ラレツ!

ラレツ!

困り事への対処法に特化したブログです

【よくわかるポケモン解説】バクガメス編

 今回のポケモン解説はバクガメスです。

f:id:KOKUBANLEMON:20190731204216p:plain

目次

 


基本データ


全国図鑑  No.776
分類    ばくはつがめポケモン
英語名   Turtonator
タイプ   ほのお ドラゴン
種族値   H60 A78 B135 C91 D85 S36
高さ    2.0m
重さ    212.0kg
特性    シェルアーマー
性別比   ♂50.0%:♀50.0%
卵グループ 怪獣 / ドラゴン


図鑑説明


ポケットモンスターサン
せなかの こうらは ばくはつぶつ。 うっかり なぐれば だいばくはつ。 おなかの あなが じゃくてん。

ポケットモンスタームーン
はなの あなから ほのおや どくガスを ふく。 フンは ばくはつぶつで いろんな つかいみちが ある。

ポケットモンスターウルトラサン
かざんに すみ いおうや こうぶつを くっている。 くったエサの せいぶんが ばくはつする こうらの もとに なる。

ポケットモンスターウルトラムーン
ばくはつする こうらは やっかいだが しっけに よわい。 あめの ひは どうくつのおくで じっと している。


耐性

 

4倍
なし

2倍
じめん,いわ,ドラゴン

等倍
こおり,みず,ひこう,ノーマル,どく,かくとう,ゴースト,フェアリー,あく,エスパー

1/2
むし,でんき,はがね

1/4
くさ,ほのお

無効
なし


初登場


 ポケモンSMで、海外での情報でその存在を確認されたポケモン。国内では公式Twitterで夜中に公開された。 


容姿


 河童と亀を足して2で割ったようなビジュアル。名前の由来は厳密には不明。「爆発」+「亀」+「カメックス」などのアナグラムに怪獣らしさを加えた可能性はある。 
 詳細判明当初はデザイン、種族名を酷評する声もあった。ストローのような鼻や甲羅の形状から、モチーフはマタマタと判断できる。 


概要


 コータスとは近縁種で、異なる進化・適応を経た存在。生息地の火山地帯で摂取した、爆発性のある硫黄を表面に含むトゲトゲしい甲羅が特徴であり、衝撃を受けると甲羅が引火し大爆発を起こすという、戦車に使われるリアクティブアーマーのような性質を持つ。 
 狩りの際も岩に擬態し、獲物が自分の所に来たところで尻尾で甲羅を叩き大爆発を起こす事で獲物を仕留める事ができる。 
 腹の穴は爆風を逃がすための通気口であるが急所でもあり、そこを攻撃されると大ダメージを受けてしまう。その弱点をカバーしつつ前述の能力を活かすために、クチートと同様常に後ろを向いて戦うスタイルを取る。 


元ネタ


 炸裂する灼熱の糞を出すという生態と、亀型のドラゴンという点から、元ネタはタラスクやペルーダである可能性が有力。
 亀とドラゴンは一見すると関連性が薄く見えるが、ガルグイユや龍亀、玄武など、亀と龍の繋がりを体現した存在は少なくない。 


ゲームのバクガメス

f:id:KOKUBANLEMON:20190731204534j:plain

 ジジーロンと対の関係になっているため、「サン」バージョンのみで登場する。『ウルトラサン』及び『サン』ではホテリ山に出現する。


対戦のバクガメス

f:id:KOKUBANLEMON:20190731204604p:plain

タイプ


 レシラム、メガリザードンXと同じだが、一般のポケモンが持っているのはバクガメスが初。
 ほのお・ドラゴンの複合は半減・無効にされにくく、ドラゴンタイプでありながらこおりタイプと大幅に種類が増えたフェアリータイプを等倍に抑えるなど耐性も優秀。 


能力


 合計種族値は485。亀のような見た目通り防御が飛び抜けて高く、素早さはかなり低い。 
 攻撃のステータスはやや低めで、特攻がややある程度。そのため「りゅうのはどう」などをベースにした特殊型として使うのが好ましい。 


特性


 「シェルアーマー」は自分への攻撃が急所に当たらなくなる。第二特性も隠れ特性もないため、強特性が跋扈するなかで実質特性なしなのは厳しい。


オススメ技


特殊技


オーバーヒート
タイプ ほのお
威力  130(195)
命中  90
備考  自分特攻↓↓

だいもんじ
タイプ ほのお
威力  110(165)
命中  85
備考  相手火傷10%

ねっぷう
タイプ ほのお
威力  95(142)
命中  90
備考  相手火傷10%。ダブルで相手全体攻撃

かえんほうしゃ
タイプ ほのお
威力  90(135)
命中  100
備考  相手火傷10%

ほのおのうず
タイプ ほのお
威力  35(52)
命中  85
備考  拘束ダメ

りゅうせいぐん
タイプ ドラゴン
威力  130(195)
命中  90
備考  自分特攻↓↓

りゅうのはどう
タイプ ドラゴン
威力  85(127)
命中  100

ラスターカノン
タイプ はがね
威力  80
命中  100
備考  相手特防↓10%

きあいだま
タイプ かくとう
威力  120
命中  70
備考  相手特防↓10%

ソーラービーム
タイプ くさ
威力  120
命中  100
備考  溜め攻撃

でんげきは
タイプ でんき
威力  60
命中  必中

チャージビーム
タイプ でんき
威力  50
命中  90
備考  自分特攻↑70%

めざめるパワー
候補タイプ こおり,じめん
威力    60
命中    100


専用技「トラップシェル」について


トラップシェル
タイプ ほのお
威力  150(225)
命中  100
備考  優先度-3。ダブルで相手全体攻撃

 威力は非常に高いが、「強制後攻」かつ「物理技(非接触も含む)でダメージを受けないと発動せず」、「バクガメスが倒れると不発」なので使い所が難しい。
 シングルでは活かしにくいが、ダブルでは強力な全体攻撃となり、物理耐久の高さから相手の全体物理技(特にじしん)読みで発動させやすい。
 なお特性ちからずくポケモンによるちからずく対象内の技を受けると無効化される。一応注意。


物理技


げきりん
タイプ ドラゴン
威力  120(180)
命中  100
備考  行動固定

ドラゴンクロー
タイプ ドラゴン
威力  80(120)
命中  100

ドラゴンテール
タイプ ドラゴン
威力  60(90)
命中  90
備考  優先度-6。相手交代

ニトロチャージ
タイプ ほのお
威力  50(75)
命中  100
備考  自分素早↑100% 

じしん
タイプ じめん
威力  100
命中  100

もろはのずつき
タイプ いわ
威力  150
命中  80
備考  反動1/2

ストーンエッジ
タイプ いわ
威力  100
命中  80
備考  急所ランク+1

がんせきふうじ
タイプ いわ
威力  60
命中  95
備考  相手素早↓100%

リベンジ
タイプ かくとう
威力  60/120
命中  100
備考  優先度-4

じたばた
タイプ ノーマル
威力  20~200
命中  100

だいばくはつ
タイプ ノーマル
威力  250
命中  100
備考  使用後自分瀕死


変化技


からをやぶる
タイプ ノーマル
効果  自分攻撃・特攻・素早さ↑↑
備考  自分防御・特防↓

てっぺき
タイプ はがね
効果  自分防御↑↑

どくどく
タイプ どく
効果  相手をもうどく状態にする
命中  90

おにび
タイプ ほのお
効果  相手をやけどにする
命中  85

ちょうはつ
タイプ あく
効果  相手の変化技を封じる
命中  100

ねむる
タイプ エスパー
効果  HP・状態異常回復
備考  眠る

ワイドガード
タイプ いわ
効果  全体技を防ぐ
備考  ダブル用


テンプレート型


基本アタッカー型 

特性:シェルアーマー
性格:ひかえめ/れいせい
努力値:HC252
持ち物:とつげきチョッキ/各種Zクリスタル/こだわりメガネ/たつじんのおび/ふうせん/いのちのたま
確定技:オーバーヒートorだいもんじorかえんほうしゃ/りゅうせいぐんorりゅうのはどう
選択技:じしん/ストーンエッジorがんせきふうじ/きあいだま

からをやぶる型 

特性:シェルアーマー
性格:おくびょう/むじゃき/せっかち
努力値:CS252
持ち物:Zクリスタル/いのちのたま/ふうせん/じゃくてんほけん
確定技:からをやぶる/だいもんじorかえんほうしゃ/りゅうのはどう
選択技:りゅうせいぐん/めざめるパワー(地)orじしん/ラスターカノン/ソーラービーム/もろはのずつき

【ダブル】トラップシェル搭載型 

特性:シェルアーマー
性格:ひかえめ/ずぶとい/れいせい
努力値:HC252ベース
持ち物:じゃくてんほけん/シュカのみ/たべのこし/ウイのみ/Zクリスタル/しろいハーブ
確定技:トラップシェル
優先技:りゅうのはどうorりゅうせいぐん/まもる
選択技:オーバーヒートorだいもんじorかえんほうしゃ/ソーラービーム/きあいだま/じしん/ワイドガード/ちょうはつ/どくどく


バクガメス 


注意すべき点


 メイン・サブ共に高威力・広範囲。からをやぶるで抜き性能を高められる。高い防御と専用技トラップシェルを持ち、物理アタッカーでは攻めにくい。


対策方法


 上から特殊技で叩くか、ちょうはつを撃ってからをやぶるを封じる。素の攻撃・特攻は低いので、他の積みアタッカーほどの脅威は無い。
 たとえからをやぶるを使われても、1積みでは最速ベースでも122族までしか抜けない。スカーフガブリアスカプ・テテフなどのポケモンで死に出しから縛ることは容易。


バクガメスの歴史


第七世代


『SM』期

 専用技のトラップシェルがシングルバトルでは使い物にならない。結局、バクガメス入りのパーティがレート2000以上を達成したという報告はなかった。
 PGLレーティングバトル統計データからは、シングルバトルではりゅうのはどう、からをやぶる、かえんほうしゃorだいもんじソーラービームが主流技構成であったとうかがえる。
 ソーラービームは一致メインウエポン両方を半減以下に抑えるカプ・レヒレへの有効打である。性格はからをやぶるを積んだ後に上から相手を叩けるおくびょうが、持ち物はソーラービームZワザ化できるクサZが好まれた。

『USUM』期

 教え技としてでんげきは、がむしゃらを獲得。USUMリーグでも大まかな構成は変わっていなかったが、シーズン11あたりからカプ・コケコ、ヒードランへの打点としてじしんが搭載されることが多くなった。じしん搭載の両刀型なら火力に下降補正がかからないれいせいが好まれる。


アニメのバクガメス

f:id:KOKUBANLEMON:20190731205042j:plain

CV:三宅健太 


初登場


 『サン&ムーン』1話目より登場。カキのパートナーで、絡んできたスカル団のしたっぱ達とバトルする際に登場。
 したっぱ達が繰り出してきたヤングースズバット逹を背中の甲羅の爆発で圧倒する。さらにほのおタイプのZ技「ダイナミックフルフレイム」を発動し、スカル団ポケモン達を纏めて撃退した。 


戦闘力


 バトルの実力はかなり高い事が判断できる。大試練を受けた際には、Zワザを使えない状態で、相性の悪いいわタイプ使いのライチのポケモンに勝利した。


性格


 すぐ熱くなりすぎるカキに振り回されながらも、空回りの多い彼を心配そうな目で見守ったり、自身の甲羅の上で飛び跳ねるホウ&スイに対して困りながらもじっとしていてあげる等、人の良さがにじみ出ている苦労人気質な性格。 
 教室でクラスメートの手持ちの小型ポケモン達と無邪気に遊ぶシーンが時々ある為、歳はそれ程他のメンバーと離れていない事が伺える。 


ガラガラとの関係

f:id:KOKUBANLEMON:20190731205114j:plain

 初めての手持ち仲間となったアローラガラガラには捕獲前のタイマンバトル相手だったせいで加入後もライバル視扱いを受けている。
 唯我独尊で喧嘩っ早い性格のガラガラに困るばかりだったバグガメスだが、70話でガラガラがカキと息を合わせられたのをきっかけに、相手の態度はまだ素直ではないがやっと仲良くなる事が出来た。
 よくガラガラに勢い余って腹部の穴に頭を突っ込まれているものの特に気にしていない。 


描写

f:id:KOKUBANLEMON:20190731205139j:plain

 当初は体が大きいこともあってか、他のアローラ組のパートナーポケモンに比べると登場回数は少なく、ライドポケモンであるリザードンの方が目立っていた。
 しかし最近では授業中のカキの隣にいるなど、スタッフ側もなるべく登場させるよう気を使っている様子が窺え、だんだんと目立ち始めている。 
 カキと特訓していることが多いため、特訓の相手を積極的に引き受けているサトシと実戦形式の特訓をしている場面もそれなりに多い。また、カキ同様ギャグキャラ的な立ち回りになることも。
 大柄だからか速く走れない。12話ではサンオイルかトリートメントのような液体を塗られて喜んでいる姿も見られる。ほのおタイプなので本物のオイルかもしれないが。 
 標準体重212.0kgなのにカキはソリ競技などの重さが大きく関わるスポーツでガラガラでなくバクガメスのほうを優先して選んでいる。カキの妹のホシには「バクちゃん」と呼ばれ可愛がられている。 
 SM編第30話ではククイ博士の指示で、スイレンに貸し出される。ホウとスイによって背中をきれいに磨かれ、カキは喜んでいた。


使用した技


かえんほうしゃダイナミックフルフレイム
ドラゴンテール
• トラップシェル→ダイナミックフルフレイム
• からをやぶる


配信


 ポケモンフェア2017で配信されたLvは30。27の時にゲットされたらしく、覚えている技は「かえんほうしゃ」「トラップシェル」「ドラゴンテール」の3つ。
 34話ではヴェラの冠を奪ったガラガラへの対抗策として「からをやぶる」を習得した。持ち物はモーモーミルクである。 


主な使用トレーナー


デクシオ
リュウ
• カキ ※アニメのみ

─────────────────────

 以上です。これで紹介を終えます。