ラレツ!

ラレツ!

困り事への対処法に特化したブログです

【よくわかるポケモン解説】オーロンゲ編

 今回のポケモン解説はオーロンゲです。

f:id:KOKUBANLEMON:20191216094446j:plain


目次

 


基本データ


全国図鑑  No.861
分類    ビルドアップポケモン
英語名   Grimmsnarl
タイプ   あく フェアリー
種族値   H95 A120 B65 C95 D75 S60
高さ    1.5m
重さ    61.0kg
特性    いたずらごころ / おみとおし / わるいてぐせ(隠れ特性)
性別比   ♂100%
卵グループ 人型/妖精


進化


ベロバー→ギモー(LV32)→オーロンゲ(LV42)


図鑑説明


ポケットモンスターソード
髪の毛を全身に巻きつけると筋力がアップ。カイリキーをねじ伏せるパワーを発揮する。

ポケットモンスターシールド
髪の毛は筋肉繊維のように働きほどけると触手の動きで相手を絡め取る。


耐性


4倍
なし

2倍
はがね,どく,フェアリー

等倍
ほのお,くさ,みず,でんき,ひこう,じめん,いわ,かくとう,こおり,むし,ノーマル

1/2
ゴースト

1/4
あく

無効
ドラゴン,エスパー


容姿


 ギモーの時に生えた髪の毛は進化することでさらに伸びる。全身に巻き付くまでに至り、フェアリータイプらしからぬ何ともゴツイ姿へと変化した。
 元ネタは恐らく、オーガまたはオーク。名前の由来はそれらにロン毛を加えたもの。あるいはベロバーと合わせて見るに、妖精王オベロンに由来している可能性もある。


概要


 ポケモン剣盾に登場するポケモン。ベロバーの最終進化系。
 その身は実はギモーのように細身。しかし、筋繊維のような働きをする髪を全身に纏う事により、マッシブな体型に見せかけるだけでなく、実際にカイリキーをもねじ伏せるパワーを発揮する。また、敢えてほどいて相手を絡め捕る触手のようにふるうことも出来る。


ゲームのオーロンゲ

f:id:KOKUBANLEMON:20191216094512j:plain


 これまで登場したポケモンの中でもトップクラスに威圧的で恐ろしげな風貌をしている。一方、キャンプでは他のポケモンと仲良く遊んだり(時々喧嘩も)する。
 プレイヤーが話しかけると笑顔で応じてくれたり、果ては美味しそうにカレーを平らげたりとその見た目との凄まじいギャップを見せてくれる。愛嬌があると捉えるか、違和感があると感じるかは人次第。


▼入手場所


ストーンズ原野
げきりんの湖


▼マックスレイドバトル


• うららか草原
• ハシノマ原っぱ
• 砂塵の窪地
• 巨人の鏡池
• ナックル丘陵
げきりんの湖


キョダイマックス

f:id:KOKUBANLEMON:20191216094615p:plain


 キョダイマックスすると全身に纏っていた髪の毛がさらに増大。手足が延長されスマートな外見となる。その大きさもあり、小悪魔だったベロバーが魔王へと到達したかのようなオーラを放っている。
 一方、足先などの末端にキョダイマックスする前の本体が確認できない事から、髪の毛でパワードスーツを再現しているとも考えられる。


対戦のオーロンゲ

f:id:KOKUBANLEMON:20191216094541j:plain


タイプ


 悪・フェアリータイプの組み合わせは弱点3、耐性が4(エスパー・ドラゴン無効)と可もなく不可もない組み合わせ。


能力


 見た目に違わず攻撃が一番高く、HPと特攻が続いて並ぶ。反面、防御と特防は低めであり、かなり撃たれ弱い。


特性


 「いたずらごころ」は自分の使う変化技の優先度が1だけ加算される。優先度0の変化技も優先度+1として『すばやさ』に関係なく先制攻撃できる。ただし『あく』タイプの相手(味方は含まない)には変化技がすべて失敗する(第6世代は条件なし)。
 「おみとおし」は戦闘に出てきた時、すべての相手の持っている道具の名前が分かる。
 隠れ特性は「わるいてぐせ」。直接攻撃を受けた時、相手の持っている道具を奪う。


オススメ技


理技


じゃれつく
タイプ フェアリー
威力  90(135)
命中  90
備考  相手攻撃↓10%

ウルクラッシュ
タイプ フェアリー
威力  75(112)
命中  100
備考  相手特攻↓100%

イカサマ
タイプ あく
威力  95(142)
命中  100
備考  相手の攻撃でダメージ計算

DDラリアット
タイプ あく
威力  85(127)
命中  100
備考  相手の能力変化無視

どげざつき
タイプ あく
威力  80(120)
命中  必中

ふいうち
タイプ あく
威力  70(105)
命中  100
備考  優先度+1先制技

パワーウィップ
タイプ くさ
威力  120
命中  85

ばかぢから
タイプ かくとう
威力  120
命中  100
備考  自分攻撃・防御↓

アームハンマー
タイプ かくとう
威力  100
命中  90
備考  自分素早↓

かわらわり
タイプ かくとう
威力  75
命中  100
備考  壁破壊

ドレインパンチ
タイプ かくとう
威力  75
命中  100
備考  与えたダメージの半分回復

ほのおのパンチ
タイプ ほのお
威力  75
命中  100
備考  相手火傷10%

れいとうパンチ
タイプ こおり
威力  75
命中  100
備考  相手凍り10%

かみなりパンチ
タイプ でんき
威力  75
命中  100
備考  相手麻痺10%

じだんだ
タイプ じめん
威力  75
命中  100
備考  技失敗の次ターンは威力2倍

ねこだまし
タイプ ノーマル
威力  40
命中  100
備考  相手怯み100%。優先度+1先制技


変化技


いちゃもん
タイプ あく
効果  同じ技を連発できなくする

ちょうはつ
タイプ あく
効果  相手の変化技を封じる

ビルドアップ
タイプ かくとう
効果  自分攻撃・防御↑

でんじは
タイプ でんき
効果  相手を麻痺にする
命中  90

ひかりのかべ
タイプ エスパー
効果  5ターン味方の特殊耐久を上げる

リフレクター
タイプ エスパー
効果  5ターン味方の物理耐久を上げる

みがわり
タイプ ノーマル
効果  HP1/4消費して身代わりを生み出す

こわいかお
タイプ ノーマル
効果  相手素早↓↓

トリック
タイプ エスパー
効果  持ち物を交換する
命中  100


テンプレート型 


壁張り型 

特性:いたずらごころ
性格:わんぱくorしんちょう
努力値:H252 B252orD252
持ち物:ひかりのねんど/だっしゅつボタン
確定技:ひかりのかべ/リフレクター
選択技:でんじは/ソウルクラッシュ/ふいうち/イカサマ/ちょうはつ

物理アタッカー型 

特性:いたずらごころ
性格:いじっぱり
努力値:A252 残り耐久
持ち物:いのちのたま/じゃくてんほけん/くろいメガネ/たつじんのおび/こだわりハチマキ/回復きのみ
確定技:ふいうち/じゃれつくorソウルクラッシュ
選択攻撃技:DDラリアット/ばかぢからorアームハンマーorドレインパンチ/ほのおのパンチ/かみなりパンチ/れいとうパンチ
選択変化技:でんじは/みがわり/ちょうはつ/リフレクター/ひかりのかべ/ビルドアップ


対オーロンゲ 


注意すべき点


 いたずらごころによる壁貼り、でんじは。メジャーな壁貼り型は何もさせずに倒す方法は今のところなく、何らかの仕事はされてしまう。攻撃種族値、攻撃範囲も優秀。一致「ふいうち」「ソウルクラッシュ」の技も厄介。


対策方法


 攻撃種族値が高く等倍範囲も広いが、抜群範囲はそこまででもない、また技威力も全体的に低め。積み技も「ビルドアップ」のみで、回復技の「ドレインパンチ」はタイプ不一致で威力が乏しい。
 本領は本人よりも「でんじは」や両壁から現れるエースの存在。いたずらごころによって、どれだけ対策しても最低限の仕事をされやすい。
 最も楽なのは後続へ「かわらわり」などを叩きこんで壁を破壊する、或いはすりぬけを持つポケモンの採用。オーロンゲ自体の火力は高くなく、自主退場技も持たないため、その間に積んで壁の上から潰せる火力を持たせても良い。

─────────────────────
 以上です。これで紹介を終えます。