ラレツ!

ラレツ!

困り事への対処法に特化したブログです

【よくわかるポケモン解説】ラッタ(アローラのすがた)編

 今回のポケモン解説はラッタ(アローラのすがた)です。

f:id:KOKUBANLEMON:20190907141857p:plain

目次

 


基本データ


全国図鑑  No.020
分類    ねずみポケモン
英語名   Raticate
タイプ   あく ノーマル
種族値   H75 A71 B70 C40 D80 S77
高さ    0.7m
重さ    25.5kg
特性    くいしんぼう / はりきり / あついしぼう(隠れ特性)
性別比   ♂50.0%:♀50.0%
卵グループ りくじょう


進化


コラッタ(RF) → ラッタ(RF)(夜にLv.20)

kokubanlemon.hatenablog.com

図鑑説明


ポケットモンスターサン
コラッタを ひきい グループをつくる。グループには テリトリーが あり えさを めぐり こうそうに なる。

ポケットモンスタームーン
エサの あじと せんどに こだわる グルメな ポケモン。 ラッタが すむ レストランは アタリと いわれる。

ポケットモンスターウルトラサン
とても よくばりな せいしつ。 すには コラッタたちに あつめさせた エサが たべきれないほど たんまり あるぞ。

ポケットモンスターウルトラムーン
コラッタたちを ひきいて むれを つくる。 むれどうしは なかが わるく エサばを めぐり はげしく あらそう。


耐性


4倍
かくとう

2倍
フェアリー,むし

等倍
ノーマル,ドラゴン,ほのお,くさ,みず,でんき,はがね,こおり,いわ,じめん,どく,ひこう

1/2
あく

1/4
なし

無効
ゴースト,エスパー


容姿


 体色は黒く、腹の毛も茶色に変化。頬が常に膨れ身体も大きな肥満体系。 
 目が赤い、ヒゲが2本となりアゴヒゲがある、耳が少し大きい、鼻の毛、尻尾がやや太いなど、体色や肥満以外の細部でも原種と異なっている。 


概要


 ポケモンSMから登場する、アローラ地方の環境に適応する為に姿を変化させたラッタのリージョンフォーム。正式名称は「ラッタ(アローラのすがた)」。 
 都市部を中心に生息。鮮度の良い高カロリーの食べ物ばかりを食べたことで、体が太ってがっしりとした体格になっている。
 とても欲張りで、巣穴には食べきれないほどの食糧を溜め込んでおり、自分では集めず子分のコラッタ達にエサの収集を行わせる。 
コラッタを率いたグループを作る。
 グループ同士は中が悪くテリトリーがあるうえ、エサ場を巡る激しい抗争になる。エサの味と鮮度にこだわるグルメなポケモン
 鮮度の良い食べ物を判別できる目利きを持ち、一部の高級レストランではアローララッタを食材の仕入れに連れて行ったり、新作の料理の目利きを行わせているらしい。このため、ラッタが住みつくアローラのレストランは当たりと言われている。 


ゲームのアローララッタ

f:id:KOKUBANLEMON:20190907142126p:plain

 『ムーン/ウルトラムーン』では「しげみのどうくつ」のぬしポケモンとしてプレイヤーの前に立ちはだかる。
 こわいかおで素早さを下げ、かみつくで怯ませる擬似まひるみコンボを仕掛けてくるためなめてかかると封殺されるので注意。
 なおサン/ウルトラサンではデカグースが代わりに登場し、諸々の設定からも対になっていることが伺える。野生の個体は夜のみ出現し、日中は代わりにデカグースが出る。 
 進化条件は通常種同様にLv.20を超すことだが、夜行性という生態のためか夜間限定という条件付き。 


シナリオでは


 使いやすさはかなり高い。特性はりきりとZワザ(ウルトラダッシュアタック)の高火力で相手のポケモンをサクサク倒していける。進化・捕獲もしやすいこともありオススメのポケモン。問題はZワザのアニメを一々見ることになることか。 
 一方シナリオ終盤で出現する高レベルの野生個体はふいうち・いかりのまえばすてみタックル・がむしゃらというまるでLv1戦法のような技構成。6Vだろうが攻撃面が育ちきっていないと一方的に狩られる危険性を持っている。 
 おまけにこちらが攻撃技を選ぶと高確率でふいうちを選択し、それ以外の技を選ぶと別の技を使ってくるという妙に賢いプログラミングもされているためデカグースよりはるかに厄介な存在である。夜限定とはいえ出現率が高いのも鬱陶しい。 
 レベルが十分に上がっていない段階では逃げる選択をしなければいけない場合も多く、プレイヤーの中にはその見た目だけでトラウマになってる人もいるとか。 


『LPLE』


 中盤でアローラコラッタを交換できるようになり、それを進化させれば割と手軽に入手できる。
 本作でも数少ないあくタイプのポケモンであり、その後に控えるポケモンタワーや、ヤマブキシティジムのナツメ戦等、あくタイプが有利に戦える展開が多いこともあり、中盤のストーリーを攻略する上ではかなり心強い味方になってくれる。 


対戦のアローララッタ

f:id:KOKUBANLEMON:20190907142217p:plain

タイプ


 初のあく・ノーマルの複合。かくとうを4倍で受けてしまうが、元々かくとうに対して突っ張るポケモンではないのでさほど気にはならず、むしろゴースト・エスパーの2タイプを無効にできるのが嬉しい。 


能力


 原種と比較すると、耐久関連が上昇した代わりに特攻・素早さダウンならまだしも攻撃まで下げられてしまった。
 耐久が上がったといっても耐久型が務まるほどの数値ではなく、ゴウカザルルカリオと大差はない。


特性


 「くいしんぼう」はHPが4分の1以下になってから使用するきのみなどを半分以下で使用するというもの。「フィラのみ」などと相性が良く、HPが半分以上削れた段階で発動し最大HPの半分を一気に回復させられる。
 「はりきり」は攻撃が1.5倍になるが、物理技の命中率が0.8倍になる。
 隠れ特性は「あついしぼう」。ほのおタイプとこおりタイプを半減してくれる。


オススメ技


物理技


すてみタックル
タイプ ノーマル
威力  120(180)
命中  100
備考  反動1/3

おんがえし
タイプ ノーマル 
威力  102(153)
命中  100

でんこうせっか
タイプ ノーマル 
威力  40(60)
命中  100
備考  優先度+1先制技

とっておき
タイプ ノーマル
威力  140(210)
命中  100

かみくだく
タイプ あく
威力  80(120)
命中  100
備考  相手防御↓20%

じごくづき
タイプ あく
威力  80(120)
命中  100
備考  音技2ターン封じ

ふいうち
タイプ あく
威力  70(105)
命中  100
備考  優先度+1先制技

おいうち
タイプ あく
威力  40(60)/80(120)
命中  100
備考  相手が交代したとき威力2倍

はたきおとす
タイプ あく
威力  65(97)/97(145)
命中  100
備考  道具排除

とんぼがえり
タイプ むし
威力  70
命中  100
備考  自分交代

いかりのまえば
タイプ ノーマル
効果  相手HP1/2
命中  90

がむしゃら
タイプ ノーマル
効果  相手のHPを自分と同じにする
命中  100

きしかいせい
タイプ かくとう
威力  20~200
命中  100

カウンター
タイプ かくとう
効果  相手の物理技を倍返し
命中  100
備考  優先度-5

いのちがけ
タイプ かくとう
効果  HPと同値のダメージを与える
命中  100
備考  自分瀕死

しねんのずつき
タイプ エスパー
威力  80
命中  90
備考  相手怯み20%

アイアンテール
タイプ はがね
威力  100
命中  75
備考  相手防御↓30%

じだんだ
タイプ じめん
威力  75
命中  100
備考  技を外した次のターン威カ2倍


変化技


どくどく
タイプ どく
効果  相手をもうどく状態にする 
命中  90

ビルドアップ
タイプ かくとう
効果  自分攻撃・防御↑

つるぎのまい
タイプ ノーマル
効果  自分攻撃↑↑

たくわえる
タイプ ノーマル
効果  自分防御・特防↑

みがわり
タイプ ノーマル
効果  HP1/4消費してみがわりを生み出す

すりかえ
タイプ あく
効果  道具を交換する
命中  100

ちょうはつ
タイプ あく
効果  相手の変化技を封じる
命中  100


Zワザ


ウルトラダッシュアタック
元の技 すてみタックル
威力  190(285)
元の技 おんがえし
威力  160(240)
元の技 ギガインパクト
威力  200(300)

ブラックホールイクリプス
元の技 かみくだく
威力  160(240)
元の技 ふいうち
威力  140(210)

ぜんりょくむそうげきれつけん
元の技 きしかいせい
威力  160

ちょうぜつらせんれんげき
元の技 アイアンテール
威力  180


テンプレート型


スカーフすりかえいのちがけ型 

特性:あついしぼう
性格:ようき
努力値:HS252
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:すりかえ/いのちがけ
優先技:いかりのまえば/とんぼがえり
選択技:かみくだく/どくどく/ちょうはつ

はりきりアタッカー型 

特性:はりきり
性格:いじっぱり/ようき
努力値:AS252 or HA252BDS調整
持ち物:各種Zクリスタル/こだわりハチマキ/こだわりスカーフ/きあいのタスキ/いのちのたま/こわもてプレート
確定技:ふいうちorかみくだく(両立可)/すてみタックルorおんがえし
優先技:おいうち/じだんだ
攻撃技:とんぼがえり/でんこうせっか/カウンター/きしかいせいorリベンジ
補助技:すりかえ/つるぎのまい/みがわりorちょうはつ

くいしんぼう型 

特性:くいしんぼう
性格:いじっぱり/ようき
努力値:HA252をベースに耐久or素早さ調整
持ち物:回復系きのみ(ウイ以外)/チイラのみ/カムラのみ
確定技:ふいうち/すてみタックルorおんがえし
攻撃技:どろぼう/かみくだく/とんぼがえり/リベンジ
補助技:つるぎのまい/みがわり


対ラッタ(アローラのすがた) 


注意すべき点


 原種より耐久が高く、悪タイプ複合となったことで耐性も増加。あついしぼうなら炎・氷にも強い。悪・ノーマルの攻撃範囲は広く、はりきりやつるぎのまいで攻撃性能を更に高めることができる。
 耐久型のポケモンいかりのまえばやいのちがけで痛手を負わせられる。スカーフすりかえも厄介。


対策方法


 原種より攻撃が低く、サブウェポンにも乏しい。HPが高いポケモンならいのちがけでも落とされない。はりきりの場合はふいうちが厄介なので上を取れるフェアリー、かくとうで相手するのがよい。
 素早いポケモンの先制技ならふいうちやスカーフに先制できる。マッハパンチ・しんくうはなら4倍。メガストーンやZクリスタルを持てばすりかえにも対処できる。


アローララッタの歴史


第七世代


 もとのすがたに対してHPが高く、いのちがけで倒せる範囲が広いため、こだわりスカーフによるいのちがけでの奇襲戦法が強力。
 また、もとのすがたとアローラのすがたに共通して、Zワザの登場によってはりきりのデメリットを一度だけ無視できるようになった.
 『ピカブイ』ではレベル15と初期の段階でいかりのまえばを覚えるため、レベル上げを面倒に思うプレイヤーにとっては旅パの選択肢として悪くない。


ポケモンGO』のアローララッタ

f:id:KOKUBANLEMON:20190907142536j:plain

 アローラコラッタらとともに実装。アローラコラッタや原種のラッタと違い、アローララッタは野生で出現しない。 
 コラッタは野生でよく出現し、進化のアメが原種と共通なので、原種をよく捕まえていたトレーナーならばすぐに進化させられる。CPは最大でも1700台なのでジム戦は不向き。 

─────────────────────

 以上です。これで紹介を終えます。