ラレツ!

ラレツ!

困り事への対処法に特化したブログです

【よくわかるポケモン解説】ドンカラス編

 今回のポケモン解説はドンカラスです。

f:id:KOKUBANLEMON:20191127220617p:plain

目次

 


基本データ


全国図鑑  No.430
分類    おおボスポケモン
英語名   Honchkrow
タイプ   あく  ひこう
種族値   H100 A125 B52 C105 D52 S71
高さ    0.9m
重さ    27.3kg
特性    ふみん / きょううん / じしんかじょう(隠れ特性)
性別比   ♂50.0%:♀50.0%
卵グループ ひこう


進化


ヤミカラス → ドンカラス (やみのいし)


図鑑説明


ポケットモンスターダイヤモンド、Y、アルファサファイア
よるになると かつどうを はじめる。たくさんの ヤミカラスを ひきつれ むれを つくることで しられる。

ポケットモンスターパール
こぶんの ヤミカラスに エサを はこばせる。じぶんは すみかで けづくろいに じかんを ついやす。

ポケットモンスタープラチナ、ブラック・ホワイト、ブラック2・ホワイト2、X、オメガルビー
ドンカラスが ひくいこえで なくと すぐさま ヤミカラスが あつまるため よるをまねくもの とも いわれる。

ポケットモンスターハートゴールド・ソウルシルバー
なさけようしゃない せいかく。 こぶんの ヤミカラスの しっぱいは ぜったいに ゆるさないと いわれる。

ポケットモンスターサン
やこうせい。 ひとこえ なけば 100ぴきを こえる こぶんの ヤミカラスが しゅうけつする。

ポケットモンスタームーン
えものを とるのを しっぱいしたり うらぎった こぶんの ヤミカラスを どこまでも おいつめ しょぶんする。

ポケットモンスターウルトラサン
しっぱいしたり うらぎった こぶんは ぜったいに ゆるさない。 むれの ちつじょを まもるため やむないのだ。

ポケットモンスターウルトラムーン
てきと たたかうのは ほぼ こぶん。 じぶんの てを よごすのは あいてに さいごの とどめを さすときだけ。


耐性


4倍
なし

2倍
こおり,いわ,でんき,フェアリー

等倍
ドラゴン,どく,むし,かくとう,ノーマル,はがね,ひこう,みず,ほのお,

1/2
あく,くさ,ゴースト

1/4
なし

無効
エスパー,じめん


容姿


 頭部はソフト帽を髣髴させるような意匠に変化し、もっさりとした白い胸毛が生え、ワイルドな外見になった。
 名前はそのまま「ドン(マフィア等のボスを示す)」+「カラス」モチーフになった生物はカラス、特に巨大な身体を持つワタリガラスだろう。


概要


 『ポケットモンスターダイヤモンド・パール』(4世代)で初登場したポケモン。毛並みを気にしており、餌を取る時間を子分にまかせて自分はその毛づくろいに勤しむ。
 沢山のヤミカラスを従え群れで飛ぶので夜を招く者とも言われる。帽子のような頭部の関係で影になる部分が広く、大勢のヤミカラスを引き連れて飛ぶ様は下から見るとまさに真っ黒。
 「情け容赦ない性格」と図鑑で言われる位に部下の失敗は決して許さず、裏切ったり脱走した子分を執拗に追い詰め、処分するという非情な一面もある。


モチーフ考察


 ソフト帽を被ったようなデザインは、アメリカ映画においてギャングのシンボルと化していたためと思われる。
 また、実際にモチーフにしたかどうかは不明であるが、つばの広い帽子を被った威厳のあるヒゲを蓄えたかのようなデザインから北欧神話オーディンを連想させるという意見も。
 オーディンはカラスを使い魔としている伝承がある他、魔法に詳しい神とも言われ、進化前のヤミカラスも魔女の帽子とホウキをモチーフにしていたりする。また、オーディンの由来が「激怒するもの」である為、ドンカラスの苛烈な性分に通ずるものがある。


ゲームのドンカラス

f:id:KOKUBANLEMON:20191127220634j:plain


 『HGSS』のセレビィイベントではサカキの手持ちに加わっている。軒並み初代で使用した他の手持ちポケモンの中で唯一追加されているのは、やはり悪の首領(ドン)のイメージに合っているからだろうか。
 第5世代のブラックでは野生で出現するようになった。ホワイトでは代わりにムウマージが出る。
 第七世代では進化前のヤミカラスはレベル11でくろいきりを覚えるので、ぬしポケモンのオーラによるランク補正上昇への対策としては悪くない。 


対戦のドンカラス

f:id:KOKUBANLEMON:20191127220651g:plain

能力


 進化前のヤミカラスから攻撃と特攻が大きく上昇し、HPもかなり高くなった。不意打ちをメインに据えるポケモンの中では似たようなポケモンにアブソルやキリキザン等が居るが、その二匹よりもかなり特攻が高いので熱風等の炎技を上手く扱える。
 しかし素早さに関してはその名の通りヤミカラスより下がってしまう。防御・特防も少ししか上がっていないが、前述のようにHPが豊富になったため、うまく努力値を調整すれば並以上の耐久を得ることができる。


特性


 「ふみん」は眠らなくなる。催眠技を持つ相手に安全に後出しできるが、ほぼ上位互換である特性「マジックミラー」を持つエーフィやネイティオがいる。
 「きょううん」は急所ランクが1段階上がった状態となり、自分の攻撃が急所に当たりやすくなる。
 隠れ特性は「じしんかじょう」。自分の技で相手を倒したときに攻撃が一段階上がる。


オススメ技


物理


ブレイブバード
タイプ ひこう
威力  120(180)
命中  100
備考  反動1/3

ゴッドバード
タイプ ひこう
威力  140(210)
命中  90
備考  急所ランク+1。相手怯み30%

ドリルくちばし
タイプ ひこう
威力  80(120)
命中  100

ふいうち
タイプ あく
威力  70(105)
命中  100
備考  優先度+1 先制技

つじぎり
タイプ あく
威力  70(105)
命中  100
備考  急所ランク+1

おいうち
タイプ あく
威力  40(60)/80(120)
命中  100
備考  相手交代で威力倍増

ばかぢから
タイプ かくとう
威力  120
命中  100
備考  自分攻撃・防御↓


特殊技


あくのはどう
タイプ あく
威力  80(120)
命中  100
備考  相手怯み20%

エアカッター
タイプ ひこう
威力  60(90)
命中  95
備考  急所ランク+1。ダブルでは相手全体攻撃

ねっぷう
タイプ ほのお
威力  95
命中  90
備考  相手火傷10%。ダブルでは相手全体攻撃

こごえるかぜ
タイプ こおり
威力  55
命中  95
備考  相手素早↓100%。ダブルでは相手全体攻撃


変化技


でんじは
タイプ でんき
効果  相手を麻痺にする
命中  90

どくどく
タイプ どく
効果  相手を猛毒状態にする
命中  90

ちょうはつ
タイプ あく
効果  相手の変化技を封じる
命中  100

ほろびのうた
タイプ ノーマル
効果  3ターン後全滅
備考  まもる・みがわり貫通かつ必中

オウムがえし
タイプ ひこう
効果  相手の技を繰り返す

おいかぜ
タイプ ひこう
効果  三ターン味方の素早さ二倍

わるだくみ
タイプ あく
効果  自分特攻↑↑


Zワザ(第七世代)


ブラックホールイクリプス
元の技 つじぎり
威力  140(210)
元の技 ふいうち
威力  140(210)
元の技 イカサマ
威力  175(262)

ファイナルダイブクラッシュ
元の技 ブレイブバード
威力  190(285)
元の技 ゴッドバード
威力  200(300)

Zおいかぜ
元の技 おいかぜ
効果  Zパワーで急所ランク+2

Zオウムがえし
元の技 オウムがえし
効果  ZパワーでAランク+2。オウムがえしで返す技もZワザとして発動できる

ぜんりょくむそうげきれつけん
元の技 ばかぢから
威力  190


テンプレート型


確定急所型 


特性:きょううん

ピントレンズ 

性格:いじっぱり/ようき
努力値:AS252
持ち物:ピントレンズ(するどいツメ)
確定技:つじぎり/ブレイブバード
攻撃技:ふいうち/おいうち/ばかぢから
変化技:ちょうはつ/でんじは/おいかぜ

Zおいかぜ 

性格:いじっぱり/ようき
努力値:A252 S調整 残り耐久
持ち物:ヒコウZ
確定技:おいかぜ/ブレイブバード
攻撃技:つじぎり/ふいうち/おいうち/ばかぢから
変化技:ちょうはつ


じしんかじょう型 


特性:じしんかじょう
性格:いじっぱり/ようき/むじゃき
努力値:AS252
持ち物:こだわりハチマキ/いのちのたま/ラムのみ/オボンのみ/ヒコウZ
確定技:ブレイブバード/ふいうち
攻撃技:おいうち/つじぎり/ばかぢから/ねっぷう
補助技:ちょうはつ/みがわり/おいかぜ


スカーフ型 


性格:いじっぱり/ようき/せっかち/むじゃき/さみしがり/やんちゃ
努力値:S252 AorC252
持ち物:こだわりスカーフ
物理技:ブレイブバードorドリルくちばし/つじぎり/おいうち/ばかぢから
特殊技:あくのはどう/めざめるパワー/ねっぷう/こごえるかぜ


ドンカラス 


注意すべき点


 攻撃力が高く、一致技の等倍範囲も広い。じしんかじょうやZオウムがえしで攻撃が上がると、ふいうちで全抜きされる恐れがある。きょううん+Zおいかぜを用いた確定急所型の場合、いかくやリフレクターに強い。


対策方法


 一致技+ばかぢから半減のカプ・コケコや、先制技無効のカプ・テテフ、ばけのかわで全抜きを阻止できるミミッキュ等で弱点を突くのが良い。


ドンカラスの歴史


第四世代


 キノガッサよりわずかに素早いこと、対催眠の特性を持つことから、キノガッサキラーとして機能。しかし、キノガッサゴウカザルによって抑止されていたことから、それほど活躍しなかった。
 この世代に登場したガブリアスとのコンビ「カラスガブ」は無効3つの流し性能と高い攻撃性能を持つ。こおりの一貫性に気を付ければ中々使える構築であった。
 クレセリアUMAトリオとの対面で非常に有利だったのも追い風。プラチナでばかぢから、ねっぷうを習得。HGSSブレイブバードを獲得。
 展開期のオフ会ではきょううん+パワフルハーブ+ゴッドバードという運ゲー構成も使われることがあった。
 努力値に関しては、相手の技を受けるのには不安な耐久であったため、攻撃と素早さに各252振りが一般的。抜ける相手もそれほど多くなかったため、あえて素早さではなく低い防御に全振りする型もあった。


第五世代


 バークアウト、イカサマを獲得。バークアウト+はねやすめで特殊耐久型のように回すことも一応可能であった。イカサマはタイプ一致だが、自身の決定力が非常に高いため特に強化にはならなかった。
 自身の125を超える攻撃の種族値のアタッカーとの対峙も多いが、そういうシーンは大体ふいうちに期待されている。
 隠れ特性じしんかじょう」を獲得。相手を倒すごとに攻撃力が上昇していき、相手へのプレッシャーもどんどん増していく。BW2にて教え技との両立ができるようになり、使いやすくなった。
 あくのジュエルの登場によって、もう一声欲しかったおいうちの火力が底上げ。サイクル崩壊要因として偶に考慮されるようにはなった。


第六世代


 はがねタイプに対し、あくタイプの技が等倍になった。おかげでふいうちの一貫性が上昇。この世代からはメガシンカによる高種族値での制圧が戦略として成立しているため、イカサマで相手の高い攻撃にただ乗りする旨味が増した。
 一方、あくのジュエルの没収によって、おいうち型が弱低下。この世代から登場したフェアリータイプにはあくタイプの攻撃がいまひとつ。しかし、大抵のフェアリータイプには飛行タイプが等倍以上で通るのでその点はあまり苦にはならない。
 急所のランク補正の仕様変更によってきょううん型の運用性が増した。ふみん型はぼうじんゴーグルの登場やくさタイプの仕様変更による粉技無効化などもあって、相対的に価値を下げた。
 PGLレーティングバトル統計データを見ると、ふいうち、ばかぢから、ブレイブバード、つじぎりがテンプレ技構成。ふいうちに至ってはリーグやシーズンによっては採用率100%を記録している。ブレイブバードも採用率90%台後半を記録するシーズンが多く見られた。
 持ち物はいのちのたま、ピントレンズがメイン。第六世代のキノガッサは火力を求めたいじっぱりの割合が増加。そのため、ドンカラスもいじっぱり型が主流になった。
 第四世代に成立した「カラスガブ」もドンカラスを採用する場合にはしばしば組まれていた。さらに「カラスガルド」も新たに発祥。
 サザンドラギルガルドですべてのタイプを半減以下で受けられる「サザンガルド」と比べると、でんきを等倍以上で受けることになる代わりに、先制攻撃技、じしんかじょうつるぎのまいによって抜き性能を高めサイクルの途中に抜き構築にシフトできる。


第七世代


弱体化要素

 ふいうちの威力が70に低下。サイコフィールドによってふいうち無効化の恐れが増えた。カプやミミッキュの登場などフェアリータイプの普及でドンカラスの採用が躊躇われる場面が目立つように。

強化ポイント

 いたずらごころの仕様変更はドンカラスにとってはプラスとなった。ドンカラスにとって敵に回すと厄介なミミッキュは、相性補完としては優秀。
 この世代から「カラスミミッキュ」が成立した。P-Sports6回目の放送でもこうが使用していた。


アニメのドンカラス

f:id:KOKUBANLEMON:20191127220725p:plain


シンジのドンカラス

 

f:id:KOKUBANLEMON:20191127220716j:plain


ヤミカラス時代


 初登場はOP1。本編での初登場はシロナとのフルバトルで、ガブリアス相手に3番手で登場。
 この時はガブリアスに「ギガインパクト」を使わせるための捨て駒のような扱いだった。


進化後


 OP2でシンジの後ろにドンカラスの姿が映っている。ドンカラスに進化して以降は主力として機能しており、トバリジム戦ではスモモのアサナンゴーリキーを「ゴッドバード」で2タテした。
 サトシのハヤシガメとは因縁があり、本編では2度対決し、どちらもドンカラスが勝利している。ポケリンガではムクバードとも対決したが、こちらはムクバードがバトル中にムクホークに進化したのもあって僅差で敗北している。


使用した技


くろいきり
ゴッドバード
シャドーボール
あくのはどう
• つばめがえし
• つじぎり


マキのドンカラス


 ディアルガvsパルキアvsダークライに登場。神と呼ばれしポケモン達の争いでアラモスタウンに起きた異変の影響で発生した霧を払う為に登場。
 『きりばらい』を使用するも全く効果が無かった。出番は以上である。声を担当したのは逢坂力氏。


主な使用トレーナー


• シンジ/ライバル(アニメ)
• マキ/ディアルガvsパルキアvsダークライ(ゲストキャラクター)
• カリン/四天王(ジョウト)
• ハヤト/ジムリーダー(ジョウト)
• ナギ/ジムリーダー(ホウエン)
• アカギ/ギンガ団ボス
• サカキ/ロケット団ボス
ギーマ/四天王(イッシュ)
• フラダリ/フレア団ボス
クチナシ/しまキング
グズマ/スカル団ボス

─────────────────────
 以上です。これで紹介を終えます。