ラレツ!

ラレツ!

困り事への対処法に特化したブログです

【よくわかるポケモン解説】ストリンダー編

 今回のポケモン解説はストリンダーです。

f:id:KOKUBANLEMON:20191202154333j:plain


目次

 


基本データ


全国図鑑  No.849
分類    パンクポケモン
英語名   Toxtricity
タイプ   でんき / どく
種族値   H75 A98 B70 C114 D70 S75
高さ    1.6m
重さ    40.0kg
特性    パンクロック / プラス(ハイなすがた) / マイナス(ローなすがた) / テクニシャン(隠れ特性)
性別比   ♂50%:♀50%
卵グループ ひとがた


進化


エレズン → ストリンダー(LV30)


図鑑説明


ポケットモンスターソード
胸の突起を掻きむしり電気を起こすときあたりにギターのような音が響く。

ポケットモンスターシールド
ケンカ腰で気が短い。よどんだ水をがぶ飲みして水中の毒素を取り込む。


耐性


4倍
じめん

2倍
エスパー

等倍
ほのお,みず,ゴースト,あく,いわ,ドラゴン,ノーマル,はがね,こおり

1/2
どく,でんき,くさ,むし,かくとう,ひこう,フェアリー

1/4
なし

無効
なし


容姿


 ポケモンシリーズ初の性格によって異なる姿に進化するのが特徴。特性プラス・マイナスのほか、習得技にも小さな差異がある。
 ミントで後天的に性格補正を変えられるようになったからこそ可能になった条件だと言えるだろう。なお、ミントでは性格自体は変わらないので進化先のフォルムは変化しない。
 ベノムショックとベノムトラップはわざマシン・わざレコードが存在するが、自力習得できない方の技のわざマシン・わざレコードは使うことができない。


ハイなすがた

f:id:KOKUBANLEMON:20191202154349p:plain


 ようき、いじっぱりといった、俗に言う陽キャ寄りの性格をしたエレズンが進化。体色は紫と黄色で、トサカから背中にかけてモヒカン状に黄色の電気が発せられている。
 ケンカ腰で気が短く、発電と共に発せられるのはエレキギターのような音。エレズンの時にせいでんきであれば、特性はプラスになり、わざはベノムショック、ギアチェンジを習得。
 具体的な性格は「がんばりや/ゆうかん/いじっぱり/やんちゃ/すなお/わんぱく/のうてんき/せっかち/ようき/むじゃき/うっかりや/なまいき/れいせい」。


ローなすがた

f:id:KOKUBANLEMON:20191202154408p:plain


 おくびょう、ひかえめといった、俗に言う陰キャ寄りの性格のエレズンが進化。体色は水色と紫で、背中に青い電撃が2列、背びれのように発せられている。
 15000ボルトの電気を作り出すと共にベースのような音を響かせる。いかなる相手もナメきった態度をとる、肝の据わった性格。
 ハイなすがたとは対照的に、エレズンの時にせいでんきであった場合、特性はマイナスに、ベノムトラップ、じばそうさといった耐久寄りの補助技を覚える。
 具体的な性格は「さみしがり/ずぶとい/のんき/おくびょう/まじめ/ひかえめ/おっとり/れいせい/てれや/おだやか/おとなしい/しんちょう」。


概要


 『ポケモン剣盾』から初登場したエレズンの進化形。爬虫類の亜人のような姿となった。毒素の化学反応で生まれる電気エネルギーは比べものにならない程強くなっており、よどんだ水を好んでがぶ飲みする事で水中にある毒素を取り込む。
 胸についている紫の突起状の発電器官があり、これを掻きむしるように操作することで発電と共に音を鳴らす。
 デザインや特性名などから鑑みるに、モチーフはパンクロッカーとエレキギターの複合と思われる。
 ガラル地方のモデルのイギリスは、アメリカ合衆国とともにロック及びパンクロックの発祥・発展の中心地であることからだろう。


対戦のストリンダー

f:id:KOKUBANLEMON:20191202154424j:plain


能力


 今までになかった電気・毒タイプの組み合わせで、能力としては中速の両刀アタッカー寄り。
 弱点が地面4倍とエスパー2倍のみ、耐性が草・電気・格闘・飛行・毒・虫・フェアリー・鋼の8つと非常に優秀。(ふしょく持ちを除く)どく・まひ状態にならないなど、状態異常の耐性もある。


特性


 「パンクロック」は自分の音系の技『いびき』『うたかたのアリア』『エコーボイス』『さわぐ』『スケイルノイズ』『チャームボイス』『バークアウト』『ハイパーボイス』『ばくおんぱ』『むしのさざめき』『りんしょう』『ソウルビート』『オーバードライブ』の威力が上がる。また、自分が受ける音系の技のダメージが半減する。
 「プラス」or「マイナス」は特性『プラス』か『マイナス』のポケモンが戦闘にいると『とくこう』が1.5倍になる。
 隠れ特性は「テクニシャン」。威力が60以下の技の威力が1.5倍になる。威力の変動する技や、威力が修正された場合も影響する。


オススメ技


特殊技


ばくおんぱ
タイプ ノーマル
威力  140
命中  100
備考  全体攻撃。音技

かみなり
タイプ でんき
威力  110(165)
命中  70
備考  相手麻痺30%。雨下で必中

オーバードライブ
タイプ でんき
威力  80(120)
命中  100
備考  2体攻撃。専用技。音技

ボルトチェンジ
タイプ でんき
威力  70(105)
命中  100
備考  攻撃後自分交代

ヘドロウェーブ
タイプ どく
威力  95(142)
命中  100
備考  相手毒10%。周囲全体攻撃

ヘドロばくだん
タイプ どく
威力  90(135)
命中  100
備考  相手毒30%

アシッドボム
タイプ どく
威力  40(60)
命中  100
備考  相手特防↓↓100%

ゲップ
タイプ どく
威力  120(180)
命中  90
備考  きのみ消化後使用可能

バークアウト
タイプ あく
威力  55
命中  95
備考  相手特攻↓100%。音技

ほっぺすりすり
タイプ でんき
威力  20(30)
命中  100
備考  相手麻痺100%

がむしゃら
タイプ ノーマル
効果  相手のHPを自分と同値にする
命中  100


変化技


どくどく
タイプ どく
効果  相手を猛毒にする
命中  必中

アチェンジ
タイプ はがね
効果  自分攻撃↑、素早さ↑↑
備考  ハイなすがた限定

ちょうはつ
タイプ あく
効果  相手の変化技を封じる
命中  100

アンコール
タイプ ノーマル
効果  相手に同じ技を繰り返させる
命中  100


テンプレート型


特殊アタッカー型 

特性:パンクロック
性格:ひかえめorおくびょう
努力値:C252 H252orS252
持ち物:きあいのタスキ/とつげきチョッキ/こだわりスカーフ/こだわりメガネ/オボンのみ/ふうせん
確定技:ばくおんぱ/オーバードライブ
選択攻撃技:ボルトチェンジ/ヘドロウェーブorヘドロばくだん/アシッドボム/バークアウト/ほっぺすりすり
選択補助技:ちょうはつ/アンコール/どくどく


対ストリンダー 


注意すべき点


 音技の火力が高い。このポケモンを倒すまで、「みがわり」をアテにする戦術は控えるべき。
 タイプの特性上どくとまひが効かず、あちらは「アシッドボム」などを備えているので、それらを用いる耐久型にも強い。


対策方法


 地面技が使えれば楽。じめん・はがねタイプならば両方の一致技を無効にできなお良い。耐性は多いが素の耐久値は低いので、等倍を取れば倒すのは難しくない。
 また、「じごくづき」があれば主要火力の音技を封じる事ができる。

─────────────────────
 以上です。これで紹介を終えます。