ラレツ!

ラレツ!

困り事への対処法に特化したブログです

【よくわかるポケモン解説】ユキハミ編

 今回のポケモン解説はユキハミです。

f:id:KOKUBANLEMON:20191230092710p:plain


目次

 


基本データ


全国図鑑  No.872
分類    いもむしポケモン
英語名   Snom
タイプ   こおり/むし
種族値   H30 A25 B35 C45 D30 S20
高さ    0.3m
重さ    3.8kg
特性    りんぷん / こおりのりんぷん(隠れ特性)
性別比   ♂50%:♀50%
卵グループ むし


進化


ユキハミ → モスノウ(なつき)


図鑑説明


ポケットモンスターソード
冷気の混ざった糸を吐く。糸で体を枝に巻きつけ氷柱のふりをして眠るのだ。

ポケットモンスターシールド
地面に積もった雪を食べる。たくさん食べれば食べるほど背中の棘は立派に育つ。


耐性


4倍
ほのお,いわ

2倍
ひこう,はがね

等倍
みず,でんき,エスパー,あく,ゴースト,むし,フェアリー,ドラゴン,じめん,どく,ノーマル

1/2
くさ,こおり,じめん

1/4
なし

無効
なし


容姿


 デフォルメされた白いイモムシが、氷でできた半透明のミノを被っている様な姿をしている。ぬいぐるみの様な丸みを帯びたそのフォルムは某アイスの様であり、もちもちとした柔らかそうな印象を受ける。また、瞳も非常に小さくつぶらで、点を打ったような形をしている。
 名前の由来は、そのものずばり「雪」+「食み(はみ)」と思われる。英語版の名前は「Snom」で意味は全く一緒(「snow(雪)」+「nom(食み)」)。モチーフは透明な分泌物で体を覆うガの幼虫ジュエルキャタピラーと思われる。


概要


 ポケットモンスターソード・シールドから登場するこおり・むしタイプのポケモン。野生下では寒冷地に生息し、雪を食べて成長する。
 食べれば食べるほどに背中のトゲは立派な形になっていく。眠る際には冷気を帯びた糸を枝などに巻きつけて、つららに成りすまして眠ると言う。


ゲームのユキハミ

f:id:KOKUBANLEMON:20191230092731j:plain


▼出現場所


 同じ虫タイプのサッチムシ、ヤクデが序盤で手に入るのに対し、こちらは中盤とやや遅め。

• 8番道路(湯けむり小路)
• 10番道路山道
• 駅の近く
げきりんの湖


▼マックスレイドバトル


ストーンズ原野
• ナックル丘陵
• 巨人の帽子


性能


 自力で覚える技が「こなゆき」「むしのていこう」の2つしかなく、能力値もかなり低め。なつき度を上げてレベルアップする事でモスノウに進化する。


特性


 「りんぷん」は技の追加効果を受けない。
 隠れ特性は「こおりのりんぷん」。特殊攻撃の受けるダメージが半減する。


ポケモンキャンプ

f:id:KOKUBANLEMON:20191230092746p:plain


 芋虫モチーフ故か、呼び出したり、ボールで遊んでもこちら側に来るスピードが非常に遅い。また、食べ盛りであるため、ユキハミの時期には大盛りのカレーを食する。
 しかし、進化前後のモチーフ故か進化してしまうと食べる量が極端に少なくなってしまう。

─────────────────────

 以上です。これで紹介を終えます。