ラレツ!

ラレツ!

困り事への対処法に特化したブログです

【よくわかるポケモン解説】スコルピ編

 今回のポケモン解説はスコルピです。

f:id:KOKUBANLEMON:20190913090947p:plain

目次

 


基本データ


全国図鑑  No.451
分類    さそりポケモン
英語名   Skorupi
タイプ   どく むし
種族値   H40 A50 B90 C35 D55 S65
高さ    0.8m
重さ    12.0kg
特性    カブトアーマー / スナイパー / するどいめ(隠れ特性)
性別比   ♂50.0%:♀50.0%
卵グループ むし


進化


スコルピ → ドラピオン(Lv40)

kokubanlemon.hatenablog.com

図鑑説明


ポケットモンスターダイヤモンド
しっぽの ツメで えものを はさみ どくを おくりこむ。 どくが きくまで ぜったいに はなさない しゅうねん。

ポケットモンスターパール
かんそうした とちに せいそく。 すなちに あなを ほり もぐりこみ かくれて えものを まちつづける。

ポケットモンスタープラチナ、ブラック・ホワイト
しっぽのはさみが とじると どうじに はりのさきから どくが にじみだす。 1ねん なにもたべずに たえられる。

ポケットモンスターハートゴールド・ソウルシルバー
すなの なかに かくれて えものを まちぶせする。しっぽの ツメから どくを だして えものを しとめる。

ポケットモンスターブラック2・ホワイト2
かんそうした とちに くらし いちねんかん なにも たべずに えものを まちぶせ できる。


耐性


4倍
なし

2倍
ひこう,ほのお,いわ,エスパー

等倍
じめん,あく,ゴースト,でんき,ドラゴン,こおり,はがね,みず,ノーマル 

1/2
どく,むし,かくとう,フェアリー

1/4
くさ,

無効
なし


容姿


 サソリのポケモン。何故か尻尾が針ではなく鋏にになっている。
 その代わりなのか、前足がサソリの毒針のようになっており、現実のサソリを体のパーツを逆にしたようになっている。
 名前の由来は蠍を意味する『scorpion』から。 


概要


 尻尾のハサミは相手を捕らえながら毒を送り込み続ける。ハサミと毒針が別個である蠍以上に非常に合理的な生態を持つ。
 砂の中で獲物を待ち伏せし、1年間何も食わずにいても平気であるという生粋のハンター。ポケモン図鑑では乾燥した土地に生息するとあるのに、実際にはノモセ大湿原に生息する。
 砂の中で待ち伏せする生態は泥の中でも活かされているのだろうか。実際のサソリはジャングルのような多湿な土地から、乾燥した砂漠まで様々な土地に適応した種がいる。 


ゲームのスコルピ

f:id:KOKUBANLEMON:20190913091344j:plain

能力


 進化前なのにぼうぎょが90もある。勘違いされがちだが、実際の蠍は甲殻類では無く、鋏角類である為あそこまで硬い装甲は持っていない。 


特性


 「カブトアーマー」は急所に被弾しなくなる。
 「スナイパー」は急所に当てたとき威力が上がる。
 隠れ特性は「するどいめ」。相手の回避率を無視して攻撃できる。


むし統一


 別にスコルピを対戦に出すメリットは無い。しかしスコルピはドラピオンと違い、虫タイプゆえに虫統一パに組み込む事ができる。
 攻撃能力も低いため特性『スナイパー』を生かし、つじぎり、クロスポイズンで急所を狙うのが良い。第5世代で特性『スナイパー』が弱体化してしまった。
 他には嫌がらせの域を出ないが、虫食いや叩き落とすが技候補になる。投げつけるで火炎球を投げつける事もできる。
 防御が高めなので進化の輝石で物理受けができそうだが、HPはかなり低いので過信は禁物。完全に物理受けとするならば急所に当たらない効果のある特性『カブトアーマー』も悪くないのかもしれない。


特異な技


 悪タイプが追加されるドラピオンの恩恵があり、スコルピは虫タイプの中でも覚える技が独特である。

虫タイプ唯一のいちゃもん使い
• 虫タイプで悪の波動を使えるのはスコルピ、ゲノセクト
• 虫タイプで挑発を使えるのはスコルピ、コロトック
• 虫タイプでツボを突くを使えるのはスコルピ、ツボツボ
• 虫タイプでアクアテールを使えるのはスコルピ、アーマルドペンドラー


アニメのスコルピ

f:id:KOKUBANLEMON:20190913092056j:plain

 イワークの急所をついて食すという生態が明かされた。どく技の効果が薄い相手でもやがては死に至るというのだから、小さな見かけによらず、油断ならないポケモンである。 

─────────────────────

 以上です。これで紹介を終えます。