ラレツ!

ラレツ!

困り事への対処法に特化したブログです

【よくわかるポケモン解説】パッチラゴン編

 今回のポケモン解説はパッチラゴンです。

f:id:KOKUBANLEMON:20191230093024p:plain


目次

 


基本データ


全国図鑑  No.880
分類    かせきポケモン
英語名   Dracozolt
タイプ   でんき / ドラゴン
種族値   H90 A100 B90 C80 D70 S75
高さ    1.8m
重さ    190.0kg
特性    ちくでん / はりきり / すなかき(隠れ特性)
性別比   性別不明
卵グループ タマゴみはっけん


図鑑説明


ポケットモンスターソード
古代では たくましい 下半身で 無敵だったが 餌の 植物を 食べつくしてしまい 絶滅した。

ポケットモンスターシールド
しっぽの たくましい 筋肉で 発電する。 下半身に くらべ 上半身が 小さすぎる。


耐性


4倍
なし

2倍
こおり,フェアリー,ドラゴン,じめん

等倍
ゴースト,どく,むし,いわ,あく,ノーマル,かくとう,エスパー

1/2
ほのお,みず,くさ,はがね,ひこう

1/4
でんき

無効
なし


容姿


 上半身はラプトル、下半身はステゴサウルスに似た恐竜のようなシルエット。しかし、上半身が下半身に対して異様に小さい。
 輪切りにされた下半身の断面から上半身が生えているような歪な体型をしている。名前の由来は恐らく「パチパチ(電気がショートする音)」+「ドラゴン」。


概要


 ポケモン剣盾で初登場したポケモン。たくましい尻尾の筋肉を動かして発電してする。同期の他の化石ポケモンと比べれば、比較的まともな組み合わせ。強靭な下半身のおかげで無敵すぎたため、古代ではエサの草を食べ尽くして絶滅してしまったらしい。
 ガラル地方で発見される化石が全て上半身か下半身しかない事を不思議に思った研究者が、上半身と下半身を繋げて復元してみた結果誕生した。
 タイプはゼクロムやメガデンリュウと同じでんき・ドラゴンで伝説のポケモンメガシンカ枠を除くと初である。


ゲームのパッチラゴン

f:id:KOKUBANLEMON:20191230093040j:plain


 復元時に「カセキのトリ」と「カセキのリュウ」を組み合わせた場合にパッチラゴンが完成する。バージョンによって入手方法が異なっており図鑑埋めには苦労しやすい。
 ソードでは前者、シールドでは後者が入手しやすいため、通信交換で片方の化石を交換してもらうのがオススメ。
 6番道路に居る化石研究者のウカッツによると、どのような組み合わせでくっつけても化石を復元できるらしい。
 キュレムとレシラム・ゼクロムネクロズマソルガレオルナアーラのように合体するポケモンの秘密を解く鍵になるかもしれないので協力して欲しいと言われ、持ってきた化石を合体させて復元してくれるようになる。


対戦のパッチラゴン

f:id:KOKUBANLEMON:20191230093100j:plain


能力


 歪な見た目だが能力は物理に寄ったバランス型といった感じで至って普通である。現状カセキメラの中ではウオノラゴン共々、非常によく見かける存在である。


特性


 「ちくでん」は『でんき』タイプの技を受けるとダメージや効果はなくなり、最大HPの1/4回復する。
 「はりきり」は『こうげき』が1.5倍になるが、物理攻撃の命中率が0.8倍になる。/レベルの高い野生のポケモンと出会いやすくなる。
 隠れ特性は「すなかき」。天気が『すなあらし』の時、『すばやさ』が2倍になる。また、『すなあらし』によるダメージを受けない。


オススメ技


物理


でんげきくちばし
タイプ でんき
威力  通常:85(127)、先制:170(255)
命中  100
備考  先制で威力2倍

げきりん
タイプ ドラゴン
威力  120(180)
命中  100
備考  行動固定

ドラゴンダイブ
タイプ ドラゴン
威力  100(150)
命中  75
備考  相手怯み20%

ドラゴンクロー
タイプ ドラゴン
威力  80(120)
命中  100

アイアンテール
タイプ はがね
威力  100
命中  75
備考  相手防御↓30%

じしん
タイプ じめん
威力  100
命中  100

じならし
タイプ じめん
威力  60
命中  100
備考  相手素早↓100%

がんせきふうじ
タイプ いわ
威力  60
命中  95
備考  相手素早↓100%

ロックブラスト
タイプ いわ
威力  25*2~5
命中  90

ほのおのキバ
タイプ ほのお
威力  65
命中  95
備考  相手火傷10%。怯み10%

つばめがえし
タイプ ひこう
威力  60
命中  必中

ついばむ
タイプ ひこう
威力  60
命中  100
備考  きのみを食べる。ダイマックス技で素早さ上昇


特殊技


りゅうせいぐん
タイプ ドラゴン
威力  130(195)
命中  90
備考  自分特攻↓↓

りゅうのはどう
タイプ ドラゴン
威力  85(127)
命中  100

かみなり
タイプ でんき
威力  110(165)
命中  70
備考  相手麻痺30%

10まんボルト
タイプ でんき
威力  90(135)
命中  100
備考  相手麻痺10%

ほうでん
タイプ でんき
威力  80(120)
命中  100
備考  相手麻痺30%

だいもんじ
タイプ ほのお
威力  110
命中  85
備考  相手火傷10%

かえんほうしゃ
タイプ ほのお
威力  90
命中  100
備考  相手火傷10%

だいちのちから
タイプ じめん
威力  90
命中  100
備考  相手特防↓10%

げんしのちから
タイプ いわ
威力  60
命中  100
備考  自分全能力↑10%


変化技


でんじは
タイプ でんき
効果  相手を麻痺にする
命中  90

ちょうはつ
タイプ あく
効果  相手の変化技を封じる
命中  100

みがわり
タイプ ノーマル
効果  HP1/4消費して身代わりを生み出す


テンプレート型


はりきり物理アタッカー型 

特性:はりきり
性格:いじっぱりorようき
努力値:A252 S252
持ち物:こだわりスカーフ/こだわりハチマキ/いのちのたま/じしゃく/からぶりほけん/とつげきチョッキ/きあいのタスキ/ラムのみ/回復きのみ
確定技:でんげきくちばし
選択攻撃技:竜技(げきりん推奨)/ほのおのキバ/つばめがえしorついばむ/アイアンテール/じしんorじならしorがんせきふうじ/けたぐり
選択変化技:でんじは/ちょうはつ/みがわり


相性考察 


 リザードン、アーマーガア、ナットレイドータクンなどと相性が良い。ドータクントリックルームも展開できる為、微妙な素早さを活かし相手に合わせて先手をとれる様にスイッチする芸当も可能。
 炎・水半減、電気1/4のため、それらに対して多く呼ばれるウォッシュロトムヒートロトムウインディなどに対して有利。飛行技も半減するためギャラドスに強く、モスノウ、アイアントなどの虫タイプとも補完性が高い。
 Gマタドガスも補完として優秀。ふゆうなら地面が利かず、ミストメイカーならドラゴン技を弱めて状態異常も防げる。


対パッチラゴン 


注意すべき点


 はりきりと専用技により先制を許すと超火力が飛んでくる。電気タイプにより麻痺しないため、「でんじは」などによる素早さ低下が利かず、Sで劣るポケモンは分が悪い。
 耐久へ振る余裕があるのでダイマックスとの相性も良く、生半可な火力では落とせずダイジェットを積まれてしまう。はりきり+エレキフィールド+一致170技というとんでもない火力によって、そのまま全抜きされてしまう事も。


対策方法


 一致技が通らないドリュウズハガネールは相性面では良いが、「じしん」や「ほのおのキバ」、それらのダイマックス技に気を付ける事。「げきりん」を数値受けし、あくびでダイマックスを流せるカバルドンも有用。
 基本的に物理型なので「おにび」が有効だが、電気弱点のドヒドイデなどは機能しないので注意。はりきりによる命中率低下を利用して、「みがわり」連打で外しを狙うのも良い。

─────────────────────

 以上です。これで紹介を終えます。