ラレツ!

ラレツ!

困り事への対処法に特化したブログです

【よくわかるポケモン解説】メガラティアス編

今回のポケモン解説はメガラティアスです。
ソース画像を表示
目次

 


基本データ


全国図鑑  No.380
分類    むげんポケモン
英語名   Latias
タイプ   ドラゴン エスパー
種族値   H80 A100 B120 C140 D150 S110
高さ    1.8m
重さ    52.0kg
特性    ふゆう
性別比   ♀100.0%
卵グループ タマゴ未発見


メガシンカ


ラティアスメガラティアス(ラティアスナイトを所持)


耐性


4倍
なし

2倍
あく,フェアリー,ゴースト,むし,こおり,ドラゴン

等倍
じめん,ひこう,いわ,はがね,どく,ノーマル,

1/2
かくとう,ほのお,みず,くさ,でんき,エスパー

1/4
なし

無効
なし


概要


 むげんポケモンラティアスメガシンカした姿。ORASにてラティオスと共にメガシンカすることが明らかにされた。
 準伝説ポケモンの中ではラティオスと共に初めてのメガシンカポケモンとなる。


外見


 腕が巨大化し、背中にあった翼が巨大化した腕の部分に移動。全体的にモチーフであるジェット機により近い姿になった。
 元々胸にあった三角形のマークも腕(肘)についた。体色は赤からメガラティオスと同じ薄紫に近い色に変化している。
 メガシンカ前と同様に腕を折り畳んで飛行する。メガシンカ前は腕を前に向けて折り畳んでいたのに対し、メガシンカ後は後ろに向けて折り畳んでいる。


評判


 一見するとメガラティオスとほぼ見分けがつかない(瞳の大きさ及び色、体の大きさ等)見た目となってしまった為、デザインに関しての評価はあまり良くない。
 しかし、ラティアスラティオスはあくまでも「同じ種類のポケモンのオスとメス」と言う設定があるので、ここまで似通ったデザインになってしまったのは仕方無いとも言える。


ゲームのメガラティアス

ソース画像を表示
 実はポケモンXYでもメガシンカできる。メガストーンをORASで用意してXYに交換で持って行けばいい。


捕獲


 通常はアルファサファイアでのみ捕獲可能となる。むげんのチケットがあればオメガルビーでも入手可能。対応するメガストーンもとある人物から入手可能だが、その人物曰く「その辺に落ちてた」とのこと。
 メガラティアスの背中に乗ってホウエン地方の上空を飛び回ることが可能。メガラティオスよりも小柄で小回りが利く設定があるが、全くそんなことはなかった。


対戦のメガラティアス

ソース画像を表示
能力


 メガシンカすると特攻・防御が大幅に上がり、攻撃・特防も次いで上昇する。ラティアスの長所である防御面及び特殊攻撃面が同時に上昇する点は嬉しい。素早さは据え置き。
 特性は引き続きふゆう。その為、メガシンカは純粋に能力を強化するだけのものとなっている。


特性


 「ふゆう」は『じめん』タイプの技を受けない。また、技『どくびし』『まきびし』『ねばねばネット』や特性『ありじごく』の効果を受けない。『エレキフィールド』『サイコフィールド』『グラスフィールド』『ミストフィールド』の効果も受けない。


オススメ技


特殊技


りゅうせいぐん
タイプ ドラゴン
威力  130(195)
命中  90
備考  自分特攻↓↓

りゅうのはどう
タイプ ドラゴン
威力  85(127)
命中  100

サイコキネシス
タイプ エスパー
威力  90(135)
命中  100
備考  相手特防↓10%

サイコショック
タイプ エスパー
威力  80(120)
命中  100
備考  相手の防御でダメージ計算

アシストパワー
タイプ エスパー
威力  20~(30~)
命中  100
備考  能力上昇で威力上昇。

なみのり
タイプ みず
威力  90
命中  100

10まんボルト
タイプ でんき
威力  90
命中  100
備考  相手麻痺10%

かみなり
タイプ でんき
威力  110
命中  70
備考  相手麻痺30% 雨で必中

れいとうビーム
タイプ こおり
威力  90
命中  100
備考  相手凍り10%

くさむすび
タイプ くさ
威力  20~120
命中  100

めざめるパワー
候補タイプ ほのお
威力    60
命中    100


物理技


ふいうち
タイプ あく
威力  70
命中  100
備考  優先度+1先制技。第4世代教え技


変化技


いやしのねがい
タイプ エスパー
効果  自分を生け贄に後続を全回復

おいかぜ
タイプ ひこう
効果  3ターン味方の素早さ二倍

でんじは
タイプ でんき
効果  相手をマヒにする
命中  90
備考  地面・電気タイプに無効

めいそう
タイプ エスパー
効果  自分特攻・特防↑

トリック
タイプ エスパー
効果  持ち物を交換する
命中  100
備考  メガストーン・Zクリスタルには無効

みがわり
タイプ ノーマル
効果  HP1/4消費して身代わりを生み出す

リフレクター
タイプ エスパー
効果  5ターン味方の物理耐久を強化

ひかりのかべ
タイプ エスパー
効果  5ターン味方の特殊耐久を強化

じこさいせい
タイプ ノーマル
効果  HP1/2回復

はねやすめ
タイプ ひこう
効果  回復
備考  耐性変化

ミラータイプ
タイプ ノーマル
効果  耐性変化
備考  効果は相手依存。

サイドチェンジ
タイプ エスパー
効果  位置を変える
備考  ダブル用


テンプレート型


めいそう型 

特性:ふゆう
性格:おくびょう/おだやか
努力値:S252をベースにHC調整/H252をベースにDS調整
持ち物:ラティアスナイト
確定技:サイコキネシスorサイコショックorアシストパワー/めいそう/じこさいせい
攻撃技:りゅうせいぐんorりゅうのはどう/めざめるパワー(炎)/なみのり/10まんボルト/シャドーボール/くさむすび
補助技:みがわりorリフレッシュ

サイクル導入型 

特性:ふゆう
性格:おくびょうorひかえめ
努力値:CS252orHC252ベースで調整
持ち物:ラティアスナイト
確定技:サイコキネシスorサイコショック
優先技:じこさいせい/りゅうせいぐん
攻撃技:10まんボルト/シャドーボール/めざめるパワー(炎)/なみのり/くさむすび
補助技:みがわりorリフレッシュ/いやしのねがい


メガラティアス


注意すべき点


 ラティオスより高耐久で、サポート性能に優れる。自身がアタッカーとなり、めいそうを積まれると要塞化してしまう。どちらも素早いため行動を阻止しにくい。


対策方法


 みがわり、じこさいせい、めいそうを覚えていることが多いので、パルシェン等の物理氷が有効。
 つららばりでみがわりもろとも突破できる(マンムーだとこおりのつぶてもある)。
他では一致技をいずれも半減以下に抑え、ハイパーボイスでみがわりを貫通し弱点も突けるメガサーナイトも候補。
 上から高火力で一致弱点を突けるメガゲンガーも有効だが、エスパー技に注意。バンギラスであればタイプと特殊耐久により容易に起点化してしまえる。


メガラティアスの歴史


第六世代


 フェアリータイプの登場により不利対面が増加。トゲキッスサーナイトがネックとなった。メガシンカ獲得したことで高種族値による制圧が可能になった。
 環境にふいうちを始めとする高威力の先制攻撃技が蔓延。ラティアスはそれらを耐えやすいため、ラティオスとの実質的な差別化に成功した。
 PGLレーティングバトル統計データによると、ラティアスナイトを持たせたエース型、めいそうやじこさいせいなどを活かしたゴツゴツメットによる耐久型、こだわりスカーフを持たせてりゅうせいぐんなどを打ち逃げするサイクル戦向けの構成が主流だった。
 他にもファイアローランドロスの対策としてなみのりがサブウエポンとして好まれた。性格は準速ラティオスを抜かすためのおくびょうが主流。

構築

 メガシンカを獲得したクチートとの相性補完「ラティクチート」が開発。2匹合わせて等倍以上のゴースト、はがねですら、ゲッコウガを加えれば半減にできる。いやしのねがいとでんじはでメガクチートのサポートに徹する構築もまま見られた。

実績

 通常環境での活躍はレーティングバトルORASリーグトリプルバトルシーズン12で使用率ベスト30にランクインした程度。
 2015年1月に行われたホウエン図鑑限定戦「Battle of Hoenn」ではジュニアカテゴリで使用率19位、マスターカテゴリで16位と、ホウエン図鑑ポケモンとしては十分な力量を持っていることを示した。


第七世代


『SM』期

 カプやミミッキュなどフェアリータイプが普及し、トップメタに躍り出たミミッキュとの相性が最悪なため弱体化。
 ゴーストZを獲得したギルガルドも厄介で、ゴーストZでZワザ化したシャドーボールとかげうちの組み合わせはリフレクターかひかりのかべの内片方を張っただけでは防ぎきれない。

『USUM』期

シングルバトル

 シーズン7でラティアスを入れた役割論理パーティを構築して使用したプレイヤーがレート2100台を記録した。サイクル戦に特化した構築ではプレイングにもよるが高レートを記録できる。
 受けループに入れるとポリゴン2ドヒドイデの組み合わせだと重いでんき(れいじゅうボルトロス、カプ・コケコ)を受けられるため有用。自身の多い弱点もポリゴン2ドヒドイデによって補完してもらえる。
 めいそうカプ・レヒレを特殊を受けつつ特殊で攻める積みアタッカーに据え、つるぎのまいメガクチートを物理を受けつつ物理で攻める積みアタッカーとして使用。
 こだわりメガネラティアスを範囲アタッカーとして利用し、三者の相性補完を活かした「ラティクチレヒレ」がラティアス入りの構築として一般化。
 単体では微妙だが、多様なメタゲームや元々相性補完やサイクルに有利なラティアス自身の性質から特定のパーティで尖った活躍をしている。

ダブルバトル

 サイドチェンジ習得によって豊富な耐性を活かして戦えるようになった。WCS2018(全国ダブル)マスターカテゴリでは準優勝の実績を持つ。
 エスパーZを持たせた型が使われているが、これはアタッカーにするためというよりはガオガエンから受けるはたきおとすのダメージを軽減するためであった。
 同じくはたきおとすの被害を受けにくいメガシンカ型もこのルールではしばしば使われている。

─────────────────────

 以上です。これで紹介を終えます。