力  70(105)
命中  100
備考  攻撃後自分交代

エナジーボール
タイプ くさ
威力  90
命中  100
備考  相手特防↓10%

くさむすび
タイプ くそ
威力  20~120
命中  100

マジカルシャイン
タイプ フェアリー
威力  80
命中  100

シグナルビーム
タイプ むし
威力  75
命中  100
備考  相手混乱10%

めざめるパワー
候補タイプ こおり,ほのお,じめん
威力    60
命中    100


変化技


ほたるび
タイプ むし
効果  特攻↑↑↑

さいみんじゅつ
タイプ エスパー
効果  相手を眠らせる
命中  60

エレキフィールド
タイプ でんき
効果  5ターンエレキフィールドを張る

みがわり
タイプ ノーマル
効果  HP1/4消費してみがわりを生み出す


Zワザ


スパーキングギガボルト
元の技 10まんボルト
威力  175(262)
元の技 かみなり
威力  185(277)
元の技 でんじほう
威力  190(285)

Zエレキフィールド
元の技 エレキフィールド-
効果  素早さ↑、エレキフィールドを張る

ブルームシャインエクストラ
元の技 エナジーボール
威力  175
元の技 ソーラービーム
威力  190

ラブリースターインパク
元の技 マジカルシャイン
威力  160

Zさいみんじゅつ
元の技 さいみんじゅつ
効果  素早さ↑、相手を眠らせる

Zあまごい
元の技 あまごい
効果  素早さ↑、5ターン雨を降らせる


テンプレート型


特殊アタッカー型 

特性:ビーストブースト
性格:おくびょう/ひかえめ
努力値:CS252
持ち物:こだわりメガネ/じしゃく/いのちのたま/きあいのタスキ/ふうせん/とつげきチョッキ/シュカのみ
確定技:10まんボルトorボルトチェンジ(両立可)
選択技:くさむすびorエナジーボール/マジカルシャイン/めざめるパワー(炎or氷or地)ほたるび/みがわり

Zさいみんじゅつ型 

特性:ビーストブースト
性格:おくびょう/ひかえめ
努力値:CS252
持ち物:エスパーZ
確定技:10まんボルト/さいみんじゅつ/ほたるび
選択技:エナジーボール/マジカルシャイン/めざめるパワー(炎or氷or地)

Zエレキフィールド型 

特性:ビーストブースト
性格:おくびょう/ひかえめ
努力値:CS252
持ち物:デンキZ
確定技:10まんボルトorかみなり/エレキフィールド
選択技:エナジーボールorくさむすび/マジカルシャイン/めざめるパワー(炎or氷or地)/ほたるび

スカーフ型 

特性:ビーストブースト
性格:おくびょう/ひかえめ
努力値:CS252
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:10まんボルト
優先技:ボルトチェンジ
選択技:くさむすびorエナジーボール/マジカルシャイン/めざめるパワー(炎or氷or地)


デンジュモク 


注意すべき点


 一般最強クラスの電気特殊火力。積みの起点とS上昇を兼ねるさいみんじゅつを覚え、そこからほたるびを積まれると電気半減程度では到底受けられない。相性補完の草技、フェアリー技も完備。
 一度でもビーストブーストが発動するとデンジュモクより速いポケモンがいないとあっという間に全抜きされてしまう。


対策方法


 まずは強力な電気技を封じること。地面タイプの他、ちくでんやひらいしんなど電気無効特性でもよい。
 その他のポケモンの場合、ラムカゴでのさいみんじゅつ無効化、きあいのタスキで耐えての反撃、こだわりスカーフでの奇襲が有効。

アローラガラガラ

 メインの電気を無効、サブの草・氷・フェアリーを半減以下で受けられるは対策の筆頭。
 ほたるびやビーストブーストを積まれていなければ抜群めざパでも一撃で落とされることはなく、返しのフレアドライブで確1にできる。

エレキブル

 でんきエンジンで電気技を無効化しつつ素早さを上げてからのじしんで乱1。また、さいみんじゅつはエレキフィールドミストフィールドでシャットアウトできるが、後出しが効かない。

エレキフィールド(カプ・コケコ)

 電気半減だが、エレキフィールドの電気強化効果により半減10まんボルトで確2にされる。

ミストフィールドカプ・レヒレ

 電気弱点なので簡単に確2が取られる。


デンジュモクの歴史


第七世代


『SM』期

シングルバトル

 異常に高い特攻を持っているが、ガブリアスランドロスマンムーが跋扈していたため、環境を揺るがすほどの活躍は無かった。
 しかし、Zさいみんじゅつやほたるびなどを活かせば全抜きも現実的に起こり得るため、レート2100を超える上位構築にエントリーされることもあった。
 PGLレーティングバトル統計データからは10まんボルト、めざめるパワー、エナジーボール、ほたるびorさいみんじゅつが主流技構成であったとうかがえる。
 性格はおくびょう、ひかえめが半々程度。初期のシーズンではエスパーZ型が主流であり、シーズン5あたりからデンキZによる瞬間火力型がメインとなった。

『USUM』

シングルバトル

 教え技にシグナルビーム程度しか強化技が無く、相対的に弱体化。初期には80族を抜ける素早さからこだわりスカーフ型が20%強存在していたが、シーズン12あたりになると20%弱程度になった。

大会実績

 2019年1月下旬に開催された単タイプ限定戦のインターネット大会『シンプルシンフォニー』では使用率5位を記録。


アニメにおけるデンジュモク

f:id:KOKUBANLEMON:20190628224801j:plain

SM編第78話で初登場。

─────────────────────
 以上です。これで紹介を終えます。