ラレツ!

ラレツ!

困り事への対処法に特化したブログです

【よくわかるポケモン解説】レパルダス編

 今回のポケモン解説はレパルダスです。

f:id:KOKUBANLEMON:20191209101041p:plain


目次

 


基本データ


全国図鑑  No.510
分類    れいこくポケモン
英語名   Liepard
タイプ   あく
種族値   H64 A88 B50 C88 D50 S106
高さ    1.1m
重さ    37.5kg
特性    じゅうなん / かるわざ / いたずらごころ(隠れ特性)
性別比   ♂50.0% : ♀50.0%
卵グループ りくじょう


進化


チョロネコ → レパルダス(Lv20)


 図鑑説明


ポケットモンスターブラック
しんしゅつきぼつな ポケモン。 うつくしい スタイルと けなみが おおくの トレーナーを ひきつける。

ポケットモンスターホワイト、Y、アルファサファイア
けはいを ころして せっきんする。 あいてが きづく まえに はいごから しのびより しとめてしまうのだ。

ポケットモンスターブラック2・ホワイト2、X、オメガルビ
うつくしい スタイルは ぜんしんの はったつした きんにくの おかげ。 おともたてずに よるを かけぬける。


耐性


4倍
なし

2倍
むし,かくとう,フェアリー

等倍
ドラゴン,どく,ノーマル,はがね,ひこう,こおり,みず,くさ,ほのお,じめん,いわ,でんき

1/2
あく,ゴースト

1/4
なし

無効
エスパー


概要


 ポケモン『ブラック・ホワイト』(第五世代)にて初登場。正統派のネコ科らしいスマートなフォルムのまま進化した。
 名前の由来はおそらくレオパルド(豹)+パルダス(豹の学名)。レパルダスと同じく豹がモデルのポケモンは他にスイクンがいる。


ゲームのレパルダス

f:id:KOKUBANLEMON:20191209101056j:plain


 タイプ一致技を覚えるのが遅く、両刀な種族値配分の割には覚えられる技の範囲が狭い。レベルを上げて「つじぎり」や「ふいうち」を覚えてからは安定する。
 プラズマだんのしたっぱやチェレンは、チョロネコレパルダスを多用するが、技の威力が貧弱なため楽に倒しやすい。


対戦のレパルダス

f:id:KOKUBANLEMON:20191209101130j:plain

能力


 種族値は完全なアタッカータイプで防御面が脆い。反撃の格闘技や虫技で返り討ちにされてしまうことも。


特性


 「じゅうなん」は『まひ』状態にならない。
 「かるわざ」は持っている道具がなくなると『すばやさ』が2倍になる。再び道具を持つと元に戻る。最初から道具を持っていない場合は効果がない。
 隠れ特性は「いたずらごころ」。変化技を確実に先制で出せる。しかしあくタイプには無効化される。


オススメ技


物理技


イカサマ
タイプ あく
威力  95(142)
命中  100
備考  相手の攻撃でダメージ計算

ふいうち
タイプ あく
威力  70(105)
命中  100
備考  優先度+1先制技

おいうち
タイプ あく
威力  40(60)/80(120)
命中  100
備考  相手交代で威力倍増

はたきおとす
タイプ あく
威力  65(97)/97(145)
命中  100
備考  相手道具排除

つじぎり
タイプ あく
威力  70(105)
命中  100
備考  急所ランク+1

ダストシュート
タイプ どく
威力  120
命中  80
備考  相手毒30%

じゃれつく
タイプ フェアリー
威力  90
命中  90
備考  相手攻撃↓10%

とんぼがえり
タイプ むし
威力  70
命中  100
備考  攻撃後自分交代

ねこだまし
タイプ ノーマル
威力  40
命中 100
備考  優先度+3先制技。相手怯み100%


特殊技


あくのはどう
タイプ あく
威力  80(120)
命中  100
備考  相手怯み20%

バークアウト
タイプ あく
威力  55(82)
命中  95
備考  相手特攻↓100%。みがわり貫通。ダブルでは相手全体攻撃

ハイパーボイス
タイプ ノーマル
威力  90
命中  100
備考  音技。みがわり貫通

くさむすび
タイプ くさ
威力  20~120
命中  100

めざめるパワー
候補タイプ ほのお,こおり
威力    60
命中    100


変化技


ねこのて
タイプ ノーマル
効果  控えのポケモンの持つ技をランダムで繰り出す

いばる
タイプ ノーマル
効果  相手を混乱させる
命中  85
備考  相手攻撃↑↑

みがわり
タイプ ノーマル
効果  HP1/4消費して身代わりを生み出す

アンコール
タイプ ノーマル 
効果  相手に同じ技を繰り返させる
命中  100

ちょうはつ
タイプ あく
効果  相手の変化技を封じる
命中  100

でんじは
タイプ でんき
効果  相手を麻痺にする
命中  90

あくび
タイプ ノーマル
効果  相手の眠気を誘う

トリック
タイプ エスパー
効果  持ち物を交換する
命中  100

わるだくみ
タイプ あく
効果  自分特攻↑↑


テンプレート型


いばサマ型 

特性:いたずらごころ
性格:おくびょう
努力値:S252or調整 残り耐久
持ち物:オボンのみ/たべのこし/ふうせん
確定技:いばる/みがわり/イカサマ
選択技:ねこだまし/アンコール/ちょうはつ/ふいうち/おいうち

ねこのて胞子型 

特性:いたずらごころ
性格:ようき/おくびょう/ひかえめ/ずぶとい
努力値:H16n+1or16n+3調整 S252or調整 余りBorC
持ち物:たべのこし
確定技:ねこのて/みがわり
選択肢1:いばる/イカサマ
選択技2:わるだくみ/あくのはどう

積みサポート型 

特性:いたずらごころ
性格:おくびょうorようき
努力値:HS252
持ち物:だっしゅつボタン
確定技:あくび/まもる
選択技:ちょうはつ/いばる/アンコール/ねこだまし/イカサマ

【ダブル】サポート型 

特性:いたずらごころorかるわざ
性格:おくびょう/ようき
努力値:S252or調整 H252orAC調整
持ち物:きあいのタスキor各種シード
確定技:ねこだまし
優先技:アンコール
攻撃技:イカサマorあくのはどうorバークアウト/ふいうち/はたきおとす
補助技:ちょうはつ/あくび/いばる/でんじは/まもる/あまえる


レパルダス 


注意すべき点


 いたずらごころ持ちの中でも屈指の素早さ。クレッフィなど他のいたずらごころ持ちにも上からちょうはつを撃てる。自身より速いエルフーンや化身ボルトロスなどのちょうはつは悪タイプの耐性により無効。
 いばみが型、あくびサポート型など、補助技を活かした様々な型がある。特にねこのて胞子型は対策がきっちりなされていないとレパルダス一体で詰まされてしまう。


対策方法


 強力なねこのて胞子には、粉技無効のくさタイプやエレキフィールドミストフィールドで対策可能。あくタイプやサイコフィールドならその他の補助技も無効化できる。
 また火力・耐久共に低く、イカサマの危険性も少ない特殊アタッカーなら一致等倍でも大きなダメージを与えられる。


レパルダスの歴史


第五世代


『BW』期

 どのバトルでもマイナーな存在であった。

『BW2』期

シングルバトル

 隠れ特性いたずらごころが解禁。「いたずらごころ+ねこのて」で様々なコンボが考案された。

いたずらごころ+キノコのほうし

 ねこのてで「キノコのほうし」を先制で乱発し、身代わりと組み合わせて相手の隙を強引に作る。
 安全に「わるだくみ」を積んだり、「いばる」+「イカサマ」等で攻める。

いたずらごころ+ふきとばし

 ねこのては変化技であるため、夢特性いたずらごころ」の場合は優先度+1で出せる。それを利用して、本来は優先度-5のふきとばしを先制で放つ。
 これをひたすらに繰り返すだけで、相手はレパルダスに一撃も与えられぬまま時間切れになる。

いたずらごころそらをとぶ+こうこうのしっぽ

 持たせれば必ず後攻になる「こうこうのしっぽ」を持たせる。いたずらごころ発動で先制でねこのて→そらをとぶを使い相手の反撃をかわす。
 次のターン。今度はこうこうのしっぽ発動により、そらをとぶの攻撃判定は相手の行動のあとに行われる。
 すなわち、相手はどうあがいても先制で攻撃をするため、こちらは無傷。そして、そらをとぶのダメージを与える。あとはそれを繰り返すだけ。

対策

• 優先度+2の「しんそく」を使い一撃で落とす。
レパルダスより速さの高いポケモンの先制技。
• 同じくいたずらごころ持ちでなおかつレパルダスより速いエルフーンの補助技で動きを封じる。
• 「そらをとぶ」時にはかみなり・ぼうふう・スカイアッパーが必中するので撃ち落す
• 特性「きゅうばん」や「マジックミラー」で退場を防ぐ。

ダブルバトル

 エスパー、ゴーストのサポーターの一致メインウエポンに耐性のあるため活躍。といっても、一致メインウエポンがイカサマ一択であったため、特殊型が大半であったそれらサポーターにはそれほど削れなかった。
 レパルダスいたずらごころ+にほんばれで雨を書き換え、ウルガモスちょうのまいでさらに火力と特殊みず火力に対する受けを強化する「レパルウルガ」が、雨パに対する露骨なメタとして一定数使われた。

配布

 WCS2013マスターカテゴリでパク・セジュンが使用したポケモンとして韓国で人気になり、世代末期にはレパルダス (박세준)がソウル市内で配布された。


第六世代


 いたずらごころの仕様変更により、ふきとばし型、後攻そらをとぶ型は構築不可能となった。しかし、キノコのほうし型は存続。
 相性の仕様変更によりはがねタイプにあくやゴーストタイプの技が等倍で通るようになった。

大会実績

 韓国のダブルバトル環境で人気になる。WCS2014大韓民国代表選抜戦インターネット予選(カロス図鑑限定ダブルバトル)ジュニアカテゴリ25位の使用率を記録していた。
 GSダブルでは素早さの種族値が100を超えるサポーターとしての個性が光る。ねこだましイカサマなどいたずらごころが適用されない技を使う際にその点が活用された。
 JCS2016(GSダブル)オンライン予選ではシニアカテゴリ22位、マスターカテゴリ21位の使用率を記録。


第七世代


シングルバトル

 あくタイプの仕様変更により、いたずらごころによる変化技を受けなくなった。いたずらごころを採用する際のデメリットのほうが大きくレートでの採用率は低い。
 USUMリーグシーズン9のスペシャルバトルはメガシンカZワザきあいのタスキしんかのきせきなしで、6匹エントリーの2匹選出のダブルバトルというレギュレーションで行われたが、そこでは24位の使用率を記録。

ダブルバトル

 エレキシードをカプ・コケコのエレキメイカー発動によって消費して優先度に頼らずかるわざサポーターとして変化技を振る「レパルコケコ」の片割れとしてそこそこ使われるようになり、レパルダス=いたずらごころという図式からの脱却が図られつつある。
 ねこだましとアンコールの採用が確定レベルであり、後はうそなきとイカサマを入れるのがざらなので、やることが決まっているという意味で対策は容易。


アニメのレパルダス

f:id:KOKUBANLEMON:20191209101155j:plain


 BW編第105話でケニヤンの手持ちとして初登場。当初はBW編第23話として放送予定だった「ロケット団VSプラズマ団! (前編)」でプラズマ団の手持ちとして初登場となるはずだったが、当該エピソードは放送されずお蔵入りとなっている。
 BW編第117話ではプラズマ団の幹部・アンジーの手持ちとして登場。


使用トレーナー


チェレン / ポケモントレーナー
ギーマ / 四天王(イッシュ)
グズマ / スカル団ボス
• ヒュウの妹

─────────────────────
 以上です。これで紹介を終えます。