ラレツ!

ラレツ!

困り事への対処法に特化したブログです

【ポケモンss】常識警察!

ショッピングモール


ニドクイン「なにその反抗的な態度は! 男なら私に全面的に従いなさいよ!」

ニドキング「はい……」ボコボコ


ピピッー!


ニドクイン「なにかしら?」

ニドキング「この笛の音……もしや……!」

ラブカス「誤った常識の濫用を確認! 常識法第一条に則ってあなたを逮捕します!」

ニドクイン「どういうこと!?」ビックリ

ニドキング「助けていただきありがとうございました。あなたはもしかして……」

ラブカス「私こそ、常識を語った悪質な要求を防止する法の番人! その名も……」

ドリュウズ「常識警察」

 

f:id:KOKUBANLEMON:20191104231738p:plain


ラブカス「私の台詞を取らないで!」

ドリュウズ「さっさと犯人を連行しますよ」

ラブカス「わかってるよ」

ニドクイン「常識法ってなんなんですか?」

ラブカス「昨日から新たに施行された法律です。常識から逸れた行為やそれの要求は罪に問われるようになりました」

ニドクイン「それはどうやって判断されるの?」

ドリュウズ「常識違反を目撃した人は心の中に不満を持ちます。私たちの腕時計は、一定以上の不満を感知すると反応します。そして、近くの常識警官が犯人を取り押さえるのですよ」

ニドクイン「そんな……知らなかった……」ガックシ


キャー!


ラブカス「悲鳴だ、行ってみよう」

ドリュウズ「不満反応を感知。また常識違反です!」

ニドクイン「痛い痛い! 引きずらないでよ!」ズルズル


おもちゃ売り場


サーナイト「キャー! 助けて!」

ラブカス「私は常識警察です。どうかなされましたか?」

サーナイト「あれを……あれを見てください……」

カイロス「変身!」

ヘラクロス「ヘシン!」

ホイーガー「変……身!」

 

f:id:KOKUBANLEMON:20191104231833p:plain


ドリュウズ「うわっ……いい大人が人目をはばからずに、売り場のおもちゃで変身ごっこに興じている……この世の最下層みたいな光景ですね」

ラブカス「これは常識を著しく逸脱している……許さん!」


ピピッー!


ヘラクロス「うわっ!?」

ラブカス「いきすぎた常識の逸脱を確認! 常識法第二条に則ってあなた方を逮捕します!」

カイロス「ちょっと待ってください! あの少年はいいんですか?」

ビードル「へんしん!」

 

f:id:KOKUBANLEMON:20191104231919p:plain


ラブカス「子供が人前でおもちゃで遊んでも、常識の逸脱には該当しません。よって罪には問われないのです」

カイロス「そんな!」

ドリュウズ「ちゃっちゃとお縄についちゃってください」

ホイーガー「うぅっ……ごめんなさい……」


ジョウシキケイサツダー! イタゾー!


ドリュウズ「なにやら騒がしいですね?」

ラブカス「うわっ! こっちに来た!」

ニドクイン「大勢に囲まれちゃったわよ? 何が起こるのかしら」

 

f:id:KOKUBANLEMON:20191104232001p:plain


クラブ「おい常識警察! お前らは大悪人だ!」

ラブカス「なぜそう思うのですか?」

クラブ「貴様らはただ、厳しいルールで国民を縛っているだけだ。おまえにその証拠を見せてやる! みんな、頼んだぜ!」

常識法反対派A「常識の基準を明確化しろ!」

常識法反対派B「飲み会のときに大皿を取り分けたら常識警察を呼ばれたわ! どっちが正解なのよ!?」

常識法反対派C「電車で若者に『席を譲っていただけませんか?』と頼んだばあさんが獄中で亡くなったんじゃ!」

ドリュウズ「これは痛いっすね」

ラブカス「確かに常識は不完全で曖昧です。常識を作った人間が、不完全で曖昧だから……。でもだからこそ、僕たち一人一人がよりよい常識を作れるように頑張っていかなければならないんです!」

クラブ「ならば完璧な常識を作り上げるまで執行は待つべきだ!」

反対派s「そうだそうだ!」

ドリュウズ「被害者が存在している以上、悠長なことは言ってられませんよ。こうしている間にも、常識違反に不満を抱く人がたくさんいるんですから」

クラブ「不満を抱くからなんだ? こんな法律に縛られる方が不満だわ!」

ニドクイン「常識警察さんに言われてわかったことがあるの。常識は人の優しさ、人間そのものなのよ! 常識を失ったヒトはもう人間じゃない。ただの賢いサルよ!」

ドリュウズ「法の制定理由をわかってくれたみたいですね」

クラブ「うっ……」

ラブカス「ふー、これで一件落着かな」

ビードル「っていうかさ……」

ラブカス「どうしたんだい?」

ビードル「やっていいこととダメなことの区別なんて僕にもつくよ。どうしておじさんたちはそれがわからないの? 何年生きてるの?」

f:id:KOKUBANLEMON:20191104232045p:plain


クラブ「なんだと? このガキ!」

ビードル「常識を明確化しろとかバカじゃないの? 明確なルールの穴を補うのが常識の役割じゃん」

常識反対派s「「「ごめんなさい、もうこんな活動やめます」」」バラバラ

クラブ「あっ、おい! 置いてかないで!」

ドリュウズ「その子の言う通りですよ」

クラブ「でも……常識なんてわからん……」

ビードル「じゃあさ、僕と常識を身につけていこうよ」

クラブ「なんだと?」

ビードル「遠慮せずにさ!」ドン!

クラブ「うわっ、押すな! なんだこいつ意外と力強い! やめてくれーーー!!」

ドリュウズ「行っちゃった……」

ラブカス「あの子の言った通りだよな。常識を守れない人が増えたから常識法が制定されただけで、本当はわざわざ法で縛る必要なんてないんだ」

ドリュウズ「いつかみんなが常識を持てるように、これからも頑張っていきましょう!」


 ラブカスたち常識警察の戦いは始まったばかりだ。進め常識警察! 常識をみんなが持てる社会へ!


元常識反対派B「あの……ちょっといいですか?」

ラブカス「なんでしょう」

元常識反対派B「飲み会のとき、友達は大皿を取り分けずに捕まり、私は取り分けて捕まったんですけど、この場合はどうやって対応すればよろしいのでしょうか? 上司に聞いても『普通わかるだろ!?』としか返されなくて……」

ラブカス「それは……えっと……」

ドリュウズ「あの……その……そうだ! に……認識の不一致もいつか乗り越えられますよ! 私たちは人間なんですから!」

元常識反対派B「はぁ……それで結局どうすれば……?」

ラブカス「……逃げよう、ドリュウズくん」ズドドド!

ドリュウズ「はい!」ズドドド!

ニドクイン「ギャー! 引き摺らないで!」ズルズルズルズル!

ヘラクロス「痛いよ!」ズルズルズルズル!

カイロス「皮が剥ける!」ズルズルズルズル!

ホイーガー「お前らもちょっとは常識持てよ~!」ズルズルズルズル!

f:id:KOKUBANLEMON:20191104232230j:plain


お読みいただきありがとうございました。