ラレツ!

ラレツ!

困り事への対処法に特化したブログです

【ポケモンss】マリィ「ユウリとお茶」

f:id:KOKUBANLEMON:20200220121926p:plain

~シュートシティ~


マリィ「ユウリ遅いな…」

マリィ「もう待ち合わせ時間から2時間もたっとるばい!」

マリィ「折角オシャレして来たのに…」

タタタ・・・

ユウリ「おーい!」

マリィ「あ、やっと来た」

ユウリ「ゴメンゴメン、昨日夜遅くまで真作ヤバチャ探してたら寝坊しちゃって」テヘペロ

マリィ「それ言い訳としては最低やね」

ユウリ「あ、もしかして待たせちゃった?」

マリィ「いや、あたしも今来たとこやけん」

ユウリ「そうなんだ、良かった」

マリィ(本当は一時間以上待ってたけど…」

ユウリ「えへへ~」ニコニコ

マリィ(この笑顔が可愛くて全て許せるばい…)

モルペコ「うららー」

ユウリ「あ、モルペコこんにちは」ナデ

モルペコ「うらら~」

ヤバチャ「ヤバー」

マリィ「あれ?もしかしてその子…」

ユウリ「うん、さっき言ってたヤバチャだよ♪」

ユウリ「しかも真作でーす!」

ヤバチャ「ヤバー♪」

マリィ「ゲットできたんだ、よかったね」

ユウリ「うん、それにしても…」

マリィ「?」

ユウリ「今日のマリィの服、可愛いね」

マリィ「ふぇ!?」ドキン

ユウリ「いつものパンクファッションもいいけど、そういうのも似合うな~」

マリィ「そ、そうかな///」

ユウリ「ま、今日も服買いに行くんだけどね」

マリィ「そ、そうたいね…」

ユウリ「フフフ、ファッションに何十万もつぎ込んだ私のコーディネイト術を見せてあげるよ!」

マリィ「さ、流石チャンピオン…」


~買い物後~


ユウリ「いや~買った買った」

マリィ「あの服…ホントにあたしに似合うかな…」

ユウリ「うん!絶対似合うよ!」

ユウリ「むしろ私が食べちゃいたいくらい可愛いし?なんちて!」ジュルリ

マリィ「うっ!」ドキュン

マリィ(この子はもう…天然でこういう事言うから油断ならんけん…)ドキドキ

マリィ(こうなったらいっそ…)

マリィ「ゆ、ユウリ…」

ピピピ…

ユウリ「あ、ゴメン電話だ、ちょっと待って」

マリィ「」

ユウリ「もしもし…あ、ソニアさん!どうしたの?」

マリィ(あたしがいるのに他の女の人と話してる…)

ユウリ「え、ホント!?うん今すぐ行く!」ピッ

マリィ「どげんしたと?」

ユウリ「うん、今シンオウ地方のチャンピオンが来ててさ、私とバトルしたいって」

マリィ「えっ」

ユウリ「だからちょっと行ってくるから、ポケモンセンターで待ってて!」

タタタ・・・

マリィ「あ、行っちゃった…」


ポケモンセンター


マリィ「も~あたしを置いてバトルに行っちゃうなんて…」

モルペコ「うらら~」

ヤバチャ「ヤバー」

マリィ「しかもヤバチャ置いてってるし…」

マリィ「ま、そんなところも可愛いんだけど…」

マリィ「早くしないとお茶ぬるくなっちゃうばい…」


ウィーン


ユウリ「お待たせ~」

マリィ「あ、やっと来た」

ユウリ「ごめんね~バトルが白熱しちゃってさ」

マリィ「それで、勝てたの?」

ユウリ「うん、かなりギリギリだったけどね」

マリィ「それでこそあたしのライバルやけん」

ユウリ「特にガブ…なんとかってポケモンが強くてね~」

マリィ「ふーん」

ユウリ「私もあれ欲しいな~」

マリィ「あたしはユウリが…」

ユウリ「え?何だって?」

マリィ「何でもなか!」

ユウリ「っとちょっとお手洗い行ってくるね」

タタタ・・・

マリィ「まったく、ユウリはせわしないけん」

マリィ「・・・・・」

モルペコ「うら?」

マリィ「ユウリの…飲みかけのお茶…」ゴクリ

ヤバチャ「ヤバ?」

マリィ「ヤバチャ…」


ジョボジョボ


ユウリ「お待たせ~」

マリィ「お帰り」

ユウリ「あれ?私のお茶なんか増えてない?」

マリィ「あたしの奢りばい」

ユウリ「そっか、ありがと~」グイッ

マリイ(飲んだ!)

ユウリ「う~ん、ちょっと苦いかな?」

マリィ「それが大人の味ばい」

ユウリ「そんなもんなの?」

マリィ「おっと、あたしはこれで帰るけんね」

ユウリ「そっか、バイバイ」

マリィ「うん、またね」

タタタ・・・

マリィ(うふふ…)


ユウリ「・・・・・」

ドロン

メタモン「モン…」

タタタ・・・

ユウリ「ごめんねメタモン、変な物飲ませて」

メタモン「モン…」

ユウリ「マリィ、あなたの愛受け止めるにはもう少し時間かかりそうだよ…」


~マリィの部屋~


ネズ「おやマリィ、好きな子でもできたのですか」

マリィ「うん、アニキ」

ネズ(部屋中にユウリさんの写真が…)

マリィ「うへへ…」ジュルリ

ネズ(兄として…止めるべきだろうか)


~おわり~