ラレツ!

ラレツ!

困り事への対処法に特化したブログです

【よくわかるポケモン解説】ダーテング編

 今回のポケモン解説はダーテングです。

f:id:KOKUBANLEMON:20200312160211p:plain

目次

 


基本データ


全国図鑑  No.275
分類    よこしまポケモン
英語名   Shiftry
タイプ   くさ あく
種族値   H90 A100 B60 C90 D60 S80
高さ    1.3m
重さ    59.6kg
特性    ようりょくそ / はやおき / わるいてぐせ(隠れ特性)
性別比   ♂50% :♀50% 
卵グループ りくじょう / しょくぶつ


進化


タネボーコノハナ(14)→ダーテングリーフのいし


図鑑説明


ポケットモンスタールビー
じゅれい 1000ねんを こえた たいぼくの てっぺんに すむと いわれる なぞの ポケモン。はっぱの うちわで きょうふうを まきおこす。

ポケットモンスターサファイア
おおきな うちわは ふうそく 30メートルの きょうふうを おこし なんでも ふきとばす。もりの おくで ひっそり くらす ポケモンだ。

ポケットモンスターエメラルド
こがらしに のって あらわれると いわれている。むかしから もりの かみさまと おそれられ ひとの おとずれない みつりんで くらす。

ポケットモンスターファイアレッド・リーフグリーン
もりの かみさまと おそれられていた ポケモン。あいての かんがえを よみ さきまわりする のうりょくを もつ。

ポケットモンスターダイヤモンド・パールポケットモンスタープラチナ
はっぱの うちわを あおぐと ふうそく30メートルの とっぷうが まきおこり みんかを ふきとばす。

ポケットモンスターハートゴールド・ソウルシルバー
もりの おくで ひっそりと くらす。おおきな うちわを あおぐと こがらしが ふくと いわれている。


耐性


4倍
むし

2倍
ほのお,こおり,かくとう,どく,ひこう,フェアリー

等倍
ノーマル,いわ,ドラゴン,はがね

1/2倍
みず,でんき,くさ,じめん,ゴースト,あく

1/4倍
なし

無効
エスパー


概要


 天狗がモデルのポケモンコノハナリーフのいしを使う事で進化。名前の由来はダーク+天狗だと思われ、名前の通り天狗のような姿をしている。
 人気のない森に生えている樹齢1000年を超える大木に住むと言われ、森の神と恐れられている。両手の葉っぱのうちわを扇ぐと風速30メートルの強風や木枯らしを巻き起こす。 


対戦のダーテング

f:id:KOKUBANLEMON:20200312160229j:plain

能力


 ステータスは平凡だがそこそこ高い攻撃と特攻を持つ。弱点が多くステータス面においても打たれ弱い


特性


 「ようりょくそ」は天気が『ひざしがつよい』の時、『すばやさ』が2倍になる。
 「はやおき」は『ねむり』状態の時、ねむり状態のターン経過が2倍になり、通常より早く回復する。
 隠れ特性は「わるいてぐせ」。直接攻撃を受けた時、相手の持っている道具を奪う。


オススメ技


物理技


リーフブレード
タイプ くさ
威力  90(135)
命中  100
備考  急所ランク+1

ソーラーブレード
タイプ くさ
威力  125(187)
命中  100
備考  溜め攻撃

タネマシンガン
タイプ くさ
威力  25(37)*2~5
命中  100
備考  連続攻撃

じごくづき
タイプ あく
威力  80(120)
命中  100
備考  相手の音技封じ

はたきおとす
タイプ あく
威力  65/97
命中  100
備考  道具排除

ふいうち
タイプ あく
威力  70(105)
命中  100
備考  優先度+1先制技

イカサマ
タイプ あく
威力  95(142)
命中  100
備考  相手の攻撃でダメージ計算

けたぐり
タイプ かくとう
威力  20~120
命中  100

ローキック
タイプ かくとう
威力  65
命中  100
備考  相手素早↓100%

いわなだれ
タイプ いわ
威力  75
命中  90
備考  相手怯み30%

がんせきふうじ
タイプ いわ
威力  60
命中  95
備考  相手素早↓100%

シザークロス
タイプ むし
威力  80
命中  100

つばめがえし
タイプ ひこう
威力  60
命中  必中

だいばくはつ
タイプ ノーマル
威力  250
命中  100
備考  自分瀕死

でんこうせっか
タイプ ノーマル
威力  40
命中  100
備考  優先度+1先制技

ねこだまし
タイプ ノーマル
威力  40
命中  100
備考  優先度+3先制技。相手怯み100%


特殊技


リーフストーム
タイプ くさ
威力  130(195)
命中  90
備考  自分特攻↓↓

ソーラービーム
タイプ くさ
威力  120(180)
命中  100
備考  溜め攻撃

エナジーボール
タイプ くさ
威力  90(135)
命中  100
備考  相手特防↓10%

ギガドレイン
タイプ くさ
威力  75(112)
命中  100
備考  HP吸収

あくのはどう
タイプ あく
威力  80(120)
命中  100
備考  相手怯み20%

きあいだま
タイプ かくとう
威力  120
命中  70
備考  相手特防↓10%

ねっぷう
タイプ ほのお
威力  95
命中  90
備考  相手火傷10%

ぼうふう
タイプ ひこう
威力  110
命中  70
備考  相手混乱30%

じんつうりき
タイプ エスパー
威力  80
命中  100
備考  相手怯み10%

こごえるかぜ
タイプ こおり
威力  55
命中  95
備考  相手素早↓100%。ダブルでは相手全体攻撃


変化技


やどりぎのタネ
タイプ くさ
効果  相手のHPを蝕む
命中  90

ふきとばし
タイプ ノーマル
効果  相手を引っ込ませる

パワースワップ
タイプ エスパー
効果  相手と攻撃・特攻のランクを交換する

にほんばれ
タイプ ほのお
効果  5ターン天候を晴れにする

いばる
タイプ ノーマル
効果  相手を混乱させる
命中  85
備考  相手攻撃↑↑

おいかぜ
タイプ ひこう
効果  3ターン味方の素早さ二倍

つるぎのまい
タイプ ノーマル
効果  自分攻撃↑↑

わるだくみ
タイプ あく
効果  自分特攻↑↑

せいちょう
タイプ ノーマル
効果  自分攻撃・特攻↑
備考  晴れ下では効果倍増

まもる
タイプ ノーマル
効果  相手の技を防ぐ

みがわり
タイプ ノーマル
効果  HP1/4消費してみがわりを生み出す


ダイマックス技


ダイソウゲン
元の技 リーフストーム
威力  140(210)
元の技 ソーラービームorソーラーブレードorエナジーボール
威力  130(195)
効果  場:GF

ダイアーク
元の技 あくのはどう
威力  130(195)
元の技 イカサマorじごくづきorふいうち
威力  120(180)
元の技 はたきおとすorバークアウト
威力  110(165)
効果  相手:D↓

ダイバーン
元の技 ねっぷう
威力  130
効果  天候:晴

ダイジェット
元の技 ぼうふう
威力  140
元の技 とびはねる
威力  130
効果  味方:S↑

ダイナックル
元の技 けたぐり
威力  100
元の技 きあいだま
威力  95
元の技 かわらわり
威力  90
効果  味方:A↑

ダイアース
元の技 あなをほる
威力  130
効果  味方:D↑

ダイサイコ
元の技 じんつうりき
威力  130
効果  場:PF

ダイウォール
元の技 変化技
効果  相手のどんな技でも防ぐ


テンプレート型


基本型 

特性:ようりょくそ/わるいてぐせ
性格:さみしがり/やんちゃ/おっとり/うっかりや/せっかち/むじゃき/ようき/いじっぱり
努力値ACS調整
持ち物:きあいのタスキ/いのちのたま/たつじんのおび
確定技:リーフブレードorリーフストーム/ふいうち
物理技:けたぐり/いわなだれ/イカサマ/ねこだまし/だいばくはつ/じごくづき
特殊技:あくのはどう/きあいだま/じんつうりき/こごえるかぜ/ぼうふう/ねっぷう
補助技:せいちょう/いばる/みがわり

晴れ特殊アタッカー型 

特性:ようりょくそ
性格:ひかえめ/おくびょう
努力値:CS252
持ち物:きあいのタスキ/いのちのたま/たつじんのおび
確定技:エナジーボールorソーラービーム
優先技:わるだくみ/あくのはどう/ねっぷう
攻撃技:きあいだま/こごえるかぜ

【ダブル】ようりょくそ型 

特性:ようりょくそ
性格:いじっぱりorひかえめorようきorおくびょう
努力値:AS252orCS252or耐久調整
持ち物:きあいのタスキ/いのちのたま/たつじんのおび
優先技:ねこだまし
一致物理技:リーフブレードorソーラーブレード/じごくづきorふいうち
一致特殊技:ソーラービームorリーフストームorエナジーボール/バークアウトorあくのはどう
選択技:いわなだれ/けたぐりorかわらわり/でんこうせっか/きあいだま/ぼうふう/じんつうりき/こごえるかぜ/ねっぷう


ダーテング 


注意すべき点


 両刀可能な種族値と積み技、タスキ潰しのねこだましを持つため受けにくい。ようりょくそ・おいかぜ等から先制だいばくはつを決められると危険。


対策方法


 耐久は低く弱点も多いので、上から叩くのが手っ取り早い。先制技が有効。また虫4倍のため、とんぼがえりがあればサイクルを壊しつつ有利に立ち回れる。


ダーテングの歴史


第三世代


 がんせきふうじ、ちょうはつ、だいばくはつ等起点役に有用な技を使える。エメラルドでは教え技としてつるぎのまいを獲得。
 ルビー・サファイア期ではまだ自爆技が教え技として解禁されていなかったため、あくタイプを持つだいばくはつの使い手というだけでダブルバトルでは採用圏内であった。
 世代展開期のダブルバトルでは、ダーテングねこだましで起点を作りつつサマヨールのふういんで妨害し、ダーテングをだいばくはつで退場させるという動きが主流の1つであった。XDではタネボー (XD)が手頃な攻略要因として候補に挙がる。
 対となるルンパッパは禁止伝説級の使用できるレギュレーションでカイオーガのお供として雨パの重要ポジションに就いたが、晴パは微妙な立場だったのでそれほど活躍はしていない。


第四世代


 きあいのタスキの登場は弱点が多く耐久力の低いダーテングにとっては大きな追い風であった。エナジーボールあくのはどうくさむすびをマシン技として獲得し、レベル技でリーフストームを獲得。
 しかし環境で猛威を振るっていたキノガッサゴウカザルとタイプ相性が悪く、この世代では苦労した。だいばくはつ、ふいうちと特殊通常火力を両立できるように性格をおっとりやうっかりやにした個体が多かった。

大会実績

 WCS2010(GSダブル)カテゴリーB群馬県予選では、ねこだましで起点を作りけたぐりとふいうちで削りを入れる型のダーテングを採用したパーティが準優勝を果たしている。


第五世代


 ギガドレインの威力の上方修正、ひでりキュウコンという晴パの始動役の獲得などの面では追い風が吹き、晴パでの採用もそれなりにあった。しかしむしポケモンの強化によって受けの面は弱体化。


第六世代


 フェアリーの登場により弱点が7つに増え、全ポケモン中最多になる。ファイアローが猛威を振るい、フェアリーメタとしてどくタイプの攻撃技が環境でも増え弱体化。
 レーティングバトルでは初期のシーズンでははたきおとすやがんせきふうじ起点を作ってだいばくはつで退場する構築が主流。シーズン6以降はつるぎのまいで積んでからふいうちで攻めるタイプの割合が伸びた。
 ORASでこごえるかぜが教え技で覚えられるようになって以降は、それを起点技として使う構築もダーテングの型としてよく見られるようになった。
 2014年10月に開催された第三世代に新登場したポケモンのみによる限定戦のダブルバトルホウエンポケモン ニコニコマッチ」ではジュニアカテゴリで使用率22位、マスターカテゴリで21位を記録。
 通常環境よりも使いやすく、禁止伝説級3体中1体をパーティに採用できるルールの中で使用可能なグラードンのひでりとようりょくそのシナジーが抜群という理由もあってそこそこ採用された。


第七世代


 カプの登場を始めとしてフェアリータイプが普及。どくタイプの攻撃技が広まったため、弱点を突かれるダーテングは立場が厳しくなった。
 元々耐久が薄く変化技を打たれるまでもなく突っ張られることが多い関係上、いたずらごころの弱体化による恩恵は少なめ。USUMリーグ初期のシーズンのシングルバトルではおいかぜを打ってからだいばくはつで退場する型が主流であった。


第八世代


 ダイバーンの獲得により大ダメージを与えながら自らようりょくそを発動可能に。こだわりスカーフリザードンと合わせて上からごり押しするようりょくそダイマックス型がダブルバトルでそこそこ使われるようになった。 


ポケモンGO』のダーテング

f:id:KOKUBANLEMON:20200312160255p:plain

 2017年12月9日、第3世代本格実装と共に登場。初期形態のタネボーはかなり偏った出現区域を持つので、アメを集めるには手間がかかる。
 性能面では火力重視で、くさ・あく両方の優秀な攻撃技を覚えられる。特に「リーフブレード」は発生が早く1/3ゲージながら威力も70とかなり高い。
 またゲージ技には風をモチーフにした「ぼうふう」もある。反面原作譲りの低耐久&弱点過多なので、防衛にはまるで向かない。


主な使用トレーナー


• カゲツ/四天王(ホウエン)

─────────────────────

 以上です。これで紹介を終えます。