ラレツ!

ラレツ!

困り事への対処法に特化したブログです

【よくわかるポケモン解説】タイレーツ編

 今回のポケモン解説はタイレーツです。

f:id:KOKUBANLEMON:20191230083555p:plain

目次

 


基本データ


全国図鑑  No.870
分類    じんけいポケモン
英語名   Falinks
タイプ   かくとう
種族値   H65 A100 B100 C70 D60 S75
高さ    3.0m
重さ    62.0kg
特性    カブトアーマー / まけんき(隠れ特性
性別比   ♂50%:♀50%
卵グループ 妖精 / 鉱物


図鑑説明


ポケットモンスターソード
ヘイチョーと呼ばれる1匹とヘイと呼ばれる5匹でひとつ。ヘイチョーの命令は絶対。

ポケットモンスターシールド
6匹で1匹のポケモン。隊列を組み替えながらチームワークで戦うのだ。


耐性


4倍
なし

2倍
ひこう,エスパー,フェアリー

等倍
ほのお,みず,くさ,でんき,はがね,ドラゴン,ノーマル,ゴースト,じめん,こおり,どく,かくとう

1/2
むし,いわ,あく

1/4
なし

無効
なし


容姿


 巨大な芋虫の姿をしているように見える。だが、その実態はカービィに出てきそうな球状の姿をした個体が6匹集まって並んでいるという群体型のポケモン
 「ヘイチョー」と呼ばれるリーダーの個体と、後ろに並んでいる「ヘイ」と呼ばれる5匹で構成されている。ヘイチョーは他のヘイと比べるとひと回り大きく、盾のようなもので顔を覆っている。
 顔は他のヘイと同じくつぶらな瞳である。ヘイも盾はあるが兜のような形となっており、角も小さい。色違いは、黄色い鎧が茶色に、赤いツノが黄色になるという、正に兵隊のような色合いとなる。
 つまり「タイレーツ」という名前は、上記の6匹のチーム名という意味合いが強い。この為か性別も不明である。名前の由来は『隊列』。


概要


 『ポケモン剣盾』から初登場するかくとうタイプポケモン。ヘイチョーの命令に従って、様々な陣形を組み替えながら戦える、抜群のチームワークを持っている。
 戦闘場面の待機モーションでも行きの揃った足踏みを見せている他、ポケモンキャンプでも全員一丸となってボールを運ぶ姿が拝める。
 しかしその分個々の力は弱いのか、ダメージを受けると列が乱れてバラバラになったり、瞳が「><」やアニポケで見られる渦巻きのように変化する。
 図鑑においては全員を並べた時の長さを扱っているのか、高さは3mもある。その為、6匹が並ぶだけでミュウツーバンギラス(2匹共に2m)、ゼクロム、今作の伝説ポケモンであるザマゼンタ(2匹共に2.9m)、ザシアン(2.8m)よりも長いということになる。
 恐らく一匹辺りの体長はヘイチョー0.55m、ヘイ0.49mだと思われる。同じく群体ポケモンのタマタマは一匹での大きさで測ってあるが、タイレーツの場合はヘイチョーとヘイで体長が違うため、全員並んだ時の長さが図鑑に記載されているのだろう。


モチーフ

f:id:KOKUBANLEMON:20191230083652p:plain

 古代ギリシャの重装歩兵およびそれにより構成された隊列「ファランクス」。英語名もこれをもじった「ファリンクス」となっている。
 とてもかくとうポケモンには見えないデザインにも納得である。ちなみに古代ギリシャ式の最小陣形単位は36人。ちょうどタイレーツ6匹でパーティを組むと再現できる。


ゲームのタイレーツ

f:id:KOKUBANLEMON:20191230083611j:plain


キャンプ


 キャンプ中もしっかり隊列を組んで行動する。部下への躾が行き届いているようだ。
 遊んで喜んだ時やカレーをいっしょに食べるときは6匹全員の顔が見えるようになり、笑顔をプレイヤーにたっぷりみせてくれる。


▼出現場所


• 8番道路
げきりんの湖


▼マックスレイドバトル


• うららか草原 
• ミロカロ湖・北
ストーンズ原野
• 砂塵の窪地


対戦のタイレーツ

f:id:KOKUBANLEMON:20191230083624j:plain


能力


 攻撃・防御が高く、素早さもまあまあ。ただし特殊耐久はかなり低い。


特性


 「カブトアーマー」は自分への攻撃は急所に当たらない。
 隠れ特性は「まけんき」。相手の技や特性で能力ランクが下がった時、自分の『こうげき』ランクが2段階上がる。自分や味方の技や特性で下がった場合は効果がない。


オススメ技


物理技


インファイト
タイプ かくとう
威力  120(180)
命中  100
備考  自分防御・特防↓

かわらわり
タイプ かくとう
威力  75(112)
命中  100
備考  壁破壊

メガホーン
タイプ むし
威力  120
命中  85

であいがしら
タイプ むし
威力  90
命中  100
備考  先制技。出したターンしか使えない

じごくづき
タイプ あく
威力  80
命中  100
備考  音技封じる

アイアンヘッド
タイプ はがね
威力  80
命中  100
備考  相手怯み30%

どくづき
タイプ どく
威力  80
命中  100
備考  相手毒30%

いわなだれ
タイプ いわ
威力  75
命中  90
備考  相手怯み30%ひ

しねんのずつき
タイプ エスパー
威力  85
命中  90
備考  相手怯み20%

からげんき
タイプ ノーマル
威力  70→140
命中  100
備考  状態異常で威力二倍

カウンター
タイプ かくとう
効果  物理技倍返し
命中  100


変化技


はいすいのじん
タイプ かくとう
効果  自身のABCDS↑
備考  専用技。交代不可

みがわり
タイプ ノーマル
効果  HP1/4消費して身代わりを生み出す

つるぎのまい
タイプ ノーマル
効果  自分攻撃↑↑

てっぺき
タイプ はがね
効果  自分防御↑↑

こうそくいどう
タイプ エスパー
効果  自分素早さ↑↑


テンプレート型


はいすいのじん型 

特性:まけんき(推奨)/カブトアーマー
性格:いじっぱり/ようき
努力値:A252 S調整
持ち物:オボンのみ/各種混乱実/ラムのみ/たつじんのおび/こだわりスカーフ
確定技:はいすいのじん/インファイトorかわらわり
選択技:メガホーン/じごくづき/アイアンヘッドorどくづき/いわなだれ/みがわり

サイクルアタッカー型 

特性:まけんき(推奨)/カブトアーマー
性格:いじっぱり/ようき
努力値:A252 & HorS252
持ち物:こだわりハチマキ/いのちのたま/とつげきチョッキ/だっしゅつボタン
確定技:インファイト
優先技:であいがしら
選択肢:じこくづき/アイアンヘッド/どくづき/いわなだれ/つるぎのまい


欠点


 今の環境は圧倒的にゴーストタイプの天下なため、かくとう技が通りにくい。特にじごくづきが等倍かつタイプ一致技で弱点を突かれるミミッキュと、素早さが一段階上がっても先手を取れないことが多いドラパルトの存在は大きい。
 更に、ゴーストタイプな上、圧倒的な耐久力を持ち、おにび+ちからをすいとるで物理アタッカーを止められるガラルサニーゴは天敵。他にもひこうタイプのダイマックスワザ・ダイジェットが流行している為、思わぬ致命傷を食らうこともある。
 タイレーツを使う上では、引き際をきちんと考えておくのが最大のポイントとなるだろう。であいがしらもそれなりに有用であり、タイレーツと言えばはいすいのじんというイメージを上手く読み合いに活かしたい。


対タイレーツ 


注意すべき点


 「はいすいのじん」による全抜きの可能性を秘めるロマンに溢れたポケモン。一度使った後の爆発力は凄まじく、特に格闘タイプ最速クラスで放ってくる一致インファイトは驚異の一言。
 他の格闘タイプが速さ増強に用いるこだわりスカーフと違い、技固定もないので対策していないとあっさり全抜きされてしまう。防御も高めなので先制技では落としにくい。


対策方法


 スペック自体は「はいすいのじん」頼りであり至って平凡。素早さで勝るひこう・エスパー・フェアリー・ゴーストタイプのポケモンを用いて、いかに「はいすいのじん」の使用を牽制できるかが鍵。挑発も有効。
 状態異常で牽制するのも有効だが、タイレーツ側も対策用のサポートを入れている場合もある為注意。イエッサンのサイコフィールドサイコキネシスならばはいすいのじんを打たれた後から確定一発できるのでおすすめ。
 サイコフィールド化のカプテテフのサイコキネシスでも確定一発なのではいすいのじんを読んで後出しでも良い。

─────────────────────
 以上です。これで紹介を終えます。