ラレツ!

ラレツ!

困り事への対処法に特化したブログです

【よくわかるポケモン解説】ケケンカニ編

 今回のポケモン解説はケケンカニです。

f:id:KOKUBANLEMON:20190803220657p:plain

目次

 


基本データ


全国図鑑  No.740
分類    けがにポケモン
英語名   Crabominable
タイプ   かくとう こおり
種族値   H97 A132 B77 C64 D67 S43
高さ    1.7m
重さ    180.0kg
特性    かいりきバサミ / てつのこぶし / いかりのつぼ(隠れ特性)
性別比   ♂50.0%:♀50.0%
卵グループ 水中3


進化


マケンカニ → ケケンカニ(ラナキラマウンテンでレベルアップ)

kokubanlemon.hatenablog.com

図鑑説明


ポケットモンスターサン
トップを めざすはずが ゆきやまに まよいのぼり さむさに たえるうちに けが はえてきて しんかしていた。

ポケットモンスタームーン
とにかく みさかいなく なぐる。 いざと なったら ハサミを じせつし ロケットのように はっしゃし なぐる。

ポケットモンスターウルトラサン
ハサミの なかに れいきを ためて ぶんなぐる。 ぶあつい こおりの かべも こなごなに してしまうぞ。

ポケットモンスターウルトラムーン
かんがえるよりも まず なぐってみる。 ゆきなだれを パンチの ラッシュで おしかえしたという きろくも ある。


耐性


4倍
なし

2倍
ほのお,かくとう,ひこう,エスパー,はがね,フェアリー

等倍
くさ,でんき,みず,ドラゴン,ゴースト,どく,ノーマル,じめん,いわ

1/2
こおり,むし,あく

1/4
なし

無効
なし


容姿


 進化させると間抜けなビジュアルになるため、新規勢の中でも不人気の代表格であった。モチーフはおそらく「キワ・ヒルスタ(別名:イエティクラブ)」と呼ばれる深海甲殻類であろう。 
 名前の由来は読んで字のごとく毛+喧嘩+蟹。中部地方に伝わる雪女の一種シッケンケンが由来とも。


概要


 トップを目指すあまり、標高の一番高い雪山に登ってしまったマケンカニのなれのはて。厳しい寒さに耐えているうちに、体中に白い体毛が生えて進化したという。 
 喧嘩っ早い性質は進化前と同様。とにもかくにも見境なく殴りまくる。いざという時はハサミを自ら切り離し、ロケットパンチまで繰り出してくる始末。
 ちなみに拳のように変化したハサミだが、手の平部分が開閉するのでちゃんとハサミのままである。パンチ力の秘密はハサミの中に冷気を溜め込んでおり、これで腕を硬くして敵をぶん殴るという原理である。 
 見てわかる通りの脳筋体質がUSUMで更に加速しており、雪崩をラッシュして止めた記録があるとの事。 


ゲームのケケンカニ

f:id:KOKUBANLEMON:20190803220949p:plain

進化


 マケンカニは序盤から仲間に出来るのだが、進化するには最終盤でやっと行けるようになるラナキラマウンテンでレベルを上げる必要がある。 
 なお、進化場所が限られている割にはラナキラマウンテンにケケンカニは生息しない。『USUM』では、訪れた当初の時点で入口には入れるようになっているため、そこで進化させる事が可能になっている。 


ポケリフレ


 グローブを兼ねたハサミを触ると凍りつくことから、ハサミはかなりの冷気を帯びている模様。また、脚先に触れても凍る。 


対戦のケケンカニ

f:id:KOKUBANLEMON:20190803221045p:plain

タイプ


 進化したことにより、こおりタイプが追加された。かくとう・こおりの複合タイプはケケンカニが初となる。 
 かくとう・こおりの複合は攻めでは相性がうまく噛み合い強いのだが、一方で弱点6に対して耐性僅か3と守りに関してはかなり弱い。


能力


 攻撃力が非常に高く、物理型のこおりタイプとしてはブラックキュレムに次ぐ。一方素早さは進化前よりも大幅に下がってしまう。


特性


 「かいりきバサミ」は相手に攻撃を下げられなくなる。 キングシールドを臆せず接触技を打てたりする。
 「 てつのこぶし」はパンチ技を1.2倍で打つことができる。「ちからもち」や「かたいつめ」の完全劣化である。
 隠れ特性は「いかりのつぼ」。自分への攻撃が急所に当たると、『こうげき』ランクが最大まで上がる。


オススメ技


物理


インファイト
タイプ かくとう
威力  120(180)
命中  100
備考  自分防御・特防↓

ドレインパンチ
タイプ かくとう
威力  75(112)
命中  100
備考  HP吸収

グロウパンチ
タイプ かくとう
威力  40(60)
命中  100
備考  自分攻撃↑100%

アイスハンマー
タイプ こおり
威力  100(150)
命中  90
備考  自分素早↓

れいとうパンチ
タイプ こおり
威力  75(112)
命中  100
備考  相手凍り10%

じしん
タイプ じめん
威力  100
命中  100

かみなりパンチ
タイプ でんき
威力  75
命中  100
備考  相手麻痺10%

ストーンエッジ
タイプ いわ
威力  100
命中  80
備考  急所ランク+1

いわなだれ
タイプ いわ
威力  75
命中  90
備考  相手怯み30%

クラブハンマー
タイプ みず
威力  100
命中  90
備考  急所ランク+1

しっぺがえし
タイプ あく
威力  50 / 100
命中  100


変化技


ビルドアップ
タイプ かくとう
効果  自分攻撃・防御↑


Zワザ


ぜんりょくむそうげきれつけん
元の技 インファイト
威力  190(285)

レイジングジオフリーズ
元の技 アイスハンマー
威力  180(270)

ワールズエンドフォール
元の技 ストーンエッジ
威力  180

ライジングランドオーバー
元の技 じしん
威力  180

スーパーアクアトルネード
元の技 クラブハンマー
威力  180


テンプレート型


物理アタッカー型 

特性:かいりきバサミ(推奨)/てつのこぶし
性格:いじっぱり/ようき/ゆうかん(トリックルーム使用時)
努力値:AS252/A252残りHBD調整
持ち物:きあいのタスキ/こだわりハチマキ/いのちのたま/とつげきチョッキ/Zクリスタル
確定技:アイスハンマーorれいとうパンチ/インファイトorドレインパンチ
選択技:じしん/ストーンエッジ/いわなだれ/かみなりパンチ/クラブハンマー/しっぺがえし/がむしゃら

【ダブル】いかりのつぼトリパアタッカー型 

特性:いかりのつぼ
性格:のんき/なまいき/ゆうかん
努力値:HABD調整
持ち物:いのちのたま/Zクリスタル/フィラのみ/オボンのみ/ラムのみ
確定技:アイスハンマーorれいとうパンチ/インファイトorドレインパンチ/まもる
選択技:じしん/いわなだれorストーンエッジ/かみなりパンチ/クラブハンマー/しっぺがえし/ワイドガード


ケケンカニ 


注意すべき点


 氷物理最高クラスの火力、格闘お馴染みの高威力のサブウェポンを持ち、火力・範囲に優れる。加えて特性で更に補強。かいりきバサミならいかく無効、てつのこぶしならメイン技の威力増強。
 ダブルではこおりのいぶき持ちと組んでいかりのつぼ発動を狙う。トリル下で決められると脅威。


対策方法


 弱点が多く、耐久も並程度。鈍足を補う先制技も無いので、上を取って落とすのが手っ取り早い。技範囲は広いが、フェアリーなら格闘を半減でき、弱点も突かれにくい。おにびやゴツゴツメットも有効。
 カプ・レヒレマリルリギルガルドなら一致技をすべて半減にできるため安定。


ケケンカニの歴史


第七世代


『SM』期

 不遇な複合タイプなために使用率が伸び悩む。この世代で積極導入が為されたひこう、はがね、フェアリーにことごとく弱いのが痛い。
 鈍足低耐久というのも使いづらさに拍車をかけている。それでも、アイスハンマーによって自ら素早さを下げられることからトリパに適性がある。
 PGLレーティングバトル統計データからは、シングルバトルではアイスハンマーインファイト、じしんが確定で、残りをクラブハンマーいわなだれストーンエッジ、がんせきふうじから選択、という状況であったとうかがえる。
 性格はいじっぱり、ゆうかんがメインで、特にゆうかんは4割から5割程度の割合と、トリパでの使用が目立ったと言える。特性はかいりきバサミ、てつのこぶしが半々程度。持ち物はきあいのタスキ、いのちのたま、ジメンZの搭載が目立った。

『USUM』期

 教え技としてかみなりパンチ、アイアンヘッドドレインパンチ、きあいパンチを獲得。このうちかみなりパンチは選択枠に入るようになった。


アニメのケケンカニ

f:id:KOKUBANLEMON:20190803221515j:plain

 SM編第60話でハラのマケンカニが進化した形で初登場。


主な使用トレーナー


• ハラ/四天王(アローラ)
• ハウ/ポケモントレーナー

─────────────────────

 以上です。これで紹介を終えます。