ラレツ!

ラレツ!

困り事への対処法に特化したブログです

【よくわかるポケモン解説】ドデカバシ編

 今回のポケモン解説はドデカバシです。

f:id:KOKUBANLEMON:20190707161305p:plain

目次

 


基本データ


全国図鑑  No.733
分類    おおづつポケモン
英語名   Toucannon
タイプ   ノーマル ひこう
種族値   H80 A120 B75 C75 D75 S.60
高さ    1.1m
重さ    26.0kg
特性    するどいめ / スキルリンク / ちからずく(隠れ特性)
性別比   ♂50.0%:♀50.0%
卵グループ ひこう


進化


ツツケラ → ケララッパ(Lv14) → ドデカバシ(Lv28)

kokubanlemon.hatenablog.com

kokubanlemon.hatenablog.com

図鑑説明


ポケットモンスターサン
クチバシを はつねつさせ たたかう。 そのおんどは 100どを ゆうに こえ つかれるだけで おおやけど。

ポケットモンスタームーン
たいないの ガスを クチバシの なかで ばくはつさせ きのタネを はっしゃ。 おおいわも こなごなにする パワー。

ポケットモンスターウルトラサン
なかまと クチバシの たたきあわせて コミュニケーション。 たたく つよさや かいすうで きもちを つたえあう。

ポケットモンスターウルトラムーン
つがいが なかむつまじいことで しられる。 えんぎもの の かわりに けっこんしきに つれて こられる。


耐性


4倍
なし

2倍
でんき,いわ,こおり,

等倍
ノーマル,かくとう,ドラゴン,ほのお,みず,あく,エスパー,はがね,フェアリー,どく,ひこう,

1/2
くさ,むし

1/4
なし

無効
ゴースト,じめん


容姿


 モチーフはオオハシ(カラーリングはおそらくオニオオハシ)。今までの序盤鳥に比べ、進化前とのギャップが激しい。
 進化前がどちらもぱっちりとした可愛い目付きだったのに対し、急にジトっとした感じの険しい目付きになる。
 名前の由来はそのまま「ドデカい+オオハシ+クチバシ」。


元ネタ?


 モデルとなったオニオオハシは、『胡椒しか食べないせいで異常なほど体温が高い』という迷信が発見当初囁かれていた。
 結局その話はデマだったが、クチバシを使って体内の熱を放熱するという話は近年の研究で分かった事実である。 


概要


 『ポケモンSM』における所謂序盤鳥・ツツケラの最終進化形。 
 湾曲した巨大な虹色のクチバシが特徴的だが、戦闘時はこれを真っ赤に発熱させる。その最高温度は100度を優に超え、突かれるだけで大火傷するほど。温度調節も可能なようで、アニメではクチバシを使ってタマゴを温めていた。 
 進化前の種を飛ばす習性も健在であり、体内ガスをクチバシで爆発させながら飛ばすことで大岩をも粉砕する。「おおづつ(大筒)」ポケモンという分類や、英名の"Toucannon"の名に相応しい威力を有している。 


ゲームのドデカバシ

f:id:KOKUBANLEMON:20190707161559j:plain

 過去の二進化する序盤鳥達とは違い、この種族は最終進化形への必要レベルが30に満たない。
 シナリオ攻略においては非常に頼りになるポケモンである。ライドポケモンの登場により秘伝技が不要となったためそらをとぶ要員を連れる必要はなくなったが、それでも育てておけば大活躍してくれるだろう。 

 

生息地・出現場所


『USUM』


• 11番道路(ケララッパ呼出)
• ポニの樹林(ケララッパ呼出)
• ポニの広野(D)(ケララッパ呼出)
• ポニの広野(A)(ケララッパ呼出)
• ポニの広野(B)(ケララッパ呼出)
• ポニの広野(C)(ケララッパ呼出)


『SM』


なし


対戦のドデカバシ

f:id:KOKUBANLEMON:20190707161655g:plain

能力


 全体的にHPと攻撃面が大きく上昇。特に攻撃はムクホークと並び序盤鳥1位タイという高さを誇る。 
 一方、素早さは大幅に下がってしまった。


特性


 「スキルリンク」は連続攻撃技を必ず最高まで撃てるようになる。
 「するどいめ」は相手の回避率を無視して攻撃できる。
 隠れ特性は「ちからずく」。追加効果のある技の威力が、追加効果がでない代わりに1.3倍になる。また、命の珠の反動も、追加効果持ちの技を使用した際は無視される。


くちばしキャノン


 進化と同時に覚える専用技。必ず後攻になる(優先度-3)反面、威力・命中共に100という優秀な技である。 


発動までの流れ


 まず、ターンの始めに(受けている麻痺・混乱等による行動判定の有無を問わず)クチバシを加熱させて発射体勢に移る(優先度+6)。 
 その後、(優先度-3以上の)攻撃が全て終わってから弾を発射する。また、加熱状態の時に直接攻撃してきた相手をやけど状態にする。 


注意点


 特性「ぼうだん」を持つポケモンにはダメージを与えられない。ただし、やけどにさせる効果は打ち消されないので、無駄撃ちに終わることは少ない。 


オススメ技


物理技


ブレイブバード
タイプ ひこう
威力  120(180)
命中  100
備考  反動1/3

くちばしキャノン
タイプ ひこう
威力  100(150)
命中  100
備考  優先度-3

ドリルくちばし
タイプ ひこう
威力  80(120)
命中  100

ゴッドバード
タイプ ひこう
威力  140(210)
命中  90
備考  相手怯み30%。急所ランク+1

おんがえし
タイプ ノーマル
威力  102(153)
命中  100

タネマシンガン
タイプ くさ
威力  25*2~5
命中  100
備考  非接触

ロックブラスト
タイプ いわ
威力  25*2~5
命中  90

とんぼがえり
タイプ むし
威力  70
命中  100
備考  使用後自分交代

ニトロチャージ
タイプ ほのお
威力  50
命中  100
備考  自分素早↑100%

ダストシュート
タイプ どく
威力  120
命中  80
備考  相手毒30%

はたきおとす
タイプ あく
威力  65→97
命中  100
備考  相手持ち物排除


特殊技


ばくおんぱ
タイプ ノーマル
威力  140(210)
命中  100
備考  みがわり貫通

オーバーヒート
タイプ ほのお
威力  130
命中  90
備考  自分特攻↓↓

ねっぷう
タイプ ほのお
威力  95
命中  90
備考  相手火傷10%

ラスターカノン
タイプ はがね
威力  80
命中  100
備考  相手特防↓10%


変化技


おいかぜ
タイプ ひこう
効果  3ターン味方の素早さ倍増

はねやすめ
タイプ ひこう
効果  HP1/2回復
備考  耐性変化

フェザーダンス
タイプ ひこう
効果  相手攻撃↓↓
命中  100

つるぎのまい
タイプ ノーマル
効果  自分攻撃↑↑


テンプレート型


基本型 

特性:スキルリンク/ちからずく
性格:いじっぱり/やんちゃ/ようき/むじゃき/ゆうかん
努力値:A252 CS調整 残り耐久
持ち物:こだわりハチマキ/いのちのたま/とつげきチョッキ/Zクリスタル
確定技:ブレイブバードorくちばしキャノンorドリルくちばし
優先技:タネマシンガン/ロックブラスト(スキルリンク) ダストシュート/ねっぷう(ちからずく)
攻撃技:おんがえしorばくおんぱ/とんぼがえり/ニトロチャージ/オーバーヒートorねっぷう/ダストシュート
補助技:おいかぜ/はねやすめ/つるぎのまい/フェザーダンス

スカーフ型 

特性:スキルリンク
性格:ようき/むじゃき
努力値:AS252/AC調整S252
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:ブレイブバード/タネマシンガン/ロックブラスト
選択技:とんぼがえり/オーバーヒート/おんがえし

物理受け型 

特性:スキルリンク/ちからずく
性格:わんぱく/のんき
努力値:HB252ベース
持ち物:ゴツゴツメット/たべのこし/オボンのみ
確定技:くちばしキャノン/はねやすめ
攻撃技:とんぼがえり/タネマシンガン/ロックブラスト/ばくおんぱ/オーバーヒートorねっぷう/はたきおとす
変化技:どくどく/フェザーダンス


ドデカバシ 


注意すべき点


 高い攻撃種族値からの一致ブレイブバードスキルリンクによる実質威力125の草・岩技もサブウェポンに持つ。
 これらの攻撃技を全て半減することができるはがねに対してもオーバーヒートを撃てるため、安易な受け出しを許さない。
 素早さは低めだが、ニトロチャージを覚えるので油断は禁物。くちばしキャノンで物理アタッカーを牽制しつつ、おいかぜやフェザーダンスによるサポートに回ることも。


対策方法


 耐久は並程度。弱点も電気・氷・岩とメジャーで、非接触技が多いためくちばしキャノンも怖くない。最速スカーフでも115族抜きが限界なので、それよりも速いでんきタイプの特殊技で攻めるのが最安定。


ドデカバシの歴史


第七世代


『SM』期

 くちばしキャノンで起点を作りながら削りを入れ、連続攻撃技できあいのタスキアタッカーを沈めるこだわりハチマキアタッカーとして一定数使われるようになった。
 例として特性がへんげんじざいのおくびょうゲッコウガれいとうビームは、特防に努力値を252、HPに4振ったドデカバシに最大乱数で96.1%のダメージを与える。
 そのドデカバシの性格がいじっぱり、特性がスキルリンクで、こだわりハチマキを持っていれば、前述のゲッコウガがHP4振りという前提においては、最低乱数で20.9%×5発ヒット=104.5%のダメージ。
 PGLレーティングバトル統計データからは、シングルバトルではタネマシンガン、ロックブラスト、くちばしキャノン、とんぼがえりが主流技構成であるとうかがえる。持ち物は連続攻撃技の火力を底上げするこだわりハチマキ、ブレイブバードの瞬間火力を上げるヒコウZ、いのちのたまが好まれた。
 性格はいじっぱり、わんぱく、ゆうかんが好まれた。おもな役割対象はハッサムミミッキュであり、実際ミミッキュに関しては(ミミッキュが使用率1位を不動のものとしている前提だが)多くのシーズンで倒したポケモン1位にランクインしている。
 単体でもそこそこ強いが、やけどをくちばしキャノンで撒いてからヤドランで物理を受けつつトリックルームを放ち、アローラガラガラで全抜きを狙う「ドデカヤドガラ」という構築でも強みがあり、一定数使われた。

『USUM』期

 教え技としてはたきおとす、ダストシュートを獲得。これにより、とんぼがえりの枠をそれらの内のどちらかに替えるケースが増えた。また、耐久合戦、サイクル戦の加速を受けてとつげきチョッキ型が主流化。


ポケモンの家集まる?』のドデカバシ

f:id:KOKUBANLEMON:20190707162123j:plain

 TV番組『ポケモンの家集まる?』に登場したサンシャイン池崎はこのポケモンの愛好家。(父親の名前を冠した)「カツオ」というニックネームのドデカバシを使ってポケモンバトルをしている。 
 タイプ相性を理解出来ていない等の初歩的ミスをやらかすことがあるものの、対戦回数を重ねる度にドデカバシ(とその仲間達)の扱いが上手くなっていき、現在はそれなりに強いポケモントレーナーになっている。 


アニメのドデカバシ

f:id:KOKUBANLEMON:20190707210754j:plain

CV:石塚運昇 


初登場


 ゲームでは前情報がなかったポケモンにもかかわらず、4話というかなり早い段階でモクローの育ての親というそこそこ重要なポジションで登場する。 
 ドデカバシが孵したタマゴから生まれたツツケラたちの中になぜかモクローが紛れ込んでおり、そのまま一緒に育てられた。後にサトシのことを気に入ったモクローの気持ちを汲み取り、彼と共に旅に出るよう促し見送った。 


再登場


 第18話でアローラシチューに必要な「やまぶきのみつ」を探すマオのため、ぱちぱちスタイルのオドリドリがどこにいるかモクローが里帰りして訪ねる場面で再登場を果たしている。 


主な使用トレーナー


カヒリ/四天王(アローラ)

─────────────────────

 以上です。これで紹介を終えます。