ラレツ!

ラレツ!

困り事への対処法に特化したブログです

【よくわかるポケモン解説】ポッタイシ編

 今回のポケモン解説はポッタイシです。

f:id:KOKUBANLEMON:20191204212914p:plain


目次

 


基本データ


全国図鑑  No.394
分類    ペンギンポケモン
英語名   Prinplup
タイプ   みず
種族値   H64 A66 B68 C81 D76 S50
高さ    0.8m
重さ    23.0kg
特性    げきりゅう / まけんき(隠れ特性)
性別比   ♂87.5% : ♀12.5%
卵グループ すいちゅう1 / りくじょう


進化


ポッチャマ → ポッタイシ(Lv16) → エンペルト(Lv36)

 

図鑑説明


ポケットモンスターダイヤモンド、X、オメガルビー
むれを つくらずに 1ぴきで いる。じぶんが いちばん えらいと どの ポッタイシも かんがえているようだ。

ポケットモンスターパール
つばさの いちげきは きょうれつ。たいぼくも ポキリと おれるほどだ。こおりの うみで えものを さがす。

ポケットモンスタープラチナ、ブラック・ホワイト、ブラック2・ホワイト2
どの ポッタイシも じぶんが いちばん えらいと かんがえるため むれを つくることは ふかのうだ。

ポケットモンスターハートゴールド・ソウルシルバー、Y、アルファサファイア
なかまを つくらずに くらす。つばさの きょうれつな いちげきは たいぼくを まっぷたつに へしおる。


耐性


4倍
なし

2倍
でんき,くさ

等倍
じめん,いわ,エスパー,あく,ゴースト,むし,ひこう,どく,フェアリー,ノーマル,かくとう,ドラゴン 

1/2
はがね,こおり,みず,ほのお

1/4
なし

無効
なし


容姿


 進化前に引き続きペンギンの姿をしているが、マスコットらしいデフォルメがなされていたとポッチャマは異なり、頭身が上がって実物に近い体型となっている。
 ただし実物と大きく異なる特徴として、クチバシから後頭部にかけて1対の板状の角が伸びている。
 体色は全体的に濃いめ。眼つきも鋭くなっているが、全体的には前世代のワカシャモに通じるものがある、いかにも中間進化然とした未成熟な雰囲気である。
 名前の由来は恐らく「(ポッチャマから引き継いだ)ポッ+太子」。まだまだ幼い事が伺える。


概要


 『ポケットモンスターダイヤモンド・パール』(第4世代・DPt)で初登場した、ポッチャマの進化形ポケモン
 群れを作らずに1匹でいるという。これはどのポッタイシも自分が一番だと考えており、群れを作ることが不可能なためである。氷の海で獲物を取って暮らしている。
 また体格が大きくなった事で翼の一撃は強烈になり、大木を真っ二つにへし折るほどになった。


ゲームのポッタイシ

f:id:KOKUBANLEMON:20191204212936j:plain


性能


 体格の向上に合わせて、ポッチャマよりも全体的にステータスが上昇している。特に「とくこう」が優れている。
 もっとも、これも全体的に見ればごく一般的な中間進化ポケモンに過ぎず、特にこの段階で留めておく意味は無い。


特性


 「げきりゅう」はHP1/3以下になるとみずタイプの技を放つときに攻撃・特攻が1.5倍になる。
 隠れ特性は「まけんき」。能力が下降するたびに攻撃が2段階上がる。


主な技


 進化と同時に「メタルクロー」を覚える。しかしまったく役に立たない。物理技な上、ポッタイシははがねタイプを持っていないためだ。
 恐らくは進化後にはがねタイプが加わる伏線かつ、早い段階から強力な技を持たせるわけにはいかなかったためだと思われる。


主な使用トレーナー


• ジュン(トレーナー) / 『DPt』のライバル(プレイヤーが最初にヒコサルを選んでいた場合)
• プラチナ・ベルリッツ / 『ポケットモンスター☆SPECIAL』の登場人物

─────────────────────
 以上です。これで紹介を終えます。