ラレツ!

ラレツ!

困り事への対処法に特化したブログです

【よくわかるポケモン解説】ナゲツケサル編

 今回のポケモン解説はナゲツケサルです。

f:id:KOKUBANLEMON:20190715205813p:plain

目次

 


基本データ


全国図鑑  No.766
分類    れんけいポケモン
英語名   Passimian
タイプ   かくとう
種族値   H100 A120 B90 C40 D60 S80
高さ    2.0m
重さ    82.8kg
特性    レシーバー / まけんき(隠れ特性)
性別比   ♂50.0%:♀50.0%
卵グループ りくじょう


図鑑説明


ポケットモンスターサン
20ぴきぜんごの グループを つくる。 そのけっそくは ひじょうに かたく ぜったい なかまを みすてない。

ポケットモンスタームーン
かたい きのみを つかい たたかう。 そのテクニックは だいだいの ボスから グループの なかまに うけつがれる。

ポケットモンスターウルトラサン
だえきを つかって はっぱを かたに はりつけて マーキング。 はっぱの はいちで どの むれか わかるよ。

ポケットモンスターウルトラムーン
きのみは ぶきで あり しゅしょく。 むれの なかで 1ばん とおくまで きのみを なげられるものが ボスだ。


耐性


4倍
なし

2倍
ひこう,エスパー,フェアリー

等倍
ほのお,みず,くさ,でんき,はがね,ドラゴン,ノーマル,ゴースト,じめん,こおり,どく,かくとう

1/2
むし,いわ,あく

1/4
なし

無効
なし


容姿


 モチーフはキツネザルマンドリル、そしてアメフト。攻撃モーションはまさにアメフトのそれである。登場シーンも実にアクロバティック。
 「投げつける」と「猿」という安直かつストレートな名前のポケモン。だが何気にファイアローフラージェスと違って発音も6文字分ある。 


概要


 初登場はポケモンSM。森で20~30匹ほどの群れで暮らし、ボスのナゲツケサルが群れを識別するためにその群れのマークを決める。その絆は非常に固く、決して仲間同士で裏切ることはないと言う。 
 連携プレーが得意で硬い木の実を投げつけたり、木の実をパスして撹乱することもある。また柔らかい木の実を投げて目眩しをすることもできる。
 この連携プレーはボスが訓練して身につけさせるもの。かなりハードで、逃げ出すナゲツケサルもいるらしい。 
 またトレーナーに対し、投げ方を見て資質を見極めており、投げ方が悪いトレーナーの言うことは全く聞かない。 


ゲームのナゲツケサル

f:id:KOKUBANLEMON:20190715210046j:plain

 『サン』バージョンのみに登場するポケモンで、『ムーン』に登場するヤレユータンとは対になっている。 


共通の入手方法


 2019年3月28日~10月31日に『ポケモンバンク』にサンムーン・ウルトラサンムーンからアクセスすると、隠れ特性『まけんき』のナゲツケサルをもらえる(イベント配布)


生息地・出現場所


『USUM』


• シェードジャングル(サン)
• シェードジャングル(動く草むら)(サン)


『SM』


• シェードジャングル(サン)


隠れ特性


 仲間呼びでやってくるのは何故かケララッパ。このせいで実は通常プレイで隠れ特性が手に入らない。 
 長らく隠れ特性「まけんき」が解禁されなかったが、2019年3月28日にポケモンバンクにてヤレユータンとともに遂に解禁された。 


対戦のナゲツケサル

f:id:KOKUBANLEMON:20190715210408p:plain

能力


 攻撃が120・HPが100・防御が90と物理方面に長ける。やや高めの素早さ80もなかなか魅力。 
 反面特殊方面は特攻40、特防60と弱い。ただバランス自体はそこまで酷くなく、むしろ使いやすくなおかつ安定している。 


特性


 「レシーバー」は戦闘不能になった味方の特性を引き継ぐ。倒した敵の特性をコピー出来るわけではないのでダブル・トリプル前提となる。
 隠れ特性は「まけんき」。能力が下降するたびに攻撃が2段階上がる


オススメ技


物理


インファイト
タイプ かくとう
威力  120(180)
命中  100
備考  相手防御・特防↓

ドレインパンチ
タイプ かくとう
威力  75(112)
命中  100
備考  HP吸収

かわらわり
タイプ かくとう
威力  75(112)
命中  100
備考  壁破壊

きしかいせい
タイプ かくとう
威力  20~200(30~300)
命中  100

いわなだれ
タイプ いわ
威力  75
命中  90
備考  相手怯み30%。ダブルで相手全体攻撃

がんせきふうじ
タイプ いわ
威力  60
命中  95
備考  相手素早↓100%

じしん
タイプ じめん
威力  100
命中  100

アイアンヘッド
タイプ はがね
威力  80
命中  100
備考  相手怯み30%

ダストシュート
タイプ どく
威力  120
命中  80
備考  相手毒30%

はたきおとす
タイプ あく
威力  65→97
命中  100
備考  相手道具使用不能

ぶんまわす
タイプ あく
威力  60
命中  100
備考  ダブルでは周囲全体攻撃

なげつける
タイプ あく
威力  不定
命中  100
備考  持ち物によって効果変わる

とんぼがえり
タイプ むし
威力  70
命中  100
備考  攻撃後自分交代

フェイント
タイプ ノーマル
威力  30
命中  100
備考  優先度+2。ダブルではまもる解除


特殊技


タネばくだん
タイプ くさ
威力  80
命中  100

エレキネット
タイプ でんき
威力  55
命中  95
備考  相手素早さ↓100%


変化技


ちょうはつ
タイプ あく
効果  相手の変化技を封じる
命中  100

みがわり
タイプ ノーマル
効果  HP1/4消費してみがわりを生み出す

ファストガード
タイプ かくとう
効果  先制技を防ぐ
備考  ダブル用


テンプレート型 


物理アタッカー型 

特性:まけんき
性格:ようき/いじっぱり
努力値:A252 S252orS調整 残りH
持ち物:こだわりスカーフ/こだわりハチマキ/きあいのタスキ/いのちのたま/たつじんのおび/Zクリスタル
確定技:インファイト
攻撃技:じしん/いわなだれ/はたきおとす/ダストシュート/アイアンヘッド/とんぼがえり/がむしゃら
補助技:ちょうはつ/ビルドアップ

【ダブル】レシーバー型 

性格:ようき/いじっぱり
特性:レシーバー
努力値:A252 S252orS調整 残りH
持ち物:こだわりスカーフ/こだわりハチマキ/いのちのたま/たつじんのおび/Zクリスタル
攻撃技:インファイト/ドレインパンチ/じしん/いわなだれ/アイアンヘッド/とんぼがえり/フェイント/エレキネット
補助技:まもる/ファストガード/ちょうはつ/よこどり


ナゲツケサル 


注意すべき点


 物理方面に優れたアタッカー。相性補完のサブウェポンも豊富。ダブルではレシーバーを活かして様々なコンボを仕掛けてくる。


対策方法


 特殊技で弱点を突く。物理アタッカーなのでおにびやでんじは、ゴツゴツメットも有効。ただしいかくは逆効果なので注意。
 ダブルではレシーバー発動前に倒したいが、相方への攻撃が手薄になる恐れも。ハイパーボイスマジカルシャイン等の全体攻撃技があると良い。


ナゲツケサルの歴史


第七世代


『SM』期

ダブルバトル

 ほろびのうたを放ったメガゲンガーや、後続のゴチルゼルのかげふみをコピーする「レシーバー影踏み」型がメインであった。メガゲンガーゴチルゼルが苦手とするあくにインファイトが刺さるのが利点であった。
 もし「レシーバー影踏み」型にするなら、インファイト、まもる、みがわり、ファストガードという技構成にして、オボンのみを持たせるのが基本。その場合、性格は上からみがわりを張れるようきがベスト。

『USUM』期

ダブルバトル

 普及した準伝説や完全解禁されたメガシンカポケモンとの基礎スペックの差が出て、レシーバー型は通用しなくなる。
 隠れ特性まけんきが解禁されると、シーズン14以降のダブルバトルで使用されるようになった。
 まけんき型として使用する場合、インファイト、ダストシュート、はたきおとす、まもるが主流技構成で、性格はようきがメイン。持ち物は高い物理耐久を活かしたフィラのみ、特殊耐久を補完できるとつげきチョッキが中心。


アニメにおけるナゲツケサル

f:id:KOKUBANLEMON:20190715210740j:plain

SM編第64話で初登場。

─────────────────────

 以上です。これで紹介を終えます。