ラレツ!

ラレツ!

困り事への対処法に特化したブログです

【よくわかるポケモン解説】霊獣ボルトロス編

 今回のポケモン解説はボルトロス(れいじゅうフォルム)です。

 f:id:KOKUBANLEMON:20191116104340p:plain

目次

 


基本データ


全国図鑑  No.642
分類    らいげきポケモン
英語名   Thundurus
タイプ   でんき ひこう
種族値   H79 A105 B70 C145 D80 S101
高さ    3.0m
重さ    61.0kg
特性    ちくでん
性別比   ♂100.0%
卵グループ みはっけん


図鑑説明


ポケットモンスターブラック
ボルトロスが とおりすぎた とちには カミナリの おちた むすうの あとが やけこげとなって のこっている。

ポケットモンスターホワイト
しっぽの トゲから でんげきを うちだす。 イッシュちほうの そらをとびまわり かみなりを おとす。

ポケットモンスターブラック2・ホワイト2
おおぞらを とびまわりながら あちこちに カミナリを おとして やまかじを おこすので きらわれる。


耐性


4倍
なし

2倍
いわ,こおり

等倍
でんき,みず,ほのお,エスパー,あく,ゴースト,フェアリー,ドラゴン,どく,ノーマル,

1/2
くさ,むし,かくとう,はがね,ひこう

1/4
なし

無効
じめん


容姿


 BW2でまさかのフォルムチェンジ。れいじゅうフォルム(霊獣フォルム)と呼ばれ、姿は龍(青龍)型。
 顔はおっさんのまんまである。ある意味すごいインパクト。昨今では後述の性能もあり使用率が上昇、一部のプレイヤーから「レボルト」と呼ばれている。
 公式イラストで確認できる限り、口には歯が無く、中は真っ黒である。


概要


 『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』(第5世代)に初登場したポケモン。伝説のポケモンの1種。
 『ホワイト』のみ登場する。おなじく『ブラック』のみに登場するトルネロスと対となるポケモン
 イッシュ地方に伝説として伝えられているポケモントルネロスと共に嵐を起こして暴れ回り、それをランドロスに懲らしめられた、という不名誉な伝説であるが。
 BW2によると今に伝えられているその時の姿形は、3匹とも全員霊獣フォルムであったらしい。通り過ぎる場所に尻尾から雷を落とし、焼け焦げや山火事を残していくので嫌われている。
 最早恒例となった今作における徘徊型ポケモンである。けしんフォルムの姿は、他のトリオであるトルネロスランドロスとほぼ同じ姿形をしている為、三体合わせてコピペロスと揶揄されている。


ゲームのボルトロス

f:id:KOKUBANLEMON:20191116104357j:plain

 ポケモンARサーチャーで捕まえたボルトロスブラック2・ホワイト2へ送るか、けしんフォルムの状態で「うつしかがみ」というアイテムを使用してフォルムチェンジさせると入手できる。
 また、ポケモンARサーチャーで捕まえたボルトロスにうつしかがみを使うと、特性が「まけんき」のけしんフォルムに変化する。


第五世代


 徘徊系だったためとにかく厳選が難しい。当時は最速でかつ「めざめるパワー」の氷か飛行が必須という条件の関係上、乱数調整以外では不可能と言っても間違いではない。
 それでもいたずらごころ+でんじはが強力なので、適当に捕まえてしまった物でもそちらの方向をメインとして使えば悪くない所では無い活躍が出来てしまうのは流石準伝といった所か。


第六世代


 アルファサファイアでは固定シンボルで出現するため、厳選のハードルがかなり低くなった。条件はポワルンが手持ちにいること。ポワルンはストーリー中でもらえるためおおぞらをとぶができるようなればすぐに捕獲することができる。


対戦の霊獣ボルトロス

f:id:KOKUBANLEMON:20191116104410g:plain

能力


 特攻が電気タイプ最高となる145に跳ね上がった。そのかわり攻撃と素早さが10ずつ下がって105、101となった。
 素早さ下降は中々痛く、ガブリアスと比べて1だけ遅いという化身とは別の意味で絶妙な数値になってしまった。それでもリザードン(メガ含む)、メガガルーラウルガモスと強豪ひしめくを100族を1だけ超えるという点は大きい。


特性


 「ちくでん」はでんきタイプの技を受けるとダメージや効果はなくなり、最大HPの1/4回復する。


オススメ技


特殊技


10まんボルト
タイプ でんき
威力  90(135)
命中  100
備考  相手麻痺10%

かみなり
タイプ でんき
威力  110(165)
命中  70
備考  相手麻痺30%

ボルトチェンジ
タイプ でんき
威力  70(105)
命中  100
備考  攻撃後撤退

めざめるパワー
候補タイプ こおり,ひこう
威力    60
命中    100

きあいだま
タイプ かくとう
威力  120(180)
命中  70
備考  相手特防↓10%

くさむすび
タイプ くさ
威力  20~120
命中  100

ヘドロウェーブ
タイプ どく
威力  95
命中  100
備考  相手毒10%

サイコキネシス
タイプ エスパー
威力  90
命中  100
備考  相手特防↓10%

あくのはどう
タイプ あく
威力  80
命中  100
備考  相手怯み20% 

やきつくす
タイプ ほのお
威力  60
命中  100
備考  相手きのみ排除


物理技


とんぼがえり
タイプ むし
威力  70
命中  100
備考  攻撃後撤退

はたきおとす
タイプ あく
威力  65/97
命中  100
備考  道具排除

ばかぢから
タイプ かくとう
威力  120
命中  100
備考  自分攻撃・防御↓


変化技


でんじは
タイプ でんき
効果  相手をマヒにする
命中  90

ちょうはつ
タイプ あく
効果  相手の変化技を封じる
命中  100

みがわり
タイプ ノーマル
効果  HP1/4消費して身代わりを生み出す

わるだくみ
タイプ あく
効果  自分特攻↑↑

こうそくいどう
タイプ エスパー
効果  自分素早さ↑↑

あまごい
タイプ みず
効果  5ターン雨を降らす


Zワザ(第七世代)


スパーキングギガボルト
元の技 10まんボルト
威力  175(262) 
元の技 ワイルドボルト
威力  175(262)

ファイナルダイブクラッシュ
元の技 そらをとぶ
威力  175(262)

ぜんりょくむそうげきれつけん
元の技 きあいだま
威力  190

アシッドポイズンデリート
元の技 ヘドロウェーブ
威力  175

マキシマムサイブレイカー
元の技 サイコキネシス
威力  175

Zかいふくふうじ
元の技 かいふくふうじ
効果  Zワザ化で特攻ランク+2

ブルームシャインエクストラ
元の技 くさむすび
威力  160

ブラックホールイクリプス
元の技 あくのはどう
威力  160


テンプレート型


特殊アタッカー型 


こだわりスカーフ 

性格:ひかえめ/おくびょう
努力値:C252 S252or調整 残り耐久
確定技:10まんボルト/めざめるパワー(氷or飛)
優先技:ボルトチェンジorとんぼがえり
選択技:きあいだま/くさむすび/ヘドロウェーブ/サイコキネシス/やきつくす/あくのはどう

こだわりメガネ 

性格:おくびょう
努力値:CS252 H4
確定技:10まんボルト
優先技:ボルトチェンジ/きあいだま
選択技:めざめるパワー(氷or飛)/くさむすび/ヘドロウェーブ/サイコキネシス/やきつくす/あくのはどう

デンキZ/カクトウZ/いのちのたま 

性格:おくびょう
努力値:CS252 H4
確定技:10まんボルト
優先技:きあいだま/めざめるパワー(氷)
攻撃技:ボルトチェンジorとんぼがえり/くさむすび/ヘドロウェーブ/サイコキネシス/あくのはどう
補助技:こうそくいどう/わるだくみ/ちょうはつ

オボンのみ 

性格:おくびょう
努力値:S252 耐久調整 残りC
確定技:10まんボルト/めざめるパワー(氷or飛)/きあいだま/わるだくみ

とつげきチョッキ 

性格:おくびょう
努力値:S252 耐久調整 残りC
確定技:ボルトチェンジ/10まんボルト/めざめるパワー(氷or飛)
選択技:きあいだま/くさむすび/ヘドロウェーブ/サイコキネシス/やきつくす/あくのはどう

じゃくてんほけん 

性格:ひかえめ
努力値:CS調整 余り耐久
確定技:10まんボルト/めざめるパワー(氷or飛)
選択技:きあいだま/くさむすび/ヘドロウェーブ/こうそくいどう


対霊獣ボルトロス


注意すべき点


 ちくでんによる電気耐性、依然として高めの素早さ、圧倒的な特殊火力を持つ。高火力ボルトチェンジによるサイクル回し、わるだくみによるサイクル崩壊性能、高速移動による全抜き性能。型はアタッカーに絞られるが、持ち物はZクリスタルやスカーフなど多岐に渡る。


対策方法


 地面タイプやひらいしん等なら電気無効。Aガラガラならきあいだまも無効。耐久は並程度なので、上から弱点を突かれると脆い。ガブリアス等で速攻が有効。
 他にラティアスなど特殊耐久が高くめざ氷を耐えられる特殊竜も有効。スカーフやこうそくいどう持ちも多いため、こちらもスカーフやタスキが欲しい。


霊獣ボルトロスの歴史


第五世代


 『BW2』でフォルムチェンジしたが、いたずらごころでなくなる点を残念がる声も少なくなかった。
 またSが101に下がるため、化身のようにガブリアスラティオス等に先手でめざ氷を打つことができない。ボルトロスに関してはこれからも化身フォルムが主流のままであった。
 しかし、ジャパンカップ2013ライブ大会では、有志の調査によると使用率2位を記録。大会全体を見るとけしんフォルムとれいじゅうフォルムの両方が使われていたが、でんき無効耐性のあるれいじゅうフォルムの方がやや優勢であった。


第六世代


 でんきタイプにまひの無効化が仕様として追加された。また、準伝説が3V以上確定となったばかりかめざめるパワーの威力が60で固定されるようになり、厳選難易度が格段と下がった。
 この世代でもけしんフォルムの影に隠れていた。


第七世代


 電磁波の命中率低下、麻痺と混乱の弱体化、カプ・テテフや仕様変更された悪タイプといったいたずらごころを無効化するポケモンの登場など化身フォルムにこれでもかと言わんばかりの逆風が吹き荒れた。
 一方で新システムであるZワザとの相性や地面・電気の一貫性をシャットアウトできる点も霊獣フォルムの採用率を押し上げている。

シングルバトル

 わるだくみとちくでんのおかげで積みサイクルをこなせるこのフォルムの評価が上がり、ボルトロスと言えばれいじゅうボルトロスを指すようになった。
 といっても、けしんフォルムにおけるいたずらごころの弱体化の影響は小さくはなく、USUMリーグでも使用率10位台後半が定位置になるなど環境を荒らさない程度の強さに落ち着いている。
 この世代ではでんじは採用型が廃れ、でんじはを切った代わりにヘドロウェーブきあいだまボルトチェンジなどのサブウエポンが積まれるようになり、特にボルトチェンジを搭載する余裕が出来たことでサイクル型として円熟味を帯びたと言える。
 持ち物はデンキZが一番手で、バンギラス対策のカクトウZが二番手である。性格は火力を活かしたひかえめの方がおくびょうより多い。世代終盤にはウイのみなどの「混乱木の実」型が伸び、総数で言えば「混乱木の実」が一番手になった。
 「混乱木の実」型の場合は性格をひかえめにして素早さの実数値を最速テッカグヤ抜きの125に調整する場合が多い。

ダブルバトル

 けしんボルトロスの生命線であるいたずらごころが弱体化した影響は如何ともしがたく、より拡張性、汎用性の高いカプ・コケコに出番を奪われ、けしんボルトロスはダブル環境からも姿を消した。
 れいじゅうボルトロスはというと、そもそもダブルバトルでわるだくみを積む余裕が無いため、ちくでんを活かしたサイクル型として使われてはいるが環境の主軸からは距離を置いている。


アニメのボルトロス

f:id:KOKUBANLEMON:20191116104432j:plain

 BW編第59話で初登場。BW編第97話で再登場し、霊獣フォルムになって暴走したが、最終的にメロエッタの活躍で正気に戻った。
 ゲームと同じくトルネロスと一緒に暴れて、ランドロスに退治されたと伝説で語られているが、その舞台はゲームとは違いイッシュ地方にあるミロス島で暴れたとされている。

─────────────────────
 以上です。これで紹介を終えます。